ゴールドカードのメリットは?おすすめ3選も合わせて紹介

ゴールドクレジットカードを徹底比較し、おすすめの3枚を紹介します!

ステータス性が高かったり、高い性能を誇っていたりと、ゴールドクレジットカードには様々な魅力があります。 ただ、色々な魅力があるからこそ、自身に適したおすすめのゴールドクレジットカードを見つけるのは難しいことでしょう。

ゴールドクレジットカードの種類は膨大。 多くの発行会社がこのランクのクレジットカードを提供しているため、他ランクよりもたくさんの種類があります。

しかも、他のランクよりも比較すべき項目が多いのがゴールドクレジットカードです。 なので、あなたに最適なゴールドクレジットカードを選び抜くのは、決して簡単ではありません。

そこで今回は、数々のゴールドクレジットカードを徹底比較し、おすすめの3枚を選びました。 万人に受けるであろうサービスや性能を備えているため、きっとあなた好みの1枚が見つかるはずです!

さらに、ゴールドクレジットカードのおすすめの選び方もわかりやすく解説。 選び方を踏まえて各用途別に最適なおすすめの4枚を紹介します。 また、一般ランクのクレジットカードと比較して、どういったメリット&デメリットがあるのかも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

おすすめのゴールドクレジットカードを選び、ワンランク上のキャッシュレスライフを満喫しましょう!

2022年版!ゴールドクレジットカードおすすめ3選

エポスゴールドカード

ゴールドカードおすすめ1位

ゴールドクレジットカードおすすめ1つ目は「エポスゴールドカード」です!

エポスゴールドカードは、そこまでポイント還元率が高くありません。 しかし、実は還元率を上げる方法が多々あるため、高還元率を実現できる1枚です。

例えば、年間利用額が100万円に達すると、10,000ptのボーナスポイントを獲得可能。 そのときの還元率は1.5%となり、元の還元率(0.5%) の3倍にもなります。

また「選べるポイントアップショップ」を駆使すれば、指定された場所での決済に限って獲得ポイントが3倍に上昇対象には公共料金の決済が含まれていることから、設定すれば毎月3倍の恩恵を確実に受けられます!

これだけのサービスを付帯しながらも、年会費は5,500円と比較的安め。 しかも、年間利用額が50万円を超えた以降は年会費が無料になる優待もあります!

欠点はステータス性が高くないことですが、あまり気にしないなら問題ないと言えます。

その他にも還元アップのサービスがあることに加え、海外旅行傷害保険・空港ラウンジなど様々な優待サービスを付帯。 利便性を考えると、エポスゴールドカードはおすすめの1枚です!

エポスゴールドカードの詳細はこちら

JCBゴールドカード

ゴールドカードおすすめ2位

ゴールドクレジットカードおすすめ2つ目は「JCBゴールドカード」です!

こちらも還元率は低いものの、優待のおかげで高還元率を実現する1枚。 色々とあるものの、なかでも嬉しいのが「JCB ORIGINAL SERIES PARTNER」です。

これは、対象店舗にて買い物をするとき還元率が大幅アップするサービス。 例えば、「Amazon:3倍」「セブン-イレブン:3倍」「スタバ:10倍」といった具合に還元率がアップします!
※スターバックスは「スターバックスカードへのオンライン入金・オートチャージで1,000円以上入金」により加算

この通り、日々訪れやすいお店が対象なので恩恵を受けやすいのが特徴。 そのため、知らず知らずのうちに大量のポイントが貯まっていた…なんてことも珍しくありません。

嬉しいサービスとして、飲食代金が安くなるグルメ優待サービスや、高額な旅行傷害保険など色々と揃っています。

欠点は、国際ブランドが「JCB」なので海外利用に不向きなところ。 あくまでも「VISA」などと比較した話になりますが、1枚で臨むのは心配かと思います。

それ以外は非常に優秀であり、性能・サービス・信頼性など揃ったバランスの良いゴールドクレジットカードです!

JCBゴールドカードの詳細はこちら

ミライノカードGOLD

ゴールドカードおすすめ3位

ゴールドクレジットカードおすすめ3つ目は「ミライノカードGOLD」です!

ミライノカードGOLDは、上記の2枚と比較して還元率が高め。 他が0.5%なのに対して1.0%もあるので、2倍の恩恵を享受できます!

旅行傷害保険も素晴らしく、他社のプラチナクレジットカードに劣らない補償額を持つ他、対象者には家族も含まれる仕様。 クレジットカードで旅行傷害保険を強化したい人におすすめのクレジットカードです。

しかも、住信SBIの発行なだけあり、ATM利用手数料が安くなるサービスを付帯。 また、年間利用額が100万円を超えると翌年の年会費が無料になるなど、コスパ面でも恩恵を受けられます。

券面デザインがかっこよく、これぞゴールドカードという高級感を感じられる1枚。 とてもコスパに優れているので、検討をおすすめするクレジットカードです。

ミライノカードGOLDの詳細はこちら

ゴールドクレジットカードの選び方!各用途のおすすめを紹介

ゴールドカードの選び方を紹介

ゴールドランクのクレジットカードを比較するのはとても大変。 なぜなら、用途毎に秀でているクレジットカードが異なるからです!

例えば、ポイント還元率を比較すると高いのは「クレジットカードA」。 しかし、年会費を比較すると安いのは「クレジットカードB」ということがあります。

要は、クレジットカードに何を求めるかでおすすめの1枚が変わるということ! 他のランクでも同様ですが、より顕著なのがゴールドで比較が難しいです。

そこで、ここではゴールドランクで特に人気の性能から、それぞれに特化したクレジットカードを比較して紹介するので、ご覧ください!

  1. ステータス性
  2. ポイント還元率
  3. 年会費
  4. 20代向け

「ステータス性」を重視する方はこちら!

ステータス性なら「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以降アメックス・ゴールド)」がおすすめです!

高級感のあるデザインが男女問わず人気で、将来的に持ちたいと考えている方も少なくありません。 比較的カッコイイとの意見も多く、持てばあなたに対する周囲のイメージはガラッと変わることでしょう。

そんなアメックス・ゴールドは、ステータス性のみならず機能面も優れています!

高額補償の旅行傷害保険や、プライオリティパスの無料発行。 レストランでの優待特典も備えていて、他のゴールドクレジットカードより一段上のおもてなしを受けられます。

年会費は31,900円しますが、それ以上の見返りがあるといっても過言ではありません。 この年会費は初年度無料なので、アメックス・ゴールドが気になる方は試してみると良いでしょう!

アメックスゴールドの詳細はこちら

「ポイント還元率」を重視する方はこちら!

高還元率のゴールドクレジットカードなら、先ほど紹介した「ミライノカードGOLD」がおすすめです!

こちらは、どの買い物においても1.0%のポイント還元を受けられるクレジットカード。 また、年間利用額が100万円を超すと年会費が無料になるので、使えば使うほどお得になります!

コスパ面に秀でているものの、券面は高級感のある素晴らしいデザイン。 審査条件は「20歳以上の方(学生不可)」と比較的イージーなゴールドクレジットカードなので、ぜひ検討してみてください!

ミライノカードGOLDの詳細はこちら

「年会費」を重視する方はこちら!

低年会費のゴールドクレジットカードが欲しい方には「エポスゴールドカード」がおすすめです!

このクレジットカードは、本来なら5,500円の年会費が掛かります。 しかし、下記の条件をどれか1つでも満たすと、以降ずっと無料になるクレジットカードです!

  1. 発行会社から招待があった
  2. 年間50万円以上のクレジットカード決済があった方
  3. プラチナorゴールドのエポスカードを持つ家族から招待された方

特に簡単なのは、2番の「年間50万円以上の利用」という条件。 月換算だと約42,000円なので、日々の買い物をクレジットカードで済ませば比較的簡単に達成できます。

そんなクレジットカードですが、性能は比較的に良く、特に海外旅行傷害保険に強みを持っています。 コスパ面が優秀なゴールドクレジットカードなので、年会費を抑えたい方は利用してみては?

エポスゴールドカードの詳細はこちら

「20代」の方にはこちら!

20代の方には「三井住友プライムゴールド」がおすすめ。 なぜかというと、審査条件が20代向けのゴールドクレジットカードだからです!

三井住友では、このゴールドクレジットカードとは別に「三井住友カードゴールド」を発行しています。 そのクレジットカードには「原則、本人に安定継続収入のある30代以上の方」という審査条件があるため、20代の方は本来だと作れません。

しかし、こちらのクレジットカードは審査条件が「本人に安定継続収入のある20歳~29歳の方」となっていて、正に20代向けのクレジットカードです!

三井住友のクレジットカードは、信頼性・機能性・利便性のどれをとっても一級品。 知名度も相まって、多くの方が利用する人気のクレジットカードです!

年会費は5,500円と安く、また初年度無料といった特典付き。 特に20代向けのクレジットカードなので、若い内からゴールドクレジットカードが欲しい方は、こちらを検討してみてください!

ゴールドクレジットカードがおすすめ!メリットは計6つ

メリットを紹介

一般ランクと比較したゴールドクレジットカードのメリットは以下の計6つです。

  1. ステータス性の高さがおすすめの理由
  2. 旅行傷害保険が充実している
  3. 空港ラウンジを無料で利用できる
  4. ボーナスポイントの獲得が大きい
  5. 利用限度額の上限が高くなる
  6. 様々なゴールド特典を受けられる

それでは、上記6つのメリットについて、わかりやすく解説します。

ステータス性の高さがおすすめの理由

一般ランクと比較して、ゴールドクレジットカードは「ステータス性」があります。

ステータス性は、ゴールドクレジットカードを作るときの重要な比較項目。 なぜなら、クレジットカードのステータス性やデザインは、色々な人が見ているからです。

実際に「上司の会計時における部下の視線」を調べると、多くの人がクレジットカードの券面を見ていた実験結果も。 「上司にはゴールドクレジットカードを持っていてほしい」という意見もあり、ステータス性は求められています。

このように「部下との食事・恋人とのデート」といった場面において、ステータス性のあるゴールドクレジットカードは一般ランクよりおすすめです。

旅行傷害保険が充実している!

一般ランクと比較すると、旅行傷害保険の質が上がります。 特にゴールドランクは充実度が増すので、出張や旅行の際にはおすすめです!

例えば、一般ランクのクレジットカードと比較すると、ゴールドのものは以下のようになります。

  • 補償内容が増える
  • 補償金額が増える
  • 保険が利用付帯から自動付帯になる
  • 補償対象に利用者の家族も含まれる
  • 国内旅行傷害保険も備わる
  • ショッピング保険も備わる

比較すると上記のように質が上がるため、旅行傷害保険を手厚いものにしたい方はゴールドランクがおすすめです。

ただ、ゴールドランクと言えどクレジットカードによって性能はバラバラ。 そのため、旅行傷害保険を重視する人は、各クレジットカードの性能も比較しましょう。

空港ラウンジを無料で利用できる!

ゴールドランクのクレジットカードには、基本的に空港ラウンジを無料で利用できるサービスが備わっています。 ラウンジ内では、ソフトドリンクを飲みながら静かに過ごせるので、チェックインで早く到着してしまったときでも有意義に時間を潰せます。

この空港ラウンジ利用のサービスですが、基本的には一般ランクのクレジットカードには備わっていません。 ゴールドランク以上からのサービスとなるので、空港ラウンジ利用を目当てにゴールドクレジットカードを作る方も少なくないのです。

特に旅行好きであれば、空港ラウンジ利用と旅行傷害保険は併せて抑えておきたいサービス。 充実度がどれほどなのか、しっかりと比較することをおすすめします!

Point

利用できる空港ラウンジは、クレジットカードにより異なります。 こちらが目当ての場合、どこを利用できるか比較するようにしましょう。

ボーナスポイントの獲得が大きい!

クレジットカードで買い物をすると貯められるポイント。 大抵のクレジットカードには、ポイント還元率が上昇するサービスが備わっています!

そのときの倍率ですが、一般ランクと比較してゴールドランクは高い傾向にあります。 そのため、ポイントを効率よく貯めるならゴールドランクの方がおすすめです。

獲得ポイントが増えることで、ゴールドクレジットカードの高い年会費をカバー可能! 一般ランクと比較して2倍近く倍率に差が出るクレジットカードもあるので、比較しておくべき項目です。

利用限度額の上限が高くなる!

ゴールドランクのクレジットカードは、一般ランクと比較して利用限度額が高い傾向にあります。 例えば、三井住友の発行する一般ランクとゴールドランクのクレジットカードを比較すると、利用限度額に2倍以上の差が出ます。

一般 ~100万円
ゴールド ~200万円

注目すべきは初期設定額で、比較すると10万円と50万円で5倍も差があります。

クレジットカードを多用する予定の方なら、利用限度額は高いに越したことはありません。 そういった方には、利用限度額の上限値が高いゴールドクレジットカードをおすすめします。

様々なゴールド特典を受けられる!

ゴールドランクのクレジットカードには、様々な優待特典が付いています! 例えば、JCB発行のゴールドクレジットカードには、以下の優待特典が付帯しています。

  • 最高1億円補償の旅行傷害保険
  • 国内ならびにハワイの空港ラウンジ利用権
  • ゴールド会員専用デスク
  • 対象店舗での飲食代金20%OFFサービス
  • 名門コースを始め、全国1,200ヶ所のゴルフ場を手配するサービス

このようなゴールド会員特典は、各クレジットカード会社で用意しているものが異なります。 そのため、ゴールドクレジットカードを作るときは、この優待特典も比較してみてください!

ゴールドクレジットカードのデメリットについて

デメリットを紹介

一般ランクと比較して、ゴールドランクにはメリットが多々あるとわかりました! その一方で、ゴールドクレジットカードの利用には、デメリットがあることも知っておくべきです。

ここではデメリットを2点紹介するので、ご覧ください。

一般ランクと比較して審査基準が厳しい

ゴールドランクのクレジットカードは、一般ランクのものよりステータス性が上。 それ自体はメリットですが、ステータス性が高いことで審査基準が厳しい傾向にあるのは覚えておきましょう。

例えば、三井住友で発行されている一般ランクとゴールドランクのクレジットカードを比較すると、それぞれの審査基準は以下の通りです。

一般 満18歳以上(高校生不可)
ゴールド 本人に安定継続収入のある満30歳以上の方

ゴールドランクになると「安定した収入」が求められることが多く、また対象年齢も少しばかり高く設定されています。 そのため、学生や専業主婦といった方は、ゴールドランクに申し込んでも審査で落ちる可能性が高いので、気を付けなければなりません!

とはいえ、全てのゴールドクレジットカードが厳しい審査基準を設けている訳ではありません。 ゴールドランクの中には、学生でも作れる可能性のあるクレジットカードもあります。 なので、所持できる可能性を少しでも上げたいなら、審査が甘いとされるゴールドクレジットカードへの申請をおすすめします。

年会費の相場が高い

もう1つのデメリットは「年会費が高いこと」です。

一般ランクのクレジットカードは、年会費の相場が「無料~1,500円」ほど。 それと比較してゴールドクレジットカードは「10,000円~30,000円」なので、非常に高額と言えるでしょう。

ただ、ゴールドランクのクレジットカードは、上述した通りメリットが多々あります。 そのため、高い年会費を払う価値を見い出せるなら、利用した先に大きな期待が持てます!

また、あくまでも年会費なので、月換算にすると大した額ではないことがあります。 なかには低年会費のゴールドクレジットカードもあるので、コストがネックで申し込めずにいるなら、そちらを検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめのクレジットカードは他にもある!

ゴールドクレジットカードは、ブラックカードを除いて計3種類あるランクの真ん中に位置します。 非常に種類が豊富なので、比較する手間や時間を省きたい場合は、おすすめ3選から選んでみてください!

ただ、「審査面が厳しい」・「充実したサービスを求めている」・「年会費が高い」などの理由で他ランクのクレジットカードを見てみたい方もいることでしょう。 もしそうであれば、数百種類のクレジットカードを比較しておすすめの7枚を抜粋したランキングをチェックしてみては?

ゴールドランクに限らず、全ランクのクレジットカードを比較して作成したおすすめのランキングなので、あなた好みの1枚が見つかると思います。

最新のクレジットカード
おすすめランキングはこちらへ