ANAダイナースクラブコーポレートカードの還元率や審査、メリット・デメリット解説

ANAダイナーズクラブコーポレートカードについてお調べではありませんか。ANAダイナーズクラブコーポレートカードは、フライトでも事業費決済でもANAマイルがザクザク貯まり、さらに豪華な特典が多数用意されたハイステータスな法人カードです。

こちらでは、ANAダイナーズクラブコーポレートカードの特徴やおすすめポイントのほか、メリット・デメリットや審査情報を解説しています。最後までお読みいただければ、ANAダイナーズクラブコーポレートカードがどのような法人カードなのか理解し、経営者様に適した1枚なのかご判断いただけるでしょう。

年会費や還元率など、ANAダイナーズクラブコーポレートカードの基本情報

まずは年会費やマイル還元率など、ANAダイナーズクラブコーポレートカードの基本情報を紹介します。

券面 ANAダイナースクラブコーポレートカード
国際ブランド Diners Club
申し込み方法 郵送手続き限定
年会費(税込) 22,000円
追加カード年会費(税込) 22,000円
ETCカード年会費(税込) 無料
限度額 審査により個別に決定
ANAマイル還元率 1.0%
入会・継続時のボーナスマイル 2,000マイル
航空便に搭乗時のボーナスマイル 25%
ANAカードマイルプラス ANAカードマイルプラス加盟の全店舗
海外旅行保険 最高5,000万円
国内旅行保険 最高5,000万円
ショッピング保険 なし

ANAダイナースクラブコーポレートカードの特徴は、数ある法人カードを比較した中でももっともANAマイルを貯めやすいという点。

この法人カードのメリットはショッピング利用でもマイルを貯めることが可能なことです。

ショッピング利用でマイルを貯めることができる法人カードは、最もANAマイルを貯めやすい法人カード。普段のショッピング利用でマイルが貯められるのはANAダイナースクラブコーポレートカードのみ

おまけに経費でマイルを貯めることもできるため、お得な商品を比較している法人にとってはメリット尽くしの法人カードと言っていいでしょう。

さらに同カードのメリットはサービスをはじめ、特典、スペックそれぞれが充実しており質が高いというメリットを持ちます。つまり、ハイスペックなカードであることに変わりありませんが、その分利用者には高いステータスが求められるということ。

年会費は代表者・追加カードともに1枚22,000円(税込)となっているため、一般的な法人カードと比較すると高額です。

よって気軽に申し込みできる商品とは言えませんが、その分、特典や優待サービスなどが充実しているので法人カードとしては満足いく利用できるはず。そのため、ステータスに自信がある法人にはおすすめできる商品です

マイルだけじゃない5つのメリット

ANAダイナーズクラブコーポレートカードは出張することの多い法人を徹底サポートする1枚。このANAダイナーズクラブコーポレートカードにはいったいどんなメリットがるのでしょうか。

ここから、このカードが持つ5つのメリットを詳しくご紹介していきます。

ANAマイラー必見!マイルが驚くほど貯まる

ANAダイナースクラブコーポレートカードのメリットは、ボーナスマイルが驚く程もえらえる点

一般的な法人カードを比較すると、そのほとんどがマイルに特化していません。つまり、マイルに特化した商品を比較するとなると、ANAやJALなどが発行している法人カードを選定するほかない状況です。

しかし、マイルに特化したカードであっても満足いくボーナスマイルをもらえるとは限りません。

一方、同カードはキャンペーン中なら入会時ボーナスで2,000マイル継続ボーナスとして2,000マイルがもらえるので、マイル重視で法人カードを比較している方にはメリット尽くしとなっています。

さらに、同カードの利用で貯まるダイナースクラブ リワードポイントをいつでもマイルへ移行することが可能で、その際に手数料は発生せず上限なしで移行することが可能。

その他にもカード利用でボーナスマイルがプレゼントされる仕組みとなっているので、マイル重視の法人カードを比較している方にはメリットのある1枚と言っていいでしょう。

空港のチェックインがスムーズ

ANAダイナースクラブコーポレートカードのメリット2つ目は、専用カウンターで余裕のチェックインができる点。この法人カードは混雑しやすい国際線エコノミークラスのチェックインをスムーズにできるメリットを持っています。これにより、手間なくチェックインすることが可能になるので、普段からANA便を利用する方に最適。

通常ではあればチェックインは比較的時間がかかるものですが、同カードユーザーになることでチェックインにかかる時間を最小限に留めることができるメリットが加わります。これにより余裕を持ってビジネスに専念することができるでしょう。

飛行機の機内販売が10%割引になる

ANAダイナースクラブコーポレートカードのメリット3つ目は、ANA日本国内線・国際線飛行機内販売が10%割引きになる点。

一般クラスの法人カードを比較すると、割引特典に満足できる商品は数えられるほどしか見られません。しかし、この法人カードはANAにおけるサービス割引が充実しています。ANAグループ便での機内販売品を購入する際、同カードを利用することで10%割引に。お得さで比較する場合も同カードのメリットは生きてくると思います。

数々の優待サービスを享受できる

ANAダイナースクラブコーポレートカードのメリット4つ目は、様々な優待サービスを受けられる点。

同カードは数ある法人カードを比較してもランクが高いこともあり、各種優待サービスが多く付帯します。例えば、提携の一流ホテルでの会員ホテル値引

この優待サービスは、インターコンチネンタル ホテルズ グループ(IHG)とANAの共同ブランド宿泊およびANAホテルにて会員ホテル値引き料金で利用可能。さらに朝食無料&国内ホテルズ・ウェルカムドリンクサービスなどの優待も。

IHG・ANA共同ブランド宿泊およびANAホテル宿泊割引サービスを使用できるサービスが充実しているので、ビジネスにおける宿泊の負担が軽減されるメリットがあります。

ダイナースクラブならではの優待サービス

ANAダイナースクラブコーポレートカードのメリット5つ目は、ダイナースクラブならではの優待サービスが受けられる点。

同カードは比較的、優待サービスが充実しマイルに特化した法人カードとなっていますが、さらにダイナースクラブが提供する優待サービスも受けることが可能です。

日々の生活のあらゆる場面に活用できるダイナースクラブの便利なサービスを使用することができるため、ビジネス以外に使用する場合でもメリットを味わうことが可能。なお、ダイナースクラブが提供するサービスは次のとおりです。

借り出し会議室優待、リビエラマリンクラブ、会員特別優待、相続・事業承継支援サービス、健康・介護相談事、保険比較サイト、アカデミーヒルズ ライブラリー優遇、保険コンサルティングサービス(無料)、私事の予定看護サービスなど。
このように生活をもサポートしてくれるメリットがあるので、ワンランク上の法人カードを比較している方は同カードを基準に選定した方がメリットが得られるはずです

追加カードの年会費が高い点は、ANAダイナーズクラブコーポレートカードのデメリット

様々なメリットがあるANAダイナーズクラブコーポレートカードですが、覚えておきたい注意点として、追加カードの年会費が高い点が挙げられます。追加カードは従業員に持たせるために追加で発行するカードであり、本会員の年会費よりも1枚あたりの金額が安く設定されているのが一般的です。

しかしANAダイナーズクラブコーポレートカードでは、追加カード会員の年会費が安くなることはなく、カードを1枚発行するごとに22,000円(税込)の費用が発生します。数枚であれば大きなコストにはなりませんが、大企業が複数の支社や店舗に対して、多数の追加カードを発行したい場合などには、年会費の負担が重くなるでしょう。

もし追加カードを大量に発行したいのであれば、ANAダイナーズクラブコーポレートカードは年会費が高額になる可能性があるため、別の法人カードを検討するのがおすすめです。

ANAダイナーズクラブコーポレートカードの審査はやや厳しめ

ANAダイナースクラブコーポレートカードの審査情報をくまなく探しましたが、有力な情報を得ることができませんでした。しかし、同カードを利用している企業は数え切れないほど存在しています。つまり、人気と評価は言うまでもなく高い法人カードと言っても過言ではありません。

その一方で同カードに関する審査情報は極めて少なく、具体的な審査における口コミであったり利用者の声などは見られない状況です。

審査基準は公表されていないため、あくまで推測になりますが、ANAダイナースクラブコーポレートカードは通常の法人カードと比較してもランクは高め。つまり、通常の審査と比較するとやや難しいものになると予想されます。

クレジットカードをよく知る方からすれば、ダイナースクラブがワンランク上であることはご存知のはず。よって、簡単な審査を希望する方にとってはやや不向きな法人カードと言っていいかもしれません。

しかし、同カードを利用している企業は多いので一定以上のステータスをもつ企業であれば問題なく申し込みはできると思います。いずれにしても、審査難易度など詳しい情報を知りたい場合はANAダイナースクラブコーポレートカードに直接問い合わせてください。

現段階では有力な審査情報が見られない状況ですが、見つかり次第紹介させて頂きます。

全日空(ANA)のマイル還元率が高い他社の法人カードと比較

マイル蓄積を目的としてANAダイナースクラブコーポレートカードを検討している経営者様なら、他社カードの「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」(以下、アメックスビジネスゴールド)も比較してみるのがおすすめです。アメックスビジネスゴールドは、ANAダイナースクラブコーポレートカードと同様にマイルを貯めやすい法人カードとなっています。

カード名・券面 ANAダイナースクラブコーポレートカード
ANAダイナースクラブコーポレートカード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
国際ブランド Diners Club アメリカン・エキスプレス
申し込み方法 郵送手続き限定 WEB申し込みに対応
年会費(税込) 22,000円 36,300円
追加カード年会費(税込) 22,000円 13,200円
ETCカード年会費(税込) 無料 550円
限度額 審査により個別に決定
ANAマイル還元率 1.0% 0.5%〜1.0%
入会・継続時のボーナスマイル 2,000マイル なし
航空便に搭乗時のボーナスマイル 25% なし
ANAカードマイルプラス ANAカードマイルプラス加盟の全店舗 なし
海外旅行保険 最高5,000万円 最高1億円
国内旅行保険 最高5,000万円 最高5,000万円
ショッピング保険 なし 年間500万円まで

このように本会員の年会費はアメックスビジネスゴールドの方が高いですが、追加カード会員の年会費はANAダイナースクラブコーポレートカードよりも安くなっています。また他にも2つの法人カードには様々な違いがあり、アメックスビジネスゴールドならではの特徴をまとめると次のとおりです。

  • ステータスの高いアメリカン・エキスプレスのプロパーカード
  • 希少な金属製(メタル製)のクレジットカード
  • Amazonなど一部の対象店舗ではANAマイル還元率が最大3.0%
  • 最高1億円の手厚い旅行保険
  • ショッピング保険や返品補償、キャンセル補償も付帯

このようにアメックスビジネスゴールドには、ANAダイナースクラブコーポレートカードと比較しても優れた特徴が多数あります。

また両者は、空港ラウンジ特典やコース料理1名分無料のグルメ優待など、VIP向けのサービスが充実している共通点があります。アメックスビジネスゴールドを選んでも、ANAダイナースクラブコーポレートカードのような手厚いおもてなしを受けられるため、ぜひ検討してみてください。

アメックスビジネスゴールドのカード詳細や、下記リンク先のページで解説しています。

アメックスビジネスゴールドのANAマイル還元率などを解説

まとめ:全日空を利用する機会が多いなら間違いなくおすすめ

ANAダイナースクラブコーポレートカードは、主に中小企業をターゲットにしたスペックを持つクレジットカードです。そのため、それ以外の方が利用しても満足することはできないでしょう。

よって、この法人カードが持つスペック、特典、メリットに満足でき、且つそれなりのステータスを満たしている法人におすすめです。

いずれにしても同カードはANAマイレージが溜まりやすく、ANA便の利用にメリットが感じられる1枚となっているので、ビジネスでANA便をよく利用する法人に最適

また、これからANA便を利用する機会が増える見込みがある法人にとっても見逃せない法人カードと言っていいでしょう。カードへのお申し込みは、次のリンク先でお手続きいただけます。

お申し込みはこちら »
なお、ANAマイルが貯まりやすい法人カードは他にも多数存在します。下記ボタンのリンク先でご覧いただけますので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

ANAマイルが貯まりやすい法人クレジットカード