Q:業者が倒産した場合はどうなる?

大きな問題はありません

長引く不況下において、今や絶対に倒産しない安全な企業など存在しない時代になりました。マンション経営では、売主となった不動産会社が倒産するケースも、管理会社が倒産するケースも考えられます。しかし売主がたとえ倒産しても、マンションの購入時に所有権は買主に移っているため、運用上は特に問題がありません。また平成21年10月に施行された「住宅瑕疵担保履行法」により、新築住宅の引き渡し後、もしも売主が倒産した場合でも瑕疵の補修費を請求できるようになったため、より安心してマンションを購入できるようになりました。管理会社が倒産した場合は管理会社を移行する必要はありますが、手間なく切り替えることができ、大きな問題にはなりません。

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求は、お電話、またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。