将来への不安

老後の準備は万全ですか!

ゆとりある老後のためには、年金だけを頼りにできません。

少子高齢化が招く、老後の年金不安。

急速な少子高齢化が社会問題となっています。国民年金法が摘要された前年にあたる昭和35年の調査では、0~14歳の人口が2,807万人、65歳以上の人口が535万人だったのに対し、平成21年には0~14歳の人口が1,701万人、65歳以上の人口が2,901万人と、大きく実情が変化し、なおもその差は広がりつつあります。年金制度を支える現役世代が減少し年金受給者が増加するなかで、今後の年金給付水準が抑制されることは、大いに考えられます。

退職後も働いている人が多い反面、
働きたくても働けない人も。

年金だけを頼りに出来ない時代を象徴するように、 60代の男性の多くが年金以外にも収入 を得る為に仕事をしており、その割合は年々増加しています。 反面、働きたくても仕事に就けなかったという人もいます。高齢者の雇用情勢の厳しい中、老後に向けた早期の準備が大切なようです。

いつまで残る?あなたの退職金。

老後、夫婦が最低限の生活を送るためには、およそ25万円が必要になるとされ、さらにゆとりある生活を維持するためには38万円が必要になると言われています。こうした生活費を得るには年金だけでは足りないというのが、これからの常識です。そこで頼らなければならないのが退職金です。足りなくなった生活費は退職金で補うこともできますが、しかし現金には限りがあります。使い続けていれば、あっという間に底をついてしまうことでしょう。

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求は、お電話、またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。