セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはコスパ最強の法人カード!メリットとデメリットを紹介

いま注目を浴びている法人カードが、セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。

クレディセゾンに新しく登場したセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、いったいどんな性能と付帯サービスを持っているのでしょうか?

この記事では、セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの基本情報や特典について詳しく紹介しているほか、利用するメリットとデメリットも紹介しています。

また、セゾンカードが発行するその他の法人カードとの比較も実施。セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを検討中の方が参考にしやすい記事に仕上がっているので、ぜひご覧ください。

目次

年会費やポイント還元率など、セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの基本情報

年会費やポイント還元率など、セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの基本情報

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの情報を紹介するにあたって、まずは年会費ポイント還元率などの基本スペックをチェックしましょう。次の表をご覧ください。

項目 概要
カード名 セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
券面 セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード券面
年会費 無料
国際ブランド American Express
ポイント還元率 0.5%
ポイント有効期限 なし(永久不滅)
追加カード年会費 永年無料
追加カード発行枚数 9枚まで
ETCカード年会費 永年無料

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は永年無料

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費が永年無料の珍しい法人カードです。過去には年会費が有料の法人カードでしたが、商品性が変更され、現在は追加カードも含めて永年無料で使用できます。

年会費が永年無料の法人カードは種類が多くなく、また無料であってもポイントが一切貯まらない券種も存在します。その点、セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードなら年会費は永年無料でありながら、ポイントも貯められてお得です。

有効期限のない永久不滅ポイントが貯まる

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードで貯まるポイントは、有効期限がないことで有名なクレディセゾンの「永久不滅ポイント」です。有効期限が無期限なら、ポイントを失効する心配がないので、長期間にわたりじっくりと貯められます。

永久不滅ポイントの交換賞品は様々であり、マイルや提携ポイントへの移行にも対応しています。法人でも個人事業主でも交換しやすいポイント制度です。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのデザイン

法人カードを選ぶ上で重要になるのが、券面デザインです。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのデザインは、まるで深い海を彷彿とさせるような”コバルトブルー”の背景に、センチュリオンのイラストが描かれたもの。

実は、コバルトブルーの色をしたクレジットカードは、日本国内のアメリカン・エキスプレスでは初めて採用されたそう。また、セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのデザイン自体もセゾンカードの中でも新しめのデザインなので、レア感を求める経営者様にもおすすめです。

ビジネスシーンで大活躍!メリット満載の法人カード

ビジネスシーンで大活躍!メリット満載の法人カード

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードには、ビジネスシーンで大活躍してくれる、様々なメリットがあります。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリットについて、詳しく見てみましょう。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの審査は本人確認書類だけでOK

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴として、本人確認書類だけで審査を終えられる点が挙げられます。通常、法人カードを申し込む際には「決算書」や「登記簿謄本」など、会社としての資料の提出が求められます。

一方のセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの場合、提出するのは経営者様の本人確認書類だけでOK。煩雑な手続きがなく簡単に審査を完了できるのは、設立直後の経営者様にとっても嬉しいですよね!

申し込みはネットで完結

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込み手続きは、インターネットだけで完結します。

郵送で書類をやり取りすることがないので、忙しくて時間を取れない経営者様でもラクラク申し込めます。

フリーランスや個人事業主もセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを発行可能

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、法人の経営者様だけではなく、フリーランスや個人事業主の方でも利用できる法人カードです。

個人の経費支払いも、セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを持っていれば、これ1枚でOKです。

個人口座か法人口座か選べる

法人カードによっては、引き落とし口座が法人口座のみに指定されている場合があります。

その点、セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでは個人口座も選ぶことができるので、経営者様の都合のいい方を選択可能です。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの限度額(利用可能枠)は個別に設定

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードをはじめとするアメリカン・エキスプレスの国際ブランドの法人カードには、一律の限度額が用意されていません

審査の上で個別に利用可能枠の上限が決定される仕組み。セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、「通常より多めの限度額がほしい」と考える経営者様でも存分に使い倒せるでしょう。

ビジネスに役立つサービスでポイント4倍(還元率2%)

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの最大の特徴として、ビジネスに役立つ様々なサービスで、通常の4倍のポイントが付与される点が挙げられます。

通常であれば1,000円につき1ポイント貯まるところが4ポイント貯まるので、還元率はなんと2.0%。特定のサービスを頻繁に利用する経営者様なら、他の法人カードとは比べものにならないほどのポイントをゲットできます。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでポイントが4倍になる具体的なサービスの例は、次の通り。

  • aws
  • XSERVER
  • お名前.com
  • クラウドワークス
  • cybozu
  • SAKURAインターネット
  • モノタロウ
  • Money Forward
  • かんたんクラウド
  • Yahoo!JAPAN(ビジネスサービス)

特に、IT系の企業が頻繁に利用するサービスが多めですね。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードで貯めたポイントはマイルなど、様々な商品へ交換できます。

各種電子マネーに対応

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、iDとQUICPay、Apple PayとGoogle Payに対応している法人カードです。

コンビニなどの少額決済に便利なApple Payを使いたい経営者様にとっても選びやすい1枚です。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのデメリットは旅行保険がないこと

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのデメリットは旅行保険がないこと

年会費が無料なのに、様々なメリットがあるセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード。

1点のみセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのデメリットを挙げるとすると、それは旅行傷害保険が搭載されていない点です。

もし経営者様が法人カードに対して旅行傷害保険を求めるのであれば、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの方がおすすめ。こちらの法人カードなら、最高1億円の旅行傷害保険が搭載されています。

もし旅行傷害保険が必要ない経営者様なら、セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを検討してみてもいいかもしれません。

クレディセゾンの法人カードと比較

クレディセゾンの法人カードと比較

最後に、セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードと、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの、性能を比較してみましょう。

項目 コバルト プラチナ
券面 セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード券面 セゾンプラチナ
年会費 無料 22,000円(税込)
ポイント還元率 0.45%〜1.0% 0.45%〜1.0%
ANAマイル還元率 0.3%〜0.6% 0.3%〜0.6%
JALマイル還元率 0.25%〜0.5% 1.125%
追加カード年会費 無料 3,300円(税込)
追加カード発行枚数 9枚まで 9枚まで
ETCカード年会費 無料 無料
旅行傷害保険 なし 海外:最高1億円
国内:最高5,000万円

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードとの違い

やはりセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはプラチナ券面なだけあって、旅行傷害保険も手厚いですね。JALマイルの還元率が1.125%と驚異的なのも、プラチナ券面の特徴です。

一方のセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、とにかくコスパにこだわった法人カードとなっています。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、「なるべく年会費を抑えて、ビジネス優待を利用したい」と考える経営者様に最適です。

なお、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードについて詳しく知りたい方は、下記リンク先のページでご確認ください。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細

類似カードのfreeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードも要チェック

クレディセゾンには、会計ソフトのfreeeと提携して発行される、「freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」と呼ばれるビジネスカードが存在します。

freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、オリジナルの「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」に対して、freee独自のビジネス優待を付帯した法人カードです。基本的なスペックはほぼ同等であり、さらにfreeeのビジネス優待を使えるメリットがあります。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを検討している経営者様は、ぜひfreeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードについてもチェックしてみてくださいね。freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細は、下記リンク先のページでご確認いただけます。

freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの審査は厳しい?口コミ評判をもとに解説

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの審査は厳しい?口コミ評判をもとに解説

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを発行する際に気になるのが、審査は厳しいのか、取得難易度はどの程度か、といった点ですよね。実際にセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードに申し込んだ人は、カードの入会審査がどのように進んだのか、口コミ評判をチェックしてみましょう。



このようにセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードには、「入会申し込みからおよそ2時間で審査が完了した」という口コミ評判が複数寄せられています。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは本人確認書類だけで申し込める法人カードであり、法人代表者や個人事業主の個人信用情報に問題がないようなら、スムーズに審査が完了するようです。他の法人カードと比較して、特別に審査が厳しいわけではないようなので、気軽に申し込んでみるのがおすすめです。

まとめ:コスパ重視な経営者様におすすめ

今回の記事では、セゾンカードに新しく登場したセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの基本情報や付帯サービス、メリットやデメリットをまとめました。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費が無料であるにも関わらず、様々なビジネス優待が搭載されている、まさにコスパ重視の法人カード

「あまり高い年会費は払いたくないけど、ビジネスで使えるお得な優待がほしい」と考える経営者様におすすめの1枚となっています。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込み手続きはネットだけで完結する上に、提出書類も「本人確認書類のみ」と、超簡単に申し込めるのが嬉しいポイントです!

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードに興味のある経営者様は、新規入会キャンペーンを逃さず、ぜひこの機会に次のボタンから申し込んでみてくださいね!

セゾンコバルト・ビジネス・アメックス
お申し込みは公式サイトへ!