UC法人カード 一般のメリットやポイント還元率、審査情報を解説

UC法人カード 一般の発行を検討中ではありませんか。この記事では、事業費決済に役立つUC法人カード 一般の特徴やおすすめポイント、メリットなどを解説しています。

また記事の後半では、UC法人カード 一般を発行するために欠かせない入会審査についての情報も解説。最後までお読みいただければ、UC法人カード 一般の特徴を理解し、経営者様に適したカードなのかご判断いただけるでしょう。

年会費やポイント還元率など、UC法人カード 一般の基本情報

UC法人カード 一般の年会費やポイント還元率など、基本情報をまとめると次のとおりです。

券面UC法人カード
国際ブランドVisa、Mastercard®︎
年会費(税込)1,375円
追加カード年会費(税込)1,375円
ETCカード年会費(税込)無料
限度額最大300万円
ポイント還元率0.5%
ANAマイル還元率移行不可
JALマイル還元率移行不可
海外旅行保険なし
国内旅行保険なし
ショッピング保険なし

このようにUC法人カード 一般は、カード1枚あたり1,375円(税込)というリーズナブルな年会費で発行できるビジネスカードです。次の項目では、UC法人カード 一般にはどのような特徴やメリットがあるのか、詳しく解説していきます。

ビジネスカードとしての4つのメリット

事業費決済用のビジネスカードにUC法人カード 一般を選ぶことには、次のメリットがあります。

  • 有効期限が無期限の永久不滅ポイントが貯まる
  • 最大300万円のワイドなショッピング限度額
  • 年会費無料の法人ETCカードを複数枚発行できる
  • ビジネスに役立つ便利なサービスが多数

UC法人カード 一般のそれぞれのメリットについて、詳しく解説していきます。

有効期限が無期限の永久不滅ポイントが貯まる

UC法人カード 一般はクレディセゾンが発行する法人カード。法人カードの導入を検討されている経営者様・個人事業主様必見のUC法人カード 一般のメリットを比較してみましょう。

UC法人カード 一般で比較しておきたい最大のメリット。それは有効期限の無い「永久不滅ポイント」でしょう。

一般の方と比較して毎月の利用金額が大きな企業経営者様や個人事業主様にとって、使うだけで貯まっていくポイントは大きなメリットになっており見逃せません。

1,000円(税込)で1ポイント貯まる「永久不滅ポイント」をうまく活用することで、現金払いと比較すると、直接的な経費の削減に繋げられるメリットも。

「永久不滅ポイント」では1Pあたり最高5円相当の商品に交換できるため、単純に比較しても現金による経費の精算よりメリットが大きいことは明確です。

「永久不滅ポイント」はビジネスや福利厚生に役立つアイテムの他、ギフト券や商品券などに交換することも可能。豊富な使い道が用意されているメリットがあります。

クレジットカードのポイントは交換を忘れてしまうという方もいますが、UC法人カード 一般の「永久不滅ポイント」はその名の通りポイントの有効期限が無いので、他社と比較してポイントが失効されてしまうようなデメリットはありません。

最大300万円のワイドなショッピング限度額

UC法人カード 一般の特徴や他カードとの違いを確認してみましょう。UC法人カード 一般の年会費はカード使用者1名につき1,375円(税込)。他社の法人向けカードと比較すると年会費は一般的な水準です。

追加できるカードの枚数は審査によって決定され、すべてのカードの利用代金が会社口座からの振替となります。

UC法人カード 一般の限度額は最高300万円。他社と比較すると限度額の幅が大きいメリットが特徴。経費をすべて一本化したい時に、使いやすさというメリットを感じることができるでしょう。

利用代金は前月11日~当月10日分を翌月の5日支払うことになり、カードの利用日から最長55日の支払猶予期間があるのが特徴。支払いまでにゆとりを持つことができるので、現金払いと比較すると有効な資金運用に生かせるメリットがあります。

年会費無料の法人ETCカードを複数枚発行できる

営業車などの運行に便利なETCカードは年会費永久無料。希望の枚数を発行することができるので、社員用にETCカードのみを発行したい時も便利です。

法人用ETCカードのご契約には資料請求が必要。すぐにETCを使いたい場合については、UC法人カード 一般のお申込み時にお問い合わせください。

ビジネスに役立つ便利なサービスが多数

比較してみるとシンプルさが特徴のUC法人カード 一般ですが、実はビジネスに役立つサービスが多数付帯しています。

Visaビジネスオファー」はVisaが提供するサービス。ビジネスシーンに役立つ特典をはじめ、さまざまなオフィス向けサービスが利用できます。

UCタクシーチケット」は降車時にチケットに名前、乗車区間、金額を記入するだけでタクシーが利用できる便利なサービス。大切なお客様の送迎や社員のサポートに役立つとメリットが評価されています。

tabiデスク」は大手旅行会社のパッケージツアーが基本料金から最大8%割引されるサービス。UC法人カード 一般の利用者だけでなく、同伴者も割引となるため社員旅行に活用されています。

なお、国際ブランドはVisaだけでなくMastercard®︎のお申込みも可能。その際にはMastercard®︎から提供されるビジネス向けのサービスを利用することができるので、興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

UC法人カード 一般の審査は厳しい?

UC法人カード 一般の審査基準は、残念ながら公開されていません。インターネット上の評判を調査しましたが、残念ながら直近ではUC法人カード 一般の審査に関する口コミはほとんどない状態です。

残念ながらUC法人カード 一般の審査に関する情報は少ないため、申し込みの際に確認できる情報から、審査の難易度を推察するしかないでしょう。

まず一般的にビジネスカードの審査は、ゴールド・プラチナなどステータスの高い券種ほど、難易度が高くなるとされています。その点、UC法人カード 一般は一般ランクのビジネスカードのため、ゴールドカードと比較して特別に審査が厳しい心配はないでしょう。

またUC法人カード 一般の審査時に提出が必要な書類は、登記簿謄本や印鑑登録証明書のほか、連絡担当者の本人確認書類が必要です。そのほか公式サイトには、「決算書があると審査がスムーズ」と明記されているため、会社の業績も重要なポイントになることがわかります。

他社の法人カードには、代表者個人の本人確認書類だけで審査を受けられる券種も存在します。そういった個人与信型のビジネスカードと比較すると、UC法人カード 一般は法人与信型のため、やや審査ハードルは高いと考えてよいでしょう。

とはいえUC法人カード 一般の審査を過度に心配する必要はないため、興味があるなら気軽に問い合わせや申し込みを行ってみるのがおすすめです。

まとめ:初めてのビジネスカードにおすすめ

UC法人カード 一般はシンプルなサービス内容が特徴の法人カード。これまで現金で経費を精算していた企業や個人事業主様にとって、UC法人カード 一般の導入はビジネスに大きな変化を与えてくれることでしょう

UC法人カード 一般を利用することにより社員や従業員、またはご本人様の経費の立替が無くなり、立て替えや仮払いによる個人の負担を軽減できるメリットがあります。特に個人事業主様の場合、ビジネスとプライベートが混同してしまいがち。

UC法人カード 一般を利用しビジネスとプライベートをしっかり区分でき、経費管理の効率化というメリットを得ることができます。

法人カードの導入することにより経営者様はもちろん経理事務に関わる社員、そしてこれまで現金での立替をしていた従業員の皆様に大きなメリットをもたらします。

またUC法人カード 一般については限度額が大きく、これまで細分化していた法人カードの役割を一本化したいときにもおすすめできます。

UC法人カード 一般については「永久不滅ポイント」というメリットが特徴。これまでポイントの加算を意識せずに法人カードを利用していたという方も、損をせずにポイントによるメリットをしっかりと得ることができるでしょう。

比較してみるとUC法人カード 一般については、初めて法人カードに申し込みをしたいという経営者様、これまで個人名義のクレジットカードを使い経費を支払いしていたという個人事業主様におすすめ。

特に法人カードの使い道を見直し、無駄を省いたサービスをしっかりと活用したいという中小企業経営者様がメリットを感じられる法人カードになっています。お申し込みは、次のボタンよりお手続きいただけます。

お申し込みはこちら »