セゾンゴールド・ビジネス プロ・カードのメリットや審査、プラチナとの違いを解説

セゾンゴールド・ビジネス プロ・カードってどんな法人カード?」
セゾンゴールドビジネスの特徴やメリットを知りたい」

この記事では、セゾンゴールド・ビジネス プロ・カード(以下、セゾンゴールドビジネス)に関する情報を総合的に解説しています。カードの特徴やメリットはもちろん、お得なキャンペーン情報や審査基準、口コミや申し込み手順などに関する情報を掲載。

最後までお読みいただければ、セゾンゴールドビジネスのカード詳細を理解し、経営者様に適した法人カードなのかご判断いただけるでしょう。

目次

年会費やキャッシュバック還元率など、セゾンゴールドビジネスの基本情報

まずは、セゾンゴールドビジネスの年会費やキャッシュバック還元率、付帯保険などの基本情報をチェックしましょう。

券面 セゾンゴールドビジネス
国際ブランド Visa/Mastercard®︎
ランク ゴールド
発行対象 法人代表者
年会費(税込) 3,300円
追加カード年会費(税込) 1,100円
追加カード発行枚数 99枚まで
ETCカード年会費(税込) 無料
ETCカード発行枚数 カード1枚に対して5枚まで(最高500枚)
限度額 柔軟に対応
支払回数 一括払いのみ
電子マネー QUICPay(Androidスマホ限定)
Apple Pay
キャッシュバック還元率 0.5%
※「スキップコース」を選ぶと還元なし
海外旅行傷害保険 最高5,000万円
(自動付帯)
※追加カード会員も同様の補償内容
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
(利用付帯)
※追加カード会員も同様の補償内容

還元サービスはポイントより使い勝手のいいキャッシュバック

セゾンゴールドビジネスでは、決済金額に対して0.5%のキャッシュバック還元を受けられます。還元率は一般的な法人カードと同程度の水準ですが、キャッシュバック還元はポイントより使い道に困りにくいメリットがあります。

年会費無料のETCカードは500枚まで発行可能

セゾンゴールドビジネスでは、年会費無料のETCカードを、クレカ1枚に対して5枚まで発行できます。つまり最大で500枚までETCカードを発行できるシステムです。

法人用のETCカードを大量に発行したい経営者様なら、セゾンゴールドビジネスさえ持っておけば、コストをかけずに作れます。

カードの特徴と利用するメリット

セゾンゴールドビジネスには、他のゴールド法人カードと比較して優れた特徴やメリットが多数あります。こちらでは、セゾンゴールドビジネスの特徴とメリットを見ていきましょう。

セゾンゴールドビジネスは格安で持てるゴールド法人カード

セゾンゴールドビジネスは、年会費が3,300円(税込)と安いゴールド法人カードです。ゴールド法人カードの年会費の相場はおよそ1万円前後ですが、セゾンゴールドビジネスならリーズナブルに作れる特徴があります。

年会費がリーズナブルでも、セゾンゴールドビジネスの付帯サービスはしっかりゴールド級。ゴールド法人カードの定番である「空港ラウンジ無料サービス」のほか、ワイドな旅行傷害保険も搭載している、頼れるパートナーです。

従業員カードを最大99枚まで発行できる

セゾンゴールドビジネスには、従業員用に発行する追加カードを最大99枚まで作成できる特徴があります。

ゴールド法人カードの中には追加カードを数枚しか発行できない券種もあります。その点、セゾンゴールドビジネスなら多数の追加カードを作れるため、多くの従業員に法人カードを持たせたい場合にも重宝します。

またセゾンゴールドビジネスは、追加カード1枚ごとに個別に利用可能枠を設定できる点も特徴です。カード個別の利用明細をWEBで確認でき、企業の内部統制を強化し経費を透明化できるメリットがあります。

追加カード会員も対象の空港ラウンジと旅行保険

セゾンゴールドビジネスは、追加カード会員でも空港ラウンジ無料サービスと旅行保険を利用できる点も特徴です。最大99枚と多数の追加カードを発行でき、全ての追加カード会員が空港ラウンジを無料で利用できるため、出張へ行く社員が多い会社にもメリットがあります。

またセゾンゴールドビジネスの旅行傷害保険は、追加カード会員にも本会員と全く同様の手厚い補償内容が用意されています。海外・国内ともに最高5,000万円の旅行傷害保険が付いており、中小企業の福利厚生にも役立つでしょう。

一般的な法人カードでは、追加カード会員には保険が適用されないか、補償額や補償項目が本会員よりも少なくなるケースが多いです。その点セゾンゴールドビジネスなら、追加カード会員にも手厚い補償が用意されているメリットがあります。

キャッシュバック還元とスキップ払いの2種類から特典を選べる

セゾンゴールドビジネスには、次の2つの特典からどちらか一方を選択して受けられる特徴があります。

  • 0.5%のキャッシュバック還元
  • 最長84日間と長めの支払い猶予

1つ目のキャッシュバック還元について解説すると、セゾンゴールドビジネスではクレジットカードの一般的な「ポイント還元」ではなく「キャッシュバック還元」が用意されています。

月間の利用金額に0.5%を乗じて計算した金額が、カードの請求金額から値引きされる仕組みです。請求金額よりもキャッシュバック金額の方が多い場合は、法人口座へ返金されます。

キャッシュバック還元の場合、ポイントのように使い道を考えなくてもいいメリットがあります。キャッシュバックならどんな経費の支払いにも使えるため、柔軟に利用しやすいでしょう。

そして2つ目の最長84日間の支払い猶予について解説すると、カード決済から引き落としまでの支払サイトを1ヶ月延長できるサービスです。通常は「10日締め翌月4日払い」のところ、「10日締め翌々月4日払い」に優遇されます。

支払サイトが丸々1ヶ月分延長されるため、企業にとってはキャッシュフローを改善できるメリットがあります。

セゾンゴールドビジネスの上記2つの特典は選択制のため、どちらか一方を選ぶともう一方の特典は利用できません。例えば最長84日間の支払い猶予の特典を選ぶと、キャッシュバック還元は受けられなくなります。

セゾンゴールドビジネスの申し込みはWEB完結!登記簿謄本・決算書は不要

セゾンゴールドビジネスは、新規申し込み手続きをWEBで完結できるメリットがあります。法人カードによっては郵送で申込書を取り寄せる必要があるものもありますが、セゾンゴールドビジネスならその必要はありません。

また審査の際に登記簿謄本や決算書を提出する必要がない点もセゾンゴールドビジネスのメリット。必要書類を簡単に用意できるため、カードの発行までがスムーズです。ただし、申し込み時に決算内容の入力のみ必要な点は注意しましょう。

電子マネーが使えて便利

セゾンゴールドビジネスでは、Androidスマホ限定でポストペイ型の電子マネーであるQUICPay(クイックペイ)が利用できます。iPhoneユーザーの場合はApple Payが利用でき、スマホ1つで簡単に経費の支払いができるメリットがあります。

覚えておきたいセゾンゴールドビジネスの注意点とデメリット

セゾンゴールドビジネスを検討するのであれば、いくつか確認しておきたい注意点やデメリットがありますので解説します。

個人事業主はセゾンゴールドビジネスを発行不可

セゾンゴールドビジネスは法人限定のクレジットカードです。発行対象は法人代表者と明記されており、個人事業主やフリーランスは申し込めないため注意しましょう。

利用明細はWEB限定

セゾンゴールドビジネスの利用明細を確認する方法は、インターネットを使用するWEB明細限定です。紙の利用明細は発行されない点には注意しましょう。

WEB明細は最長15ヶ月分をいつでもどこでも確認できる便利な存在です。しかし、何らかの理由から紙のクレジットカード利用明細を希望する経営者様の場合、セゾンゴールドビジネスは不向きかもしれません。

口コミ評判が少ない

セゾンゴールドビジネスは法人限定のビジネスカードです。追加カードを最大99枚まで発行できる機能から、中規模法人の利用が想定されるため、インターネット上にはセゾンゴールドビジネスに対する口コミ評判の情報がほとんど見つかりません。

もしカードを発行する前に口コミ評判を参考にしたい経営者様の場合、セゾンゴールドビジネスに関しては、参考情報を見つけにくいことを覚えておきましょう。

セゾンゴールドビジネスの審査情報や必要書類、申し込み手順を解説

こちらでは、セゾンゴールドビジネスの審査難易度や申し込み時の必要書類、カード発行までの流れなどを解説します。これからセゾンゴールドビジネスに申し込もうとお考えの経営者様は、ぜひ参考にしてください。

セゾンゴールドビジネスの審査は厳しい?

セゾンゴールドビジネスの申し込みを検討する際、「カードの審査に通るだろうか」と心配に感じる経営者様がいるかもしれません。

しかし、結論から申し上げればセゾンゴールドビジネスの審査についてそれほど心配する必要はないでしょう。なぜなら、セゾンゴールドビジネスは年会費が3,300円(税込)と格安の法人カードだからです。

他社のゴールド法人カードでは1万円程度の年会費が一般的であり、年会費が高いカードほど審査も厳しくなる傾向にあります。その点、セゾンゴールドビジネスなら年会費が安めなので、それほど審査難易度を気にしなくてもよいでしょう。

また審査が厳しい法人カードの場合、審査書類として登記簿謄本や決算書の提出が必須なケースもあります。セゾンゴールドビジネスの場合は、登記簿謄本や決算書の提出が必要なく、審査時の書類が簡易化されていると理解できます。

申し込みからカード発行までの手順

セゾンゴールドビジネスへ新規入会する場合、申し込みからカード発行までの流れは下記のとおりです。

  1. WEBで申し込み
  2. 契約確認書類の受領
  3. 入会審査
  4. カードを郵送で受け取り
  5. 口座設定用紙を返送

カードの申し込みはWEB完結のため、自宅やオフィスにいながらいつでも簡単に申し込めます。

プラチナカードとの違いを解説

セゾンゴールドビジネスの発行を検討している際に、「セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カード」との違いが気になる経営者様もいらっしゃるでしょう。セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カードはセゾンゴールドビジネスの上位カードであり、還元率や特典などのサービス内容に違いがあります。

セゾンゴールドビジネスとセゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カードの違いを一覧表で比較すると、次のとおりです。

カード名 セゾンゴールド・ビジネス プロ・カード
セゾンゴールド・ビジネス プロ・カード
セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カード
国際ブランド Visa、Mastercard®︎ アメリカン・エキスプレス
年会費(税込) 3,300円 27,500円
追加カード年会費(税込) 1,100円 3,300円
追加カード発行枚数 99枚まで
ETCカード年会費(税込) 無料
ETCカード発行枚数 カード1枚に対して5枚まで(最高500枚)
限度額 柔軟に対応
支払回数 一括払い
電子マネー QUICPay、Apple Pay
キャッシュバック還元率 0.5%
※「スキップコース」を選択すると還元なし
1.0%
※「スキップコース」を選択すると還元なし
海外旅行保険 最高5,000万円(自動付帯) 最高1億円(一部自動付帯)
国内旅行保険 最高5,000万円(利用付帯) 最高5,000万円(自動付帯)
ショッピング保険 なし
航空機遅延保険 なし あり(海外のみ)
国内空港ラウンジ
プライオリティ・パス ×
※代表者のみ
コンシェルジュ ×

ここからは、セゾンゴールドビジネスとセゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カードを比較して、特にどのような点に違いがあるのか、詳しく解説します。

キャッシュバック還元率の違い

セゾンゴールドビジネスとセゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カードの最大の違いは、キャッシュバック還元率です。

セゾンゴールドビジネスの還元率は0.5%である一方、セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カードの還元率は1.0%となっています。なんとゴールドとプラチナでは2倍もの違いがあるため、決済金額が多いほどプラチナカードの方が還元でお得になります。

ただしセゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カードは、カードの年会費がセゾンゴールドビジネスよりも高く設定されている点に注意が必要です。自社の発行枚数ではいくらの年会費がかかるのか考慮し、最適なカードをお選びください。

国内主要空港ラウンジとプライオリティ・パスの違い

セゾンゴールドビジネスとセゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カードでは、特典で利用できる空港ラウンジの種類が異なります。セゾンゴールドビジネスは国内主要空港に設けられたゴールドカード会員向けのラウンジを利用可能です。

一方のセゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カードには、代表者限定でプライオリティ・パスの特典を利用できます。プライオリティ・パスとは、世界各国の上質な空港ラウンジを利用できるようになる、会員制のサービスです。

この違いを踏まえると、経営者様が海外出張をする機会が多いようであれば、セゾンゴールドビジネスよりもセゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カードの方がおすすめです。

セゾンゴールドビジネスではコンシェルジュサービスを利用できない

セゾンゴールドビジネスとセゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カードでは、コンシェルジュサービスの利用可否に違いがあります。

コンシェルジュサービスとは、電話一本でホテルや航空券、新幹線のチケットなどを手配できる便利なデスクサービスです。他にも、希望にマッチするレストランを探し、予約まで代行してくれるサービスも受けられます。

コンシェルジュサービスを利用できるのは、セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カード限定です。従業員が自ら出張や接待の手配をする場合などは、コンシェルジュサービスのあるセゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カードを選ぶ方が効率がよく便利です。

まとめ:セゾンゴールドビジネスは中小企業の経営者様に最適

この記事では、セゾンゴールドビジネスに関する詳しい情報をまとめました。最後にセゾンゴールドビジネスのおすすめポイントをおさらいすると、下記のとおりです。

  • 追加カードを最大99枚まで発行可能
  • 利用可能枠をカードごとに設定できセキュリティも安心
  • 個別の利用明細を確認できガバナンス強化に役立つ
  • 追加カード会員も空港ラウンジと旅行傷害保険を利用可能
  • 「キャッシュバック」または「支払い猶予」から選べる特典

セゾンゴールドビジネスについてもっと知りたい方は、ぜひ公式サイトでご確認ください。

公式サイトはこちら »