おすすめ生命保険をランキングで比較!選ぶ基準も解説

生命保険は、人生で起こりうるリスクに備え、保険金や給付金を受け取ることを約束した保険です。加入するなら、死亡・病気・ケガ・就業不能など、備えたいリスクをカバーできる生命保険がおすすめです。

とはいえ、生命保険には保障内容・保険金・払込期間など、数多くの比較要素があります。自分に合った生命保険がわからない方がほとんどでしょう。

この記事では、生命保険の比較方法を踏まえ、ネットで加入できるおすすめ生命保険をご紹介。後半では、保険のプロに相談できるおすすめ保険相談窓口も解説します。

生命保険の選び方がわからない方や比較方法が知りたい方は、ぜひ当記事をご参照ください。

何度でもプロに無料相談!
おすすめ保険相談窓口はこちら


ネットの生命保険は5種類

生命保険は、死亡・病気・ケガ等のリスクに備える保険です。多種多様な商品が提供されており、どの保険に加入すればいいか迷ってしまうでしょう。

ネットで申し込める生命保険は、大きく分けて以下の5種類があります。

  1. 死亡保険
  2. 生存保険
  3. 医療保険
  4. 就業不能保険
  5. がん保険


いずれの生命保険も保障内容が異なり、女性や子どもがいる家族など、ご自身の状況によっておすすめの生命保険が変わります。 1つずつ、詳しく見ていきましょう。

死亡保険

死亡保険は、被保険者の死亡時に残された家族に保険金が支払われる生命保険です。

死亡保険金は家族の生活費以外にも、被保険者の葬儀代やお墓代、子どもの学費などに充てられます。死亡した場合だけでなく「高度障害状態」と診断された場合でも受け取れます。

死亡保険は、子供がいる家族や60代の方など、死亡リスクに備えたい人におすすめの生命保険です。死亡リスクに対応できるだけの貯蓄を作るには長い年月が必要です。死亡保険に加入すれば、ご自身に万が一があった場合に備えることが可能です。

払込期間は定期と終身

死亡保険は保障期間によって、「定期タイプ」「終身タイプ」の2つに分けられます。定期タイプは加入時に決めた一定期間以内に死亡した場合に保障が受けられ、終身タイプは死亡するまで一生涯保障が続きます。

おすすめなのは、保険期間が死亡まで続く終身タイプです。年齢が上がっても保険料が増えないのがメリット。商品によっては、解約しても返戻金が受け取れるので、一種の貯金として活用することも可能です。

定期タイプは、保証期間を過ぎた際の満額保険金や解約返戻金が受け取れない代わりに、保険料は安いのが特徴。定期タイプには、保障期間が10年~20年刻みの「更新型」と、保障される年齢が60歳や65歳と決められている「全期型」の2種類があります。

おすすめ死亡保険|SBI生命「クリック定期!Neo」

BI生命の「クリック定期!Neo」は、保険料を抑えたい方や、ネットから手軽に申し込みたい方におすすめの生命保険。保険金額は300万円~2,000万円の間で100万円単位で設定でき、払込期間も細かく決められるのが特徴です。

保険金・払込期間を柔軟に決められるだけでなく、保険金を即日で受け取れる「保険金支払い即日サービス」が利用でき、必要な出費にすぐ対応できます。

また、健康・医療・メンタルの悩みを専門家に相談できる「SBI生命 安心健康サービス」が付いており、普段の健康管理もできます。

「クリック定期!Neo」の詳細はこちら

生存保険

生存保険は、保険期間の満了時に被保険者が生きていた場合に保険金がもらえる生命保険です。リスクに備えるより、子どもの進学や老後などに備えた積立を目的としています。生存保険の一例には、「学資保険」や「個人年金保険」が挙げられます。

学資保険とは?

子供の学費の積立を行う生命保険。子供の成長に合わせて、受け取りのタイミングや頻度が選べる。

個人年金保険とは?

老後資産の積立を目的とした生命保険。確定年金・有期年金・終身年金の3種類があり、保険金を受け取れる期間が異なる。

近年は、保険期間中に被保険者が死亡した場合でも、積立保険料の一部が死亡保険金として返ってくる保険もあります。

また、保険金や解約返戻金が米ドルなどの外貨建てにできる生存保険もあります。全体的に利率が高い一方で、為替の変動によって元本割れを起こすリスクがあります。

死亡リスクも備えるなら「生死混合保険」がおすすめ

死亡と生存、両方のリスクに備えたい方には「生死混合保険」がおすすめ。生死混合保険は、死亡保険と生存保険がセットになった生命保険です。

保険期間の満了時、死亡・生存どちらの場合でも保険金を受け取り可能。生存保険の貯蓄性と死亡保険の保障の良いとこどりをした生命保険ですが、その分保険料が高い傾向にあります。

おすすめ生存保険|明治安田生命「年金かけはし」

明治安田生命の「年金かけはし」は、老後の生活資金を準備したい方におすすめの個人年金保険です。

円建てで安定感があり、死亡保障を抑えた代わりに受取額が高く設定されています。さらに円建ての個人年金保険の中では特に返戻率が高いほか、複雑な特約がなくわかりやすいのが魅力です。

「年金かけはし」の詳細はこちら

医療保険

医療保険は、病気・ケガのリスクに備えられる生命保険です。病気・ケガの治療で入院・手術を行う場合、入院日数や手術の規模に応じた保険金を受け取れます。

保障の対象となる病気・ケガは、生命保険の内容によって大きく異なります。そのため、商品ごとに保障対象となる病気・怪我の確認が重要です。

多くの医療保険では、入院・手術以外の保障(特約)が付けられます。備えたいリスクに合わせて、保障内容を柔軟にカスタマイズ可能です。

また、医療保険も死亡保険と同様、定期と終身の2タイプから選べます。

公的と民間の違い

医療保険は、国の公的医療保険と民間企業が扱う医療保険に分けられます。公的医療保険とは、国民皆保険制度に基づいて国民全員が加入する保険です。日本では、全国民が公的医療保険に加入でき、医療費の負担を1~3割に抑えられます。

民間の医療保険に加入する目的は、公的医療保険でカバーできない範囲を補うことです。公的医療保険の対象となる治療費以外にも、食事代やベッド代、入院着のレンタル代、入院先までの交通費が必要です。民間の医療保険に加入すれば、治療に伴って発生するすべての支出に対処できます。

おすすめ医療保険|ライフネット生命「じぶんへの保険3」

ライフネット生命の「じぶんへの保険3」は、自分に合った生命保険を選びやすいのが特徴です。入院と手術のみを保障する「エコノミーコース」と、がんや3大生活習慣病までカバーできる「おすすめコース」の2種類から選ぶことができ、入院給付金や手術給付金も5段階から設定できます。

特におすすめコースはがんや生活習慣病だけでなく、費用がすべて自己負担になる先進医療でも保険金が受け取れます。治療の選択肢を増やしたい人には、特におすすめです。

「じぶんへの保険3」の詳細はこちら

就業不能保険

就業不能保険は病気やケガなどで入院した場合、働けなくなって収入が減るリスクに備える生命保険です。就業不能保険に加入していれば、病気やケガで働くのが難しい状態でも、毎月一定の就業不能金を受け取れます。

就業不能の定義は、生命保険会社によって異なります。例えば「一定期間就業不能状態である」ことが条件である場合、精神疾患や異常妊娠・異常分娩といった症状では、就業不能と判断されない場合があります。加入する際は、生命保険会社の約款の「就業不能状態」にあたる症状を確認しておきましょう。

就業不能保険は公的保障を補える

公的保障でも、病気やケガで働けなくなった人や障害認定された人に対して、「傷病手当金」や「障害年金」という保証金が受け取れます。

傷病手当金を受け取るには、会社員もしくは公務員で、かつ組合健保や協会けんぽの加入が条件です。条件を満たすと、仕事を休んでも給与の3分の2を受け取れます。

障害年金では、障害基礎年金と障害厚生年金の2種類が毎月受給されます。公的保障を受けられる会社員や公務員の方は、就業不能保険を公的保障の補助として扱うのがおすすめです。

ただし、自営業で国民健康保険のみに加入している人は、傷病手当金や障害年金の受給額や受給期間に制限が付きます。就業不能保険は、公的保障で十分な保障を受けられない自営業の方におすすめです。

おすすめ就業不能保険|アクサダイレクト「働けないときの安心」

アクサダイレクトの「働けないときの安心」は、ケガや病気のほか精神疾患のリスクに対処したい人におすすめの生命保険です。

病気やケガで働けなくなった場合、回復までの期間または保険期間の満了まで、保険金を毎月・回数無制限で受け取れます。精神疾患の場合でも、保険金を通算18回まで受給可能です。

公的保障を受け取れる方なら、保険金を抑えて受給額を半額にする「ハーフタイプ」も選択可能。公的保障との兼ね合いを考えたい方にもおすすめできます。

「働けないときの安心」の詳細はこちら

がん保険

がん保険は、がんの保障に特化した生命保険です。がんは、日本で最も死亡につながりやすく罹患率の高い病気。年間およそ37万人の人ががんにかかっています(2020年「がんの統計2021」より抜粋)。がんへの備えが重要視された結果、がん保険に人気が集まっています。

参考資料:「がんの統計2021」(2020年)

がん保険は、保障対象ががんに限定される代わりに、保険料を抑えられるのが特徴。がんの治療費だけでなく、がんに関わる入院・手術に対しても保険金が給付されます。がん保険で受け取れる具体的な給付金は、以下の4つです。

  1. がん診断一時金:がんの診断を受けた時点で受給
  2. 治療給付金:がんの3大治療(手術・放射線治療・抗がん剤治療)を受けた時に受給
  3. がん入院給付金:がんの治療目的で入院したとき、入院日数に応じた金額を受給
  4. がん手術給付金:がんの治療目的の手術をしたときに受給


がん保険商品によって、上記の給付金の組み合わせは異なります。商品によっては、働けなくなるリスクや収入が減るリスクに対する給付金も受け取れます。

罹患率の高いがんにかかったとき、治療や生活の保障を作りたい方におすすめです。

医療保険との比較

がん保険と医療保険には、保険金を受給できる条件に違いがあります。がん保険の受給対象はがんだけですが、医療保険ではがん以外の病気・ケガに備えられます。

医療保険のなかには、がんを含む3大疾病の保障を手厚くしたプランもあるため、必要に応じてがん保険に加入するといいでしょう。ただし、医療保険には入院給付金の支払い日数に制限があり、入院給付金の受取期間を長くすると、その分保険料が上がります。

がんの保障を特に手厚くしたい場合はがん保険、それ以外の症状にも備えたいなら医療保険がおすすめです。

おすすめがん保険|チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムZ」

チューリッヒ生命の「終身がん治療保険プレミアムZ」は、がん治療の選択肢を増やしたい人におすすめの生命保険です。

当生命保険は、抗がん剤治療に対する保障を受けられるのが特徴。抗がん剤の投与期間中、通院の有無に関わらず抗がん剤処方・投与の度に、給付金が毎月受け取れます。

また、日本では未承認の療法である「自由診療」に対して、基準給付月額の2〜4倍の給付金が受給可能。がんにかかるリスクに加えて、働けないリスクや経済的リスクに備えたい方におすすめの保険です。

「終身ガン治療保険プレミアムZ」の詳細はこちら

以上、ネットで加入できる生命保険について解説しました。次章では、ご自身に合った生命保険の比較・選び方を解説します。

生命保険の種類はわかったけど、自分で選べる自信がない方は、保険相談窓口の利用がおすすめです。保険のプロに何度でも無料で相談できるため、自分にぴったりな生命保険を提案してくれます。

保険相談窓口について詳しく知りたい方は、以下のボタンから移動できます。

保険相談窓口の詳細へ移動する

生命保険選びは相談窓口がおすすめ

保険相談窓口は、何回でも無料で利用できます。提案された生命保険に納得しなかったら、再度相談することも可能です。相談所によっては、自宅や近隣のカフェ・ファミレス、オンライン相談サービスも提供しているため、時間や場所を気にせず自由に設定できます。

また、保険相談所では生命保険も含め、家計やローンといったお金に関する相談も可能です。貯蓄や収入とのバランスを踏まえて生命保険を提案してくれるので、納得した生命保険選びができるでしょう。

保険の相談窓口で準備するもの

生命保険相談窓口を利用には、事前に3つの準備をしておく必要があります。

  1. 生命保険、公的年金・保障の知識
  2. 保険証書
  3. 医相談窓口の口コミ・評判


民間の生命保険は公的保障の補完として加入するものですが、相談員によっては公的保障でカバーできる生命保険が勧められる場合があります。生命保険と公的保障の基礎知識があれば、本当に自分に必要な生命保険なのか判断できるため、スムーズな生命保険選びが可能です。

既に生命保険相談に加入されている方は、保険証書も用意しておきましょう。保険証書は保険会社から発行されている、生命保険の契約内容や加入状況が記された書類です。保険証書があれば相談員に保険の加入状況を把握してもらえるので、事前に用意しておくのがおすすめです。

相談所に行く前に、利用者の口コミ・評判を見ておくと良いでしょう。口コミサイトのコメントを見て、評判の良い店舗を選ぶのもおすすめです。

おすすめ保険相談窓口ランキングはこちら

おすすめ保険相談所の選び方

保険相談窓口を選ぶときは、以下の3つを目安にするのがおすすめです。

  1. 取り扱い保険会社の数
  2. 相談員の質
  3. 予約・相談のしやすさ


一つずつ、順に解説していきます。

1.取扱保険会社の数

相談所で扱っている保険会社や商品の数が多いほど、自分に合った保険が見つかりやすいです。

各保険相談窓口サービスや店舗よって、取り扱っている保険会社の数は異なるため、事前に生命保険会社や取扱数を調べておくのがおすすめです。

2.相談員の質

保険相談所選びでは、相談を受ける相談員の質が重要です。具体的には、以下の点に注意しましょう。

  1. しつこい勧誘をせず、親身に相談してくれるか
  2. 満足のいく提案をしてくれるか
  3. 保険以外に、お金に関する相談も乗れるか
  4. 運営元は相談員の質を担保しているか


相談所を選ぶ際は、FPの資格取得者が多かったり、平均経験年数の長い相談所を選びましょう。相談員は原則FPの資格を取得することになっていますが、義務として定められてはいません。相談員の資格取得率や経験年数は運営元で公開しているため、相談前に確認するのがおすすめです。

3.予約・相談のしやすさ

最後に、保険相談窓口の予約・相談のしやすさをチェックしておきましょう。

具体的には、以下の4つを確認してみてください。

  1. 訪問・店舗・オンラインに対応しているか
  2. 予約は簡単に申し込めるか
  3. 店舗数が充実しているか
  4. アフターフォローは丁寧か


訪問・オンラインに対応をしている保険相談相談窓口なら、忙しい日でも気軽に予約が取れます。店舗で相談を受けたい場合は、お住まいの地域に相談窓口があるか確認しておきましょう。

人気の生命保険窓口をランキングで紹介

自分に合った生命保険が選べるおすすめ保険相談窓口を、ランキング形式でご紹介します。

生命保険選びに迷ったら、以下の保険相談窓口から選びましょう。

  1. 保険市場
  2. 保険見直しラボ
  3. MONEY DOCTOR


それぞれの保険相談窓口の内容を詳しく解説します。

1位:保険市場

保険市場は、取り扱う生命保険会社数が83社と豊富な保険相談所です。

最大の特徴は、独自開発のオンライン保険専用システムを利用して、122名のコンサルタントの中から1人を指名して相談を受けられること。公式サイトから1人1人のコンサルタントの詳しい情報を見ることができるので、経験年数や口コミを参考に選ぶのがおすすめです。

保険市場は来店・訪問・オンライン相談のすべてに対応しており、オンラインの相談実績は6万件以上と信頼性も高いです。

また、保険市場で相談を受けて生命保険に加入すると、「保険市場Club Off」という会員限定の優待サービスを受けられます。生命保険の相談と合わせてお得な特典を手に入れたいなら、保険市場がおすすめです。

\全国で相談できる/

保険市場公式サイトはこちら

2位:保険見直しラボ

保険見直しラボは、平均業界経験12年の相談員を全員自社採用している、質が高いと評判の生命保険相談窓口です。過度な営業や失礼な行動をしたコンサルタントを交代してもらえる「イエローカード制度」を採用しているため、提案を断れるか不安という方もおすすめです。

保険見直しラボは、自宅やカフェ、レストランなど好きな場所で相談を請け負ってくれます。提携している36社の生命保険会社から、最適な保険を提案してもらえるうえ、何度でも無料で相談できます。

生命保険の検討に時間をかけたい方、安心できるコンサルタントに生命保険の相談をしたい方には、保険見直しラボを利用してみてください。

\質の高い相談員が評判/

保険見直しラボ公式サイトはこちら

3位:MONEY DOCTOR

マネードクターは1200 名以上のFP資格保有者と、生命保険と金融のプロであるMDRT会員が600名以上が在籍する、高品質な相談サービスを受けられる保険相談窓口です。公式サイトによるお客さま満足度も92.9%と高い評価を受けています。

相続診断士・住宅ローンアドバイザーといった専門家も多数在籍しているため、生命保険以外の相談も対応してくれます。

また、ワンランク上の相談ができる「マネードクタープレミア」という独自サービスも提供。生命保険選びだけでなく、家計・貯蓄計画・老後資金など、総合的なお金の相談を上質な空間でおこなえます。

取り扱っている生命保険会社は31社で、相談方法は店舗・訪問・オンラインから選ぶことが可能。お金に関して総合的に相談したい方は、MONEY DOCTORの利用がおすすめです。

\お金の相談も気軽にできる/

MONEY DOCTORの公式サイトはこちら

まとめとよくある質問

生命保険は、人生のリスクに対する保障として加入するものです。どのような人生設計をするか、今後の人生でリスクに感じることは何かが生命保険を選ぶ基準になります。

ご自身にぴったりな生命保険を選ぶには、以下4つの基準で比較するのがおすすめです。

  1. 備えたいリスク
  2. 保付けたい保障内容
  3. 保険金の金額
  4. 保険料の払込期間


ただ、生命保険を選ぶには知識を要するため、ご自身で選ぶのは大変です。そのため、保険の専門家に無料で相談できる保険相談窓口の利用がおすすめ。

保険相談窓口を利用したいなら、以下の3サービスが人気でおすすめです。

  1. 保険市場
  2. 保険見直しラボ
  3. MONEY DOCTOR


ご自身のライフプランに適した生命保険を見つかれば、今後の人生を快適かつ安心して過ごせるでしょう。おすすめ生命保険選びに、当記事が少しでも参考になれば幸いです。

おすすめ保険相談窓口ランキングへ戻る 以降は、おすすめ生命保険選びに関してよくある質問をまとめております。生命保険についてより詳細な情報が知りたい方は、合わせてご参照ください。

生命保険の加入がおすすめの人は?

生命保険は、特に十分な貯蓄が無い人や、扶養家族がいる人におすすめです。現在の収入・貯蓄ではリスクへの対処ができない場合、生命保険に加入することで万が一の事態でも保険金を受け取れます。また生命保険に加入しておけば、自分が働けない・死亡した場合でも保険金を継続的に受け取れるため、家族を守ることもできます。

生命保険は複数加入した方がいい?

生命保険には、必ず複数加入する必要はありません。しかし一つの生命保険で必要な保障すべてを賄えない場合、複数の生命保険を組み合わせて加入を検討するのがおすすめです。

保険相談窓口はなぜ無料?

保険相談窓口は、保険相談員やFPが保険契約を完了させると、生命保険会社から手数料を受け取ります。または契約FPからもらった広告掲載料で運営されているため、保険相談窓口は利用者から一切お金を受け取らずに運営ができるのです。

相談員(FP)から生命保険の加入を勧誘されない?

保険相談員やFPはあくまで提案を行う立場なので、生命保険に加入を迫られるようなことはありません。相談窓口によっては、勧誘にあった場合に相談員やFPを交代できる制度を設けるなどして対応しています。

相談したら必ず保険に入らないといけない?

相談員やFPから提案してもらった生命保険に、必ず入る必要はありません。自分が必要性を感じた場合に申し込むのがおすすめです。自分に合った生命保険に入れるよう、扱う保険会社が多い窓口や相談員の質が高い窓口を利用するのがおすすめです。