COMPANY

サステナビリティ

HOME> 企業情報> サステナビリティ> 環境に配慮した事業活動

不動産開発における環境負荷軽減

具体的な対応例

グローバル・リンク・マネジメントは、自社物件開発において、断熱性に優れた建材や省エネルギーに配慮した断熱構造の採用、エネルギー効率を向上する設計等を進めております。

遮音性・断熱性に優れた外壁・戸境壁

外壁は約150・180mm厚コンクリートに断熱材を吹き付け、高い保温力を確保。また戸境壁には約180mm厚コンクリート壁、乾式耐火間仕切壁を採用し、隣戸からの生活音に配慮しました。

耐震性を高めるダブル配筋

主要な壁および床スラブは、鉄筋を二重に組むダブル配筋を採用しました。鉄筋を網目状に組む鉄筋構造では、鉄筋が一列のシングル配筋に比べ、二列のダブル配筋にはひび割れが発生しにくく、高い強度と耐久性が実現されます。

ホルムアルデヒド対策

建材や内装材などの素材(建築基準法の特定部材)には、JIS(日本工業規格)やJAS(日本農林規格)によって定められたホルムアルデヒドの発散量が少ないものを採用。健康的なお住まいを追求しています。

結露と省エネルギーに配慮した断熱構造

結露の発生を抑制し冷暖房の効果を高めるために、屋上や外壁などに断熱材を施し、断熱性を高めています。

基礎杭

各物件毎に綿密な地盤調査を実施した上で、場所打ち杭工法あるいは既成杭工法により、強固な基礎を形成しています。

耐久性や耐震性に優れたRC造

高い資産性を保持するため、建物はRC(鉄筋コンクリート)造としました。圧縮力に強い特長を持つコンクリートに引張力に強い鉄筋を組み合わせることで、耐震性・耐久性に優れた堅牢な建築物を実現しています。

業務フローにおける環境負荷軽減

GLMは、電子契約書サービスの活用や物件オーナー様に対する諸連絡業務のオンライン化をはじめ、従来より業務フローにおけるITの活用を推進し、ペーパーレス化に努めてまいりました。また2020年からは、これまで対面で実施していた不動産投資セミナーをオンラインで開催。これにより、IT活用を通じた紙資源の利用効率化を加速しています。

情報提供プロセス


  • 不動産投資初心者向け情報サイト
    <月間平均PV数(21年1月~3月)
    14,000PV/月


  • 対面型投資セミナーのオンライン化
    <累計参加者数(2020年)
    2,207

情報提供プロセス

  • <年間契約数(2020年)
    20/年

  • 不動産の申込み、ローン審査をWEBで対応

  • オーナーへの入居管理状況をメールで共有

環境考慮型の入居者向けサービスの導入

GLMは、留学生向けマンションサービスの一環として、家具・家電完備の住居の提供を行っています。入居者の利便性向上はもちろん、家具・家電の利用における資源の有効活用を進めています。

家具・家電付き住居の提供

  • 19

CONTACTお問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求は、お電話、または
お問い合わせフォームよりご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-194-968