アメックスの法人カードは特典とステータスが特徴!種類や選び方、審査を解説

アメックスの法人カードとは、どのような特徴があるのだろう?」とお調べではありませんか。この記事では、アメックスの法人カードの種類や選び方、特徴やおすすめポイント、メリット・デメリットなどを解説しています。

また記事内では、主要なアメックスの法人カードを何枚か紹介しているので、どのカードを選べばよいのか迷ってしまう経営者様にも、お役立ていただけます。ぜひこの記事を参考にして、経営者様に最適なアメックスの法人カードをお選びください。

アメリカン・エキスプレス(アメックス)の法人カードとは?プロパーカードと提携カードの2種類

「アメックス」の略称で親しまれるアメリカン・エキスプレスとは、クレジットカードにおける国際ブランドの1つです。アメックスのマークが付いているクレジットカードは、世界中のアメリカン・エキスプレス加盟店で、決済に使用することができます。

またアメックスは国際ブランドであると同時に、クレジットカードの発行会社でもあり、用意されている法人カードには次の2種類があります。

  1. アメックスプロパーカード
  2. アメックス提携カード


簡単に言ってしまえば、1のアメックスプロパーはAMERICAN EXPRESSが発行するアメックスカードです。また、2のアメックス提携カードは、他のクレジットカードがAMERICAN EXPRESSと提携して発行している法人カードです。

これは本当に簡単な説明なので、ここからは具体的にどこが違うのかを見ていきましょう。

アメックスのプロパーカードと提携カードの違いを比較

「アメックスプロパーカード」と「アメックス提携カード」の違いは単純に言うと本家アメックスかどうかという点にあります。

世界共通の本家アメックスであるプロパーカードはデザインが統一されているため、日本中・世界中どこへ行ってもその価値は普遍的に認められています

一方、日本のクレジットカード会社がアメックスと提携して発行しているアメックス提携カードは、カードのデザインから全く違うものになっていたりするため「これは本当にアメックスなの?」と思われてしまうこともあるかもしれません。

そのため、世界基準の本当の高ステータスを得るためにはアメックスプロパーカードが望ましいと言えます。

ですが、日本での利用を想定して作られているアメックス提携カードの中には、プロパーには付いていないお得な特典やサービスが付いている法人カードもあるので、提携カードを持つメリットも十分にあります。

プロパーカードと提携カードに共通するアメックスの法人カードの特徴

アメックス(アメリカン・エキスプレス)の法人カードの強みは、サービスの種類が豊富で、かつサービスの質が高いということが挙げられます。しかし、なんといっても最大の強みは、そのステータスの高さ

アメックスのステータス面は、日本のゴールドカードの起源がアメックスということもあり、かなり位置づけが高いです。そのため、日本では「高ステータスならアメックス」と考えられています。

もちろん海外においてもそのステータスの高さは折り紙付き。アメックスのカードを持っているだけで十分な社会的信用を得ることができるほどです。

ですので、十分な信用ステータスが必要な法人クレジットカードにはアメックスが最適でしょう。

プロパーカードの種類や特徴、特典やポイントサービスなど

アメックスの法人カードというと、最も有名なのはアメリカン・エキスプレス自らが発行するプロパーカードです。アメックスのプロパー法人カードにおいて特に主要な券種は、次の2枚です

  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード


上記2種類の、アメックスのプロパー法人カードについて、詳しい情報をチェックしてみましょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、特典と保険に特化したステータスカード

アメックスプロパー法人カードの代表格である「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」のメリットとしては以下が挙げられます。

  1. 世界が認める圧倒的な高ステータス
  2. プロパーならではのスマートな特典あり
  3. 会社設立後間もなくでも作成できる可能性が高い


1は最初に述べた通りです。また3についても耳にすることが多いと思います。そのため、ここでは2のプロパーならではのスマートな特典を具体的に見ていきます!

アメックスゴールドに付帯する特典の中で特に最近注目を集めているものに、「会員限定イベント」があります。これらは最近できた新しいサービスなのですが、サービス内容がかなりすごいです。

アメックス・ビジネスカード会員限定イベント

アメックス・ビジネスカード会員限定イベントは、年に数回開催されるアメックスのビジネスカード会員限定のイベントに参加できるというサービスです。アメックス法人カードの会員が参加するため、大手企業の経営者クラスの方などが参加することも十分に考えられます。

ですので、このサービスを上手に利用し新たな人脈を広げ、ビジネスに活かすことが期待できます。

以上2つのサービスは、最近追加された中でも特に優れているサービスです。以前からある特典やサービスも、もちろん役に立つものばかり。

他の特典・サービス含めアメックスゴールドの詳細が気になる方は以下をご覧ください。

アメックス・ビジネス・ゴールドの詳細はこちら

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは年会費がリーズナブルなエントリー法人カード

アメックスグリーンには、ゴールドに付帯している特典やサービスが付いていないことがあります。

しかし、基本スペックの面ではゴールドに劣る点は少なく一般法人カードとしては、考えられないほどの充実ぶりです。加えて13,200円(税込)で高ステータスのアメックスプロパーが所有できると考えれば、かなりお得。

そのため、「手ごろな年会費でアメックスのプロパー法人カードが欲しい」とお考えの方には最適な一枚です!

アメックスグリーンのメリット・デメリットは、以下のページにまとめてあるので、気になる方はこちらをご覧ください。

アメックス・ビジネス・グリーンの詳細はこちら

提携カードの種類や特徴、特典やポイントサービスなど

アメックスの提携カードとは、アメリカン・エキスプレスの国際ブランドを搭載した、他社カード会社が発行するクレジットカードです。アメックスと提携して発行される法人カードとして主要なものは、次のとおりです。

  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • 三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード


それぞれの提携カードについて、詳しい情報を解説していきます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはJALマイルを貯めやすい法人カード

最初に紹介するアメックス提携カードは「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下、セゾンプラチナアメックス)」。このカードの特徴は何といっても圧倒的にマイルが貯まる点にあります。

具体的にどれほど貯まるかと言うと、マイル還元率は1.125%であるため、10,000円の利用で、125マイルが貯まります。

JALマイル還元率において、この法人カードの右に出るカードはありません。また、マイルは普段のショッピング利用でも貯まるので、非常に貯めやすいです。

他にもプラチナならではの特典がたくさん付いていて年会費も22,000円(税込)となっており、コストパフォーマンスに優れていることが分かります。

マイルが貯まりやすい法人カードをお探しの方は、下記ボタンよりセゾンプラチナアメックスをチェックしてみてはいかがでしょうか?

セゾンプラチナアメックスの詳細はこちら

三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはハイステータスな銀行系の法人カード

次に紹介するアメックス提携法人カードは、三菱UFJアメックスです。三菱UFJアメックスシリーズには、一般・ゴールド・プラチナの三券面がありますが、先程セゾンプラチナを紹介したため、ここではプラチナを紹介します。

三菱UFJアメックスプラチナの特徴はズバリ全てのスペックが高く、バランス重視の高コスパ法人カードです。具体的に言うと、ポイント還元率が高く保険も充実していたりと基本スペックはもちろんバッチリ。

さらに「プライオリティ・パス」が年会費無料で登録できるうえ、ビジネスに役立つサービスが整っていたり、とプラチナならではの特典も文句なしです。年会費もセゾンプラチナ同様22,000円(税込)のため優秀な1枚と言えます。

ただし、三菱UFJアメックスプラチナは「業歴が3年以上で2期以上の連続黒字決算が必要」と明確に表記されているため、審査の面では若干厳しいと言えます。

三菱UFJアメックスの、さらに詳しいメリットや審査情報が知りたい場合は下記からご覧ください。

三菱UFJアメックスの詳細はこちら

発行前にチェック!アメックスの法人カードの注意点・デメリット

ハイステータスで豪華な特典が付いている特徴があるアメックスの法人カードですが、1つだけ覚えておきたい注意点・デメリットが存在します。それは、アメックスのクレジットカードを使える加盟店の数は、他の国際ブランドと比較すると少なめである点です。

クレジットカードの国際ブランドには他にも、VisaやMastercard®︎、JCBなどいくつかの種類があります。アメックスのシェアは残念ながらそれほど大きくはなく、世界各国で加盟店数が特に多いのは、VisaとMastercard®︎の2つです。

もし世界各国を旅する機会が多い経営者様なら、渡航先によってはアメックスの法人カードを全く使用できず、困ってしまうかもしれません。そんな時は、VisaやMastercard®︎など別の国際ブランドをサブカードとして持っておくのがおすすめ。VisaやMastercard®︎なら、加盟店の数が多く世界各国でも安心して使用できるので、サブカードとして持っておけば安心です。

アメックスの法人カードの審査は厳しい?

アメックスの法人カードの審査情報は、口コミでは「厳しい」と「甘い」が混在する状態です。つまり選ぶカードによって審査難易度は異なり、甘い・厳しいの水準は変わってきます。

紹介したアメックスの法人カードでは、特に三菱UFJニコスが発行する券種は、審査が厳しめになっています。なぜなら申し込み資格として、最低でも黒字決算であることが条件になっているためです。赤字決算の場合は原則として申し込み対象とならないため、審査に通過する可能性は極めて低いでしょう。

そのため審査に不安を感じる経営者様であれば、三菱UFJニコスの法人カードではなく、別のカード会社が発行するアメックスカードをお選びいただくのがおすすめです。アメックスのプロパーカードやクレディセゾンとの提携カードなどは、返済能力に問題がなければ、意外とすんなり審査に通過する事例もあるようです。

まとめ:選び方は特典や還元を比較するのがおすすめ

この記事では、アメックスの法人カードとはなんなのか、どのような種類があるのかを解説しました。アメックスの法人カードには、大きく分けるとプロパーカードと提携カードがあり、カードの特典やポイント・マイルなどの還元サービスがそれぞれ異なります。

アメックスの法人カード選びに迷う時は、まずは興味がある券種をいくつかピックアップして、それぞれの特典や還元サービスを比較してみるのがおすすめです。利用できる特典や還元サービスの詳細を比較して、経営者様に最適な1枚をお選びください。