JCBプラチナカードを解説!低年会費で高性能なおすすめクレジットカード

JCBプラチナカードの特徴
  • 年会費:27,500円
  • 申請条件:安定継続収入のある25歳以上
  • ブランド:JCB

おすすめポイント
  • 30~50%OFFにもなるお食事優待サービス付帯
  • プライオリティパスを貰える

日本企業でただ1つ国際ブランドに名を連ねるJCB。 そのJCBが発行しますプラチナクレジットカードがこちらの「JCBプラチナ」です。

JCBプラチナには、24時間対応のコンシェルジュ、手厚い保険、お食事優待特典といった上質なサービスが数多く付帯。 しかし年会費は27,500円と比較的リーズナブルなことから、お値打ち以上のサービスを堪能できるのがこのJCBプラチナというクレジットカードです。

国内企業のクレジットカードであることから信頼性が強く、またステータス性においても高いので、安心してご利用できる1枚でもあります。

そんなJCBプラチナは意外にも申込制で発行できるクレジットカード。 インビテーションは不要で、25歳以上で安定した収入があれば誰でも申し込めるクレジットカードです! 審査は少々を厳しいと言われますが、申請条件のクリアはカンタンなので挑戦されてはいかがでしょう?

今回はJCBプラチナについて、どのようなメリットのあるクレジットカードなのかを紹介します。

JCBプラチナの概要がこちら

クレジットカード名 JCBプラチナ
券面 JCBプラチナカード
年会費 27,500円
利用限度額 公式サイト参照
ポイントプログラム名 Oki Doki ポイント
ポイント還元率 0.5%~5.0%
海外旅行傷害保険 最高1億円(自動付帯)
国内旅行傷害保険 最高1億円(自動付帯)
ショッピング保険 年間最高500万円(海外 / 国内)
ETCカード
家族カード 1名様無料 / 2人目より1名様につき3,300円

JCBプラチナで決済を行うと、利用額に応じたポイントを貰うことができます。

還元率を見るにそこまで高いと言えませんが、この数字は海外利用においては2倍に上昇。 またJCB優待店では数倍のポイントが付与されるので、利用方法によっては実は貯まりやすいクレジットカードです!

とはいえ、海外に行く機会なんて早々無い方が多いですよね。 実はインターネットを介しての買い物であっても海外利用特典(JCB海外加盟店で利用するなど)が適用されるので、国内にいながら貰うことができてしまいます!

貯めたポイントは金券を始めとする多くの賞品と交換できるので、年会費に充当することでより負担を抑えた利用が可能。 元々プラチナクレジットカードの中でもリーズナブルな年会費なのですが、よりお得な価格が実現します!

そんなJCBプラチナには、年会費2倍で上位互換に当たる「TheClass」というランクのクレジットカードがあります。 共にJCBクレジットカードの最高クラスに当たる2枚ですが、どういった違いがあるのでしょうか?

『プラチナ』と『TheClass』その違いとは?

JCBのクレジットカードには、よりランクの高い「TheClass」というクレジットカードが存在します。 JCBが発行する高ステータスのクレジットカードが欲しかった方にとっては聞き逃せない話ですよね。

この「JCBプラチナ」と「JCB TheClass」ですが、実は性能に大きな違いはありません。 TheClassに付帯のコンシェルジュはJCBプラチナも利用できますし、保険サービスでの補償額も変わる訳ではありません。 それなのに、TheClassの方がJCBプラチナよりも年会費が2倍以上高いのです。

ではいったい、年会費が2倍の差もある2枚のクレジットカードの違いは何か。 大きな違いは、TheClassには「メンバーズ・セレクション」が付帯されていることが挙げられます!

メンバーズ・セレクションとは、年に1度カタログからあなたが好きな商品ひとつ選び、JCBがそれを無料でプレゼントしてくれるサービス。

商品にもよりますが、選べるのはおおむね2万円~3万円といった価格のもの。 利用者の多くは、東京ディズニーランド/シーやUSJのチケットを始めとする関連商品を選ぶそうですね。 この辺はスポンサー&パートナーというJCBの強みを活かした特典でしょう。

JCBプラチナとTheClassは年会費に2倍の差(JCBプラチナ:27,500円 / TheClass:55,000円)、もしこのサービスを享受されたい方であればTheClassを所望されても良いかと思います。 JCBクレジットカードにおける最高峰なので、よりステータス性が強化された1枚としてご利用になられることができるでしょう。

しかし1つ問題もあり、TheClassはインビテーションを要するクレジットカード。 従って、どちらにせよJCBプラチナを利用してクレヒスを作る必要があります。

TheClassを検討される方は、まずはJCBプラチナを発行してクレジットヒストリーを作り、TheClassへの切り替えのタイミングで上記のことを参考にしてみてください!

お食事優待サービス!飲食代を30~50%OFFで堪能できます

JCBプラチナのサービスの中には、お食事代金をお安くする嬉しい優待特典が付帯しています。

その1つが「グルメベネフィット」というサービス。 こちらは、厳選された国内の有名レストランをご利用時に予約できるサービスで、その際に所定のコース料理を2名以上で頼んでおくと1名分の飲食代が無料になります!

別途注文される食事やお飲み物の代金はかかるものの、食事代を大きく浮かせられるのは魅力的ですね。 これだけでJCBプラチナの年会費は回収できるといっても過言ではありません。

またJCBプラチナのお食事サービスで忘れてはならないのが「ダイニング30」

ダイニング30は、飲食代金が30%OFFになる驚くべきサービス。 お食事人数が何人であっても全員適用されたり、所定の料理だけでなくお飲み物など加算した代金から30%になるお店も用意された優れものです。

30%もの割引の恩恵を受けられれば、数人での食事なら1回で10,000円以上安くなることもあり得ます。

ご家族でお出かけの際に、恋人や夫婦の記念日に、部下との飲み会に、接待の際に… 活用のシーンは多数あるお食事優待サービスを、ぜひJCBプラチナを所持しご利用ください!

会員専用のコンシェルジュが要望・相談に対応してくれます

プラチナクレジットカードを持つ多くの方が活用されるのがコンシェルジュサービスでしょう。 利用者の要望や相談を親身に聞いてくれ、叶えられる範囲でのことであればコンシェルジュが全て対応してくれます。

例えば「福岡に行くから、うどん・もつ鍋・ラーメンでそれぞれ美味しいお店を探してほしい。予約が必要ならそれも行って。」というアバウトな要望を出すことも可能。

上述したように「叶えられる範囲」というのが前提条件ですが、これ以上に無茶なお願いを利いてもらった例もあるので、難しい困り事でも一度相談してみると良いでしょう。

コンシェルジュサービスは、このように調べるにも時間がかかったり手間だったりする作業を代わりに行ってくれるので、煩わしい面倒事をあなたがしないで済むメリットがあります。

場面問わず利用できるので利便性が高く、また国内ブランドということもあってかJCBのコンシェルジュには電話が繋がりやすいと言われているので、ぜひ利用されてみてください!

怪我や病気にショッピングまで!手厚い補償の保険サービス

海外・国内と旅行に行く機会が多い方だとクレジットカードの保険を活用されている方も多いですよね。 JCBプラチナに付帯された保険は、旅行中における怪我や病気、それから購入した商品の破損といったことまで補償する保険サービスが完備されています!

保険の種類 本会員 / 家族会員 家族特約
死亡・後遺障害 最高1億円 最高1,000万円
傷害治療・疾病治療 最高1,000万円 最高200万円
賠償責任 最高1億円 最高2,000万円
携行品損害 最高100万円 最高50万円
救援者費用 最高1,000万円 最高200万円

JCBプラチナの保険は自動付帯になります。 自動付帯とは、渡航費などの旅行における代金の支払いにおいてJCBプラチナのご利用有無に関わらず補償が適用されること。

要は、JCBプラチナ利用者であれば持っているだけで自動で保険が適用されるということで、急に起こる事故や病気においても対応をしっかり行ってくれるのです。

JCBプラチナでは、国内外、また本会員・家族会員問わず最高1億円を補償。 この1億円は利用者が何らかの事故でお亡くなりになられた場合、遺族の方に支払われます。

残された家族のためにも、最悪の事態を考えこうした保険が付帯されたクレジットカードの所持はご検討されるできしょう。

また死亡補償以外に、疾病・傷害にも保険は適用されます。 海外トラブルといえば死亡事故よりこちらの方が多いので、補償が整っているのは嬉しいですね!

こうした怪我や病気における補償がしっかりしているJCBプラチナですが、それ以外にもこのクレジットカードで購入した商品に対しても保険が付帯。

JCBプラチナでの購入品において破損や盗難といった被害に遭われた場合、購入日から90日以内であれば対象であり、年間最高500万円まで補償されます!
※一部対象外 / 自己負担1事故3,000円

他にも携行品損害に賠償責任、また航空機遅延における保険などの補償をJCBプラチナ1枚で享受可。 いついかなるタイミングでのトラブルにおいても対応できるJCBプラチナの保険は、あなたの身を守ってくれる1枚となることでしょう。

これからの未来を愉しむ方のクレジットカード

高ステータスもさることながら上質な性能を持つクレジットカード「JCBプラチナ」。 しかし意外にも年会費は安価で、サービスを利用して浮いたお金で回収することも非常に容易です。

そんなJCBプラチナは、インビテーションを必要としない申込制のクレジットカード。 スペックに実力さえあれば、初申請でも審査が通る可能性があるクレジットカードです。

とはいえクレジットヒストリーが作られていることに越したことはありませんが、欲しいと思ったそのときに申し込めるのは嬉しいですね!

プラチナクレジットカードなので審査は厳しいですが、TheClassという上位ランクがあること、そして最近の傾向からの推測では受かる可能性は低すぎることはないと思います。 JCBプラチナはあなたのこれからにきっと役立つクレジットカードとなり得るので、ぜひご検討ください!

JCBプラチナカードへの申込はこちら