三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスの特徴やメリット・デメリット、審査を解説

三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下、三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックス)の発行を検討してはいませんか。この記事では、三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスの特徴やおすすめポイント、メリット・デメリットなどを紹介しています。

さらに三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスを、三菱UFJニコスの類似の法人カードと比較しているほか、スペックの近い他社カードとも比較しています。また記事の後半では、三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスの審査情報も解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

年会費や限度額など、三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスの基本情報

年会費や限度額など、三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスの基本スペックをまとめると、次のとおりです。

券面三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
年会費(税込)2,095円
追加カード年会費(税込)1,100円
ETCカード年会費(税込)無料
限度額50万円〜200万円
ポイント還元率0.3%〜0.6%
ANAマイル還元率移行不可
JALマイル還元率0.2%〜0.3%
海外旅行保険最高2,000万円
国内旅行保険最高2,000万円
ショッピング保険年間100万円まで(海外・国内)

このように三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスは、年会費が2,095円(税込)と安いゴールド法人カードです。それでいて最高200万円のワイドなショッピング枠と、最高2,000万円の旅行保険が付帯していて、コストパフォーマンスに優れた1枚となっています。

ポイントや特典など、法人カードとしてのメリットが多数

三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスのメリットは、ボーナスポイントが貯まりやすい点。一般的な法人カードと比較すると、同カードは次のようなボーナスポイント特典が付帯しています。

メリット1:海外&国内初年度ポイントアップ

海外利用分はポイント2倍、国内も初年度はポイント1.5倍

メリット2:アニバーサリーポイント

入会時に指定した記念月のショッピング利用分のポイントが通常の1.5倍

メリット3:グローバルPLUS

1ヶ月間の利用金額に応じて翌1年間のショッピング利用分のポイントを優遇。

メリット4:Point名人.comでポイント最大25倍

三菱UFJカードのオンラインモール「Point名人.com」経由で買物をすると最大で25倍のポイントが貯まります。


また、同カードはゴールドクラスになるので、スペックはもちろんその他特典やサービスも充実しています。一般的な法人カードとは比較にならないほどのスペックを持っているので、ワンランク上の法人カードを比較している方におすすめできます

三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスのデメリットは空港ラウンジ特典が限定的な点

三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスのデメリットは、国内の空港ラウンジを無料で利用できる特典が付いているものの、サービス内容が限定的な点です。

三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスで空港ラウンジを使えるのは、国際線を利用するタイミングに限られます。国内線を利用する際は、空港ラウンジを使うことができません。

また利用できる空港ラウンジは全部で7空港のみであり、具体的には下記のとおりです。

  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港
  • 新千歳空港
  • 福岡空港
  • ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)

このように、空港ラウンジを使えるのは主要な空港のみとなっています。他社のゴールド法人カードなら、30以上の空港が対象になっているケースがほとんどのため、対象空港が少ない点も三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスのデメリットです。

三菱UFJニコスの類似法人カードと比較

三菱UFJニコスが発行する法人カードには、三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスに類似する2種類のカードが存在します。こちらでは、三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスには、類似の法人カードと比較してどのような違いがあるのか、解説します。

カード名・券面 三菱UFJカード・ゴールドプレステージ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
三菱UFJカード・ゴールドプレステージ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
三菱UFJカード ゴールドプレステージ ビジネス
三菱UFJカード ゴールドプレステージ ビジネス
三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
国際ブランド アメリカン・エキスプレス Visa、Mastercard®︎ アメリカン・エキスプレス
入会資格 業歴3年以上・2期連続黒字決算の法人・個人事業主 業歴3年以上・2期連続黒字決算の法人・個人事業主 黒字決算の法人・個人事業主
年会費(税込) 11,000円 11,000円 2,095円
追加カード年会費(税込) 2,200円 2,200円 1,100円
限度額 100万円〜300万円 100万円〜300万円 50万円〜200万円
ポイント還元率 0.3%〜0.6% 0.3%〜0.6% 0.3%〜0.6%
海外旅行保険 最高5,000万円 最高5,000万円 最高2,000万円
国内旅行保険 最高5,000万円 最高5,000万円 最高2,000万円
ショッピング保険 年間300万円まで(海外・国内) 年間300万円まで(海外・国内) 年間100万円まで(海外のみ)
空港ラウンジ特典 国内33空港+海外1空港 国内33空港+海外1空港 国内6空港+海外1空港
※国際線利用時のみラウンジ利用可
国際ブランドの特典 アメリカン・エキスプレス・コネクト VisaビジネスオファーまたはMastercard®︎ビジネス・アシスト アメリカン・エキスプレス・コネクト

このように三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスは、比較対象の3枚の法人カードにおいて、最も年会費の安い券種であることがわかります。

三菱UFJカード・ゴールドプレステージ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードとの違いを比較

三菱UFJカード・ゴールドプレステージ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスの上位互換カードです。空港ラウンジは国内33空港と海外1空港を利用でき、国内線の利用時にもラウンジを使えます。

また三菱UFJカード・ゴールドプレステージ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、海外旅行保険と国内保険が、どちらも最高5,000万円と手厚い特徴があります。三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスの補償額は最高2,000万円のため、より手厚い保険サービスを利用したい経営者様におすすめです。

なお三菱UFJカード・ゴールドプレステージ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードについて、さらに詳しい情報を知りたい経営者様は、ぜひ次のリンク先ページもご覧ください。

三菱UFJカード・ゴールドプレステージ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細

三菱UFJカード ゴールドプレステージ ビジネスとの違いを比較

三菱UFJカード ゴールドプレステージ ビジネスは、三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスよりもランクの高いゴールドカードです。年会費は11,000円(税込)に設定され、より手厚い安心の付帯保険が用意されています。

三菱UFJカード ゴールドプレステージ ビジネスの特徴は、国際ブランドをVisaまたはMastercard®︎から選べる点です。三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスの国際ブランドはアメリカン・エキスプレス限定のため、VisaまたはMastercard®︎を選びたい経営者様には、三菱UFJカード ゴールドプレステージ ビジネスが適しています。

三菱UFJカード ゴールドプレステージ ビジネスでは、VisaとMastercard®︎のどちらを選ぶかによって、利用できる特典の内容が変わります。Visaブランドを選んだ場合は「Visaビジネスオファー」を利用でき、Mastercard®︎を選んだ場合は「Mastercard®︎ビジネス・アシスト」を利用できます。

なお三菱UFJカード ゴールドプレステージ ビジネスの詳細情報をチェックしたい経営者様は、ぜひ下記リンク先のページもご覧ください。

三菱UFJカード ゴールドプレステージ ビジネスの詳細

楽天ビジネスカードと三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスを比較

三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスを検討・比較している方が、同じ基準の法人カードとして比較する商品は「楽天ビジネスカード」。両者の法人カードを比較すると次のような形になります。

法人カード名称 三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックス 楽天ビジネスカード
券面 三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックス比較 楽天ビジネスカード比較
発行期間 1週間 1週間
年会費 2,200円(税込) 2,200円(税込)
ポイント還元率 0.4~0.8% 楽天市場での買物はいつでもポイント2%還元
マイレージ 500ポイント→1,000マイル 1ポイント→0.5マイル

両者を比較すると、スペックはほぼ同様といった印象です。発行期間で比較してみると、両者共に1週間となっているため、どちらも一般的な法人カードと比較すると発行スピードは早めと言っていいでしょう。

よって、少しでも早く法人カードを手にしたい方にとっては、どちらもメリットがあると思います。

続いて、年会費で比較してみると、こちらも両者共に2,200円(税込)

最後にポイント還元率を比較すると、楽天ビジネスカードにメリットがある印象。ただし、楽天市場での買物に限り2%還元なので、楽天ユーザーでないとメリットは得られないかもしれません。

マイレージを比較すると、やや三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスにメリットが見られる印象です。

このように両者のスペック及びメリットを比較すると、どちらもメリット・デメリットを持っていることがわかります。

満足いくゴールドクラスの法人カードを手にしたいなら、特典やサービスが充実した三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスを選んだほうがメリットが得られると思います。

しかし、楽天ユーザーであれば楽天ビジネスカードがいいでしょう。

ただし、前述したように楽天ビジネスカードは主に楽天ユーザーにメリットが得られる印象のカード。

そのため、総合的に特典やサービスを心ゆくまで利用したい方は、三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスを選択したほうがメリットが得られると思います。

あくまで楽天ビジネスカードは、楽天ユーザーにメリットのある商品として比較した方がいいでしょう。

三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスの審査は厳しい?

三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスは法人カードとしてはワンランク上のゴールドカードとなっています。そのため、一般的な法人カードと比較するとスペックはもちろん、特典およびサービスの質が非常に高いメリットを持っています。

しかし、これだけのクオリティを持った法人カードということもあり、審査における難易度が気がかりという方は多いはず。また、申し込み基準がどれほどのラインで設定されているかも不安の種ではないでしょうか。

そこで同カードの情報についてくまなく探したのですが、有力な審査情報を得ることはできませんでした。しかし、利用者の数が多く人気の法人カードであることに間違いはありません。

現在、同カードでわかっていることは、発行対象が法人または個人事業主であり、カード使用者は18歳以上の人が対象っとなる点のみです。

一般的な法人カードと比較すると、ほぼ申し込み基準は同様となっていますが、同カードはゴールドクラスなので簡単な審査とはいかないでしょう

また、同カードは具体的な審査内容が明記されていないほか、ネット上にも審査に関する情報や口コミなどがほぼ見られないため、その詳細を把握するにはカード会社に問い合わせる他ありません。

一般クラスの法人カードと比較すると、ワンランク上の商品なので手軽な審査は期待できないでしょう。

よって、一般的なステータスよりも高いステータスを持つ法人、もしくは個人事業主であれば比較的審査を通過しやすい法人カードと言って良いかもしれません。

少しでも審査情報の参考になる情報がないか調べましたが、同カードにおける審査情報は見つかりませんでした。

また、他社と比較しているユーザーの口コミも見られないため、情報を参考にしても比較することが難しい法人カードと言えます。しかし、同カードのメリットは充実しているため、情報が少ないからと比較候補から除外するのは非常に損。

いずれにしても、審査における情報が少ないというだけで、内容は非の打ち所がないといった印象を受けます。

本来、人気の法人カードともなれば比較情報や口コミ数が多くなるものですが、それらの情報が確認できない以上、具体的な審査内容を知りたい場合はカード会社に直接問合わせるしかありません

また、同カードの公式サイトを確認しても、審査にどれだけの時間がかかるのかが不明なので、審査スピードも未知数と言っていいでしょう。

一般的な法人カードを比較すると、やや情報の明記が少ないデメリットがあるので、迅速にスペックの高い法人カードを利用したい方は、他社とよく比較した方がいいと思います。

その際は他社のメリットと同カードが持つメリットを比較し、スペックも確認することをおすすめします。

このように現状では同カードにおける審査情報はほぼ見つからない状態ですが、見つかり次第ご紹介いたします。

まとめ:コスパ重視で高スペック法人カードをお求めのあなたに!

三菱UFJカード・ゴールド・ビジネス・アメックスは一般的な法人カードと比較すると、ワンランク上の商品となっています。

アメリカン・エキスプレスならではの特典やサービスが充実していると共に、安い年会費にもかかわらず高いスペックを持っているので、コスパ重視で高いスペックの法人カードを比較する方におすすめ

いずれにしても、一般の法人カードよりもメリットが詰まっていることに変わりはないので、ステータスに自信のある法人もしくは個人事業主は比較候補に加えるべきだと思います。

ステータスに絶対的な自身がある方は、プラチナカードを検討するといいでしょう。