ダイナースクラブ ビジネスカードのおすすめポイントや審査、メリット・デメリットを解説

ダイナースクラブ ビジネスカードの特徴やメリット・デメリットをお調べではありませんか。

当記事では、ハイステータスな法人カードとして知られている、ダイナースクラブ ビジネスカードに関する情報を総合的に解説しています。

ダイナースクラブ ビジネスカードの特徴やおすすめポイントのほか、メリット・デメリットや審査情報も解説。最後までお読みいただければ、きっとダイナースクラブ ビジネスカードの魅力を存分に理解し、経営者様に適した法人カードなのかご判断いただけるでしょう。

限度額や還元率など、ダイナースクラブ ビジネスカードの基本情報

まずはダイナースクラブ ビジネスカードの年会費や還元率、限度額などの基本スペックを確認しましょう。

カード名 ダイナースクラブ ビジネスカード
券面 ダイナースクラブ ビジネスカード
国際ブランド Diners Club
年会費(税込) 27,500円
追加カード年会費(税込) 無料
※2枚まで
ETCカード年会費(税込) 無料
限度額 審査により個別に決定
ポイント還元率 0.25%〜0.4%
ANAマイル還元率 1.0%
JALマイル還元率 0.4%
海外旅行保険 最高1億円
国内旅行保険 最高1億円
ショッピング保険 年間500万円まで(海外・国内)

このようにダイナースクラブ ビジネスカードは、本会員の年会費が27,500円(税込)と高額である一方、追加カードは無料で発行できる特徴があります。ただし追加カードは無制限に発行できるわけではなく、2枚までしか作れない点のみ覚えておきましょう。

他の法人カードと比較したメリットを紹介

ダイナースクラブ ビジネスカードは三井住友トラストクラブ株式会社が発行する法人カード。

このページではダイナースクラブ ビジネスカードを利用することで得られるメリットを比較しています。

ダイナースクラブと言えば、他社と比較すると入会審査のハードルが高いクレジットカードとして有名。それでもなおダイナースクラブの法人カードが選ばれるのは、ステータスというメリットがあるからでしょう。高品質なサービスを求める方に人気のダイナースクラブ ビジネスカードの魅力を確認してみましょう。

ダイナースクラブ ビジネスカードのメリット。それはダイナースクラブならではの魅力的な優待特典に、ビジネスをしっかりサポートしてくれる特別な法人カード専用サービスがプラスされていることでしょう。

ダイナースクラブ ビジネスカードにはメリットがたくさんのビジネス特典が付帯。その中のひとつに帳簿付けや青色申告、決算書の作成に対応した会計ソフト「freee(フリー)」があります。

ダイナースクラブ ビジネスカード会員は、一般ユーザーと比較すると「freee(フリー)」の有料プランがお得になっています。「freee(フリー)」を利用すると経理や簿記の知識が無くとも会計帳簿の作成が可能。これまでと比較すると苦労していた帳簿付けの事務処理を効率化しやすいメリットがあります。

この他にも商談や接待等に活用できる「ダイナースクラブ ビジネス・ラウンジ」の利用、オフィス関連サービスがお得になる「ダイナースクラブ ビジネス・オファー」などメリット多数の特別サービスが利用できます。

ダイナースクラブ ビジネスカードを比較してみると、より快適なビジネスシーンを演出してくれる魅力的な優待特典がメリットの法人カードであることが分かりました。

やはりスタンダードな法人カードと比較すると、信頼できるサービスが目を引くメリットとなっていました。クオリティの高い顧客サービス、そしてステータスを求める方がメリットを感じられる法人カードです。

高い年会費以上に価値のあるサービス多数

他社の法人カードと比較しておきたいダイナースクラブ ビジネスカードの特徴を確認してみましょう。ダイナースクラブ ビジネスカードの年会費は本人会員27,500円(税込)、追加会員については年会費無料となっています。

法人カードの中で比較すると若干年会費にかかる負担が大きいデメリットがありますが、追加カードについては発行手数料・年会費無料。複数枚の法人カードの発行を希望する方にとっては、カード1枚あたりにかかる費用のカットが図れるメリットがあります。

ダイナースクラブ ビジネスカードは追加法人カードの利用分も、本人法人カードの利用分としてポイントが合算されるのも特徴。合算のできない法人カードと比較すると、ポイントが貯まりやすくまた消費しやすいメリットがあります。

他社の法人カードと比較すると若干年会費の負担が大きめとなっています。しかし一方でダイナースクラブ ビジネスカードには、様々なサービスが多数付帯しているのが大きな特徴。

先に紹介させていただいたメリットあるビジネス特典の他にも、様々なビジネスシーンに活躍してくれる魅力的なサービスを存分に利用することが可能です。

例えばダイナースクラブ ビジネスカードをお持ちであれば、「JALオンライン」が利用可能。「JALオンライン」は24時間365日いつでもどこでも国内線の予約・発見が可能な法人専用のインターネット予約サービスです。

「JALオンライン」を利用することで出張清算の効率化、限定運賃によるコスト削減が狙えます。契約料や利用料といったデメリットは無く、快適な国内出張をしっかりとサポートしてくれるメリットが人気のサービスになっています。

時期によってはダイナースクラブ ビジネスカード会員向けにお得なキャンペーンを実施しています。JAL国内線を利用することが多い企業様にとって、ささやかながらとてもメリットあるキャンペーンはとても好評です。

この他グルメ、エンターテイメント、ゴルフ、トラベルなどのダイナースクラブのサービスが利用可能。もちろん海外旅行保険(基本会員最高1億円、追加会員最高5,000万円)、国内旅行傷害保険(基本会員最高1億円、追加会員最高5,000万円)が付帯しています。

ダイナースクラブ法人カードに付帯する保険はこれだけでなく、年間500万円を限度としたショッピング・リカバリー、ゴルファー保険と充実の内容。特にショッピング・リカバリー保険については他社のスタンダードな法人カードと比較すると、年間限度額が大きく設定されているメリットがあります。

信頼の証とも言える付帯保険は、とても魅力的なサービスとなっています。

コンシェルジュ特典がない点は、ダイナースクラブ ビジネスカードのデメリット

豪華な特典が豊富なダイナースクラブ ビジネスカードですが、残念ながらコンシェルジュサービスは用意されていません。他社のプラチナ法人カードには、2万円台の年会費でコンシェルジュサービスを利用できるカードもあるため、この点はダイナースクラブ ビジネスカードのデメリットです。

ダイナースクラブにもコンシェルジュサービスは存在するものの、利用できるのは「プレミアムカード」限定です。法人カードには「ダイナースクラブ ビジネスプレミアムカード」と呼ばれる年会費143,000円(税込)の券種が存在し、そちらであればコンシェルジュサービスを利用できます。

もし年会費が2万円台の法人カードでコンシェルジュサービスを使いたいなら、ダイナースクラブ ビジネスカードではなく他社の法人カードを検討しましょう。

発行会社が同じダイナースクラブ コーポレートカードとの違いを比較

ダイナースクラブの法人カードには、「ダイナースクラブ コーポレートカード」と呼ばれる券種が存在します。ダイナースクラブ ビジネスカードと比較するとどのような違いがあるのか、一覧表にまとめました。

カード名 ダイナースクラブ ビジネスカード ダイナースクラブ コーポレートカード
券面 ダイナースクラブ ビジネスカード ダイナースクラブ コーポレートカード
入会の目安 法人代表者または個人事業主 設立3年以上の法人または団体
引き落とし口座 法人口座または個人口座 法人口座
支払い回数 一括払い、ボーナス一括払い、リボ払い 一括払い
キャッシング 不可
Apple Pay 対応 非対応
国際ブランド Diners Club
年会費(税込) 27,500円 13,200円
追加カード年会費(税込) 無料(2枚まで) 13,200円
ETCカード年会費(税込) 無料
限度額 審査により個別に決定
ポイント還元率 0.25%〜0.4%
ANAマイル還元率 1.0%
JALマイル還元率 0.4%
海外旅行保険 最高1億円 最高5,000万円
国内旅行保険 最高1億円 最高5,000万円
ショッピング保険 年間500万円まで(海外・国内) なし

両者の大きな違いは発行対象です。ダイナースクラブ ビジネスカードは個人事業主でも発行できる一方、ダイナースクラブ コーポレートカードは法人専用のクレジットカードです。

また両者にはサービス内容にも違いがあり、付帯保険はダイナースクラブ ビジネスカードの方が手厚くなっています。ショッピング保険が付帯しているのはダイナースクラブ ビジネスカードのみであり、ダイナースクラブ コーポレートカードには付帯していません。

なおダイナースクラブ ビジネスカードでは追加カードを2枚までしか発行できませんが、ダイナースクラブ コーポレートカードならそれ以上の枚数も発行可能です。これらのポイントを踏まえて、自社にはどちらの法人カードが適しているのか、検討してみてください。

ダイナースクラブ ビジネスカードの審査・申し込みハードルは高め?

ダイナースクラブ ビジネスカードの審査情報を比較してみましょう。法人カードのダイナースクラブ ビジネスカードを発行する三井住友トラストクラブ株式会社は、他のクレジットカード会社と比較して審査基準が高いと言われています

審査の難しさはデメリットだと感じる方もいますが、ダイナースクラブについては他社のクレジットカードと比較して、簡単に所持することのできない希少性がメリットとして評価されています。

ダイナースクラブ ビジネスカードについては、クレジットヒストリー(返済履歴)があることも求められます。いわゆるスーパーホワイト(クレヒスの無い方)については、信用度を比較することができず審査は否決となるでしょう。

ダイナースクラブについては他社と比較してかなり審査が厳しいという意見がある中、ダイナースクラブ ビジネスカードについては、個人用カードと比較すると若干ではあるものの柔軟な審査が行われているといった情報もあります。

審査が不安な方は、自身の信用情報を確認してみることをおすすめします

まとめ:ステータスやサービス内容を重視する経営者や個人事業主におすすめ

ダイナースクラブ ビジネスカードを比較して分かることを一度まとめてみましょう。ダイナースクラブ ビジネスカードは特別なサービスが多数提供されたワンランク上の法人カードであることが分かりました。

他社のスタンダードな法人カードと比較すると、審査の難易度は少し高くなりますが、その分信頼できるサービスをしっかりとビジネスに取り入れることが可能。他社の法人カードと比較するとカード発行までに時間がかかるという意見が多いため、ゆとりを持って申し込みをしてください。

ダイナースクラブ ビジネスカードを利用することにより、複数の社員の社用経費のすべてを法人カードへとまとめることが可能。社員個人の立替がなくなり、社員に与える負担を無くすことができます。

また現金による清算と比較すると、利用状況が把握しやすくなり経費の処理が手軽に。経費が明確化することでコストの削減にも繋がり、また会員専用サービスの会計ソフトを利用することで、これまでと比較し事務処理が効率化できるメリットがあります。

またダイナースクラブ ビジネスカードはETCカードについても発行無料。さらにキャッシング・カードローンの利用枠を設定することもでき、社外でのイレギュラーなトラブルにも対応しやすいメリットが選ばれる理由となっています。

法人カードとしての基本機能を十分に備え、ビジネスオーナー、個人事業主、会社役員の皆様に役立つサービスが満載。やはりスタンダードな法人カードと比較すると、ステータスを重視する方に選ばれることが多いです。

ダイナースクラブ ビジネスカードは原則として利用可能額に制限はありません。そのため高額な設備費用にも対応できるメリットがあります。支払い方法は1回払いだけでなく、ボーナス1回払い、リボルビング払いに対応。支払い方法が選べるためゆとりある資産管理を希望する個人事業主様にも好評です。

ダイナースクラブ ビジネスカードについては、信頼できるビジネスパートナーとしての役割を求める経営者様、サービスのクオリティを重視したいプロフェッショナル(会計士、弁護士、医師など)のお客様にとてもおすすめ

特にJALの航空便を多用される海外・国内出張の多い方、高額な備品・設備購入を検討している中小企業経営者様や個人事業主様に選ばれるメリットある法人カードになっています。次のボタンからお申し込み手続きができます。

ダイナースクラブ ビジネスカード
申し込みは公式サイトへ!