エポスプラチナカードがお得でおすすめの理由を徹底解説

エポスプラチナカードの特徴
  • 年会費:33,000円(割引あり)
  • 申請条件:20歳以上(学生不可)
  • ブランド:VISA

おすすめポイント
  • 年間100万円の利用で翌年以降は年会費が20,000円に!
  • 年間100万円の利用で20,000円分のポイントプレゼント
  • 最高クラスのプライオリティパスを無料で作れる!

エポスプラチナカードは、好待遇のサービスが豊富に備わったお得なクレジットカードです!

例えば、年間利用額が100万円を超えると、なんと年会費が22,000円に割引。 また、ボーナスポイントとして20,000ポイントを貰えるので、年会費をペイできます!

さらに、ポイント還元サービスが充実しているため、知らない間にたくさん貯まっているなんてこともある他、有効期限がないので失効の心配がありません。

他にもトラベルサービスが優れており、コンシェルジュ・プライオリティパス・旅行傷害保険といった類は完備。 プラチナランクの中では低年会費ながらも、恐ろしく性能の良いクレジットカードとなっています!

そんなエポスプラチナカード、申請資格は「20歳以上の方(学生不可)」と非常にシンプル。 若い方でも申し込めるクレジットカードなので、気になる方はぜひ検討してみてください!

「エポスプラチナカード」の基本性能がこちら

今回紹介するエポスプラチナカードは、「株式会社エポスカード」が発行するクレジットカード。 株式会社エポスカードでは、一般・ゴールド・プラチナと3種類のクレジットカードを発行しています。 その頂点にあたるプラチナランクが、当該クレジットカードです。

他社のプラチナクレジットカードと比較すると、年会費の安さが特徴的。 後ほど詳しく紹介しますが、条件次第で22,000円にまで下がる他、獲得ポイントで相殺できるので、圧倒的に安さが際立っています!

そんなエポスプラチナカードの基本スペックについて、まずは確認してみましょう。

カード名 エポスプラチナカード
券面 エポスプラチナカード
発行会社 株式会社エポスカード
国際ブランド VISA
発行対象 20歳以上の方(学生不可)
年会費 33,000円(割引有)
利用限度額 審査による
締切日 / 返済日 毎月4日 / 翌月4日
毎月27日 / 翌月27日
ポイントプログラム名 エポスポイント
ポイント還元率 0.50%
海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高1億円
ショッピング保険 年間50万円まで(年会費1,100円が必要)
盗難補償
ETCカード 年会費:無料
家族カード

ポイント還元サービスが優秀!有効期限はありません

エポスプラチナカードのポイント還元サービスを見てみましょう!

このクレジットカードでは、利用額200円毎に1ポイントがプレゼントされます。 1ポイントの価値は1円相当なので、エポスプラチナカードの還元率は0.5%となります。

他社のクレジットカードと比較すると、0.5%は平均的な還元率なので高いとは言えません。

ただエポスプラチナカードには、様々な場面にてボーナスポイントを貰える取り組みがあり、それらを利用することで還元率を何倍にも上げることができます!

Point

エポスプラチナカードのポイントには、有効期限がありません。 失効の心配が要らないので、自由に貯めて使うことができます!

年間利用額に応じたボーナスポイントをプレゼント!

1つ目は「年間利用額」に応じて貰えるボーナスポイントです!

こちらは、エポスプラチナカードの1年間で使った総利用額に応じて、特別なポイントが貰えるというサービス。 年間利用額によって貰えるポイントは10段階に分けられており、100万円から貰うことができます!

利用額 ボーナスポイント 通常ポイント
100万円 20,000pt 5,000pt
200万円 30,000pt 10,000pt
300万円 40,000pt 15,000pt
500万円 50,000pt 25,000pt
700万円 60,000pt 30,000pt
900万円 70,000pt 45,000pt
1,100万円 80,000pt 55,000pt
1,300万円 90,000pt 65,000pt
1,500万円 100,000pt 75,000pt

上記から分かる通り、年間利用額が100万円のときは20,000ボーナスポイントを貰えます。

この20,000ボーナスポイントと通常ポイント(利用額200円毎に貰えるポイント)を合わせると、年間利用額100万円のときに貯まるのは合計25,000ポイント。 つまり、100円あたり2.5ポイント貯まる計算になるため、還元率は2.5%まで上がります!

年間100万円なら、ひと月あたりの利用額は約83,500円程度。 日常での買い物をエポスプラチナカードで支払えば、達成するのはそこまで難しくないことでしょう!

誕生月には獲得ポイントが2倍に!

エポスプラチナカードには、誕生月に獲得ポイントが2倍になるサービスがあります。

通常月 誕生月
普段の買い物 1pt 2pt
マルイ(OIOI)での買い物 2pt 4pt

上記の通り、エポスプラチナカードを誕生月に利用すれば、普段の買い物で200円ごとに2ポイントを獲得可能。 これを還元率に直すと1.0%という値です。 平均的なクレジットカードよりも高い還元率を実現できるため、誕生月は積極的にエポスプラチナカードを利用してみてください!

さらに、誕生月にマルイにてエポスプラチナカードを利用すると、なんと200円ごとに4ポイントを獲得できます。 200円ごとに4ポイント獲得できるというのは、還元率でいうと驚異の2.0%! 非常に高いポイント還元率になるため、誕生月はエポスプラチナカードを利用してマルイで買い物をしてみてはいかがでしょうか?

「選べるポイントアップショップ」の活用で最大3倍のポイントGET

エポスプラチナカードには、「選べるポイントアップショップ」というサービスがあります。 こちらは、指定された対象店舗から3つを選ぶことで、そこを利用したときの獲得ポイントが最大3倍になるというサービス!

通常時 指定店舗利用時
1回・2回 1pt 3pt
ボーナス一括払い
分割3回~36回 2pt 4pt
リボ払い

対象店舗は色々と用意されており、大きく分けて13種類の中から好きなものを選択できます。

もし、1度ショップを選択しても、3か月経てば変更ができるため選択の自由度は高め! スーパーやコンビニ、飲食店や家電量販店、さらには公共料金の支払いにも対応しているので、発行後はすぐに手続きをしてしまいましょう。

「マルコとマルオの7日間」で10%OFFのお得な買い物を!

マルイでは、年に4回「マルコとマルオの7日間」という企画が行われます。 この期間に対象店舗にてエポスプラチナカードで買い物をすると、なんとショッピング料金が10%OFFになる驚きのキャンペーンを実施!

対象となるのは、以下の店舗です。

  • マルイ(OIOI)
  • モディ(MODI)
  • マルイウェブチャネル

過去の開催日を確認するに、行われるのは「3月・5月・9月・11月」が濃厚。 「半年に2回ペース・開催期間は1週間」なので、参加はしやすいことでしょう!

この期間にまとめて買い物ができれば、大きな節約になることは間違いありません!

ちなみに、上記の割引とは別にポイント還元も受けることが可能です。

一般の店舗 マルイ / モディ
マルイウェブチャネル
1回・2回 1pt 2pt
ボーナス一括払い
分割3回~36回 2pt 3pt
リボ払い

上記の通り、対象店舗では獲得ポイント数がアップします! 買い物料金が10%OFFになるだけでなく獲得ポイント数も増えるため、「マルコとマルオの7日間」を逃さずお得に買い物をしましょう!

ゴールドカードを年会費無料で作成できる!

あなたの家族にクレジットカードを作りたい方は居ませんか? もし居るのでしたら、エポスゴールドカードを検討してみてはいかがでしょう!

実は、エポスプラチナカードを作ると、その方の紹介により家族の方は「エポスゴールドカード」を作ることができます。 しかも、本来であれば年会費5,500円が掛かるところ、なんと永年無料になるのだから驚きです。

もちろん一定の審査があるため必ずしも作れるとは限りませんが、性能といい年会費といい素晴らしいクレジットカードなので、1度検討してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、家族でエポスカードを使った場合、年間利用額によってボーナスポイントも貰えます! 貰えるボーナスポイントは、下記の通り。

年間利用額 プラチナ会員が1人でも居る場合のボーナスポイント
100万円 2,000ポイント
200万円 4,000ポイント
300万円 6,000ポイント

上記のボーナスポイントが、代表会員(エポスプラチナカード所持者)に付与されます。 家族の方がゴールドカードをコストゼロで所持できるだけでなく、ボーナスポイントも貰えるため非常におすすめです!

プライオリティパスも無料で作れる!

エポスプラチナカードでは、プライオリティパスを無料で作ることができます!

プライオリティパスを簡単に説明すると、世界中の空港にある専用ラウンジに入室できる許可証のこと。 性能や年会費の違いにより、プライオリティパスは以下の3種類に分けられます。

プライオリティパスの比較表
プラン名 年会費 利用料金 概要
スタンダード US$99
(約10,000円)
US$32(約3,500円) 本会員の利用料金
US$32(約3,500円) 同伴者の利用料金
スタンダード・プラス US$299
(約32,000円)
US$32(約3,500円) 本会員の利用料金(10回まで無料)
US$32(約3,500円) 同伴者の利用料金
プレステージ US$429
(約45,000円)
無料 本会員の利用料金
US$32(約3,500円) 同伴者の利用料金

エポスプラチナカードで作れるプライオリティパスは、最高品質のプレステージ。 日本円だと年会費だけで4万円以上のものが、エポスプラチナカードを持てば無料で作れるのはお得です!

海外旅行や出張のために飛行機を利用する方も居ることでしょう。 そんなとき、搭乗前の時間を快適に過ごせるプライオリティパスを使用してみてはいかがですか?

海外&国内で使える旅行傷害保険が付いている!

トラベルサービスといえば、旅行傷害保険も見逃せないところ! エポスプラチナカードを見てみると、海外と国内の旅行で使える保険が備わっています。

海外旅行傷害保険(自動付帯)
補償内容 補償金額
死亡傷害 最高1億円
後遺障害 最高1億円
傷害治療 最高300万円
疾病治療 最高300万円
賠償責任 最高1億円
携行品損害 最高100万円(免責:3,000円)
救援者費用 最高200万円

海外旅行傷害保険(利用付帯)
補償内容 補償金額
死亡傷害 最高1億円
後遺障害 最高1億円
入院費用 5,000円 / 日額
通院費用 3,000円 / 日額
手術費用 最高20万円

プラチナクレジットカードの平均補償額ですが、年会費が安いことを考えると十分です。 海外旅行保険は「自動付帯」なので、他社のクレジットカードと組み合わせて手厚い補償にもできます。

自動付帯と利用付帯とは?

自動付帯とは、特に条件なく適用されるタイプの保険を指します。 反対に、利用付帯とは「航空券やホテル代などをエポスプラチナカードで支払った際」に適用される保険です。

年会費は22,000円に!年間100万円の利用でずっと割引価格

エポスプラチナカードは、年会費が33,000円のクレジットカード。 この年会費は、以下の条件をどちらか満たすと22,000円(-11,000円)になります。

  • インビテーションを受けたうえでエポスプラチナカードを発行する
  • 年間で総利用額100万円以上の買い物をエポスプラチナカードで行う

1つ目は、インビテーションを受けて発行する方法。 下位ランクのエポスゴールドカードで利用実績を認められると、エポスプラチナカードの招待が届きます。 それに合意しての発行だと、年会費が安くなります。

2つ目は、年間利用額で100万円を超すという方法。 1回でも達成すれば、翌年以降はずっと22,000円になるから驚きです。 年間100万円は月84,000円の利用額なので、初年度から達成するのも簡単でしょう。

貯めたポイントは年会費に充てられる!

貯めたポイントを何に使うか、迷うことがあるかと思います。 そんなとき、エポスプラチナカードなら年会費に充てられるので便利です!

支払い方法は簡単で、以下の手順を踏むだけで年会費を支払うことができます。

  • 支払い可能期間に送られてくるメールやアプリを確認する。
  • それに従い「エポスNet」から手続きを行う。

上述しましたが、エポスプラチナカードは年間利用額100万円を超えると以下のサービスを受けることが可能。

  • 年会費が33,000円から22,000円に割引される。
  • ボーナスポイントとして20,000ポイント(20,000円相当)を貰える。

これにより、獲得したボーナスポイント分で年会費を相殺できるので実質無料とも言えます。 ポイントを年会費に充てられる数少ないクレジットカードなので、ぜひ検討してみてください!

「エポスプラチナカード」の審査について

最後に、エポスプラチナカードの審査について紹介します!

まず最初に、エポスプラチナカードの審査基準は公式サイトを見るに不明。 そのため、年収や勤続年数がどれくらいだと審査に通るのか…ということを正確に知ることはできません。

ただ、申請条件は「20歳以上(学生不可)」と年齢制限のみとだけ記載がありました。

少しでもエポスプラチナカードが気になる方は、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか?

エポスプラチナカードの申込はこちら