Q:退職後はローン返済が難しいのでは?

退職金をいくらか割り当て、月々の収支をプラスにしましょう

一般的には、退職金を残りの住宅ローン返済に充てる方が多いようです。しかし、退職金をすべて使い切る必要はありません。ある程度の繰上返済によって、毎月の返済額が減り、一方で家賃収入は変わらないため、収支はプラスになります。このプラスになった収支を貯めて、後に再び繰上返済に充てることで、退職金を温存したままローンを完済することもできます。また、保険の代替としてマンションを購入している方は、急いでローンを完済する必要がありません。完済することで団体信用生命保険が終了することになるので、保険という目的のためにはローンを残しておくことも一つの方法なのです。

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求は、お電話、またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。