投資信託の手数料は3種類!銘柄の選び方やおすすめファンドを紹介

投資信託の取引には、3種類の手数料が発生します。

  • 買付手数料
  • 信託報酬
  • 信託財産留保額


投資信託の運用では、以上の手数料について理解し、極力抑えることが大切です。ただ、銘柄選びでは他にも見るべきポイントがあり、手数料だけで選ぶと思わぬ損失が出る可能性があります。

当記事では、投資信託の手数料を解説し、自分自身に適した銘柄を選ぶ方法を紹介します。最後まで読めば、投資信託の選び方について理解が深まり、自信を持って資産運用が始められるでしょう。

投資信託の手数料は3種類!それぞれの違いと発生するタイミングを解説

投資信託の手数料の種類を解説

投資信託を運用するには、以下3種類の手数料が発生します。

  • 買付手数料
  • 信託報酬
  • 信託財産留保額(解約手数料)


それぞれの手数料は、発生するタイミングが異なります。金額も投資信託の各銘柄で設定されているので、事前の確認が必要です。

買付手数料

投資信託の手数料1つ目は、買付手数料です。文字通り、投資信託の買付(購入)時に発生する手数料。投資信託を購入する度に発生します。

買付手数料の割合は、投資信託の各銘柄によって設定されていますが、目安は3%です。

例えば、買付手数料3%の投資信託を10,000円分注文した場合、300円が証券口座の残高から差し引かれます。

信託報酬

投資信託の手数料2つ目は、信託報酬です。信託報酬とは、投資信託を保有中に発生する手数料。運用会社が代わりに投資してくれるため、その“報酬”として支払うイメージです。

信託報酬は年率で表示されますが、実際は運用額に対して毎日支払う計算です。例えば、信託報酬1%の銘柄を100万円運用する場合、1日に支払う手数料は約27円です(100万円 × 0.01 ÷ 365日)。

信託報酬は日々の実績に関係なく発生します。実績が悪く信託報酬が高い銘柄を保有してしまうと、より大きな損失を負うかもしれません。

そのため、信託報酬は投資信託の銘柄選びにおいて、最も重要な手数料と言えます。

信託財産留保額

投資信託の手数料3つ目は、信託財産留保額です。保有中の投資信託を解約する時に発生する手数料で、解約手数料とも言われます。

投資信託を解約した金額に対して一定の割合がかかり、売却額から差し引かれます。手数料の金額は銘柄によって異なりますが、目安は0.3%です。

例えば、信託財産留保額が0.3%の銘柄を100万円分解約した場合、3,000円分の手数料が差し引かれ、残りの99万7,000円が最終的な売却額となります。

ネット証券なら買付手数料・信託財産留保額が無料

ネット証券の投資信託の手数料について解説

投資信託には3種類の手数料があるため、株式や債券と比べて多くの費用がかかると思うでしょう。

しかし、近年の投資信託は、買付手数料と信託財産留保額が無料(ノーロード)の銘柄が増加中。実質にかかる手数料は、信託報酬だけとなっています。

買付手数料・信託財産留保額が無料の投資信託は、SBI証券や楽天証券といったネット証券で販売されています。そのため、これから投資信託を売買したい方は、ネット証券の口座開設がおすすめです。

投資信託の運用でおすすめできるネット証券は、以下の記事で詳しく解説しています。自分に合った証券口座を探したい方は、合わせて参考にしてみてください。

投資信託におすすめの
ネット証券ランキング


初心者はつみたてNISAで投資信託を運用しよう

投資信託で長期的な資産形成を目指したい初心者は、つみたてNISAも活用しましょう。

つみたてNISAとは、投資信託で得た利益にかかる税金が非課税になる国の制度。本来は利益に対して約20%の税金が課税されますが、つみたてNISA口座で運用してれば、購入した年から20年間は非課税となります。

税金が非課税になれば、その分のお金を運用に回せるので、積立投資で利用すれば将来の資産がより大きくなる可能性があります。

つみたてNISAで運用できる投資信託は、金融庁が長期的な運用に適したと判断した銘柄が対象。さらに、買付手数料はすべての銘柄で無料です。

つみたてNISAの詳細情報は、以下の記事でまとめております。つみたてNISAで投資信託を運用したい方は、ぜひチェックしてみてください。

つみたてNISA(積立NISA)に
おすすめのネット証券を紹介


投資信託の信託報酬はファンドによって大きく変わる

信託報酬の違いを紹介

先ほど、ネット証券の投資信託なら買付手数料と信託財産留保額は無料(ノーロード)で、実施的な手数料は信託報酬のみと解説しました。

信託報酬の割合は銘柄によって異なりますですが、必ずしも低ければ良いとは限りません。

というのも、投資信託には大きく2種類に分けられ、それぞれの信託報酬に違いがあるからです。

  • インデックスファンド
  • アクティブファンド


各ファンドの特徴を詳しく解説していきます。

インデックスファンドは機会的な運用で信託報酬が安い

インデックスファンドとは、日経平均株価やS&P500といった、特定の株価指数との連動を目指す投資信託です。

相場と連動させるのが目標なので、銘柄選定や投資判断を機械的に行えるのが特徴。運用に余計なコストがかからず、信託報酬が安く抑えられます。

マーケットの成長に合わせて運用できるため、インデックスファンドは老後や教育費の資産掲載や、堅実な運用がしたい投資家におすすめの投資信託と言われています。

買付手数料・信託財産留保額が無料の銘柄が多く、初心者におすすめ言われる投資信託です。

アクティブファンドは積極的な運用で信託報酬が高い

アクティブファンドは、ベンチマークに設定した株価指数の価格を上回るリターンを目指す投資信託です。

積極的に利益を狙うため、運用銘柄選定や投資判断は運用会社が独自に判断。そのため、信託報酬はインデックスファンドよりも割高になります。

アクティブファンドは大きなリターンが期待できる一方、下落リスクも大きいのが特徴。

したがって、リスクを取ってリターンを狙いたい人におすすめの投資信託です。

投資信託の手数料で銘柄を選ぶ方法

手数料以外で銘柄を選ぶ方法

投資信託選びでは、手数料を抑えることが重要視されますが、手数料だけで判断すると自分に合った運用ができません。

投資信託の運用は、ご自身の運用方針に適した銘柄を選ぶことが一番大切です。その上で手数料を抑えれば、目標とするリターンが得られる可能性が上がります。

そこで、インデックスファンドとアクティブファンド、ぞれぞれの選び方を解説します。これから投資信託で資産運用を始めたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

インデックスファンドは連動している株価指数をチェック

インデックスファンドを運用したい場合は、まず連動している株価指数を確認してください。世の中には多くの株価指数が存在し、世界経済の指標として活用されています。

世界の主な株価指数の一覧


  • 日経平均株価
  • TOPIX
  • S&P500
  • NYダウ平均株価
  • NASDAQ100
  • STOXX50
  • FTSE100
  • ハンセン指数


ご自身の資産をどの株価指数に合わせるかで、将来のリターンも変わります。人気の株価指数は、日本の日経平均株価と、米国の代表的な株価指数であるS&P500です。

同じ株価指数との連動を目指す投資信託はいくつもあるので、その中から信託報酬が安い銘柄を選びましょう。

ただし、同時にチェックしたいのが純資産額です。純資産額とは、その銘柄で運用されているお金の総額を指します。純資産額が多いほど、運用ストップのリスクが低くなり、長期的に運用できる可能性が高いです。

純資産額が比較的大きく、順調に増額している銘柄であれば、運用を検討してもいいでしょう。

おすすめファンド:eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

インデックスファンドでおすすめできる投資信託は、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)です。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は、米国の代表的な株式指数「S&P500」との連動を目指す投資信託。今後も成長が期待できる米国株式に投資できるため、多くの投資家から人気があります。

2022年3月末日時点での純資産額は約1.16兆円と、国内の投資信託でトップ10に入る規模。

eMAXISSlim米国株式(S&P500)のグラフ

信託報酬は0.0968%で、インデックスファンドのなかでも安い部類に入ります。

アクティブファンドは運用方針と実績で選ぶ

アクティブファンドを運用したい場合は、信託報酬ではなく運用方針と実績を優先的にチェックしてください。

先ほど解説したように、アクティブファンドはファンドマネージャー(運用責任者)独自の判断で運用される投資信託です。信託報酬が安い理由で、ご自身の運用方針に合わないファンドを選んでしまうと、思わぬ損失が出るかもしれません。

投資信託の運用方針は「目論見書」に詳しく解説されています。ネット証券でも閲覧できるので、必ず確認しましょう。

投資信託の目論見書に記載の運用方針
引用:楽天証券(https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/detail/?ID=JP90C000FHD2)

運用方針に納得すれば、過去の運用実績を見てください。

基準価額を順調に上げており、ベンチマーク指数よりも高い実績を出していれば、信用できるファンドを言っていいでしょう(今後の運用実績が保証される訳ではありません)。

基準価額がベンチマーク指数より下がった時期があれば、なぜ下がったのか当時の運用レポートも読んでおくと安心できます。

その上で、信託報酬がいくらか確認してください。現状の実績と手数料が見合っていれば、運用を検討してもいいでしょう。

おすすめファンド:ひぷみプラス

アクティブファンドでおすすめできる投資信託は、ひふみプラスです。

ひふみプラスは投資家の長期的な資産形成を目指し、成長が期待できる国内株式に積極投資する投資信託。規模に関係なく、リターンが期待できる企業を徹底調査した上で、投資の判断を行います。

2022年3月末日時点の純資産額は約4,600億円。国内のアクティブファンドの中では、トップレベルの金額です。

肝心の運用実績は46,600円と、運用開始時点から4.6倍まで増えており、確かな実績を出しています。

ひふみプラスの運用実績 信託報酬は1.078%で、一般的なアクティブファンドと同レベルです。

投資信託の選び方については、以下の記事で詳しく解説しています。自分に合った投資信託で資産運用を始めたい方は、合わせてご参考ください。

投資信託におすすめの銘柄と
ネット証券を紹介


まとめ

投資信託の手数料は、買付手数料・信託報酬・信託財産留保額の3種類。ただ、ネット証券で取り扱っている投資信託のほとんどは、買付手数料と信託財産留保額は無料となっています。

そのため、投資信託の実質的な手数料は信託報酬のみ。信託報酬の目安は、インデックスファンドが0.1〜0.2%、アクティブファンドは1.0〜2.0%と言われています。

投資信託の銘柄選びは、手数料だけでなく純資産額やベンチマークに設定している株価指数も確認してください。投資信託の手数料を理解し、ご自身の運用方針に適した銘柄を見つければ、狙ったリターンが得られる可能性が上がるでしょう。

手数料から投資信託を選ぶ方法へ戻る