空港ラウンジが使えるコーポレートカード5選!プライオリティ・パスも利用可

「当社は社員の出張も多いから、空港ラウンジが使えるコーポレートカードを導入したい」とお考えではありませんか?

この記事では、空港ラウンジ優待が搭載されているコーポレートカードを全部で5枚紹介しています。

紹介しているコーポレートカードの中には、国内だけでなく海外のラウンジで利用できるものもあります。

また、プライオリティ・パスのラウンジ優待が備わっているカードも。コーポレートカードを検討中の経営者様は、ぜひ参考にしてみてください。

大企業向けのコーポレートカードでも空港ラウンジを使用可能

「コーポレートカードでも空港ラウンジの特典って使えるんだろうか?」と疑問を感じてはいませんか?

この疑問にお答えすると、ゴールド券面のコーポレートカードであれば、通常の法人カードと同様に空港ラウンジを利用することが可能です!しかも、空港ラウンジが利用できるコーポレートカードの場合、経営者様に限らず追加カードを所持している社員も利用可能

経営者様が秘書を連れて空港ラウンジを利用する際も、秘書にも従業員用のコーポレートカードを持たせておけばOK。料金を支払うことなく、無料で利用できます

空港ラウンジではどんなサービスが利用できる?

コーポレートカードで利用できる空港ラウンジには、次のようなサービスが用意されています。

  • ゆったりとしたソファとテーブルがある
  • WiFiや電源などの環境が整っている
  • ソフトドリンクや軽食が無料
  • アルコールは有料で利用可
  • シャワー設備(有料)があることも


ゆったりとしたソファやWiFi、ソフトドリンクについては、おおよそ全国どの施設にも用意があることでしょう。

一方、軽い食事やシャワー設備の有無は利用するところによって変わってきます。

ちなみに、どのコーポレートカードを所有していても利用できるカードラウンジのランクなどの差はありません。

コーポレートカードでは使えない施設もあるので注意

1点注意しておきたいのは、コーポレートカードでは利用できない空港ラウンジも存在している点です。

「あれ、持っているコーポレートカードによってランクの違いはないんじゃないの?」と感じるかもしれませんね。コーポレートカードで使えない施設とは、航空会社が独自に運営しているプレミアムラウンジのことです。

ANAラウンジなど航空会社のラウンジは、「飛行機のファーストクラスの利用者限定」「航空会社のプレミアム会員」などの利用条件があり、コーポレートカードはもちろんクレジットカードを持っているだけでは使えない施設なんです。

また、それとは別にプライオリティ・パスの会員だけが利用できる施設も存在しています

日本国内ではコーポレートカードのカードラウンジの方が数は多いですが、海外の空港だとプライオリティ・パスのラウンジの方が多いです。

コーポレートカードで空港ラウンジを利用する予定の場合は、事前に各空港のホームページなどでターミナルの位置などを確認しておきましょう。

ラウンジサービスが無料のコーポレートカード5選

こちらでは、空港ラウンジ優待が搭載されているコーポレートカードを、全部で5枚紹介いたします。

アメリカン・エキスプレス・コーポレート・カード

空港ラウンジ優待を利用できる大企業向けクレジットカードをお探しなら、まずはアメリカン・エキスプレス(American Express)のコーポレートカードを検討してみてはいかがでしょうか?

Amexのコーポレートカードは、ゴールド券面を選ぶと、空港ラウンジサービスが利用可能です。

アメックスは旅行系の優待に明るいので、ラウンジ利用以外にも様々な内容の付帯サービスを期待できます。

アメリカン・エキスプレスのコーポレートカードで利用できるカードラウンジは、羽田空港やセントレア、関空などの国内28ヶ所+海外1ヶ所

全国各地を出張で飛び回る社員がいても、空港ラウンジという作業場所でパソコンを使えるので、業務効率アップに役立ちます。

アメックスのセンチュリオン・ラウンジは利用できる?

アメリカン・エキスプレスといえば、海外の一部地域にしか用意されていない「センチュリオン・ラウンジ」が国際的にも有名です。

通常のラウンジよりもハイグレードでラグジュアリーなラウンジであり、コーポレートカードで使えるのであればぜひ使ってみたいですよね?

しかし、残念ながらアメックスのコーポレートカードではセンチュリオン・ラウンジを利用することはできません。

なぜならセンチュリオン・ラウンジはプラチナ会員が使えるラウンジであり、コーポレートカードにはゴールドまでしかないからです。

三井住友コーポレートカード

続いて紹介するのは三井住友コーポレートカード

こちらもアメリカン・エキスプレスと同様にゴールド券面を選ぶことで優待が使えるようになります。

三井住友コーポレートカードは10枚以上の追加カードを発行すれば、中小企業向けの「三井住友ビジネスカード」より年会費がお得になる、おすすめのコーポレートカード。

三井住友コーポレートカードでは国内32ヶ所+海外1ヶ所の空港でラウンジが利用できるので、プライオリティ・パスを除いてはややアメックスに勝ります。

ダイナースクラブ コーポレートカード

続いて紹介するのは、ダイナースクラブ(Diners Club)が提供するコーポレートカードです。

ダイナースクラブのコーポレートカードは、国内はもちろん海外でも様々な空港ラウンジを利用できる点が魅力的です。

国内では31ヶ所の空港でラウンジが用意されているほか、海外ではアジア・南北アメリカ・ヨーロッパ・アフリカ・オセアニアまで各国にラウンジのネットワークが広がっています。

このように、ダイナースクラブのコーポレートカードはグローバルな営業活動を行う大企業にこそおすすめなのです。

UCコーポレートカード

続いて紹介するのはUCコーポレートカード

ゴールド券面なら、国内の主要空港と海外の一部空港でラウンジを利用可能です。長い歴史のあるカード会社ですから、個人的にUCカードを利用している経営者様もいらっしゃるのではないでしょうか?

UCカードを使い慣れているのであれば、UCコーポレートカードを検討してみてもいいかもしれませんね。

三菱UFJカード コーポレート

三菱UFJニコスが提供する三菱UFJカード コーポレートは、「ゴールドプレステージ」の券種のみ空港ラウンジ優待が搭載されています。

三井住友と同じく銀行系のコーポレートカードなので、信頼感も魅力的ですね!

プライオリティ・パスが使えるコーポレートカード

空港ラウンジを語る上で欠かせないのが「プライオリティ・パス」ですよね。

プライオリティ・パスは、会員制の空港ラウンジサービス。

経営者様の中には、個人カードでプライオリティ・パスを活用している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

各社が提供するコーポレートカードの中で、プライオリティ・パスの優待が搭載されているコーポレートカードを1枚だけ見つけました!それが、アメリカン・エキスプレス・コーポレートカードのゴールド券面です。

プライオリティ・パスは海外では活躍してくれますが、国内では対象ラウンジが少なく、それほど活用できるシーンは多くないでしょう。

しかしアメックスのコーポレートカードであれば国内の主要空港ではカードラウンジが利用できるので、プライオリティ・パスと併用すれば国内外で空港ラウンジをフル活用できます。

羽田空港には多数のラウンジがある

羽田空港には多数のカードラウンジが用意されていて、第1ターミナルから第3ターミナルまで、全てのターミナルビルでラウンジを利用可能です。それぞれのターミナルビルに用意されている、空港ラウンジの概要を紹介します。

T1(第1ターミナル)

羽田空港のT1(第1ターミナル)には、次のラウンジがあります。

  • POWER LOUNGE SOUTH
  • POWER LOUNGE NORTH
  • POWER LOUNGE CENTRAL


それぞれのラウンジの概要を表にまとめました。

ラウンジ名称 POWER LOUNGE SOUTH POWER LOUNGE NORTH POWER LOUNGE CENTRAL
場所 T1(第1ターミナル) 2F
国内線出発ゲートエリア(南)
T1(第1ターミナル) 2F
国内線出発ゲートエリア(北)
T1(第1ターミナル) 1F
国内線到着ロビー
営業時間 6:00~20:30 6:00~20:00 6:00~20:00
サービス一例 フリードリンク
(ソフトドリンクのみ)
フリードリンク
(ソフトドリンクのみ)
フリードリンク
(ソフトドリンクのみ)


T2(第2ターミナル)

羽田空港のT2(第2ターミナル)には、次のラウンジが用意されています。

  • POWER LOUNGE NORTH
  • エアポートラウンジ(南)
  • POWER LOUNGE CENTRAL
  • POWER LOUNGE PREMIUM


羽田空港のそれぞれのラウンジについて、概要を表にまとめます。

ラウンジ名称 POWER LOUNGE NORTH エアポートラウンジ(南) POWER LOUNGE CENTRAL POWER LOUNGE PREMIUM
場所 T2(第2ターミナル) 3F
国内線出発ゲートエリア(北)
T2(第2ターミナル) 2F
国内線出発ゲートエリア(南)
T2(第2ターミナル) 3F
国内線出発ロビー
T2(第2ターミナル) 3F
国際線出発ゲートエリア
営業時間 6:00~21:00 6:00~20:00 6:00~20:00 休業中
サービス一例 フリードリンク
(ソフトドリンクのみ)
フリードリンク
(ソフトドリンクのみ)
フリードリンク
(ソフトドリンクのみ)
シャワールーム
多目的スペース「P SPACE」
フリードリンク(アルコール含む)
ビュッフェサービス


T3(第3ターミナル)

羽田空港のT3(第3ターミナル)には、次のラウンジがあります。

  • TIAT LOUNGE
  • SKY LOUNGE
  • SKY LOUNGE ANNEX
  • SKY LOUNGE SOUTH


上記それぞれの空港ラウンジについて、概要をまとめていきます。

ラウンジ名称 TIAT LOUNGE SKY LOUNGE SKY LOUNGE ANNEX SKY LOUNGE SOUTH
場所 T3(第3ターミナル) 4F
国際線出発ゲートエリア
T3(第3ターミナル) 4F
国際線出発ゲートエリア
T3(第3ターミナル) 3F
国際線出発ゲートエリア
T3(第3ターミナル) 3F
国際線出発ゲートエリア
営業時間 航空便の運航に合わせて営業 航空便の運航に合わせて営業 休業中 休業中
サービス一例 ※要問い合わせ ※要問い合わせ ※要問い合わせ ※要問い合わせ


成田空港ではアルコール1杯無料のサービスもある

成田空港には、第1ターミナルと第2ターミナルにそれぞれ1つずつ、合計2つのラウンジがあります。

第1ターミナル

成田空港の第1ターミナルには、「IASS Executive Lounge 1」というラウンジがあります。その概要は、次のとおりです。

ラウンジ名称 IASS Executive Lounge 1
場所 第1ターミナル 中央ビル 5F
営業時間 7:00~21:00
サービス一例 フリードリンク(ソフトドリンクのみ)、アルコール1杯無料


第2ターミナル

成田空港の第1ターミナルには、「IASS Executive Lounge 2」というラウンジがあります。その概要は、次のとおりです。

ラウンジ名称 IASS Executive Lounge 2
場所 第2ターミナル 本館 4F
営業時間 7:00~21:00
サービス一例 フリードリンク(ソフトドリンクのみ)、アルコール1杯無料


その他の空港で使えるコーポレートカードのラウンジ

これまでに紹介した羽田空港と成田空港以外の、次の空港内に設けられたカードラウンジを紹介します。

  • 関西国際空港
  • 福岡空港
  • 新千歳空港
  • 那覇空港
  • 中部国際空港


それぞれの空港内にどのようなラウンジがあるのか、見ていきましょう。

関西国際空港

関西国際空港には、次の空港ラウンジがあります。

  • カードメンバーズラウンジ「六甲」
  • カードメンバーズラウンジ「金剛」
  • カードメンバーズラウンジ「アネックス六甲」
  • KIXエアポート カフェラウンジ NODOKA


上記の空港ラウンジの概要を、それぞれ表にまとめました。

ラウンジ名称 カードメンバーズラウンジ「六甲」 カードメンバーズラウンジ「金剛」 カードメンバーズラウンジ「アネックス六甲」 KIXエアポート カフェラウンジ NODOKA
場所 第1ターミナルビル 北ウイング12番ゲート前 第1ターミナルビル 南ウイング29番ゲート前 第1ターミナルビル 中間駅近く エアロプラザ 2階
営業時間 8:00~14:30 7:30~22:30 8:00~21:00 24時間
サービス一例 フリードリンク(ソフトドリンクのみ) フリードリンク(ソフトドリンクのみ) フリードリンク(ソフトドリンクのみ) フリードリンク(ソフトドリンクのみ)、シャワールーム


福岡空港

福岡空港には、次の空港ラウンジがあります。

  • ラウンジTIME/ノース
  • ラウンジTIME/サウス
  • ラウンジTIMEインターナショナル


それぞれの空港ラウンジの概要を、解説していきます。

ラウンジ名称 ラウンジTIME/ノース ラウンジTIME/サウス ラウンジTIMEインターナショナル
場所 国内線旅客ターミナルビル 1F 国内線旅客ターミナルビル 2F(搭乗待合室内) 国際線旅客ターミナルビル 3F(搭乗待合室 56番ゲート付近)
営業時間 6:30~20:30 6:00~21:00 出国審査開始時間~21:00
サービス一例 フリードリンク(ソフトドリンクのみ)またはビール1本 フリードリンク(ソフトドリンクのみ)またはビール1本 フリードリンク(ソフトドリンクのみ)


新千歳空港

新千歳空港には、次のラウンジが用意されています。

  • スーパーラウンジ
  • トラベラーズラウンジ
  • ノースラウンジ


上記それぞれの空港ラウンジの場所や営業時間など、基本情報を紹介します。

ラウンジ名称 スーパーラウンジ トラベラーズラウンジ ノースラウンジ
場所 国内線ターミナルビル 3F 国際線ターミナルビル 3F 出発ロビー 国際線ターミナルビル 4F 搭乗待合室内
営業時間 7:00~20:30 国際線運航時間に合わせて営業 7:30~21:00
サービス一例 フリードリンク(ソフトドリンクのみ) フリードリンク(ソフトドリンクのみ) フリードリンク(ソフトドリンクのみ)


那覇空港

那覇空港には、「ラウンジ華〜hana〜」というラウンジが用意されています。ラウンジ華〜hana〜の概要は、次のとおりです。

ラウンジ名称 ラウンジ華〜hana〜
場所 1F到着ロビー
営業時間 8:00~20:00
サービス一例 フリードリンク(ソフトドリンクのみ)


中部国際空港

中部国際空港には、次のラウンジが設置されています。

  • プレミアムラウンジ セントレア
  • 第2プレミアムラウンジ セントレア
  • QUALIA LOUNGE(クオリアラウンジ)保安検査前


上記それぞれのラウンジの情報を、表にまとめました。

ラウンジ名称 プレミアムラウンジ セントレア 第2プレミアムラウンジ セントレア QUALIA LOUNGE(クオリアラウンジ)保安検査前
場所 第1ターミナル 3階 出発ロビー 第1ターミナル 3階 出発ロビー 第1ターミナル 3階 出発ロビー
営業時間 6:45~20:45 7:00~20:30 7:20~20:50
サービス一例 フリードリンク(アルコール含む)、おつまみ フリードリンク(アルコール含む)、おつまみ フリードリンク(アルコール含む)、おつまみ


まとめ:海外出張の有無で選ぶのがおすすめ

今回の記事では、空港ラウンジが利用できる大企業向けクレジットカードを全部で5枚紹介しました。

それぞれ異なるカード会社が発行するカードであり、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。空港ラウンジサービスを重視するのであれば、社員の海外出張があるかどうかで選ぶのがおすすめです。

海外出張がないのであれば国内の主要空港でラウンジが使えれば十分。一方、海外出張があるのなら国外でのサービスもあると便利です。

以下に、国内ラウンジを利用できるカードと、海外でもラウンジが使えるカードを分類しました。

【国内】
  • 三井住友コーポレートカード
  • UCコーポレートカード
  • 三菱UFJカード コーポレート


【国内+海外】
  • アメックスコーポレートカード
  • ダイナースクラブコーポレートカード


空港ラウンジが利用できるコーポレートカードをお探しの経営者様は、ぜひこの記事で紹介したクレジットカードをご検討ください。

なお、コーポレートカードに関する基礎情報は次の記事でもご覧いただけます。お時間がおありの方はぜひそちらもご覧ください。

コーポレートカードとは?法人カードやビジネスカードとの違いを解説