保険市場の口コミ・評判!会社・店舗について解説【2022年最新】

就職や結婚、出産などを機に、今後の人生に備えて保険への加入を検討するなら、保険相談所に相談するのがおすすめです。保険相談所なら無料で何度でも保険相談ができますが、問題なのはどの相談所を選べばいいかわからないこと。そんな時は実際に保険相談をされた方の口コミや評判を参考にすれば、保険相談所の良い点・悪い点を理解できます。

当記事では、保険相談所の「保険市場」の利用を検討している方向けに、保険市場の口コミや評判をご紹介します。また保険市場のサービス内容や運営会社、他の保険相談窓口との比較といった内容についてもまとめました。

保険市場は利用者満足度が高く、オンライン相談に対応しているなど、良い評判が多い相談所です。一方で勧誘の電話がしつこい、相談員に当たりはずれがある、といった悪い評判もあります。実際の口コミを見ながら、保険市場の評判を見ていきましょう。

保険市場の口コミ・評判を見る

保険市場は全国に店舗展開している保険相談窓口

保険市場は、保険選びに悩んでいる利用者の保険相談や契約、アフターフォローまでサポートしてくれる保険代理店です。全国576店舗の保険相談窓口で、95社の保険商品から自分に合った保険を選んでくれます。

保険相談所業界で初めてオンライン相談を導入し、累計7万件のオンライン相談に対応。97.9%という高いお客様満足度を記録しています。実際に、親身になって保険を選んでもらえたという口コミ・評判が集まっています。

より詳しく、保険市場の特徴や、運営会社であるアドバンスクリエイトについてご紹介していきます。

保険市場の特徴

保険市場の特徴は、様々な利用者のニーズに対応してくれることです。収入や資産、家族構成などは一人ひとり違うので、必要な保険も異なります。保険市場ならこうした個人の緒事情を考えて保険を提案してくれるため、自分に合った保険を選べます。

また保険市場は、利用者に寄り添った保険選びを大切にしています。例えばサイト上で保険商品を一括比較できたり、自分の事情に合わせて相談方法を選べたりするため、個人の事情に合わせた保険選びが可能です。

個人のプライバシー保護やセキュリティを重要視しているのも、保険市場の特徴です。個人情報が多く含まれる保険相談の内容は徹底的に保護しているため、外部に自分の情報が洩れる心配がありません。その証拠として、保険市場は適切に個人情報を保護している事業者に与えられる「プライバシーマーク」の認定を受けています。

保険市場の運営会社

保険市場の運営会社は、大阪府に本社を置く「株式会社アドバンスクリエイト」です。アドバンスクリエイトは1995年から保険代理店を展開している企業で、2016年から東証一部(現東証プライム)に上場しています。

アドバンスクリエイトは、2004年から保険市場のサービスを開始しました。2009年からはサービスの内容をブラッシュアップしてリニューアル版の運営を初め、アプリやチャットでのアフターフォローやコンサルタント指名制度などを導入しています。

創業から保険代理店事業を運営しているため、相談実績は非常に豊富です。また保険代理店事業以外にも、以下のような複数事業を展開しています。

  • メディア事業
  • 再保険事業
  • ASP事業
  • BPO事業
  • メディアレップ事業

メディア事業なども運営しているためか技術投資にも積極的で、保険市場で契約した保険の整理・管理を行うアプリ「folder」や、オンライン面談システムなどを自社開発しています。

また全国11店舗に直営店の「コンサルティングプラザ」を持ち、保険相談をしやすい環境づくりにも尽力しています。オンライン保険相談会社ランキング1位を獲得する実力や、20年以上にわたる業界の経験から、安心して保険相談を任せられる会社といえるでしょう。

保険市場の口コミ・評判を見てみる

保険市場を利用するメリット

保険市場を利用するメリットは、次の5つです。

保険市場のメリット

  1. 無料で保険のプロに相談できる
  2. 取り扱い保険会社が多い
  3. 店舗・オンライン面談で相談できる
  4. 「保険市場クラブオフ(Club Off)」の優待が利用できる
  5. 専用アプリ「folder」で保険を一括管理できる


広い選択肢から自分に合った保険を無料で選んでもらえる のが、保険市場の満足度の高さにつながっています。保険市場の各メリットを詳しく見ていきましょう。

①無料で保険のプロに相談できる

保険市場での相談は、何度でも無料で利用可能です。専任のコンサルタントと相談しながら、無料で自分に合った保険を探せます。さらに相談は何度でもできるため、自分の納得がいくまで相談を続けられます。

保険市場で相談できるのは保険に限りません。自分に必要な保険に加入できるよう、家計やライフプランから相談して決められます。加えて収入や支出、資産状況を総合的に考えて、無理のない支払い計画をプランニング可能です。

さらに、保険に加入した後のアフターフォローも丁寧という評判や口コミもあります。好きなタイミングで保険の継続・見直しの相談ができるうえ、公式アプリから保険に関する書類の管理ができます。また、チャットや対面での相談も可能です。

FP資格を持つコンサルタントが対応

相談に対応してくれるのは、保険市場専任のコンサルタントです。保険市場のコンサルタントは全員がFP(ファイナンシャルプランナー)や生命保険の専門資格を取得しているほか、保険商品についても熟知しています。

保険市場のコンサルタントの資格取得率や保険商品の知識が高いのは、資格取得や保険商品に関する教育を重視しているためです。コンサルタントの資格取得のサポートのため通信教育制度や費用負担制度を用意しているほか、各種保険商品に関する研修やeラーニングシステムも行っています。

②取り扱い保険会社が多い

保険市場では95社(2022年6月時点)の保険商品を扱っているため、自分に合った保険を選べる可能性が高いです。保険商品のカテゴリも、以下のように幅広く取り揃えています。

  • 医療保険
  • 女性保険
  • がん保険
  • 学資保険
  • 死亡保険
  • 個人年金保険
  • 海外旅行保険
  • 自動車保険
  • バイク保険
  • 自転車保険
  • 傷害保険
  • 災害保険(火災・地震)
  • 介護保険

これらの保険商品について知るには、 コンサルタントに相談するか、資料の一括請求をするかの2つです。自分で保険商品を選びたい、相談前にあらかじめ保険商品について知っておきたい方は、資料請求を利用するとよいでしょう。

保険市場なら、気になる保険の資料を一括請求できます。自分の年齢や性別、保険のカテゴリを選んで検索すると、取り扱っている保険商品を人気度順や保険料順で検索可能です。

③店舗・オンライン面談で相談できる

保険市場で保険相談をする際は、相談方法を店頭・オンライン・訪問の3つから選べます。

相談方法は、自分の都合に合わせて選べます。また、じっくり相談したい方は店舗や訪問、コンサルタントを指名したい方はオンライン、と利用したい機能から選ぶのもおすすめです。

ではそれぞれの相談方法について、詳しく解説していきます。

店舗での相談

保険市場の全国576店舗の相談窓口で、直接相談をする方法です。保険相談窓口には保険相談員が常駐しており、時間をかけて相談できます。

特に全国11か所の直営店なら、質の高い相談ができると評判です。常駐している保険市場専属のコンサルタントとじっくり相談できるうえ、キッズスペースや授乳室なども完備されています。お子様連れの方も、安心して保険相談ができるでしょう。

保険や家計、ライフプランについてしっかり考えたいなら、店舗で相談するのがおすすめです。就職や結婚、出産を機に保険への加入を考えている方や、保険の知識が少ない方にも向いているといえます。

オンライン相談

オンライン相談は、場所や時間を選ばずに相談できるのが特徴です。自社開発のオンライン保険専用システムから、人気のコンサルタントを指名して相談できます。コンサルタントは全121名で、口コミや評判、コンサルタントの自己PRなどを参考に選択可能です。

オンライン相談は場所の制約が少なく、仕事や新生活の準備、育児で忙しい中でも相談しやすいのがメリットです。一方で、事前にある程度保険商品に目星をつけたり、話す内容を考えたりしておく必要があります。

訪問相談

店舗に行くのは難しいけど、オンライン相談だと相談の時間が限られる…という方には、訪問相談がおすすめです。相談員が自宅に訪問してくれるため、店舗での相談と同じようにじっくり話せます。

また訪問相談の相談場所には、自宅以外も指定できます。例えばカフェやファミレスなど、話し合いができる場所なら指定が可能です。

④「保険市場クラブオフ(Club Off)」の優待が利用できる

保険市場で保険に加入した方なら、会員限定の優待サービス「Club Off」が利用可能です。全国各地の宿泊施設やレストランから日々の生活まで、様々なシーンで割引優待が受けられます。割引の対象は、大きく以下の5ジャンルです。

  • 宿泊…国内20,000軒のホテル・旅館の宿泊料金が最大80%OFF
  • レジャー…全国約1,000ヶ所の遊園地やテーマパークの入場料が最大65%OFF
  • 映画…全国約300館の映画館が対象、会員優待価格で鑑賞可能
  • 日帰り湯…全国1,000ヶ所の日帰り湯施設で、最大60%OFF
  • ライフ…日々の生活をもっと快適にするサービスが受けられる

他にも会員限定のプレゼント情報やメルマガなど、お得な情報も入手可能です。さらに特典は2親等以内の家族や友人ともシェアできるため、一緒に特典を受けられます。

⑤専用アプリ「folder」で保険を一括管理できる

保険市場の公式アプリ「folder」は、保険市場で加入した保険の比較・診断・相談・管理ができるアプリです。保険証券の管理や給付金の請求まで対応しているほか、保険証券を撮影するとデータ化されて管理できる機能もあります。

folderアプリ内のチャット機能から保険相談が可能です。より深く相談したい場合はオンラインや対面での相談の予約もできます。さらに加入した保険を登録すると満期日をアプリが通知してくれる機能や、自分に合った保険をAIが判断する機能も利用可能です。

folderアプリの口コミや評判を見ると、良い評価・悪い評価の両方がつけられていました。加入流の保険が管理しやすいという口コミがある一方、操作性に不便さを感じる評判もありました。しかし、公式から1つ1つのコメントに返信が行われているため、今後も改善が続く可能性もあります。

\豊富な相談実績が評判/

保険市場の公式サイトはこちら

保険市場で注意したいデメリット

保険市場は気軽に利用できる便利な相談所ですが、以下のようなデメリットがあります。

保険市場のデメリット

  1. 店舗で取り扱い保険が違う
  2. コンサルタントの質に差がある
  3. 電話・ショートメールの営業がある


保険市場の利用する前に、注意すべきデメリットを抑えておきましょう。では、順に解説していきます。

①店舗で取り扱い保険が違う

保険市場の取り扱う保険商品は95社ありますが、この数字は保険市場で扱っている保険商品と、協力代理店の保険商品を合計したものです。保険市場の店舗の多くは協働店で、取り扱う保険商品のラインナップが店舗によって違います。

そのため、店舗によっては異なる保険商品を提案してくる場合があります。気になる保険商品を取り扱っていない店舗もありますので、ご注意ください。

一方、全国11店舗の保険市場コンサルティングプラザには、保険市場専属のコンサルタントが常駐しています。コンサルティングプラザの取扱保険商品は、以下の37社です。


②コンサルタントの質に差がある

口コミや評判を見ると、担当したコンサルタントによって利用者の満足度が大きく変わります。店舗によっては保険市場の専属コンサルタントに相談できないため、コンサルタントの質に差があると感じる可能性があります。

保険市場は社員教育に注力しており、資格取得のサポートや保険商品の知識に関する教育を行っています。保険市場のコンサルタントは資格取得率が高いため、保険市場のコンサルタントに相談すれば、質の高い相談ができるでしょう。

確実に保険市場のコンサルタントに相談するには、オンライン相談を利用しましょう。所属する121名のコンサルタントの自己紹介や得意分野、実際に相談を受けた利用者の口コミや評判を参考に、コンサルタントを指名できます。

また保険市場では、コンサルタントの提案内容に不満がある場合、担当の変更申請ができます。コンサルタントの提案内容が自分に合っていないと感じたら、別のコンサルタントにも相談するのがおすすめです。

③電話・ショートメールの営業がある

保険市場の口コミや評判には、「営業がしつこい」といった口コミ・評判が見受けられました。保険市場に限らず、保険相談や資料請求を利用すると、電話やショートメールでの営業が来る場合があります。

実は保険相談所からの連絡の多くは、利用者の満足度やニーズを把握し、満足度を高めるのが目的です。例えば、資料の請求や保険相談を利用すると保険への加入を検討していると認知されるため、案内として電話連絡が行われます。

また必要な保険は年齢とともに変わるため、保険の見直しを提案されることも。保険市場で保険相談をして加入した後、保険の変更・追加の案内をされる場合があります。

他にも相談予約をされた方には、FPとの相談予定の確認・調整の連絡が来ます。上記の案内に応じるかは個人の自由ですが、予定の確認や調整の連絡には応じるのがおすすめです。

しつこいと感じた時の対応

電話やショートメッセージの連絡には、上記でご紹介したような背景があります。しかし、あまりにも営業の連絡が多いと感じた場合は、以下の5つの対応を検討しましょう。

  • 対応可能時間を伝える
  • カスタマーセンターに連絡の停止を依頼する
  • メール連絡への切り替えを依頼する
  • 担当者の変更を依頼する
  • 電話番号を着信拒否にする

仕事で電話応対できない時間がある場合は、対応可能な時間を伝えておくのがおすすめです。また単純に連絡がしつこいと感じる場合は、 保険市場のカスターマセンターに連絡すると、電話の停止やメールへの変更、担当者の変更をしてもらえます。

相談をしても連絡が止まらない場合は、最後の手段として着信拒否にするというのも手です。相手への印象も悪くなるので、あくまで最終手段として活用しましょう。また、利用する保険代理店を切り替える場合は、担当者に一言連絡を入れておくと丁寧です。

保険市場の口コミ・評判を徹底調査

実際に保険市場を利用した方の口コミや評判をご紹介します。保険市場の対応に満足している方もいれば、不満のある口コミをしている方もいるようです。保険市場の利用を検討されているなら、ぜひ参考にしてみてください。

納得できる保険を提案してくれた





保険市場を利用した方の評判や口コミには、「親身になって保険を探してくれた」「今よりも充実した内容の保険を提案してくれた」という内容が多いです。コンサルタントも無理に加入させようとせず、利用者に満足してもらえるような保険を提案してくれるという評判もありました。

保険市場の運営方針を見ると、商品やサービスをわかりやすく説明し、利用者が申し込む保険を決める際に十分な情報を与えると明記されています。運営企業の決めた理念をコンサルタント一人ひとりが理解し、実行しているのが良い評判につながっている可能性が高いです。

コンサルタントの質が違う





保険市場の提携店は576店舗ありますが、そのすべてに保険市場専属のコンサルタントが勤務しているわけではありません。場合によっては、協力代理店のコンサルタントが保険相談を担当することもあるため、利用者によって評判が異なると推測できます。

また保険市場のオンライン専用保険相談店舗「スマートコンサルティングプラザ」には、「エキスパート」と呼ばれる、選抜されたコンサルタントが在籍しています。同じ保険市場のコンサルタントでも、保険相談のレベルには差がありそうです。

したがって同じ保険市場の保険相談でも、利用者の住んでいる地域や店舗の種類によって、保険相談の質も変わると思われます。質の高いコンサルタントに相談したいなら、保険市場の直営店に行くか、オンライン保険相談のコンサルタント指名制度を利用しましょう。

直営の店舗が綺麗





保険市場の直営店「コンサルティングプラザ」は、内装や設備が綺麗と評判です。キッズスペースや授乳室が完備されているため、特に子育て中の方からの評判が非常に高くなっています。

コンサルティングプラザなら、子どもの面倒を見やすく、安心して保険相談ができます。それでいて保険の知識が豊富なコンサルタントが、37社の保険商品からぴったりの保険を選んでくれるので、お近くにお住まいの方はコンサルティングプラザを利用するのがおすすめです。

電話・ショートメールの営業がしつこい





保険市場の評判や口コミには、電話やショートメールの営業が頻繁に来るといった内容が多いです。一度利用した方のニーズ調査や保険の見直しが主な目的だと推測されますが、人によっては営業電話の回数が多かったり、時間帯が遅かったりして困っている、という評判もあります。

保険市場はサービス内容の充実やアフターフォローに力を入れている分、利用者への提案も多く行われているのかもしれません。もしあまりにもしつこいと感じるようなら担当者やコールセンターに連絡して、対応してもらいましょう。

主要保険相談窓口と比較

ここまで、保険市場のメリット・デメリットを解説し、口コミ・評判も紹介しました。ただ、他の保険相談窓口との違いもチェックしたい方もいらっしゃるでしょう。

そこで、下記に主要保険相談窓口6社を比較表にまとめてみました。

生命保険 損保保険 訪問相談 店舗数 オンライン相談 相談員の質
保険市場 31 27 直営:11協力店:611 コンサルタントの指名予約が可能
ほけんの窓口 28 19 × 直営:444協力:261提携銀行:93
ほけんのぜんぶ 23 10 相談内容に合わせて、担当のFPをマッチ
保険見直しラボ 22 14 支社:70 自社コンサルタントの平均業界経験年数が12年
MONEY DOCTOR 22 10 直営:10協力店:112 独自基準を満たしたFPが相談してくれる
LifeR(ライファー) 13   FP平均経験年数9.5年MDRT紹介率74%

比較表によると、保険市場は取扱保険商品の多さに特徴があります。店舗数も600店舗以上あり、全国各地で相談に行けるのが魅力です。

また、オンラインであればコンサルタントの指名予約が可能。口コミで評判の人気コンサルタントに保険の相談ができます。担当コンサルタントの提案に納得いかなければ、変更申請も可能なので安心です。

保険市場であれば、豊富なラインナップからおすすめの保険を提案してくれます。保険選びに迷ったら、ぜひ保険市場の利用をご検討ください。

相談・資料請求する方法

保険市場での相談予約は、以下の3ステップで完了します。

保険市場で相談する方法

  1. ネットで相談予約
  2. 担当コンサルタントからヒアリング
  3. 保険商品の比較


スムーズにいけば5分で予約が完了し、専門家に保険の相談ができます。それぞれの手順を順番に見ていきましょう。

①ネットで相談予約

保険市場での相談は、ネットか電話で予約を取るところから始まります。電話でも予約できますが、公式サイトなら店舗の営業時間外でも予約ができ、便利です。特にお仕事や子育てに忙しい方は、ネット予約をおすすめします。

サイトから予約する際には、以下の情報が必要です。

  • 相談の希望日時(第2希望まで)
  • 氏名
  • ふりがな
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 希望や質問など

予約が完了して日時が確定すると、担当者から電話・メールで連絡が届きます。相談日時を確認のうえ、当日を待ちましょう。

②担当コンサルタントからヒアリング

予約した日になったら、店舗やオンラインでの保険相談が始まります。最初に担当者からサービスの説明や会社についての説明がされた後、必要書類を作成します。

書類の作成が終わったら、いよいよ保険相談です。現在の状況や家計、収入や支出、付けたい保障についてヒアリングをしてもらいます。

ヒアリングの際は、現在加入している保険の保険証券があると便利です。無い場合は加入している保険を自分で把握する必要があるので、事前に探しておきましょう。

③保険商品の比較

利用者のニーズや状況を担当者に伝えると、自分に合った保険を提案してもらえます。複数の保険会社を比較・検討したうえで提案されるため、それぞれの保険のメリットやデメリット、特徴を詳しく聞いたうえで判断しましょう。

気に入った保険があれば、提案した保障に応じた保険商品を紹介してもらえます。もし1回の保険相談で決めきれないなら、複数回相談することも可能です。自分や家族の人生を支えるための保険なので、しっかり考えて決めましょう。

資料請求は保険市場サイトから一括請求

保険市場では、ホームページから保険商品の検索・一括資料請求が可能です。自分や家族の年齢や性別、加入したい保険のカテゴリを入力すると、保険市場で扱っている保険商品が人気度順や保険料額順。

検索した保険商品の中から興味のあるものを選択した後、まとめて資料請求しましょう。またインターネット保険の場合は、保険市場のサイトから直接保険会社のページに飛び、保険内容を確認できます。保険商品の内容を確認してから資料請求をすれば、必要な保険を絞り込みやすくなります。

\全国どこでも相談できる/

保険市場で保険の相談をする

口コミ・評判まとめ

保険市場は、株式会社アドバンスクリエイトが運営する保険相談所サービスです。相談形態が選べたり、コンサルタントが指名できたりと徹底的に利用者に寄り添う相談が特徴で、自分に合った保険を選んでもらえます。

保険市場は利用者が多い分、多くの口コミ・評判があります。親身になって保険相談をしてもらえたり、直営店舗の環境づくりに感動したという良い評判もあれば、電話による営業がしつこいといった悪い評判も多いです。

保険市場に相談するメリット・デメリットを把握したうえで、相談するかどうかを検討しましょう。

保険市場の利用手順へ戻る