三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの特典やメリット、審査を徹底解説

三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの発行を検討中ではありませんか。三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersは、法人経営者でも個人事業主でも発行できる、圧倒的に豪華な特典が豊富な法人向けクレジットカードです。

この記事では、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの特徴やおすすめポイント、メリットや審査情報などを徹底解説しています。

最後までお読みいただければ、きっと三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの特徴を理解し、経営者様に適した法人カードなのかご判断いただけるでしょう。

2022年9月最新のキャンペーン情報はこちら!

目次

年会費や還元率など、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの基本情報

年会費や還元率など、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの基本情報

まずは三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの年会費やポイント還元率など、法人カードとしての基本的なスペック情報を確認してみましょう。

券面 三井住友ビジネスプラチナカード for Owners
国際ブランド Visa、Mastercard®︎
年会費(税込) 55,000円
追加カード年会費(税込) 5,500円
ETCカード年会費(税込) 550円(税込)
※初年度年会費無料
※前年に1回以上の利用で翌年度無料
限度額 原則200万円〜
還元率 0.5%〜1.4%
ANAマイル還元率 0.25%〜0.45%
JALマイル還元率 移行不可
海外旅行保険 最高1億円
国内旅行保険 最高1億円
ショッピング保険 年間500万円まで(海外・国内)


この三井住友ビジネスプラチナカード for Owners、できることがかなり多いです。このサイトでは数多くの法人カードを紹介していますが、一枚でここまでなんでもこなすことのできる法人カードは三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersが初めてでした。

三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersのできることが多いので紹介も長くなりますが、要点を絞ってテキパキまとめているので、1つ1つ読み進めていきましょう!

個人名義口座・個人事業主(屋号)口座でカードを作ることができる

三井住友for Ownersシリーズの特徴1つ目として、個人名義口座・個人事業主口座でカードを作ることができるということが挙げられます。

法人カードを作る時、普通は法人口座を決済口座として設定しなければなりません。この条件が理由で法人カードを作ることができない事業主さんがたくさんいました。

しかし、この三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersでは個人名義口座・個人事業主口座で決済をする事ができるのです。法人口座を作っていない方や個人の口座で決済したほうが都合のいい方などにぴったりですね。

更に申込みに関して、書面の手続きを行うことなくオンライン上のみで入会手続きが完結し、最短3営業日でカードが発行されます。そのため、カードの発行を急ぐ方にもおすすめです。

三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersなら支払い方法、支払日をフレキシブルに選択可能

2つ目の利点は支払い方法、支払い日に選択肢が用意されているということです。これは、法人カードではない一般のカードではよくある事なのですが、法人カードにおいては選択肢が存在せずあらかじめ1つの方法に定められていることがほとんどです。

ところが三井住友ビジネスプラチナカード for Owners含めた三井住友for Ownersシリーズでは、5種類の支払い方法2種類の締日から、好きなものを選択することができるのです。

支払い方法は、1回払い、2回払い、リボ払い、分割払い、ボーナス払いの中から決済をする度に選択でき、支払日は「毎月15日締切で翌月10日の支払い」または「毎月末日締切で翌月26日支払い」から選択することができます。

事業の内容や収入の入り方に合わせてお金の動くタイミングを決めることができるのは事業主さんにとって大きなメリットですね。

多彩な追加カードや電子マネーを、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersで利用可能

三井住友for Ownersシリーズが選ばれる理由第一位と言っても過言ではないでしょう。それは追加カードや電子マネーの多様性です。「三井住友for Owners」なら、ETC、プラスEX、PiTaPa、WAON、iD、Apple Pay、Google Pay、VISAのタッチ決済を利用することができます。

三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersでももちろんこれらは全て利用することができます。

これまで利用していた物をそのまま三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersで使うこともできますし、新しく何かを使うにしても選択肢が多いことはかなりのメリットですね。

この中でも特にApple PayとGoogle Payは注目されている人気の機能で、Apple Pay・Google Payを使うことのできる法人カードを待っていたと言う方を多く見てきました。

日常的に使いやすい支払いを三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersという1枚の法人カードの決済にまとめることができるというのは財政管理の簡易化に大きく役立つでしょう。

使いみちの多いポイントで無駄を0に

クレジットカードや法人カード、ポイント還元率の高いものをわざわざ選んだのに使いみちが無かったり有効期限まで放置して無駄にしてしまった経験はありませんか?

三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersではそういった心配はほとんど必要ありません!

なんと三井住友for Ownersシリーズは、貯まったポイントを支払いに充てることができるのです。ポイントの使い所が無くて困っていたという方は、とりあえずポイント全て支払いに充てて、実質現金キャッシュバックとしてお得に利用することができます。

また、for Ownersシリーズは貯まったポイントをマイルに移行することも可能です。プライベートで飛行機によく乗る方や、飛行機を利用しての出張が多い方にはかなりお得なポイントの使い方ですね。

他にもAmazonギフト券やグルメカードなど多方面に渡ってポイントを還元できる様になっているため、使いみちがなくてせっかく貯まったポイントが消えてしまうということはもう無いでしょう。

さらにポイントの有効期限も四年間と、法人カードには驚異的な長さの期間ポイントを保存することが可能です。

三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersはポイントの使いみちを考えたり有効期限を気にするのが面倒という方にも最適ですね!

キャッシングサービスを使える点も三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersのメリット

次に紹介するのは、三井住友for Ownersシリーズが選ばれる理由の一翼を担っている「キャッシングを利用できる」という点です。普通の法人カードでは利用できないキャッシングですが、三井住友for Ownersシリーズはまたもや常識を打ち破って取り入れています。

キャッシングは普段全く使わなかったとしても、あるというだけで安心です。カードケースしか持ち歩いていない時に急に現金が必要になる、こんな状況も起こるかもしれませんよね。特に海外出張のときなど、日本から用意して行った分の現地通貨を使い切ってしまい、困った経験をしたことがある方は多いでしょう。

三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersは、なんと日本国内だけでなく海外でのキャッシングにも対応。もちろん現地のお金が出てくるのでわざわざ外貨両替をしに行く手間もありません。

高額で安心の付帯保険・ショッピング保険付き

三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersは、付帯保険・ショッピング保険の面でもかなり充実しています。

具体的には、旅行傷害保険(国内・海外)がなんと最高「1億円」まで補償。

特に他と違う注目点は、海外だけでなく国内の旅行傷害保険にまで最大1億円保険が付くことです。大抵の法人カードは、国内の旅行傷害保険は海外のものの半分程まで少なくなることが多いのですが、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersは海外と同額の1億円まで保険してくれます。

また、ショッピング補償は、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersならカード利用で購入した商品の破損や盗難による被害を、「年間500万円」まで補償。

個人用クレジットカードに比べて会社の備品等の購入で支払い額が大きくなりがちな法人カードだからこそ、この超高額のショッピング補償はありがたいものになります。

さらに、国内・海外どちらでの利用もショッピング補償の対象になるという点も圧倒的プラスです。

他のプラチナさえ羨やむ銀行系のハイステータス

三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersのステータス性を裏付けているのは、なんといっても三井住友銀行による銀行系法人カードということです。

普通のクレジットカード会社と三井住友グループでは、流石に信頼度に差があります。無名の法人カードを使う取引先と、銀行系の法人カードを使う取引先とを比較したら、後者と取引したいと思うのは自然なことです。それがプラチナ法人カードであるなら、尚更の話でしょう。

こういった事情を考えると、法人カードのステータスは取引先などからの信頼に影響を与える可能性があるので、法人カードのステータスというのは個人カードのそれよりも重要かもしれません。

その面でも、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersは仕事をしていく上で信頼のおける頼れるパートナーと言えるでしょう。

圧倒的に豪華な特典がメリット

圧倒的に豪華な特典がメリット

さて、三井住友for Ownersによる利点以外で皆様が気になるのはおそらく、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersならではのプラチナ級サービス特典でしょう。

三井住友ビジネスカードも個人用クレジットカード同様、プラチナ券面となるとかなりのサービスや特典が付帯してきます。

ここからは、数あるプラチナ級サービス・特典の中でもかなりありがたい、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersとっておきのサービスを順番に紹介していきたいと思います。

24時間使える三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersのコンシェルジュサービス

まずは、プラチナカードではおなじみのコンシェルジュサービス。

三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersにも当然備わっています。

コンシェルジュサービスは、自分が仕事で忙しくて他のことに気を回せない時に利用すると、その恩恵を実感することができます。

例えば、「来週出張があるのに、飛行機や新幹線、ホテルを予約している時間がない」「大事なお得意さんと会食があるのに、良い場所を調べていないし予約もしていない」、こんなピンチが訪れた時、コンシェルジュサービスがあれば何も考えること無く解決することができます。

少しの時間も惜しい法人代表者・個人事業主の方のため、電話一本で上記のような悩みや用事を代理で取り扱ってくれるコンシェルジュサービスは、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersを持つだけでサービス名の通りに執事を1人雇ったのと同じくらいのくらいの価値があるかもしれません。

このサービスだけで年会費以上の価値があると言ってプラチナカードを申し込む人がいるというのも納得できますね。

ダイニング by 招待日和(Mastercard®︎限定)

知る人は知っている「ダイニング by 招待日和」ですが、Mastercard®︎ブランドの三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersならば利用できます。

「ダイニング by 招待日和」とは、「約200店舗の国内有名レストランでコース代金が1人分無料になる」という驚異のサービスです。

この「ダイニング by 招待日和」は、金額面で考えると三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの全サービスの中で最もお得なサービスと言っても過言ではありません。

加えてこのサービスのすごいところは、「月に2回」まで、このサービスを利用できるという点にあります。

お得意様との会食や営業などの際に、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの「ダイニング by 招待日和」を利用することで経費を大きく削減できますね!

三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersなら、プラチナグルメクーポンでコース料理が無料

また三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersには、「プラチナグルメクーポン」というサービスも付帯しています。

こちらのサービスは先程の「ダイニング by 招待日和」と似ていて、「東京・大阪を中心とした一流レストランを2名以上で利用した場合に、会員の人の代金が無料になるクーポンがもらえる」というサービスです。

このクーポンは年に2回、90店舗分が冊子になって届きます。つまり、最大で年間180回もクーポンを使うことができるのです。

また、プラチナグルメクーポンはMastercard®︎、Visa関係なく利用できます。

お気づきの方もいるかもしれませんが、Mastercard®︎の三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersであれば、「ダイニング by 招待日和」と「プラチナグルメクーポン」をどちらも利用することができ、かなりお得にお食事をすることができます!

主要空港のラウンジを無料で使えるサービス

こちらもプラチナカードではおなじみですが、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersを持つことで国内主要空港のラウンジを無料で利用することができます。

三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersで利用可能な空港を具体的に挙げるとご覧のようになります。

  • 旭川空港
  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台国際空港
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 富士山静岡空港
  • 中部国際空港
  • 小松空港
  • 伊丹空港
  • 関西国際空港
  • 神戸空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 米子空港
  • 出雲縁結び空港
  • 山口宇部空港
  • 徳島空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 福岡空港
  • 北九州空港
  • 長崎空港
  • 大分空港
  • 熊本空港
  • 宮崎空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • ダニエル・K・イノウエ国際空港


三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersをもっているだけでこれだけの空港のラウンジが無料で利用できれば、どこに出張することになっても毎回落ち着いた自分のスペースを確保することができますね。

また三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersでは、世界130か国の1,000以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」を発行することができます。(詳細は後ほど)

D’sラウンジトーキョー

「D’sラウンジトーキョー」は知名度こそあまり高くないものの、かなり便利な三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersならではのサービスです。

D’sラウンジトーキョーは大丸東京店の11階にあり、眺めの良いラウンジでフリードリンクの提供があったり、喫煙ルーム・フィッティングルーム・応接室(要予約・有料)等も完備されています。

利用は「1日1回2時間まで」という制限こそありますが、このような会員限定のラウンジを無料で利用できるのは非常にありがたいですよね。

加えて、このD’sラウンジトーキョーは、個人用のクレジットカードを含めプラチナカードであっても利用できるカードはかなり限られているので、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersを選択する大きな決め手となります。

打ち合わせ前の時間調整や新幹線の乗車前の待ち時間等に東京駅付近で利用できる専用ラウンジは、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの見逃せないプラチナサービスです。

メンバーズセレクション

三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersには「メンバーズセレクション(通称:メンセレ)」なるサービスも付帯しています。

メンバーズセレクションとは、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersを持っていれば年に一度好きなプレゼントを無料で貰うことができるサービスです。

プレセントの選択肢には以下があります。

  • 名医によるセカンドオピニオンサービス
  • 海外空港ラウンジサービス
  • 上質なビジネスアイテム
  • 暮らしを彩るライフアイテム
  • 毎日を愉しむコレクション
  • 食の逸品プレゼント
  • カードご利用プレゼント


この中で特におすすめなのが、先ほども出てきた「海外空港ラウンジサービス」です。

海外空港ラウンジサービスを選択した場合、世界中の1,300ヶ所以上のラウンジが利用できるようになります(通称:プライオリティ・パス)。

プライオリティ・パスの登録には通常3.5~4万円程度の年会費が必要なので、プライオリティ・パスを無料で利用できるのは、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの非常に大きなメリットです!

他社の法人カードと三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersを比較

他社の法人カードと三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersを比較

三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersを検討する際に、他社カード会社が発行しているプラチナ法人カードとの違いが気になります。こちらでは、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersと他社のプラチナ法人カードにはどのような違いがあるのか、比較してみましょう。

カード名 三井住友ビジネスプラチナカード for Owners JCBプラチナ法人カード セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
券面 三井住友ビジネスプラチナカード for Owners JCBプラチナ法人カード セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
国際ブランド Visa、Mastercard®︎ JCB アメリカン・エキスプレス
年会費(税込) 55,000円 33,000円 22,000円
※年間200万円以上の利用で翌年度11,000円
追加カード年会費(税込) 5,500円 6,600円 3,300円
ETCカード年会費(税込) 550円(税込)
※初年度年会費無料
※前年に1回以上の利用で翌年度無料
無料 無料
限度額 原則200万円〜 ※公式サイト参照 審査により個別に決定
ポイント還元率 0.5%〜1.4% 0.3%〜0.85% 0.45%〜1.0%
ANAマイル還元率 0.25%〜0.45% 移行不可 0.3%〜0.6%
JALマイル還元率 移行不可 移行不可 1.125%
海外旅行保険 最高1億円 最高1億円 最高1億円
国内旅行保険 最高1億円 最高1億円 最高5,000万円
ショッピング保険 年間500万円まで(海外・国内) 年間500万円まで(海外・国内) 年間300万円まで(海外・国内)


このように三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersは、JCBプラチナ法人カードやセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードと比較すると、年会費がやや高めに設定されていることがわかります。しかし年会費が高い分、付帯サービスの内容が充実しているなど、優れた特徴があります。

具体的な特典の内容は券種によって大きく違いますが、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersには国内向けのサービスが豊富な特徴があります。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンや宝塚歌劇団、三井住友Visa太平洋マスターズといった、国内のエンタメサービスに関する特典が豊富なため、海外出張の機会が少ない経営者様におすすめです。

またJCBプラチナ法人カードやセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードにも、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersとは異なる特典が充実しています。プラチナ法人カードを比較する際は、それぞれの券種に用意されている付帯サービスを比較し、経営者様にとって最もメリットのあるカードをお選びいただくのがおすすめです。

なお下記リンク先のページでは、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersを含め、法人向けのプラチナカードの違いを徹底比較しています。法人向けプラチナカードを比較して選びたい経営者様は、ぜひそちらもご覧ください。

おすすめプラチナ法人カードを徹底比較!メリットや人気の特典も紹介

三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの審査は厳しい?

三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの審査は厳しい?

ここまで読んで、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersが欲しい」と思い始めた方、いるのではないでしょうか?しかし、銀行系のプラチナカードともなれば、やはり審査が気になるところですよね。

もちろん、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの審査についてもしっかり調査済みですよ。

やはり三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersはプラチナ法人カードなので、審査はそれなりの水準で行われます。しかし、三井住友for Ownersシリーズは「入会時に必要な書類は代表者本人の確認資料のみで、一般的な法人カードに比べ審査に通過しやすい」とも言われています。

つまり、他のプラチナカードの審査は落とされてしまったという方でも、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersであれば審査を通る可能性が大いにある、ということです!

ですが、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersには審査の他に、「満30歳以上の法人代表者、個人事業主の方」という条件があり、前提条件として30歳に満たない方はそもそも申し込みができません。

もし年齢が30歳に満たない方やまだ審査に通る自身のない方は、その時が来るまで「三井住友カード ビジネスオーナーズ」や「三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド」といった、別の券種を検討してみるのもありですね。そちらの情報も見てみたいという方は、下記リンクからどうぞ!

三井住友カード ビジネスオーナーズ 一般
詳細を確認する


三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド
詳細を確認する


まとめ:国内向けの特典が充実した法人向けプラチナカード

まとめ

こちらでは、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの特徴やおすすめポイントを詳しく解説しました。三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersは国内向けの特典が充実している法人向けクレジットカードのため、海外出張の機会が少ない経営者様には非常におすすめの1枚です。

もし海外出張の機会が多い経営者様なら、アメリカン・エキスプレスのプラチナ法人カードやラグジュアリーカードなど、他社の法人カードをお選びいただく方が、使いやすい特典が多いでしょう。

なお現在、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersではお得な新規入会キャンペーンが開催されています。三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの発行を検討している経営者様は、ぜひこの機会に、お得なキャンペーンを利用してカードに申し込んでみてくださいね。

【2022年9月最新】特別キャンペーン実施中!

今だけ限定、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersへの新規入会で最大30,000円相当のVポイントがもらえるキャンペーンを実施中!

入会月+2ヶ月後末までのカード利用代金の10%(最大30,000円相当)のVポイントが特別ボーナスでもらえます。Vポイントは1ポイント=1円の価値でキャッシュバックに利用できるほか、ポイント移行やマイル移行も可能!ぜひこの機会に下記ボタンからお申し込みください。

三井住友ビジネスプラチナカード for Owners
お申し込みは公式サイトへ!