JCBプラチナ法人カードの審査や特典、メリット・デメリットを解説

JCBプラチナ法人カードの発行を検討中ではありませんか。この記事では、JCBプラチナ法人カードの特徴やおすすめポイント、メリット・デメリットや審査情報を徹底的に解説しています。

JCBプラチナ法人カードは、口コミで評価の高いコンシェルジュサービスや、一流レストランのコース料理が1名分無料になるグルメ優待など、多彩な特典が用意されているビジネスカードです。ぜひこの記事を参考にして、JCBプラチナ法人カードが経営者様のご希望を叶えてくれるカードなのかどうか、判断してみてくださいね。

今すぐのお申し込みはこちら

至極の一枚!JCBプラチナ法人カードを持つ3つのメリット

日本が世界に誇るクレジットカードJCBがお送りする極上の一枚。それが、「JCBプラチナ法人カード」。

JCBといえば、日本唯一の国際カードブランドとして長年トップを走り続けてきましたが、やはり提供されるのは想像を上回るプレミアムなサービス。JCBのクレジットカードの中でも、JCBプラチナ法人カードは別格です。

では、このJCBプラチナ法人カードを持つメリットは何か。ここでは絶対に知っておきたい3つのメリットについてお伝えしていきます。

圧倒的人気を誇るのがプラチナコンシェルジュ

JCBカードが提供するサービスの中でも圧倒的人気を誇り、これぞプラチナカード!と言わしめるのが「コンシェルジュサービス」

JCBプラチナ専任のコンシェルジュがあなたの相談や質問を24時間365日いつでも受け付けてくれます。国内外の航空券とホテルの手配はもちろん、旅行に関することは電話一本で代わりになんでもやってくれます。

例えば、下記のようなものまで。

  • 接待で使えそうな、おしゃれな雰囲気のお店を予約したい。
  • 明日急な出張が入って、レンタカーは必要になった。
  • イタリアの美術館に行ったのち、有名な○○に泊まりたい。
  • 台風・地震の影響で交通機関が遅延やマヒ状態。近場で泊まれるところはあるか。


こうした要望もJCBプラチナコンシェルジュサービスを使えば、自分で調べる手間も時間もかからず、非常に便利!加えて、専任コンシェルジュが担当してくれるため、電話で待たされることもなくスムーズにやりとりすることができます。

JCBの一般カードやゴールドカードとの違いの1つで、JCBプラチナカードが持つ特権とも言えるでしょう。

世界中でゆったりくつろげるプライオリティ・パス

JCBプラチナ法人カードのプレミアサービスで人気の1つが、このプライオリティ・パスです。

JCBプラチナ法人カードのプライオリティ・パスでは、世界1,300ヶ所以上の空港ラウンジを無料で利用できます。空港ラウンジでは、インターネット無線LAN完備・雑誌閲覧・ドリンクが無料で提供されます。

混雑する空港ターミナルから離れ、飛行機の出発時間まで優雅なひとときを過ごせるのは、ビジネスマンにとって嬉しいJCBプラチナ法人カードならではの特典です。

あの有名レストランが半額!?グルメベネフィット

続いてご紹介するのは、JCBプラチナ法人カードの人気サービスである「グルメベネフィット」。

JCBが厳選した国内の有名レストランの所定のコースを2名以上で予約すると、1名分が無料になるというサービス。2名で予約をしたら、半額で食事ができるということですね。(※コース料金以外のドリンク代などは必要です)

3日前までにJCBプラチナ法人カードを契約しているご本人がプラチナ・メンバーズデスク(予約専用)に電話をすることで予約が可能となります。

こちらはプラチナ・メンバーズデスクを経由して予約をした方限定のサービスなので、各店舗に直接電話をした場合、このサービスは使えません。

JCBプラチナ法人カードを取得したなら、ぜひプライベートでの食事や大事な会食の際に利用し、間違いのないお店選びをしましょう。

覚えておきたいデメリット・注意点

様々なメリットのあるJCBプラチナ法人カードですが、1つだけ覚えておきたいデメリット・注意点があります。それは、JCBプラチナ法人カードでは貯めたポイントをマイルに移行することができない点です。

JCBの個人向けのOki Dokiポイントは、ANAマイルやJALマイルに移行することが可能。しかし法人向けのJCBプラチナ法人カードは、マイル移行の対象外となってしまいます。

もし法人カードで貯めたポイントをマイルに移行したいなら、JCBプラチナ法人カードではなく「JCB CARD Biz プラチナ」がおすすめです。JCB CARD Biz プラチナは追加カードを発行できないデメリットがあるものの、貯めたポイントをマイル移行できるビジネスカードとなっています。

最高クラスのプラチナカードは審査が厳しめか?

初めて法人カードを契約しようとする方、今の法人カードよりもワンランクアップしたカードを契約しようと検討している方にとって気になることは、JCBプラチナ法人カードの 「審査基準」がどうなのかということ。

  • カード会社によって審査の基準は違うのか
  • ランクが上がるにつれて審査は厳しくなるのか
  • 昔、個人のクレジットカードで滞納したことがあるが、影響はあるか
  • どんな条件をクリアすれば審査は通るのか


など色々な疑問があるかと思います。

まず、JCBカード全般でいうと、他社の法人カードよりも比較的審査に通りやすいと言われています。また、法人カード審査が通る一般的な条件として、「設立3年~5年程度で2年以上の黒字」が挙げられます。

そしてJCBプラチナ法人カードに関しての審査情報は・・・残念ながら明確な基準が見つかりませんでした。ただし、1つ言えることは、JCBプラチナ法人カードの審査は確実に厳しい部類に入るということ。

JCBプラチナ法人カードは、JCBが提供しているカードの中で最もランクの高いクレジットカードです。

カード会社からすれば、カードのランクが上がれば上がるほどカードの枠も増加する結果、借り手である会社が倒産しやすくなり、貸し倒れの危険性があるので、その分JCBプラチナ応身カードの審査も厳しく行いたいというのが正直なところ。

JCBプラチナ法人カード契約をしたいと思っている方も、焦らず、まずは会社の実績を積んでから申請してみましょう。

万が一、JCBプラチナ法人カードの審査に落ちてしまった場合でも、JCB一般法人カードやJCBゴールド法人カードを使ってから、再度JCBプラチナ法人カードに切り替えを挑戦してみるのもいいでしょう。JCBプラチナ法人カードには、それくらいの価値があります。

ここまでの内容を踏まえ、今すぐJCBプラチナ法人カードに申し込みたくなった方は、先にキャンペーン情報だけチェックしておくのがおすすめ。下記のボタンから、キャンペーン情報の項目へ移動できます。

キャンペーン情報はこちらへ!

JCBプラチナ法人カードが提供する極上サービス一覧

JCBが提供する最高クラスのクレジットカード「JCBプラチナ法人カード」は、どのような特徴があるのか、「JCBゴールド法人カード」と比較して見ていきましょう。

機能・スペック JCBゴールド法人カード JCBプラチナ法人カード
年会費 11,000円(税込) 33,000円(税込)
2枚目以降の年会費 3,300円(税込) 6,600円(税込)
海外旅行損害保険 最高1億円
(一部利用付帯)
最高1億円(自動付帯)
国内旅行損害保険 最高5000万円(自動付帯) 最高1億円(自動付帯)
プラチナカード
オリジナル特典
× プラチナコンシェルジュ
グルメ・ベネフィット
プライオリティ・パス


年会費について

ゴールドカードからワンランクアップしたプラチナカードになると、年会費は33,000円(税込)。しかし、他社を含めたプラチナ法人カードの年会費相場観からすると、この33,000円(税込)という年会費は決して高くはありません

例えば、プラチナカード界で最安値と言われている「セゾンプラチナアメリカンエキスプレスカード」の年会費は、22,000円(税込)。

反対に、プラチナカード界で最高値と言われている「アメリカン・ビジネスプラチナカード」の年会費は驚異の143,000円(税込)。

その他のプラチナカードも目安として3万円~5万円ほどなので、JCBプラチナ法人カードの年会費は相場と同程度であると言えます。

さらに、JCBプラチナ法人カードは新規入会キャンペーンを行っているので、お得に利用開始することが出来るかもしれません。

国内・国外旅行に関する損害保険

JCBプラチナ法人カードになると、1億円まで補償してくれるというもの。国内外ともにこれだけの補償がついていたら、何も心配なく出張・旅行ができます。

プラチナカードオリジナル特典

前述もしていますが、JCBプラチナ法人カードを持つ最大のメリットとして自信を持っていえるのが、「コンシェルジュサービス」。 これは秘書の代わりとなってくれるサービスと言っても過言ではないくらい、日々の仕事を手助けしてくれます。

その他にも、世界1,300ヶ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」や、厳選された国内の有名レストランのコース料理を2名以上で予約した際、1名分の食事代が無料になる「グルメベネフィット」など非常に質の高いサービスを提供しています。

新規入会限定キャンペーン-最大30,000円分プレゼント!

新規でインターネット入会することで、最大で30,000円分のJCBギフトカードがもらえるキャンペーンを実施しています。

  • 新規インターネットご入会で、もれなく10,000円分のJCBギフトカードをプレゼント!
  • 入会翌月末までに10万円(税込)以上利用すると、さらに20,000円分のJCBギフトカードをプレゼント!


最大で30,000円分が還元される太っ腹なキャンペーンとなっています。期間限定のお得なキャンぺーンになるので、法人カードをご検討の法人代表者様、個人事業主様は、ぜひ次のボタンからお申込みください。

JCBプラチナ法人カード
お申し込みは公式サイトへ!


まとめ:サクサク仕事を進めたい中小企業社長・個人事業主の方におすすめ

所有することで圧倒的な信頼・ステータスを同時に手に入れることができるJCBプラチナ法人カード。

このカードは、実務に専念し、それ以外に充てる時間をとにかく削減したいという中小企業社長・個人事業主の方におすすめです。

「コンシェルジュサービス」が提供しているのはまさに秘書

  • 会食のセッティング
  • 接待ゴルフのセッティング
  • 出張時のホテル手配や航空券配備


上記の、秘書がやってくれるような仕事を電話一本、年会費33,000円(税込)で行ってくれます。時間節約・手間削減、このサービスを使わない手はありません。

JCBプラチナ法人カード。時間がお金よりも重要な、中小企業社長・個人事業主の方にはピッタリの1枚なのではないでしょうか。