三井住友ビジネスゴールドカードの特典やポイント還元率、メリットや審査を解説

三井住友ビジネスゴールドカードの発行を検討中ではありませんか。三井住友ビジネスゴールドカードは、三井住友カードが発行するプロパーカードであり、高い信頼性とステータスを誇る法人カードです。

この記事では、三井住友ビジネスゴールドカードの特徴やおすすめポイント、メリットや審査情報などを総合的に解説します。最後まで読めば、三井住友ビジネスゴールドカードの特徴を理解し、経営者に適した法人カードなのか、判断できるでしょう。

年会費や還元率など、三井住友ビジネスゴールドカードの基本情報

まずは三井住友ビジネスゴールドカードの年会費やポイント還元率など、法人カードとしての基本的な性能をチェックしましょう。

券面 三井住友ビジネスゴールドカード
国際ブランド Visa、Mastercard®︎
年会費(税込) 11,000円
追加カード年会費(税込) 2,200円
ETCカード年会費(税込) 550円
※前年に1度でも利用すると無料
限度額 20万円〜300万円
ポイント還元率 0.5%
ANAマイル還元率 移行不可
JALマイル還元率 移行不可
海外旅行保険 最高5,000万円
国内旅行保険 最高5,000万円
ショッピング保険 年間300万円まで(海外・国内)

三井住友ビジネスゴールドカードの年会費は11,000円(税込)、追加法人カードは1名につき2,200円(税込)となっています。

年会費無料の法人カードと比較すると少し負担が大きくなりますが、年会費は決してデメリットではなく、十分に満足できるサービスが提供されていることが三井住友ビジネスゴールドカードの特徴です。

追加法人カードの発行枚数は20枚までが目安。初年度無料の法人用ETCカードは、1枚の法人カードに複数枚を発行できます。

次年度以降は550円(税込)が必要となりますが、一度でもETCの利用があれば翌年度無料と、実質無料でETCカードを利用できるメリットがあります。

三井住友ビジネスゴールドカードは使いやすいシンプルなサービス内容が特徴。他社のハイクラスな法人カードと比較すると、付帯するサービスは誰でも気軽に使えると好評です。

例えば「プラスEXサービス」は東海道新幹線のネット予約&チケットレスサービスが利用可能。1年を通して同じ金額で新幹線に乗車することができ、混みあう時期も交通費を節約できるメリットがあります。

法人カードの定番サービスとも言える「海外・国内旅行傷害保険」は最高5,000万円。補償内容を比較してみると、やはりスタンダードな法人カードよりも補償額が大きくなっているのが特徴です。

また、もともとは海外のみの利用に限られていたショッピング補償の300万円が、ついに国内にも適応されるようになりました。

備品の購入などを目的に法人カードを利用する場合は、ショッピング・プロテクションに強い法人カードを検討することをおすすめします。

この他にもオフィス用品のデリバリーなどが利用できる「ビジネスサポートサービス」、福利厚生代行サービスを割安で利用できる特典などがあります。

海外出張に出かける社員様は三井住友ビジネスゴールドカードを掲示することで、全国主要空港ラウンジの無料利用が可能です。

法人カードとしてのメリット

三井住友ビジネスゴールドカードは三井住友カードが発行する法人カード。三井住友ビジネスゴールドカードを利用することで得られるメリットを紹介します。

スタンダードな法人カードを希望する方に人気の高い、三井住友ビジネスゴールドカードの魅力を確認してみましょう。

三井住友ビジネスゴールドカードの最大のメリット。それはあらゆる業務の効率化に特化している点でしょう。

三井住友ビジネスゴールドカードを利用することで、これまでと比較すると従業員による交通費や接待費、備品の購入など経費の立替を無くせるので、さまざまなメリットを生み出します。

例えば高額な経費の立替は社員にとって大きな負担となります。社員用の法人カードを支給することで経費はすべてカードで決済が可能。

たったこれだけのことでも社員にとっては大きなメリット。出張時の交通費はもちろん、大切なお客様を迎える接待や商談の場でもメリットを感じられるでしょう。

経費の支払いをすべて三井住友ビジネスゴールドカードに一本化することで、各支払い手続きが簡素化されるメリットがあります。銀行振込にかかる手間や手数料が無くなり、直接的なコスト削減へ繋げることができます。

法人カードの導入後、これまで発生していた振込手数料を比較してみると、想像以上の経費が毎月発生していたことに気がつく経営者様はとても多いです。

一度の振込手数料は微々たるものでも、回数が多ければ負担は大きくなります。それらを削減できるのが法人カードのメリットです。

三井住友ビジネスゴールドカードはカードごとの利用明細を確認できるのもメリット。誰がどのような目的で経費を使ったのか明確化することで、ビジネスとプライベートの混同を無くすことができます。

無駄なコストを徹底的に省くことができ、社員の意識改革に繋がるメリットも。

また三井住友ビジネスゴールドカードにはポイントプログラムが付帯しているのもメリット。利用金額に応じたポイントが還元されるため、現金による清算と比較するとポイントが加算される分お得です。

三井住友ビジネスゴールドカードのポイントは、1,000円で1ポイント加算。一般の方と比較すると毎月の利用代金が高額な法人カード会員は、効率的にポイントを貯めることができメリットが大きくなっています。

三井住友ビジネスゴールドカードの券面には会社名が印字。さらにICチップも搭載されています。追加法人カードは複数枚の発行に対応。もちろんETCカードを使うこともできます。

三井住友ビジネスゴールドカードを比較してみると、シンプルながらゴールド法人カードとしてのメリットを存分に感じられるカードであることが分かりました。

新たに法人カードの導入を検討している経営者様にとっては、三井住友ブランドの安心感も、是非他社と比較しておきたいメリットとなっています。

完全法人向けのカードのため、審査は厳しめ

三井住友ビジネスゴールドカードの審査情報を比較しましょう。

法人カードの三井住友ビジネスゴールドカードを発行する三井住友カード株式会社は、さまざまなプロパーカードや提携カードを発行しており、老舗の企業だからこその安心感が選ばれる理由となっています。

三井住友ビジネスゴールドカードは、他社の法人カードと比較すると審査基準が高め。これは、三井住友ビジネスゴールドカードが法人のみを対象にしたサービスだからであり、個人事業主からの申し込みにも対応した他社の法人カードを比較すると、求められる属性がより厳しいものになっていると判断できるためです。

また、三井住友ビジネスゴールドカードの契約には法人口座が必要で、法人代表者の個人口座を引き落とし口座として設定することはできません。申し込みは郵送のみとなっており、インターネットから審査を受けることはできないので注意してください。 具体的な審査基準が公開されているわけではありませんが、三井住友カードは比較的審査が厳しいと言う意見が多くなっているため、法人カードについても同様に他社と比較して慎重な審査が行われていると判断。

三井住友ビジネスゴールドカードについては、より有効な情報が入り次第随時更新します。

三井住友ビジネスゴールドカードを、クラシック(一般)・ゴールドと比較

三井住友ビジネスカードには、ゴールドカードの他にクラシック(一般)とプラチナのランクが存在します。三井住友ビジネスゴールドカードとクラシック(一般)・プラチナにはどのような違いがあるのか、3枚の法人カードを比較しましょう。

ランク・券面 一般
三井住友ビジネスカード クラシック(一般)
ゴールド
三井住友ビジネスカード ゴールド
プラチナ
三井住友ビジネスカード プラチナ
国際ブランド Visa、Mastercard®︎
年会費(税込) 1,375円 11,000円 55,000円
追加カード年会費(税込) 440円 2,200円 5,500円
ETCカード年会費(税込) 550円
※前年に1度でも利用すると無料
無料
限度額 20万円〜150万円 20万円〜300万円 150万円〜500万円
ポイント還元率 0.5%
ANAマイル還元率 移行不可
JALマイル還元率 移行不可
海外旅行保険 最高2,000万円 最高5,000万円 最高1億円
国内旅行保険 なし 最高5,000万円 最高1億円
ショッピング保険 年間100万円まで(海外のみ) 年間300万円まで(海外・国内) 年間500万円まで(海外・国内)
基本的なビジネス優待
国内主要空港ラウンジ無料 ×
プライオリティ・パス × ×
コース料理1名分無料 × ×
コンシェルジュ × ×

なお三井住友ビジネスゴールドカードは、ランクでいえばクラシック(一般)とプラチナの中間に位置しています。なるべく年会費を抑えたいならクラシック(一般)カードを検討し、よりハイステータスで豪華な特典が付いている法人カードをお求めならプラチナカードを検討するとよいでしょう。

三井住友ビジネスカード クラシック(一般)との違いを比較

三井住友ビジネスカード クラシック(一般)は、年会費が非常にリーズナブルな法人カードです。本会員の年会費が1,375円(税込)と安いことに加えて、追加カード会員の年会費は440円(税込)と格安に設定されています。

ゴールドカードほどの特典や手厚い保険は用意されていませんが、法人カードとして必要最低限の機能を求める経営者様なら、コストをかけずにキャッシュレス決済を実現できるメリットがあります。三井住友ビジネスカード クラシック(一般)の詳細情報は、下記リンク先のページで解説しているので、ぜひそちらもご覧ください。

三井住友ビジネスカード クラシック(一般)の特徴やメリット・デメリットを解説

三井住友ビジネスプラチナカードとの違いを比較

三井住友ビジネスプラチナカードは、ゴールドカード以上にハイステータスな法人カードです。年会費は55,000円(税込)であり、ゴールドカードと比較してかなり高めに設定されています。しかしお得なポイント還元や豪華な特典、手厚い保険などを考慮すると、年会費以上の価値を感じるカードとなっています。

三井住友ビジネスゴールドカードに付帯している特典は、国内主要空港ラウンジを無料で利用できるサービスなど、一部に限定されています。一方のプラチナカードには、世界中の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスや、スイートルームに半額で宿泊できるプラチナホテルズ、一流レストランのコース料理が1名分無料になるプラチナグルメクーポンなど、超一流の特典が多数用意されています。

付帯サービスの充実度は、ゴールドカードと比較にならないほど圧倒的です。特典を重視する経営者様なら、三井住友ビジネスプラチナカードをご検討いただくのがよいでしょう。プラチナカードの詳細は、下記リンク先のページで解説しています。

三井住友ビジネスプラチナカードの特徴やメリット・デメリットを解説

低年会費・高機能・高ランクの法人カードをお探しのあなたに

三井住友ビジネスゴールドカードを比較して分かることを一度まとめてみましょう。三井住友ビジネスゴールドカードは、シンプルで使いやすい法人向けのサービスが多数提供されていることが最大のメリットだと分かりました。

品質の高い付帯サービスを求めながらも、年会費を抑えた法人カードを選びたいという経営者様がメリットを感じることが可能です。法人カードには経費管理の効率化、コストの削減、ゆとりを持った資産運用、出張時のサポートなどが求められています。

三井住友ビジネスゴールドカードについては、他社と比較して手ごろな年会費ながら、求められる要件をすべて満たしていることがメリット。また、信頼や安心を重視したい経営者様にとって三井住友ブランドは見逃せないメリットでしょう。

サービス内容を比較してみると、「プラスEXサービス」、「海外・国内傷害保険」、「空港ラウンジサービス」は出張の多い企業様におすすめとなっています。

さらに、「福利厚生代行サービス」や「ビジネスサポートサービス」は中小企業の従業員様にとても好評です。

三井住友ビジネスゴールドカードは法人格をお持ちの企業の代表者様がお申込みの対象。残念ながら個人事業主様は申し込み不可となります。限度額は20万円~300万円の範囲で設定されるため、毎月の経費が100万円以内であれば一本化が可能です。

そして、これは海外限定となりますがキャッシング枠も付帯されているため、海外出張時に法人カードを使いたい経営者様にもおすすめ。

法人カードの導入を機に、経費に対する社内の意識改善、事務処理の効率化を図る中小企業経営者様に選ばれるメリットある法人カードになっています。

もし三井住友ビジネスゴールドカードの発行をお考えの経営者様は、現在開催中のお得な入会キャンペーンをご利用いただくのがおすすめです。キャンペーン情報をまとめましたので、ぜひこの機会にお申し込みください。

【2022年10月最新】特別キャンペーン中!

今だけ限定、三井住友ビジネスカードへの新規入会で、ご利用金額に応じたボーナスポイントがもらえるキャンペーンを実施中!入会月+2ヶ月後までのカード利用代金の2%分のポイントが特別ボーナスでもらえます。
  • プラチナ:最大6,000ポイント
  • ゴールド:最大2,000ポイント
  • クラシック:最大1,600ポイント

貯めたポイントは豪華な景品に交換できます!ぜひこの機会に下記ボタンからお申し込みください。

お申し込みはこちら »

なお三井住友ビジネスゴールドカード以外のゴールドカードも比較してみたい経営者には、法人向けゴールドカードのおすすめランキングを用意しているので、ぜひそちらもご覧ください。法人向けゴールドカードのおすすめランキングは、次のボタンのリンク先でご覧いただけます。

法人向けゴールドカードランキングはこちら