採用コンセプト採用コンセプト

会社案内会社案内

事業紹介事業紹介

委員会活動委員会活動

社員紹介社員紹介

対談対談

採用情報採用情報

エピソードエピソード

「できること」よりも、「できないこと」を選びたい。

  • 営業管理部/プロモーション企画推進課 主任
  • 市村 京子
私を一番、成長させてくれた人。
私を一番、成長させてくれた人。

「NO」と言えるのは、お客さまが大好きだから。

  • アセットマネジメント営業部課長代理
  • 加藤 恵理奈
HOME > 対談 > 市村 京子 × 加藤 恵理奈

「原動力は、喜ばせたい」という気持ちだけ。

  • 市村
    改めて同期で話すのって、新鮮じゃない?
  • 加藤
    仲はいいけど、ベタベタしないからね。お互いをライバル視してるわけでもなくて、同期それぞれが自分と戦ってる感じ。
  • 市村
    それぞれにフィールドがあるよね。恵理奈だったら新規開拓とか。あなたのバイタリティは本当にすごい。同期で初契約を決めたのも恵理奈だったね。
  • 加藤
    結局そのあとは思うように結果が出なくて、辛い時期がつづいたけど(笑)。本当の意味で成果を出せるようになったのは、自分の想いを率直に伝えようって決めてから。相手にとって必要なら、「それ、ちがいませんか?」ってハッキリ言っちゃう。
  • 市村
    恵理奈のズケズケ言うところ、いいよね(笑)。お客さまに信頼してもらおうと思ったら、建前じゃ通用しない。「自分のことを考えてくれてる」って、ちゃんと伝わってるんだろうね。
  • 加藤
    お客さまのこと、大好きだからね(笑)。ありのままを見せて、まるごと信用してもらう。貴重な時間を割いて話を聞いてくださる方に、私ができることってそれしかないから。そう思うようになったキッカケって実は市村の言葉なんだよ。「お客さまと、仕事を好きになることを大切にしてる」って、前に言ってたでしょ。
  • 市村
    えー!恐縮です(笑)。いまでも、その想いは変わらないなぁ。最近はちょっと進化させて、「おもてなし」を意識してる。尊敬している投資不動産の営業マンにお会いしたとき、話し方やフォロー、場所のセッティングにいたるまで「特別感」の演出が素晴らしくって。私自身がワクワクしたからこそ、自分のお客さまにももっと特別で有益な時間を用意してあげたいなって思うようになった。
  • 加藤
    自分への厳しさが、市村がトップを走っている理由だよね。
  • 市村
    他人に厳しいぶん、それ以上に自分も頑張らないと(笑)。「できる」ことより、「できない」って思う選択をする。そっちのほうが成長できるし。

「一緒に仕事がしたい」って、思ってもらえる先輩になろう。

  • 加藤
    市村って、人の心をつかむ天才なんけど、それだけじゃなくて実はすごく努力家。市村だからこんなに結果が出せてるんだと思う。
  • 市村
    恵理奈がいつもまっすぐだから、置いていかれないようにしないと!って思ってるだけだよ。仲間の頑張りにいつも背中を押してもらってる。
  • 加藤
    会社全体的に向上心が強いから、常に上をめざすっていう雰囲気があるよね。女子だからって特別扱いがないのもいい。
  • 市村
    もともと、「一緒にはたらく人が魅力的」っていうのが会社選びの軸だった。つらいことがあっても、社長や専務や仲間たちに「この人たちともっと仕事がしたい」って前向きな気持ちにさせてもらってる。
  • 加藤
    わかる!うちの説明会に参加したとき、実は他社に内定承諾の返事を待ってもらっていて。至急面接してほしいってかけあってみたら、社長面接までその日に行ってくれた。役員や先輩方の対応を見て、ここで働きたいって思ったんだよね。
  • 市村
    自分がしてもらったように、培ってきたものや経験を後輩に伝えられる人になりたいね。今後は、社内や自分のお客さまだけじゃなく、会社のお客さま全体をフォローできる仕組みをつくっていきたいな。
  • 加藤
    お互い今のモチベーションの高さが、どんどん引きあがっていけばいいよね。「あなたと仕事がしたい」って今度は、自分自身が後輩から思ってもらえるように。
  • 市村
    入社から、ずっと変わらない人もいる中で、恵理奈って毎年常に進化してるじゃん。すごく刺激をもらってる。これからもお互い切磋琢磨していこう。
  • 加藤
    こちらこそ、よろしくね!
  • (左)
    アセットマネジメント営業部課長代理

    加藤 恵理奈 2011年入社

  • (右)
    営業管理部/プロモーション企画推進課 主任

    市村 京子 2011年入社

ENTRY