採用コンセプト採用コンセプト

会社案内会社案内

事業紹介事業紹介

委員会活動委員会活動

社員紹介社員紹介

対談対談

採用情報採用情報

エピソードエピソード

HOME > エピソード > 永山 一盛

エピソード

学生時代、私は□のために、本気で□しました

私は学生時代、ひとつのことに真剣に向き合うために、本気で書道に投資しました。アセットマネジメント営業部 永山 一盛 2006年入社

主体性が、圧倒的な成長速度を生んだ。
私が書道に投資した事での最も大きなリターンは、字を綺麗に書けるようになったことではありません。実家が書道教室をやっていて、物心ついた時には書道をしていました。その頃は受動的に行っていたからか、面白味も感じず、中学に入る頃には書道をやらなくなっていました。高校生になってから、『もう一度真剣に書道をしてみよう』と思い、再度取組むようになりました。そうすると、今まで書いていた字が今までとは違う字に見える感覚を体験しました。一つのことに自分が集中した時の感覚の変化と気付きの違い。そして圧倒的に飛躍した成長速度。結果、県内で最も優秀な賞の一つを頂くことも出来ました。私は書道を通じて、一つの物事に真剣に向き合うことの大切さを学びました。

ENTRY