マイル還元率が高いおすすめ法人カードはどれ?JAL・ANAなどマイレージ別に比較

「マイルが貯まりやすい法人カードを知りたい」
「ANAやJALのマイレージを貯めるのにおすすめのビジネスカードはどれ?」

上記の疑問がある人に向けて、マイルを貯めやすいおすすめ法人カードを紹介します。ANA・JALそれぞれのマイルを貯めやすいおすすめ法人カードを紹介するので、希望に適したビジネスカードを選べるでしょう。

また後半では、ビジネスカードでマイレージを貯める際の基礎知識や、マイルの価値を高めるおすすめの使い道・交換賞品も紹介。ぜひ最後まで読んで、自分にぴったりの法人カードを探してください。

なお以下のボタンから、マイルが貯まりやすいおすすめ法人カードの一覧比較表へ移動できます。先におすすめカードを見たい人は、ボタンをタップして移動してください。

マイルが貯まるおすすめ法人カード一覧表へ移動する ↓

目次

マイルが貯まるおすすめ法人カードを選ぶ際の比較ポイント

最強の法人向けマイレージカードの選び方とは

マイルが貯まるおすすめ法人カードを選ぶ際の比較ポイントは以下です。


法人カードでマイルを効率よく貯めるために、選び方のポイントを解説します。

個人向けのANAカード・JALカードとの違いを確認

マイルが貯まる法人カードを選ぶ際は、個人向けのANAカード・JALカードとの違いを確認する必要があります。

マイルが貯まりやすい個人向けクレジットカードの代表例は、ANAカードとJALカードです。個人向けのANAカード・JALカードは、飛行機への搭乗に限らず、日々の買い物や公共料金の支払いなどで、ショッピングマイルが貯まる特徴があります。

法人向けのANAカードとJALカードも存在しますが、実はショッピングマイルが貯まるのは一部の券種のみです。法人向けのJALカードは、どのブランドを選んでもショッピングマイルは貯まりません。

法人向けANAカードは、Visa・Mastercard®︎の国際ブランドを選ぶと、カード会社のポイントは貯まりますが、ポイントのマイル移行は不可です。JCB・ダイナースクラブの国際ブランドを選ぶと、貯まったカード会社のポイントをマイルに移行できます。

Point

●法人向けJALカード⇒ショッピングマイルは貯まらない
●法人向けANAカード(Visa・Mastercard®︎)⇒ポイントは貯まるが、マイル移行は不可
●法人向けANAカード(JCB・ダイナースクラブ)⇒ポイントが貯まり、マイル移行が可能

法人カードでマイルを貯めたいなら、ショッピングマイルが貯まる券種がおすすめ。ショッピングマイルが貯まる法人向けのANAカードを選ぶか、貯めたポイントをマイル移行できるその他の法人カードを選びましょう。

クレジットカード支払い金額に対する還元率を確認

法人カードで効率よくマイルを貯めたいなら、クレジットカード支払い金額に対する還元率は必ず確認したい比較ポイントです。法人カードのマイル還元率を見る際は、「決済金額に対して何マイル獲得できるのか」を計算方法として比較します。

例えば、法人カード決済100円ごとに1ポイントが貯まり、1ポイント=1マイルのレートで移行できれば、マイル還元率は1%です。マイル還元率が高いほど、法人カードの決済金額に応じて、より多くのマイルを獲得できます。

法人カードのマイル移行手数料を確認

法人カードで貯めたポイントをマイルへ移行する際、手数料がかかる券種が存在します。マイルの移行手数料の例は、1回ごとにかかる場合や、年会費として1年に1回かかる場合などです。

マイル還元率が高い法人カードであっても、移行手数料が高額であれば、結果的にはそれほどお得ではない可能性もあります。

法人カードでいくらの決済をして、どの程度のマイルを貯められるのか予想しましょう。そして、手数料を払ってでもその法人カードを選ぶべきか検討するのがおすすめです。

年間で移行可能なマイル数の上限を確認

カード会社の独自ポイントをマイルへ移行するタイプの法人カードには、1年間に移行できるポイント数(マイル数)に上限がある場合があります。

移行上限は数万マイルなどかなり高い水準に設定されているため、通常利用ではそれほど心配しなくても問題ないでしょう。しかし、法人カードで多額の決済を予定している人なら、年間の移行上限にも注意して選ぶのがおすすめです。

空港ラウンジ特典や海外旅行傷害保険を確認

マイルの貯まりやすさと直接的な関係はありませんが、法人カードを選ぶ際には、以下の特典や保険をチェックしておくのがおすすめです。

  • 国内空港ラウンジ無料サービス
  • 海外の空港ラウンジを使えるプライオリティ・パス
  • 海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険

法人カードの中には、空港内に用意された特別なラウンジを利用できる特典が付いているものがあり、飛行機を利用する際により快適な待ち時間を提供してくれます。

多くのゴールド法人カードには、国内の主要空港内のラウンジを何度でも無料で利用できる特典が付いています。国内出張の機会が多い人なら、ゴールド法人カードを選ぶのがおすすめです。

さらにプラチナ法人カードには、世界中の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスと呼ばれる特典が付いているケースが多いです。海外出張の機会が多い人なら、プライオリティ・パスが付いている法人カードを選ぶと、海外の空港でもより快適に過ごせるでしょう。

また法人カードによっては、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険が付帯しているケースがあります。旅行傷害保険の付帯している法人カードを選ぶと、旅先や飛行機の搭乗中に万一のことがあった際に、補償を受けられます。

最強はどれ?マイルが貯まるおすすめビジネスカードの一覧比較表

最強はどれ?マイルが貯まるおすすめビジネスカードの一覧比較表

当記事掲載のマイルが貯まるおすすめビジネスカードの一覧表は以下です。

カード名 ラグジュアリーカード ゴールド ANA JCB法人カード(一般) アメックスビジネスゴールド ダイナースクラブ ビジネスカード セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 三菱UFJカードプラチナビジネスアメックス
券面
※画像クリックで各カードの詳細へ
ラグジュアリーカード ゴールド ANA JCB法人カード(一般) アメックスビジネスゴールド ダイナースクラブ ビジネスカード セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 三菱UFJカードプラチナビジネスアメックス
国際ブランド Mastercard®︎ JCB アメリカン・エキスプレス ダイナースクラブ アメリカン・エキスプレス アメリカン・エキスプレス
年会費(税込) 220,000円 2,475円 初年度無料
2年目以降36,300円
27,500円 初年度無料
22,000円
※年間200万円以上の利用で翌年度半額
22,000円
追加カード年会費(税込) 55,000円 825円 13,200円 無料 3,300円 3,300円
貯まるマイル ANA、JAL、ハワイアン航空、ユナイテッド航空 ANA ANA、JAL、デルタ航空、シンガポール航空、他12社 ANA、JAL、デルタ航空、ユナイテッド航空、大韓航空 ANA、JAL JAL、シンガポール航空、大韓航空
マイル還元率 ANA、JAL、その他:0.9% ANA:1% ANA:0.5%〜1%
JAL:0.33%〜0.4%
その他:0.5%〜0.8%
ANA:1%
JAL:0.4%
デルタ航空、ユナイテッド航空、大韓航空:0.5%
ANA:0.3%〜0.6%
JAL:1.125%
JAL、シンガポール航空、大韓航空:0.8%〜1.2%
マイル移行手数料 無料 5,500円/年 メンバーシップ・リワード・プラス:3,300円/年
メンバーシップ・リワード ANAコース(ANAマイル移行に必須):5,500円/年
ダイナースグローバルマイレージ:6,600円/年 ANA:無料
JAL:無料(プラチナ特典)
マイレージプログラム:3,300円/年
移行手数料:6,600円/回
移行上限マイル数 なし なし ANA:40,000マイル/年
JAL:なし
その他:なし
ANA:40,000マイル/年
JAL:なし
デルタ航空:140,000マイル/年
ユナイテッド航空、大韓航空:120,000マイル/年
ANA:なし
JAL:150,000マイル/年
JAL:15,200マイル/回
シンガポール航空:なし
大韓航空:30,400マイル/回
国内空港ラウンジ無料 ×
プライオリティ・パス × × ×
※ダイナースクラブの海外空港ラウンジを年間10回まで無料利用可能
旅行傷害保険 海外:最高1億2,000万円
国内:最高1億円
海外:最高1,000万円
国内:なし
海外:最高1億円
国内:最高5,000万円
海外:最高1億円
国内:最高1億円
海外:最高1億円
国内:最高5,000万円
海外:最高1億円
国内:最高5,000万円

上記の各法人カードの詳細を解説するので、自分にとって最強のビジネスカードを探してみるのがおすすめです。

JAL・ANAを両方貯められるのはラグジュアリーカード ゴールド

JAL・ANAを両方貯められるのはラグジュアリーカード

ラグジュアリーカード ゴールド
年会費 マイル還元率
220,000円 ANA、JAL:0.9%
マイル移行手数料 移行上限マイル数
なし なし
国内空港ラウンジ無料 プライオリティ・パス
おすすめポイント
  • JALとANAのどちらも還元率は0.9%
  • 移行上限なし、移行手数料は無料、ポイント有効期限は5年
  • 空港ラウンジやプライオリティ・パスなどの特典が複数あり
※出典:ラグジュアリーカード ゴールド公式サイト
※上記法人・ビジネスカード情報は2022年12月の情報です。

JALとANAの両方のマイルを貯めやすいおすすめ法人カードは、ラグジュアリーカード ゴールドです。日々の経費決済でカード会社の独自ポイントが貯まり、ポイントはJALとANAをはじめとする複数の航空会社のマイルへ移行できます。

マイルの移行レートは、どの航空会社のマイレージでも一律200ポイント=600マイルです。つまりラグジュアリーカード ゴールドのマイル還元率は、ANA・JALともに0.9%です。

マイルが貯まる他の法人カードには還元率が1%程度のものもあります。そのため、ANAとJALの両方に移行したいならラグジュアリーカード ゴールドを、どちらか一方のみに移行したいなら他の法人カードを選ぶのがおすすめです。

ラグジュアリーカード ゴールドのポイント有効期限は5年です。マイルの移行上限はないため、多数のポイントを貯めてからまとめて交換したい人にもおすすめの法人カードとなっています。

なおラグジュアリーカード ゴールドへ当サイト経由で申し込むと、初年度年会費の全額返金保証付きで入会できます。全額返金保証付きで入会したい人は、以下ボタンより手続きを進めてください。

ラグジュアリーカード ゴールド
申し込みは公式サイトへ


ANAマイルが貯まりやすいおすすめの法人カード3選

ANAマイルが貯まりやすいおすすめの法人カード3選

ANAマイルが貯まりやすいおすすめの法人カードは以下です。


ANAマイルが貯まりやすい各おすすめ法人カードの詳細を解説します。

ANA JCB法人カード(一般)|還元率1%でショッピングマイルが貯まるおすすめカード

ANA JCB法人カード(一般)
年会費 マイル還元率
2,475円 ANA:1%
マイル移行手数料 移行上限マイル数
5,500円/年 なし
国内空港ラウンジ無料 プライオリティ・パス
× ×
おすすめポイント
  • 比較的安い年会費でANAマイル還元率が1%
  • 入会時・継続時に1,000ANAマイルをもらえる
  • フライトマイルが10%加算される
※出典:ANA JCB法人カード(一般)公式サイト
※上記法人・ビジネスカード情報は2022年12月の情報です。

年会費が安いビジネスカードでANAマイルを貯めたいなら、ANA JCB法人カード(一般)がおすすめ。ANA JCB法人カード(一般)の年会費は2,475円(税込)であり、当記事掲載の他の法人カードと比較して安い部類に入ります。

ANA JCB法人カード(一般)なら、1%の還元率でANAマイルが貯まります。5,500円(税込)/年の移行手数料が必要ですが、この点を踏まえても、比較的リーズナブルな費用負担でANAマイルを貯められます。

またANA JCB法人カード(一般)は、各種ボーナスマイルのサービスがある点も特徴です。新規入会時と毎年の継続時には、それぞれ1,000ANAマイルがプレゼントされます。

さらに飛行機に搭乗する際は、通常のフライトマイルに10%のボーナスマイルが加算されます。経費支払いでも飛行機の利用でもマイルが貯まる、おすすめの法人カードです。

以下ボタンよりANA JCB法人カード(一般)の詳細を確認し、申し込み手続きをするのがおすすめです。

ANA JCB法人カード(一般)
申し込みは公式サイトへ


アメックスビジネスゴールド|還元率1%でポイント有効期限を無期限にできるおすすめカード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
年会費 マイル還元率
36,300円
(初年度無料)
ANA:0.5%〜1%
JAL:0.33%〜0.4%
マイル移行手数料 移行上限マイル数
メンバーシップ・リワード・プラス:3,300円/年
メンバーシップ・リワード ANAコース(ANAマイル移行に必須):5,500円/年
ANA:40,000マイル/年
JAL:なし
国内空港ラウンジ無料 プライオリティ・パス
×
おすすめポイント
  • 有料会員プログラムに登録でANAマイル還元率が1%になる
  • 有料会員プログラムに登録でポイント有効期限が無期限になる
  • 空港ラウンジサービスなどの特典が複数あり
※出典:アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード公式サイト
※上記法人・ビジネスカード情報は2022年1月の情報です。

ANAマイルが貯まる法人カードを探すなら、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(以下、アメックスビジネスゴールド)がおすすめです。

アメックスビジネスゴールドは、有料会員プログラムのメンバーシップ・リワード・プラスに登録すると、ANAマイル還元率が1%になります。メンバーシップ・リワード・プラス登録時は、ポイント有効期限が無期限のため、多くのポイントを貯めてからマイル移行したい人におすすめです。

またアメックスビジネスゴールドには、空港ラウンジ無料サービスをはじめとする特典が付いています。ANAマイルを貯めるだけでなく、法人カードの特典も重視したい人におすすめの1枚です。

なおアメックスビジネスゴールドは、当サイト経由で申し込み手続きをすると、初年度年会費が無料になる特典付きで入会できます。以下ボタンより詳細を確認し、申し込み手続きを進めましょう。

アメックスビジネスゴールド
申し込みは公式サイトへ


ダイナースクラブ ビジネスカード|還元率1%でポイントに有効期限がないおすすめカード

ダイナースクラブ ビジネスカード
年会費 マイル還元率
27,500円 ANA:1%
JAL:0.4%
マイル移行手数料 移行上限マイル数
ダイナースグローバルマイレージ:6,600円/年 ANA:40,000マイル/年
国内空港ラウンジ無料 プライオリティ・パス
×
※ダイナースクラブの海外空港ラウンジを年間10回まで無料利用可能
おすすめポイント
  • 1%の還元率でANAマイルが貯まる
  • ポイントの有効期限がなくじっくり貯められる
  • 追加カードを無料で発行できる
※出典:ダイナースクラブ ビジネスカード公式サイト
※上記法人・ビジネスカード情報は2022年12月の情報です。

法人カードでANAマイルを貯めたいなら、ダイナースクラブ ビジネスカードもおすすめです。

100円の支払いで1ポイントが貯まり、1,000ポイント=1,000マイルのレートでANAマイルに移行できます。つまりANAマイル還元率は1%です。

ダイナースクラブ ビジネスカードのポイントには、有効期限がありません。そのため長期間にわたり多くのポイントを貯めて、一度にANAマイルへ移行したい人にもおすすめです。

そのほか、役員や社員に発行する追加カードの年会費が無料の点もメリットです。追加カードでの支払いもダイナースクラブ ビジネスカードに集約すれば、より多くのANAマイルが貯まるでしょう。

ダイナースクラブ ビジネスカードに申し込みたい人は、以下ボタンより公式サイトを確認し、手続きを進めるのがおすすめです。

ダイナースクラブ ビジネスカード
申し込みは公式サイトへ


JALマイルが貯まりやすいおすすめの法人カード2選

JALマイルが貯まりやすいおすすめの法人カード2選

JALマイルが貯まりやすいおすすめの法人カードは以下です。


JALマイルを貯めるのにおすすめの各法人カードの詳細を解説します。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード|還元率1.125%でマイルが貯まる法人カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 マイル還元率
22,000円
※年間200万円以上の決済で翌年度は11,000円に割引
ANA:0.3%〜0.6%
JAL:1.125%
マイル移行手数料 移行上限マイル数
ANA:無料
JAL:無料(プラチナ特典)
ANA:なし
JAL:150,000マイル/年
国内空港ラウンジ無料 プライオリティ・パス
おすすめポイント
  • JALマイル還元率は1.125%
  • マイル移行手数料が無料
  • 国内空港ラウンジ無料とプライオリティ・パスの特典付き
※出典:セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイト
※上記法人・ビジネスカード情報は2022年12月の情報です。

JALマイルが貯まる法人カードを探すなら、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下、セゾンプラチナビジネスアメックス)がおすすめです。

セゾンプラチナビジネスアメックスは、セゾンマイルクラブと呼ばれるプログラムに無料で登録すると、通常は永久不滅ポイントが貯まるところ、自動でJALマイルが貯まるようになります。

JALマイル還元率は1.125%であり、当記事掲載の他の法人カードと比較して高い水準です。

またセゾンプラチナビジネスアメックスには、国内空港ラウンジ無料サービスとプライオリティ・パスの特典が用意されています。空港ラウンジのサービスを重視する人にも、おすすめの法人カードです。

JALマイルが貯まり空港ラウンジが使えるセゾンプラチナビジネスアメックスの申し込みは、以下ボタンより実施しましょう。

セゾンプラチナビジネスアメックス
申し込みは公式サイトへ


三菱UFJカードプラチナビジネスアメックス|マイル還元率は最高1.2%のおすすめ法人カード

三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 マイル還元率
22,000円 JAL:0.8%〜1.2%
マイル移行手数料 移行上限マイル数
マイレージプログラム:3,300円/年
移行手数料:6,600円/回
JAL:15,200マイル/回
国内空港ラウンジ無料 プライオリティ・パス
おすすめポイント
  • JALマイル還元率は最高1.2%
  • プラチナ限定コンシェルジュサービスを使える
  • 国内空港ラウンジ無料とプライオリティ・パスの特典付き
※出典:三菱UFJカードプラチナビジネスアメックス公式サイト
※上記法人・ビジネスカード情報は2022年12月の情報です。

JALマイルが貯まる法人カードを探すなら、三菱UFJカードプラチナビジネスアメックスもおすすめ。JALマイル還元率は最高1.2%であり、日々の経費支払いでマイルを貯めやすいです。

JALマイル還元率の最高値は、先ほどのセゾンプラチナビジネスアメックスよりも高い水準です。しかし、三菱UFJカードプラチナビジネスアメックスではマイル移行に年会費と1回ごとの手数料がダブルで発生する点に注意しましょう。

また三菱UFJカードプラチナビジネスアメックスでJALマイル還元率1.2%を達成するためには、月間10万円以上の支払いをして、ポイント優遇制度を適用する必要があります。

これらの点を踏まえて、セゾンプラチナビジネスアメックスとどちらが自分に適しているか、比較するのがおすすめです。以下ボタンより公式サイトを確認し、申し込み手続きを進めましょう。

三菱UFJカードプラチナビジネスアメックス
申し込みは公式サイトへ


法人カードのマイレージの貯め方と基礎知識を解説

法人カードのマイレージの貯め方と基礎知識を解説

以下の法人カードのマイレージの貯め方と基礎知識を解説します。


法人カードでマイルを貯める主な方法は、ショッピングポイントと飛行機への搭乗

法人カードでマイルを貯める主な方法は以下です。

法人カードでマイルを貯める主な方法

  • 法人カードの支払いでマイルを貯める
  • 法人カードで航空券を購入してボーナスマイルを貯める

1つ目は、法人カードを使って備品を購入したり公共料金を支払ったショッピングポイントを、マイルへ移行して貯める方法です。多くの支払いをするほど、多くのマイルが貯まります。

2つ目は、法人カードで航空券を購入してマイルを貯める方法です。ANAやJALの航空券を購入するとマイルが貯まりますが、航空会社と提携した法人カードなら、ボーナスマイルが加算されてお得です。

当記事掲載の法人カードのうち、フライトマイルのボーナスがあるのはANA JCB法人カード(一般)のみとなっています。他の法人カードでは、ショッピングマイルのみ貯まるシステムです。

貯めたポイントはマイルへの移行手続きが必要(一部法人カードを除く)

当記事掲載の法人カードの多くは、次の手順で貯めたポイントのマイル移行手続きが必要です。

  1. 支払いでカード会社のポイントを貯める
  2. 貯めたポイントのマイル移行手続きをする
  3. 所定の期間経過後、マイル口座に反映される

なおセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードなど一部の法人カードは、マイルの自動移行に対応しているため、手動での手続きは不要です。

マイルの価値は使い道・交換賞品によって違う

マイルが貯まりやすい法人カードを選んだら、マイルの使い道を考える必要があります。なぜなら1マイルの価値は、交換する賞品によって変動するためです。

マイルの使い道には複数の選択肢があり、どの賞品と交換するかで、1マイルの価値が高くなったり低くなったりします。マイルのお得な使い道は後ほど解説するため、そちらを参考にするのがおすすめです。

ANAとJALのマイルに互換性はない(相互移行は不可)

マイルの基礎知識として覚えておきたいのは、ANAとJALのマイルに互換性がない点です。ANAとJALは別の航空会社のため、マイルを相互利用・相互移行することはできません。

法人カードのポイントと航空会社のマイルは有効期限に注意

法人カードでマイルを貯める上で必ずチェックしておくべきなのは有効期限です。

航空会社のマイレージプログラムにはそれぞれ有効期限が存在し、その期間を過ぎたマイルは失効し、使えなくなってしまいます。また各法人カードごとの独自ポイントにも、有効期限が定められています。

なお法人カードのポイントをマイルへ移行する場合は、移行によりマイルが蓄積されたタイミングから、有効期限がカウントされます。つまり法人カードのポイントとして寝かせておくぶんには、マイル失効のリスクはありません。

ANAマイルの有効期限

ANAマイルの有効期限は3年です。具体的には、利用月から数えて36ヶ月後の月末にANAマイルが失効します。

JALマイルの有効期限

JALマイルの有効期限は3年です。利用月の36ヶ月後の月末にJALマイルが失効するため、それまでに使い切るのがおすすめです。

貯めたマイレージのおすすめの使い道

貯めたマイレージのおすすめの使い道

マイルは交換する商品によって、1マイルの価値が変動します。そのため、できる限りお得な商品と交換することで、法人カードで貯めたマイルをよりお得に利用できます。

法人カードで貯めたマイレージのおすすめの使い道は以下です。


特典航空券と交換して出張時に使う

法人カードで貯めたマイルの使い道として一般的で、かつ1マイルの価値も高くなるのが、特典航空券と交換する方法です。ANA・JALでは、国内線も国際線も特典航空券が用意されているので、様々な航路で使いやすいです。

法人カードで貯めたマイルを特典航空券と交換すれば、航空便を無料で利用できます。出張や社員旅行の機会が多いなら、法人カードで貯めたマイルを特典航空券と交換することで、航空券にかかる経費を削減できるでしょう。

座席のアップグレード特典を交換する

法人カードで貯めたマイルは、飛行機の座席のアップグレード特典への使用も可能です。アップグレード特典は国際線で使用でき、エコノミークラスからビジネスクラスやファーストクラスに、無料でアップグレードできます。

アップグレードする座席や路線によって、必要となるマイル数は異なります。航空券は購入する場合であっても、法人カードで貯めたマイルを使って座席をアップグレードすれば、ワンランク上の優雅なフライトを楽しめるでしょう。

マイル失効が近い場合はポイント移行サービスがおすすめ

マイルには有効期限があり、ANAとJALの場合はどちらも3年間です。もし有効期限が間近に迫っていて、特典航空券の必要マイルにも不足する場合などは、法人カードで貯めたマイルを各種ポイントに移行するのがおすすめです。

マイルのポイント移行は、1マイルの価値自体はそれほど高くならないものの、失効を防いでショッピングなどに利用できるメリットがあります。どんなに還元率が高い法人カードでも、マイルを失効しては意味がないため、最終手段としては覚えておくとよいでしょう。

記事まとめ|Q&A情報も紹介

まとめ

この記事では、マイルが貯まりやすい法人カードを、ANAやJAL、海外航空会社でそれぞれ紹介しました。中には1%を超える高い還元率を誇る法人カードもあり、公共料金や税金、経費などの支払いでザクザクとマイルが貯まるでしょう。

法人カードの使い勝手は、実際にカードを発行して使ってみないと、完全には把握できないことも多いです。興味のある法人カードが見つかったら、まずは申し込んで、実際に使ってみるのがおすすめです。

なお以下ボタンより、マイルが貯まるおすすめ法人カードの一覧比較表に戻れます。

マイルが貯まるおすすめ法人カード一覧表へ戻る ↑

以下、法人カードのマイルにまつわるQ&Aを紹介します。

会社で貯めたマイルを個人利用してもいい?

法人カードを使って貯めたマイルの所有権は会社にあります。代表者であっても、プライベートな目的で個人利用するのは控えましょう。

Visa・Mastercard®︎のANA法人カードはおすすめ?

Visa・Mastercard®︎のANA法人カードは、貯めたポイントをマイルに移行できないデメリットがあります。マイルを貯めたい人には、ANA JCB法人カードがおすすめです。

マイル移行手数料は無料の方がおすすめ?

マイル移行手数料は無料の方が嬉しいでしょう。しかし法人カードによってマイル還元率や特典が異なるため、サービス内容を総合的に比較して選ぶのがおすすめです。

法人カードの年会費は安い方がおすすめ?

法人カードの年会費は、安い方が負担は小さいです。

しかし年会費が安い法人カードは、年会費が高いカードと比較して、サービス内容が最小限になっている場合があります。空港ラウンジやプライオリティ・パスなど、特典も比較して選ぶのがおすすめです。

ANA・JAL以外の航空会社にもマイレージプログラムはある?

国内の航空会社では、全日空の「ANAマイル」と日本航空の「JALマイル」の2種類が一般的です。しかし、実は海外の航空会社にもマイレージプログラムは存在し、次のように多彩な種類のマイルが存在します。

航空会社 マイレージプログラムの名前
全日空(ANA) ANAマイレージクラブ
日本航空(JAL) JALマイレージバンク
エアドゥ DOマイル
スターフライヤー スターリンク
エアカナダ アエロプラン
アメリカン航空 アドバンテージ
デルタ航空 スカイマイル
ハワイアン航空 ハワイアンマイルズ
ユナイテッド航空 マイレージプラス
アエロフロートロシア航空 アエロフロートボーナス
エールフランス航空/KLM フライングブルー
アリタリア航空 ミッレミリア
ブリティッシュエアウェイズ エグゼクティブクラブ
ルフトハンザドイツ航空 マイルズ&モア
スカンジナビア航空 ユーロボーナス
ヴァージンアトランティック航空 フライングクラブ
アシアナ航空 アシアナクラブ
キャセイパシフィック航空 アジアマイル
チャイナエアライン ダイナスティフライヤー
ガルーダインドネシア航空 ガルーダマイルズ
大韓航空 スカイパス
マレーシア航空 エンリッチ
フィリピン航空 マブハイマイル
シンガポール航空 クリスフライヤー
スリランカ航空 フライスマイルズ
タイ国際航空 ロイヤルオーキッドプラス
ベトナム航空 ロータスマイル
エミレーツ航空 スカイワーズ
カタール航空 プリビレッジクラブ
エアタヒチヌイ クラブティアレ
カンタス航空 フリークエントフライヤー