楽天ビジネスカードはポイント還元率が高い!メリット・デメリットや審査を解説

楽天ビジネスカードの詳細をお調べではありませんか。楽天ビジネスカードは、楽天市場で事業費決済をする機会が多い法人経営者様や、個人事業主様におすすめのクレジットカードです。

楽天ビジネスカードは通常時のポイント還元率が1.0%と高く、さらに楽天市場で決済する時はポイントが最大5倍にアップします。従業員用の追加カードを発行できないデメリットがあるものの、経営者様がお一人で使用されるには、非常にお得な法人向けクレジットカードです。

この記事では、楽天ビジネスカードの特徴やおすすめポイント、メリット・デメリットや審査情報などを、総合的に解説しています。最後までお読みいただければ、楽天ビジネスカードの特徴を詳しくご理解いただけるでしょう。

今すぐのお申し込みはこちら

楽天ビジネスカードの基本情報を紹介!年会費や還元率をチェック

楽天ビジネスカードの基本情報を紹介!年会費や還元率をチェック

まずは楽天ビジネスカードの年会費など、基本情報を確認してみましょう。

券面 楽天ビジネスカード
国際ブランド Visa
年会費(税込) 2,200円
※別途、楽天プレミアムカードの年会費11,000円が必要
追加カード年会費(税込) 発行不可
ETCカード年会費(税込) 1枚目:無料
2枚目以降:550円
限度額 〜300万円
※楽天プレミアムカードとの合算
ポイント還元率 1.0%
ANAマイル還元率 0.5%
JALマイル還元率 移行不可
海外旅行保険 最高5,000万円
※楽天プレミアムカードの特典
国内旅行保険 最高5,000万円
※楽天プレミアムカードの特典
ショッピング保険 年間300万円まで(海外・国内)
※楽天プレミアムカードの特典


ここからは、楽天ビジネスカードを発行するにあたり、覚えておきたい基礎的なポイントを解説します。

楽天ビジネスカードを作るには楽天プレミアムカード(個人用)が必要

楽天ビジネスカードの入会には、楽天プレミアムカードの申し込みが必要になります。楽天ビジネスカードは、単体で発行することは出来ず、楽天プレミアムカードの付帯カードのような位置づけとなっています。

楽天ビジネスカードと楽天プレミアムカードの違いは、クレジットカードとしての決済目的にあります。楽天プレミアムカードは個人的なプライベートの支払いに使用する一方、楽天ビジネスカードは事業費決済に使用するカードです。

年会費を見てみると、楽天ビジネスカードの年会費は2,200円(税込)、楽天プレミアムカードの年会費は11,000円(税込)ですので、合計13,200円(税込)がかかることになります。

楽天プレミアムカードには、ご契約者様の誕生月にポイントが+1倍(楽天サービス利用時)になる特典があります。また、カードの利用目的に合わせたお得なコースが提供されているのも特徴的です。

目的 最適コース
楽天市場での決済が多い 楽天市場コース
楽天トラベルでの決済が多い トラベルコース
楽天ブックスや楽天TVでの決済が多い エンタメコース


最も利用する可能性のあるコースを選ぶだけで、獲得ポイントが1%加算されます。このように楽天プレミアムカードは、あなたの会社の事業、業種に併せて利用することでよりポイントを得ることができます。

事業費決済用クレジットカードとしてのメリット

事業費決済用クレジットカードとしてのメリット

事業費決済用のクレジットカードに、楽天ビジネスカードを選ぶことには、様々なメリットがあります。こちらでは、楽天ビジネスカードを使用するメリットを見ていきましょう。

楽天市場での買い物時に楽天ポイントが圧倒的に貯まる

楽天ビジネスカードのメリットは、楽天市場で決済をする際に、楽天ポイントが圧倒的に貯まりやすい点です。楽天ビジネスカードを使って楽天市場で買い物をする際は、通常時の最大5倍のポイントを獲得でき、内訳は次のとおりです。

楽天市場で楽天ビジネスカードを使う場合のポイント内訳

  • 楽天市場の通常ポイント:+1倍
  • 楽天カードの通常ポイント:+1倍
  • 楽天カードの特典ポイント:+1倍
  • 楽天ビジネスカードの特典ポイント:+2倍


このように、楽天ビジネスカードを使って楽天市場で買い物をすると、備品などを非常にお得に購入できるようになっています。

ただし「楽天カードの特典ポイント」と「楽天ビジネスカードの特典ポイント」には獲得上限があり、1ヶ月間で合計15,000ポイントまでとなります。この獲得上限には、「楽天プレミアムカードの特典ポイント」も含まれるため、注意しましょう。

個人利用にも嬉しいメリットが楽天ビジネスカードの特徴

ポイント還元率No.1の法人カード楽天ビジネスカードの特徴を確認してみましょう。まず先ほどもご案内したとおり、楽天ビジネスカードのご契約は楽天プレミアムカードを契約していることが前提となります。

楽天プレミアムカードの年会費は11,000円(税込)、楽天ビジネスカードの利用には別途年会費2,200円(税込)が必要となります。一般的な法人カードと比較すると、個人用のプレミアムカードにかかる年会費の負担が大きいのはデメリットになるでしょう。

ただし、楽天プレミアムカードの券面はゴールドクラス。この機会に個人用クレカによりステータス性を持たせたいのであれば、楽天プレミアムカードへの申し込みを検討してみて下さい。


空港ラウンジサービス最高峰!プライオリティ・パスが付帯

プライオリティ・パスとは、世界1,300ヶ所以上の空港ラウンジが利用できるサービス。楽天プレミアムカードは、プライオリティ・パスの中でも最高ランクに位置するプレステージ会員のサービスを受けることができます。

もちろん、他のゴールドカードも空港ラウンジを利用することはできますが、ほとんどの法人カードが国内のみだったり、海外でも数えられるほどの空港ラウンジしか利用できません。その点、利用できるラウンジ数が圧倒的に多いのはこのプライオリティパス最大の特徴でしょう。

また、プレステージ会員の通常料金は、年間429ドルです。これだけで楽天カード2枚分の年会費以上の価値があると言えます。プライオリティ・パスは、世界中の空港ラウンジを利用できるので出張や旅行の楽しみも増えるはずです。


付帯保険の補償額が大きい

楽天ビジネスカード(楽天プレミアムカード)には、国内・海外旅行傷害保険(最高5,000万円)、動産総合保険(最高300万円)という手厚い保険が用意されています。

1枚目は年会費無料!ETCカードは複数枚発行可

楽天プレミアムカードには、無料のETCカードが1枚付帯しています。発行枚数は無制限ですが、2枚目以降は年会費550円(税込)/枚がかかる点には注意しましょう。

楽天ビジネスカードは、ETCカードの利用に対しても、100円で1ポイントの楽天スーパーポイントが加算されます。ETCカードが複数枚必要ということであれば、ETC年会費無料・無制限で作成できる法人カードをおすすめします。


「楽天e-NAVI」と「楽天銀行」の開設でさらにお得に

楽天ビジネスカードの利用履歴は、会員専用「楽天e-NAVI」に登録することで経費の一括管理が可能。楽天e-NAVIでは、利用明細の確認・支払方法の変更・ポイントをお得に貯めるキャンペーン情報などを確認することができます。楽天Edyのチャージもこちらでできるので、カードの申し込みを終えたらまず登録することをおすすめします。

そして、楽天銀行に個人口座、法人口座を作成することで、楽天スーパーポイントが貯まりやすくなります。また、ハッピープログラムを利用すればATM手数料や振込手数料が無料になる特典もあります。

さらに、楽天銀行ならコンビニATMは24時間365日利用可能ですし、口座開設後はスマートフォンアプリで入出金管理をすることもできます。いつでもどこでも経費管理をすることが可能です。

発行前に確認!楽天ビジネスカードのデメリット

楽天ビジネスカードのデメリット

楽天ビジネスカードのデメリットは、次のとおりです。

個人用の楽天プレミアムカードを持っていないと発行できない

楽天ビジネスカードの最大のデメリットは、個人用の楽天プレミアムカードを所有していない場合は、発行することができない点です。一般ランクの楽天カードや、楽天ゴールドカードの会員では、楽天ビジネスカードを発行できません。

ただし楽天ブラックカードの会員であれば、楽天プレミアムカードと同様に、楽天ビジネスカードを発行できるシステムとなっています。

楽天ビジネスカードは従業員用の追加カードを発行できない

楽天ビジネスカードは、法人経営者様や個人事業主様が、お一人だけで使用することを想定した事業費決済カードです。残念ながら2枚以上の楽天ビジネスカードは発行できず、役員や社員、従業員などに追加カードを持たせることはできません。

そのため従業員に追加カードを持たせたいとお考えの経営者様なら、楽天ビジネスカードではなく別の法人カードをお選びいただく方がよいでしょう。

楽天ビジネスカードの審査は厳しい?

楽天ビジネスカードの審査は厳しい?

楽天ビジネスカードの審査情報を比較していきます。法人向けビジネスカードを発行する楽天カード株式会社ですが、クレジットカード会社の中では、審査ハードルがそれほど高くない会社として認識されています。

楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードの契約が必要となるため、まず楽天プレミアムカードの審査に通過する必要があります。ここで、楽天プレミアムカードの審査情報には、とても気になる意見があったのでご紹介します。

「楽天カードの増額申請が否決となったのに、手持ちの楽天カードと比較するとより大きな限度額で楽天プレミアムカードの審査を通過した」


この他にも同様の意見が多く見受けられました。このことから楽天プレミアムカードの審査は、他社と比較するとそれほど厳しくないのではないかと推察されます。審査情報は最後にご紹介する口コミ内でも触れているので、そちらも併せて参考にして下さい。

まとめ|楽天市場利用者で追加カードが必要ない方におすすめ!

まとめ

楽天ビジネスカードがどのような特徴のあるカードなのかおさらいしていきます。

まず、楽天ビジネスカードの契約には、法人カードとは別に個人名義で作成する楽天プレミアムカードの契約が必要です。法人カード単体で利用するというよりも、個人向けのクレジットカードの中に、ビジネス用の利用可能枠が追加されるというイメージの方が良いでしょう。

楽天ビジネスカードの利用分は、法人用口座から引き落としとなるためプライベートな出費と混同してしまうことはありません。

つまり、会社全体で使えるコーポレートカードというよりも、経営者様ご自身が利用する法人カードになっているのが特徴です。

そして、楽天ビジネスカードは、他社と比較しても高還元率なポイントプログラムが魅力となっています。100円=1ポイント、1ポイント=1円としてさまざまなところで利用できます。

独自ポイントプログラムがあるクレジットカード会社の中でも、楽天スーパーポイントの貯まりやすさは業界トップクラスだと高く評価されています。 楽天ビジネスカードの利用で加算されたポイントは、楽天プレミアムカードへ合算されるのもメリット。発生したポイントはプライベートに使うこともできるので、現金払いによる経費精算と比較すると大きなメリットを感じることが可能です。

プライベートと会社経費が混同しているのであれば、楽天ビジネスカードを利用することで経費が明確化することが可能です。コスト削減に繋がるだけでなく、楽天ビジネスカードならではのポイント加算により、個人としても嬉しいメリットを得ることができるようになります。

お得なメリットが満載の楽天ビジネスカードは、他社と比較すると法人カードとしての審査基準がゆるく、初めて法人名義のビジネスカードを作りたいという経営者様に選ばれることが多いです。また、楽天プレミアムカードは、「審査スピードが速かった」という口コミ評価を得ており、今まで審査落ちが不安で法人カードを見送っていたという経営者様にとてもおすすめできます。

楽天ビジネスカードについては、現在楽天カードを利用しているという個人事業主様、そして今回初めて法人カードの申し込みを検討している法人代表者や個人事業主様にとてもおすすめです。

特に経営者様や個人事業主様ご本人で、判断をして備品・設備の購入、出張手配などを行っているという場合に選ばれるメリットある法人カードになっています。ぜひこの機会に楽天ビジネスカードへ、次のボタンから申し込んでみてはいかがでしょうか。

お申し込みは公式サイトへ!