JCBビジネスプラス法人カードの審査やキャッシュバックを解説!ゴールドとの違いも

JCBビジネスプラス法人カードの発行を検討中ではありませんか。JCBビジネスプラス法人カードは、一般的なビジネスカードとは違って、ポイントではなくキャッシュバックによる還元を受けられるクレジットカードです。

この記事では、JCBビジネスプラス法人カードの特徴やキャッシュバックの仕組み、メリット・デメリットや審査情報などを、総合的に解説しています。さらに、JCBビジネスプラス法人カードの一般ランクとゴールドランクの違いも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

年会費や保険など、JCBビジネスプラス法人カードの基本情報

まずはJCBビジネスプラス法人カードの年会費や付帯保険など、基本的な情報をチェックしてみましょう。

券面 JCBビジネスプラス法人カード
国際ブランド JCB
年会費(税込) 1,375円
追加カード年会費(税込) 1,375円
ETCカード年会費(税込) 無料
限度額 ※公式サイト参照
キャッシュバック還元率 最大3.0%
海外旅行保険 なし
国内旅行保険 なし
ショッピング保険 最高100万円(海外のみ)


JCBビジネスプラス法人カードが一般的な事業費決済用のクレジットカードと大きく異なる点は、ポイントではなくキャッシュバックによる還元サービスが用意されている点です。JCBビジネスプラス法人カードのキャッシュバック還元の仕組みについては、次の項目で詳しく解説します。

メリットは最大3.0%のキャッシュバック還元を受けられる点

JCBビジネスプラス一般法人カードは、法人経営者や個人事業主に嬉しいサービスが充実しています。その最大のメリットは現金のキャッシュバック

利用金額に応じてキャッシュバック率が決定し、翌月の交通費・出張旅費がキャッシュバックされるメリットがあるので、出張が多い方におすすめ。

キャッシュバックの上限金額は年間でなんと最大180,000円。JCBビジネスプラス一般法人カードを利用することで、効率的に会社の経費削減が実現できます。

しかし「JCBビジネスプラス法人カード」には、「JCB法人カード」などでもお馴染みのポイントプログラムが実施されていません。

実際キャッシュバックってどうなの?」あなたもこう思われているのではないでしょうか?

確かに、ポイントプログラムを売りにしている法人カードは多いですが、キャッシュバック型のカードはあまり見かけませんよね。キャッシュバックで本当にメリットが得られるのかと心配している方も多いでしょう。

しかし、その心配は無用です。実はキャッシュバックプログラムでも、確かなメリットを感じることができるのです。

では実際にどのようなメリットがあるのか。具体的なキャッシュバックプログラムの仕組みとともに説明していきます。

キャッシュバックプログラムの仕組みを解説

キャッシュバックの対象となるのは交通費・出張費のみですが、キャッシュバック率は前月の利用額の全合計によって決まります

利用金額 キャッシュバック率
100万円以上3.0%
80~100万円未満2.5%
60~80万円未満2.0%
40~60万円未満1.5%
20~40万円未満1.0%
5~20万円未満0.5%


キャッシュバック率はこのように設定されています。

つまり総利用額5万円からキャッシュバックが発生する仕組み。100万円以上の利用で、最大3.0%のキャッシュバックを得ることも可能です。

では実際のメリットとして、どれ程の金額のキャッシュバックを得ることができるのでしょうか

前月利用総額が100万円、当月の交通費・出張旅費が合計で40万円だったとしましょう。前月利用総額が100万円以上なのでキャッシュバック率は3.0%。するとキャッシュバック金額は以下のように算出されます。

400,000×0.03=12,000

つまり当月のキャッシュバック金額は12,000円になります。当月の合計利用額が100万円だったとしても、総額の1.2%の還元を得ることができています。

JCBビジネスプラス一般法人カードではポイントプログラムが実施されていませんが、使い方次第ではそれ以上のメリットを得ることが出来るカードになっています。

JCBビジネスプラス一般法人カードのもう一つの特徴として、年会費が非常に安いという点が挙げられます。

なんと年に1,375円(税込)で利用することが可能なのです。おまけに初年度は年会費無料と非常に良心的な料金設定となっています。

1年利用していれば殆どの場合、年会費分はキャッシュバックで取り返す事ができます。もし1年に1,375円(税込)以上のキャッシュバックが見込めない場合には、他のカードを選択したほうが賢明でしょう。

キャッシュバックの対象は旅費交通費のみである点がデメリット

JCBビジネスプラス一般法人カードのデメリットは、キャッシュバックの対象となる支払いが、旅費交通費に限られる点です。一般的なポイント型のビジネスカードであれば、旅費交通費はもちろん、備品の購入や光熱費の支払い、接待費用などでもポイント還元の対象になります。

一方のJCBビジネスプラス一般法人カードは、対象となる旅費交通費に対してのみ、キャッシュバック還元が行われます。どれほど高額な設備投資をしても大量の備品を購入しても、1円たりともキャッシュバックは受けられない点がデメリットです。

この点を踏まえるとJCBビジネスプラス一般法人カードは、旅費交通費の支払いが多い経営者様には適しているものの、それ以外の支払いが多い経営者様にはメリットが少ない特徴があります。もし備品購入など旅費交通費を除く支払いが多い場合は、別の法人クレジットカードをご検討いただくのがよいでしょう。

JCBビジネスプラスゴールド法人カードと比較

JCBビジネスプラス法人カードには、一般カードだけではなくハイステータスなゴールドカードが存在します。JCBビジネスプラス法人カードの一般ランクとゴールドランクに、どのような違いがあるのか比較すると、次のとおりです。

ランク・券面 一般
JCBビジネスプラス法人カード
ゴールド
JCBビジネスプラスゴールド法人カード
国際ブランド JCB
年会費(税込) 1,375円 11,000円
追加カード年会費(税込) 1,375円 3,300円
ETCカード年会費(税込) 無料
限度額 ※公式サイト参照
キャッシュバック還元率 最大3.0%
海外旅行保険 なし 最高1億円
国内旅行保険 なし 最高5,000万円
ショッピング保険 最高100万円(海外のみ) 最高500万円(海外・国内)
ビジネス優待
国内空港ラウンジ無料 ×
ゴルフエントリーサービス ×
ゴールドグルメ優待 ×


このようにJCBビジネスプラス法人カードは、一般ランクでもゴールドランクでも、キャッシュバック還元については変化がないことがわかります。しかしカードに付帯している特典や保険の内容は、ゴールドカードの方が充実しています。

この他にもJCBカードでは共通のメリットある特典が満載。「人間ドック」、「ドクターダイレクト24(国内)」、「健康チェックサービス」は福利厚生に役立つ人気サービスとなっており、代表者様はもちろん追加カードの使用者様も利用できます。

審査基準は厳しい?JCBビジネスプラス法人カードの入手難易度とは

さて、気になる審査情報をご紹介していきましょう。JCBビジネスプラス一般法人カードは比較的審査に通りやすい法人カードです。

中小企業や設立間もない会社でも、法人として最低限の体裁を保ってさえいれば、ほぼ審査に落ちることはないでしょう。

しかし、「社用の固定電話番号を持っていない」「数年続けての業績不振」等の法人カード審査におけるNGがある場合は、審査を通過するのは難しくなります。

まとめ:JCBビジネスプラス法人カードは出張が多い法人経営者様におすすめ

JCBビジネスプラス一般法人カードの最大の特徴はキャッシュバックが得られる点です。「キャッシュバック率」は前月の利用総額で決まり、「キャッシュバックの対象」となるのは当月の「交通費」「出張旅費」です。

つまりカード利用額が多く、かつ出張・交通費に経費がかかっているような方のほうが、よりキャッシュバックによるメリットを実感しやすいようになっています。

海外への出張などは特に費用がかかりますので、キャッシュバック金額も跳ね上がります。よってJCBビジネスプラス一般法人カードは、特に海外出張の多い方には非常におすすめのカードです。お申し込み手続きは、次のボタンをご利用ください。

JCBビジネスプラス法人カード
お申し込みは公式サイトへ