ANA法人ワイドゴールドカードの還元率やメリット・デメリット、審査情報を解説

ANA法人ワイドゴールドカードの発行を検討中ではありませんか。ANA法人ワイドゴールドカードは、手厚い付帯保険やボーナスマイル、ゴールドカード限定の特典など、充実したサービスが特徴のビジネス用クレジットカードです。

この記事では、ANA法人ワイドゴールドカードの特徴やおすすめポイント、メリット・デメリットや審査情報などを総合的に解説しています。ANA法人ワイドゴールドカードの発行を検討中の経営者様は、ぜひこの記事を参考にして、カードの詳細をチェックしてみてくださいね。

還元率や旅行保険など、ANA法人ワイドゴールドカードの基本情報

まずは年会費や還元率、旅行保険などANA法人ワイドゴールドカードの基本情報を確認しましょう。

券面 ANA JCB 法人カード(ワイドゴールドカード) ANA VISA コーポレートカード(ワイドゴールドカード)
発行会社 JCB 三井住友カード
国際ブランド JCB Visa、Mastercard®︎
申し込み方法 WEB申し込み可能 郵送手続き限定
年会費(税込) 20,900円
追加カード年会費(税込) 4,400円
ETCカード年会費(税込) 無料 550円
※前年度に1度でも利用すると無料
限度額 ※公式サイト参照
ANAマイル還元率 1.0%
※移行手数料:無料
※マイル移行不可
入会・継続時のボーナスマイル 2,000マイル
航空便に搭乗時のボーナスマイル 25%
ANAカードマイルプラス ANAカードマイルプラス加盟の全店舗
海外旅行保険 最高1億円
国内旅行保険 最高5,000万円
国内航空傷害保険 最高5,000万円
ショッピング保険 年間500万円まで 年間300万円まで

このようにANA法人ワイドゴールドカードは、選ぶ国際ブランドによってサービス内容が変わることがわかります。国際ブランドごとにどのような違いがあるのか、チェックしてみましょう。

国際ブランドごとにスペックが変わる!おすすめはJCB

ANA法人ワイドゴールドカードの特徴や他カードとの違いを比較してみましょう。ANA法人ワイドゴールドカードの年会費は20,900円(税込)。追加法人カードは1枚あたり4,400円(税込)となります。

他のゴールドカードと比較すると若干年会費の水準は高め。ただし商品名の通りワイドな補償が特徴となっており、年会費に見合うメリットあるサービスが提供されています。

国際ブランドはJCB、Visa、Mastercard®︎から選ぶことができますが、オンライン入会に対応しているのはJCBのみとなっているので要注意

各ブランドによって若干ではあるものの、申し込み資格やサービス内容に違いがあります。お申込みの際には各法人カードの違いを比較しておきましょう。

Visaについてはキャッシング枠(海外利用のみ)が付帯しているのがメリットとなっています。海外出張時の急な出費に備えたいという方については、キャッシング利用の可能性を比較してみるといいでしょう。

お車を使った業務の多い企業や個人事業主様に人気の高いETCカードは、JCBならば発行手数料、年会費共に無料。Visaについては初年度年会費無料、1年間に1回以上ETCの利用があれば翌年度も無料となっています。

付帯保険については、選ぶ国際ブランドによって提供されている保険の種類に違いがあります(海外・国内旅行保険については共通条件)。

例えばショッピング補償については、JCBの場合年間500万円までとなっていますが、Visaの場合は年間300万円となります。

JCBについては海外・国内旅行傷害保険、国内航空傷害保険の他にも国内・海外航空機遅延保険が付帯しているメリットがあります。

大切なお客様と会うことの多い経営者様や役員様にとって、遅延保険はとてもメリットが大きいと好評。法人カード選びにおいてよく比較されている特徴となっています。

ANA法人ワイドゴールドカードはマイルを目的にご契約される方が多い法人カードです。JCBについては、JCBの「OkiDokiポイントプログラム」からマイルへ移行できるメリットがあります。

ポイント使ってマイルをより効率的に貯めたい方についてはJCBがおすすめ。Visaについてもクレジットカード会社のポイントを貯めることはできますが、ANAマイレージには移行できないデメリットがあるため注意してください。

ビジネスに役立つサービスについては、ANAから提供される「ビジネスクラス専用カウンター」、「宿泊割引料金」、「免税店・ANA空港内店舗・ANA機内販売10%割引」などメリットある付帯サービスが利用できます。

ANA法人ワイドゴールドカードについてはこれだけでなく、選ぶ国際ブランドによって各クレジットカード会社のビジネス向けサービスが利用できるメリットがあります。

優待特典や法人カード向けの付帯サービスは、各クレジットカード会社のホームページを参考にメリットを比較してみましょう。

特徴を比較してみると、選ぶ国際ブランドによって若干使い勝手が異なる法人カードであることが分かりました。

Mastercard®︎ブランドの法人カードについては情報が乏しく、JCBブランド・Visaブランドを中心にサービス内容を紹介させていただきました。

提携ブランドごとの詳しいANA法人ワイドゴールドカードの情報については、カード発行会社まで個別にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

手厚い付帯保険やボーナスマイルなど多数のメリットあり

ANA法人ワイドゴールドカードは全日本空輸株式会社(ANA)と各クレジットカード会社各社が提携した法人カード。

このカードの最大のメリットは、ANA法人一般カードや、ANA法人ワイドカードよりも充実した付帯保険でしょう。

海外や国内への出張が多い企業様にとって、手厚い保険が自動的に付帯するのはとても大きなメリット。安心感を比較して法人カードを選びたい方にとって付帯する保険の内容はとても重要です。

まずANA法人ワイドゴールドカードに付帯する海外旅行保険の内容を確認してみましょう。死亡・後遺障害は最高1億円(利用条件有り)。事故等によるケガの治療費用については200万円を限度に補償されます。

疾病の治療費用については200万円限度、賠償責任は1事故あたり3,000万円限度、携行品損害は1旅行かつ年間累計額50万円限度、救援者費用は年間累計額200万円限度となっています。

ANA法人ワイドカードと比較すると、ゴールドならではの補償額の大きさがメリット。ANA法人一般カードにはケガ・疾病の治療費用、賠償責任、携行品損害に対する補償は付帯していません。

海外旅行・出張に出かけることの多い企業様にとって、安心を感じられる補償内容は一番に比較しておきたいメリットでしょう。

もちろん海外旅行保険だけでなく、国内旅行傷害保険が充実しているのも大きなメリットの一つ。出張で遠方に出ることが多い社員様にとって、いつでも安心できる状態でお仕事に集中できるのはとても大切なことです。

ANA法人ワイドゴールドカードならば航空機の搭乗中以外も安心というメリットをしっかりと感じることが可能です。

この他にもANA法人ワイドゴールドカードには、ANA法人一般カードと比較してより大きなボーナスマイル、空港内免税店での割引(10%OFF)、ANAカードマイルプラス(加盟店でのマイル加算)と、メリットある特典が多数提供されています。

ANAカードらしいさまざまなサービスをしっかりと活用したい経営者様・個人事業主様にとって、とても魅力的な法人カードとなっています。

最後に法人カードのメリットと言えば、スムーズな経費清算。ANA法人ワイドゴールドカードを使い出張時の交通費を支払えば、領収証やレシートから交通費を計算する必要は無くなります。

出張の多い社員にとって経費の清算は負担が大きく面倒なもの。他社の法人カードと比較すると、追加カードを利用する社員や従業員も、それぞれしっかりとメリットを感じられる法人カードになっています。

デメリットは、VisaまたはMastercard®︎を選択するとショッピングでマイルが貯まらない点

ANA法人ワイドゴールドカードのデメリットは、カードの国際ブランドにVisaまたはMastercard®︎を選択すると、ショッピングによりマイルを貯めることができない点です。

VisaまたはMastercard®︎の国際ブランドを選ぶと、クレジットカード決済の金額に応じて、三井住友カードの「ワールドプレゼント」と呼ばれるポイントが蓄積されます。ワールドプレゼントポイントは様々な賞品と交換できる特徴のあるポイントですが、残念ながらANAマイルへの移行はできないシステムとなっています。

一方、JCBブランドのANA法人ワイドゴールドカードを選択すると、クレジットカード決済の金額に応じてジェーシービーの「Oki Dokiポイント」が蓄積されます。Oki DokiポイントはANAマイルへの移行が可能であり、還元率は1.0%と高水準です。

ANA法人ワイドゴールドカードを発行する際には、国際ブランドごとのデメリットも確認して、お選びいただくとよいでしょう。

ANA法人ワイドゴールドカードと別ランクのカードを比較

ANA法人ワイドゴールドカードは、法人向けのANAカードにおいて最もランクが高い券種(ダイナースクラブを除く)となります。一般カードやワイドカードと比較するとサービス面に優れた特徴がありますが、具体的にはどのような点が優遇されているのか、ランクごとの違いを確認してみましょう。

ランク 一般カード ワイドカード ワイドゴールドカード
券面 ANA JCB 法人カード(一般) ANA Visa コーポレートカード(一般) ANA JCB 法人カード(ワイド) ANA Visa コーポレートカード(ワイド) ANA JCB 法人カード(ワイドゴールド) ANA Visa コーポレートカード(ワイドゴールド)
発行会社 JCB 三井住友カード JCB 三井住友カード JCB 三井住友カード
国際ブランド JCB Visa、Mastercard®︎ JCB Visa、Mastercard®︎ JCB Visa、Mastercard®︎
申し込み方法 WEB申し込み可能 郵送手続き限定 WEB申し込み可能 郵送手続き限定 WEB申し込み可能 郵送手続き限定
年会費(税込) 2,475円 3,025円 12,925円 13,475円 20,900円 20,900円
追加カード年会費(税込) 825円 440円 825円 440円 4,400円 4,400円
ETCカード年会費(税込) 無料 550円
※前年度に1度でも利用すると無料
無料 550円
※前年度に1度でも利用すると無料
無料 550円
※前年度に1度でも利用すると無料
限度額 ※公式サイト参照
ANAマイル還元率 1.0%
※移行手数料:5,500円(税込)/年
※マイル移行不可 1.0%
※移行手数料:5,500円(税込)/年
※マイル移行不可 1.0%
※移行手数料:無料
※マイル移行不可
入会・継続時のボーナスマイル 1,000マイル 2,000マイル
航空便に搭乗時のボーナスマイル 10% 25%
ANAカードマイルプラス ANA Bizの航空券のみ対象 ANAカードマイルプラス加盟店舗全て
※一部対象外店舗を除く
海外旅行保険 最高1,000万円 最高5,000万円 最高1億円
国内旅行保険 なし 最高5,000万円
国内航空傷害保険 最高1,000万円 最高5,000万円
ショッピング保険 年間100万円まで 年間500万円まで 年間300万円まで

このようにANA法人ワイドゴールドカードは、様々なポイントが一般カードやワイドカードよりも優遇されていることがわかります。

ANA法人カード(一般)との違いを比較

ANA法人カード(一般)は、年会費が最もリーズナブルな券種です。入会・継続時のボーナスマイルは1,000マイルとワイドゴールドカードより少ないものの、年会費の安さを考慮すると十分に納得のいく水準でしょう。

ANA法人カード(一般)はJCBブランドを選ぶと、ワイドゴールドカードと同じ1.0%の還元率で、ショッピングポイントをANAマイルに移行できます。移行手数料として5,500円(税込)/年はかかるものの、年会費を安く抑えつつも事業費決済でマイルを貯められるのは、ANA法人カード(一般)ならではの特徴です。

こういった点をANA法人ワイドゴールドカードと比較して、魅力を感じる場合には、一般カードを選ぶのもよいでしょう。ANA法人カード(一般)の詳細情報は、下記リンク先の記事で解説しているので、ぜひそちらもご覧ください。

ANA法人カード(一般)の特徴やおすすめポイントを解説

ANA法人ワイドカードとの違いを比較

ANA法人ワイドカードは、一般カードとワイドゴールドカードの中間ランクに位置する券種です。年会費はワイドゴールドカードよりも数千円ほど安く、それでいて入会・継続時やフライトで獲得できるボーナスマイルはワイドゴールドカードと同水準となっています。

ANA法人ワイドカードとワイドゴールドカードの違いとしては、空港ラウンジ無料サービスをはじめとする、カード会社が提供するゴールド会員限定の特典を利用できるかどうかがあります。国内主要空港のラウンジを使えるのはワイドゴールドカードであり、ANA法人ワイドカードでは残念ながら利用できません。

またJCBブランドを選んだ際の、ポイントのマイル移行手数料は、ANA法人ワイドカードは5,500円(税込)/年がかかる一方、ワイドゴールドカードなら無料です。これらの特典やサービス、優遇制度などの違いを比較して、経営者様に最適な方をお選びください。

なおANA法人ワイドカードの詳細情報は、下記リンク先のページでご確認いただけます。

ANA法人ワイドカードの特徴やおすすめポイントを解説

審査に通りやすい国際ブランドはJCBとの口コミ評判あり

ANA法人ワイドゴールドカードの審査情報について解説します。 ANA法人ワイドゴールドカードの申し込み資格を確認してみると、法人または個人事業主(カード利用者は18歳以上の方が対象)となっています。

ANA法人ワイドゴールドカードについては、JCB、Visa、Mastercard®︎から国際ブランドを選ぶため、各クレジットカード会社によって若干審査基準に違いがあるのが特徴です。

他社の法人カードと比較すると、営業年数などは限定されておらず、また企業経営者様だけでなく個人事業主様も申し込み可能と申し込みの敷居自体は低め。

口コミでは「JCBの法人カードは営業年数が3年未満であっても審査に通ることができた」という意見もあるため、JCBブランドのANA法人ワイドゴールドカードについては比較的審査に通りやすい法人カードだと判断します。

もちろんANA法人一般カードやANA法人ワイドカードと比較すると審査はきびしめです。しかしANA法人ワイドゴールドカードには、一般カードやワイドカードでは提供されていないメリットあるサービスが付帯しています。

付帯保険や特典を目的に法人カードの契約を検討している方も、ANA法人ワイドゴールドカードならば審査通過に大きな期待ができるでしょう。

特にJCBブランドのANA法人ワイドゴールドカードについては、決算が赤字、クレジットヒストリー(返済履歴)にマイナスの情報が登録されている、短期間に複数の法人カード申し込みをしている、リースやレンタル、他社の法人カードの契約枚数が多く、なおかつ割賦払いを多用しているなどの状況を除き審査は柔軟に行われているとお答えします。

まとめ:ANA法人ワイドゴールドカードは出張機会の多い経営者様におすすめ

ANA法人ワイドゴールドカードはワイドな補償がメリットの海外・国内旅行保険、入会やフライトで貯まるボーナスマイル、そして加盟店でのマイル加算と貯まりやすいマイレージ、さまざまなANAの法人カード向けサービス、国際ブランドごとの優待特典や付帯サービスとメリットが満載。

比較してみると利用状況に応じた特典が選びやすい法人カードになっています。

特にJCBについてはオンライン申し込みに対応しており、できるだけ早く法人カードを発行してもらいたいという企業経営者様や個人事業主様におすすめ。

またJCBについてはポイントがマイレージに移行できるというメリットもあるため、他の国際ブランドと比較して、ポイントプログラムを利用したいという方に選ばれています。

比較してみるとANA法人ワイドゴールドカードについては、国内・海外への出張が多い経営者様や役員様がメリットを感じられる法人カードになっています。公式サイトをチェックしたい方は、次のボタンをご利用ください。

ANA法人ワイドゴールドカード
お申し込みは公式サイトへ