Q:なぜ東京でマンション経営が注目されている?

需要が高く最も安定しているから

いま、日本の人口は徐々に減少しています。
しかし東京に限っては、毎年10万人近く人口が増加しています。
また、全国の上場企業は約1700社ありますが、そのうちの約850社が東京に本社を置いており、全国の大学のうち相当数が東京に集中しています。人口が多い場所というのはマンション需要も高く家賃も下がりづらいため、マンション経営として東京が注目されている大きな要因となっています。

国内外を問わず、大きく注目されている都市だから度重なる再開発により、東京という都市が短期間でダイナミックに変化し続けているということも注目したいポイントです。不動産に先行投資し、物件が持つ潜在的なポテンシャルがいつ開花するのかを見届けるのも、東京における不動産投資の醍醐味だと言えるでしょう。 たとえば、重点的に市街地の整備を推進すべき地域として国土交通省が指定する都市再生緊急整備地域は、全国に65拠点ありますが、そのうちの8拠点が新宿や大崎などといった東京都内に当たります。これを開発面積に置き換えると、全国の同地域における4割に相当します。

このことからも、国が東京の再開発に重点を置いていることが伺えます。また、羽田空港の国際化などにより、「東京」は世界から注目されるアジアの主要都市「TOKYO」へと変貌しています。

さらに政府の成長戦略レポートによれば、今後海外から30万人の留学生を受け入れる計画があります。近年のデータでは、東京の大学を卒業した海外からの留学生は、東京の企業に就職するケースが増えているそうです。今後益々、アジアの拠点として東京が注目され、多くの人々が住まいを求めることが予測できます。

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求は、お電話、またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。