LINE証券の評判は?やってみた人の口コミ・つみたてNISAについて解説|22年11月更新

スマホで簡単に投資ができると評判のLINE証券。

手軽に始められるネット証券だからこそ、LINE証券で大損をしないのか心配になるでしょう。

LINE証券は、野村ホールディングスとLINEFinancial株式会社が共同出資したネット証券会社。大手証券会社と大手IT企業が提携して生まれた証券会社なので、設立当初は注目を集めていました。

当記事では、実際にLINE証券をやってみた人の口コミ・評判を踏まえつつ、おすすめポイントを解説します。

LINE証券の口コミ・評判まとめ
LINE証券の良い口コミ・評判
  • キャンペーンやセールを利用してお得に株式投資ができる
  • 1,000円~手堅くつみたて投資が可能
  • LINE証券のアプリが使いやすい
  • LINEアプリから通知が来る

LINE証券の悪い口コミ・評判
  • 1日の株式の取引回数が多いと手数料が高くつく
  • 取引時に逆指値ができないなど、機能に物足りなさを感じる

当記事を読めば、LINE証券があなたに合ったネット証券なのか理解できるでしょう。

LINE証券のおすすめポイントから確認したい方は、下記ボタンからご確認ください。

口コミ・評判からわかった
LINE証券のメリット


目次

LINE証券をやってみた人の良い口コミ・評判

口コミと評判をもとにLINE証券のメリットを検証します

さっそく、実際にLINE証券をやってみた人の口コミ・評判を見ていきましょう。

LINE証券の評価をまとめると、初めて投資をした初心者の評判が良いことが分かりました。口コミ・評判の具体的な評価ポイントは下記のとおりです。

LINE証券の良い口コミ・評判

  • キャンペーンやセールを利用してお得に株式投資ができる
  • 1,000円~手堅くつみたて投資が可能
  • LINE証券のアプリが使いやすい
  • LINEアプリから通知が来る

では、実際にLINE証券の口コミを確認していきましょう。

LINEポイントで投資ができるのが評判





LINE証券のポイント投資は、LINEアプリで株式取引・投資信託・FXが取引できることに評判が集まっています。

他のスマホ証券だと取扱商品が限られており、スマホでさまざまな商品を売買できるのはLINE証券の評価ポイントといえます。

LINEアプリと連動していて使いやすいと評判





投資初心者にとってアプリの使いやすさは、投資を続けるための重要な要素です。日常的に使うLINEアプリと連動しているのはLINE証券の強みといえます。

初心者の評価では、LINEアプリから始められることにメリットを感じている様子です。

AI機能がおすすめ銘柄をピックアップ





初心者が投資を難しく感じる理由の一つは、銘柄選びが挙げられます。

LINE証券なら、AIがおすすめ銘柄をピックアップしてくれるため、実際に投資するきっかけを作ってくれます。銘柄選びに迷う方だけではなく、自分が知らない銘柄に出会いたい方にも評価の良い機能です。

LINEのトーク画面で配当金が分かると評判





LINE証券が使いやすい口コミ・評判として、取引状況・最新情報・配当金の案内などをLINEで通知してくれるという投稿がいくつも見受けられました。

いつも開いているLINEアプリで確認できるため、投資が続けやすいという評価が上がっています。取引状況を簡単に確認したい方は、LINE証券は使いやすいでしょう。

最長21時まで取引が出来るのが評判



LINE証券の単元未満株である「いちかぶ」取引では、17:00~21:00の間でも取引可能。夕方以降も取引できるのは嬉しいという口コミ・評判が目立っていました。

通常、株式取引は証券取引所が開いている平日9:00~11:30と12:30~15:00の間しかおこなえません。仕事で忙しくても、好きなタイミングで取引できる点に良い評価が集まっています。

出金手数料が無料になったと評判





LINE証券の出金手数料は、2021年11月1日から220円から無料に変更されました。

多くのやってみた人から喜びの声が上がっており、LINE証券の評価が高まった印象です。

LINE証券独自のキャンペーン「株のタイムセール」で安く株を購入できると評判





LINE証券の魅力は、定期的に開催されるセールです。 特定銘柄が安く買えたり、手数料が実質無料になったりします

気になる銘柄がお得に購入できるのはもちろん、イベント感覚で株式投資が楽しめるとSNSで話題です。実際、LINE証券の株式セールで、株式投資デビューを果たした方が多くいらっしゃいました。



以上、LINE証券の良い口コミ・評判となります。

全体的に、使いやすい取引画面で少額から投資ができる点に高い評価が集まっている印象です。LINE証券のおかげで、念願の投資が始められたという投稿も多く見受けられました。

次章では、やってみた人の口コミ・評判の内容を踏まえた、LINE証券のおすすめポイントを解説します。LINE証券の魅力を深く理解したい方は、ぜひこのまま読み進めてみてください。

LINE証券の最新キャンペーンが知りたい方は、以下のリンクから移動可能です。

LINE証券の最新キャンペーンはこちら

LINE証券をおすすめする5つのメリット

実際にやってみた口コミ・評判を徹底調査してわかった、LINE証券のおすすめできるメリットは以下のとおりです。

LINE証券のメリット

  1. LINEアプリで簡単に取引できる
  2. 画面がシンプルで初心者でも始めやすい
  3. 「いちかぶ」なら1株単位で株が売買できる
  4. LINEポイントで投資できる
  5. タイムセールで株が安く買える

各メリットについて、一つずつ詳しく解説していきます。

①LINEアプリで簡単に取引できる

LINE証券をおすすめできるメリット1つ目は、LINEアプリで取引ができることです。

LINEアプリのウォレットメニューにある『証券』という項目タップすれば、すぐLINE証券にアクセスできます。新たにアプリをダウンロードする必要がなく、LINEアプリ内で取引が完結します。

メニュー画面の画像

口座開設も事前にLINE Payを使っていれば、最短3分で完了。最速で翌営業日から取引が始められます。

「投資を始めたいけど手続きが難しそう…」感じる方でも、簡単に始められると口コミで評判です。

②画面がシンプルで初心者でも始めやすい

LINE証券をおすすめできるメリット2つ目は、取引画面がシンプルで見やすいことです。

LINE証券の取引・注文画面は余計な内容を徹底的に省き、初心者でも簡単に投資が始めやすい工夫がほどこされています。

取引画面のイメージ図

例えば株式の取引の場合、最小3タップで注文が完了。ECサイトでお買い物するような感覚で売買できると、口コミで評判を集めています。

「ネット証券の取引画面は複雑で使いにくい」と感じた経験がある方は、LINE証券のシンプルな取引画面は使いやすいと感じるでしょう。

③『いちかぶ』なら1株単位で株が売買できる

LINE証券をおすすめできるメリット3つ目は、気軽に株式投資が始められることです。

LINE証券の『いちかぶ』は、1株単位で株式が売買可能。先ほど解説したシンプルな取引画面も相まって、「LINE証券のいちかぶで株式投資を始められた」という口コミ・評判が多く見受けられます。

いちかぶの概要図

通常、国内株式は100株単位で取引するため、人気の銘柄に投資したい場合はある程度まとまった資金を用意する必要があります。LINE証券のいちかぶなら、最低数百円から株の購入が可能です。

取引時間が最長21時まで!忙しい人でも続けやすい

さらに、LINE証券のいちかぶは、最長21時まで取引が可能です。

通常、国内株式の取引時間は、証券市場が開いている9時から11時30分・12時30分から15時となっています。LINE証券のいちかぶは、一部銘柄なら夕方以降も取引できます

取引・手数料の概略図

注意点として、取引時間によって手数料が変動します。証券市場が開いている時間帯は比較的割安で、それ以外の時間帯は1%に引き上げられます。

④タイムセールで株が安く買える

LINE証券をおすすめできるメリット4つ目は、タイムセールで株式がお得に買えることです。

LINE証券では、定期的にタイムセールを開催しています。セールの内容は、対象銘柄の手数料が無料もしくは割引となっています。

セール開催日は毎月変わり、LINE証券の公式サイト・公式Twitterで確認可能です。毎月内容が変わるので、定期にチェックしておくのがおすすめです。

弊サイトでは、こちらのページで最新キャンペーン情報と合わせて当月のセール日程も掲載しています。

LINEポイントで投資できる

LINE証券をおすすめできるメリット5つ目は、貯めたLINEポイントで購入できることです。

LINE証券では、LINEポイントで証券口座へ入金が可能。1ポイント=1円として、LINE証券の全商品(FX・CDF除く)で利用できます。

入金時のポイント利用の解説画像

LINE証券は少額から購入できる商品が数多く用意されており、全額LINEポイントで買うこともできます。いきなり現金を使って投資を始めるのは、LINEポイント投資からスタートするのがおすすめです。



以上がLINEポイントをおすすめできるメリットです。次は、やってみた人の口コミ・評判を踏まえた、LINE証券の注意点・デメリットを解説します。

このまま最新キャンペーン・セール情報が知りたい方は、以下のボタンから移動できます。

LINE証券最新キャンペーン・セール情報へ

やってみたから分かるLINE証券の注意点

口コミと評判をもとにLINE証券のデメリットを検証します

良い口コミが多く評判の良いLINE証券ですが、投資経験者には向いていないと口コミで集まっているようです。

早速口コミを確認しましょう。

投資中上級者からは株取引に関する機能が物足りないと評判








LINE証券は初心者向けに特化したスマホ証券のため、機能は比較的シンプルな仕様となっています。

口コミで多かったのが、逆指値注文ができないという投稿。LINE証券の現物株は、成行・指値注文の2種類でしか注文できません。

また、LINE証券の株価分析ツールは6種類と、他のネット証券が10種類以上あるのに対して比較的少なめとなっています。

LINE証券が備わっている機能

  • 株価分析ツール
  • 移動平均線・MACD・DMI・RSI・ストキャスティクス・移動平均線乖離率

  • 銘柄や市場の分析ツール
  • 決算情報,・市場コンセンサス,・アナリストレポート,・優待情報,・ニュース速報

自分で銘柄分析をしたい方や売買方法にこだわりがある方は、他のネット証券会社を選ぶといいでしょう。

以下の記事では主要ネット証券会社を比較し、目的別でおすすめを紹介しています。よりご自身に適したネット証券口座を探したい方は、合わせてご参考ください。

ネット証券の比較・おすすめ紹介へ



LNE証券の評判・口コミは以上です。投資初心者におすすめのLINE証券。続いてはキャンペーン情報をお伝えします。

LINE証券の最新キャンペーン情報を解説

LINE証券は新規申込者向けのキャンペーンと、LINE証券利用者向けのセールを実施しています!利用者向けにもお得なタイミングがあると、楽しく投資も続けられます。

2022年11月現在、LINE証券で開催されている新規口座開設のキャンペーンは以下のとおり。

2022年11月新規口座開設キャンペーン一覧

  • 最大4000円プレゼント!LINE証券デビューキャンペーン

キャンペーンを活用してお得にLINE証券を始めましょう。キャンペーンの詳細情報が知りたい方は、こちらのページは以下の記事にまとめています。

LINE証券の口座開設へ

最短3分で翌営業日から開始!LINE証券の始め方

口座開設方法を紹介します

最後に、LINE証券の口座開設方法を図解を交えながら解説します。

手順はいたって簡単で、最短3分で翌営業日から取引が始められます。今回は、簡単に手続きを進められるオンライン上での手続きを解説してきます。

不明点なく手続きが進められるよう、以下の本人確認書類のいずれかを用意しておきましょう。

  • マイナンバー通知カード+運転免許証
  • マイナンバー個人番号カード
  • マイナンバー入りの住民票の写し+運転免許証
  • マイナンバー入りの住民票の写し+健康保険証

では、具体的な口座開設の手順を解説します。

  1. 申請情報の入力
  2. 公式サイトの『口座開設』をタップし、LINEアカウントでログインします。

    ログイン後、簡単な口座開設手順を確認したうえで、必要事項の記入画面へ進みます。各項目を間違いなく、正しく記入してください。

    必要事項の記入画面

  3. 携帯電話の認証
  4. 必要事項を記入したら、スマートフォンの携帯電話(SMS)認証をおこないます。

    お持ちのスマートフォンの電話番号を入力し、SMSで受信した認証番号を手続き画面に入力しましょう。

    SMS認証の画面画像

  5. 本人確認情報の提出
  6. つづいて、本人確認情報の提出です。本人確認書類のアップロードと顔写真の2種類をおこないます。

    まずは、冒頭に記載した本人確認書類の組み合わせを選択し、各書類を撮影してください。ブレや影がなく、書類の内容が綺麗に見えるように撮影してアップロードしましょう。

    本人確認のイメージ図

    その後、顔写真を撮影します。画面の指示に従って、ご自身の顔を撮影します。

    かんたん本人認証の画像

  7. 暗証番号の設定
  8. 最後に、取引時に必要な6桁の暗証番号を設定します。暗証番号を忘れると取引ができないので、大切に保管しておきましょう。

    暗証番号の設定画面

    以上で口座開設の手続きは完了し、審査へ移ります。

  9. 初回取引手続き
  10. 無事に審査に通過したら、はがきかLINEで口座開設完了通知が届きます。かんたん本人確認で手続きした場合は、LINEで通知されます。

    口座開設完了通知の画面

    通知が来たら、そのまま初回取引設定をおこないましょう。画面の指示に従って必要事項を記入すれば、手続きは完了し取引が始められます。

口座入金は4種類

LINE証券の入金方法は以下の4種類が用意されています。

  • LINE Pay
  • 提携銀行のインターネットバンキング
  • 銀行振り込み
  • FX・CFD口座から振替

一番簡単な入金はLINE Payからの入金です。LINE Pay残高はもちろん、LINE Payと紐づけている銀行口座・LINEポイントからの入金も可能です。

最短翌日から取引が始められるLINE証券。気軽に株式投資やつみたてNISAを始めたい方は、LINE証券を選ぶのがおすすめです!

LINE証券の口座開設はこちら

まとめ|気軽に投資を始めたい人はLINE証券がおすすめ!

この記事では、LINE証券の口コミ・評判を調査し、おすすめポイントを解説しました。最後にLINE証券の良い評判と悪い評判をまとめ確認しましょう。

LINE証券の口コミ・評判まとめ
LINE証券の良い評判
  • キャンペーンやセールを利用してお得に株式投資ができる
  • 1,000円~手堅くつみたて投資が可能
  • LINE証券のアプリが使いやすい
  • LINEアプリから通知が来る

LINE証券の悪い評判
  • 1日の株式の取引回数が多いと手数料が高くつく
  • 取引時に逆指値ができないなど、機能に物足りなさを感じる


LINE証券は、投資初心者でも簡単に始められるよう、LINEアプリで取引ができるスマホ証券。シンプルな画面で操作しやすく、単元未満株のいちかぶで気軽に投資ができるという評価が集まっています。

投資を始めたくても難しそうでなかなか手が出せなかった方は、ぜひLINE証券を試してみてください。

もう一度、LINE証券のおすすめポイントを確認したい場合は、以下のボタンから戻ることが可能です。

LINE証券のおすすめポイントへ戻る

LINE証券の会社概要・取扱商品を紹介

ライン証券の会社概要や商品を紹介します

LINE証券は、通話アプリで有名なLINE株式会社の関係会社であるネット証券です。

ここではLINE証券の会社概要と、取扱商品について紹介します。「通話アプリの会社がネット証券を扱って危険じゃない?」という疑問や「気になっている投資商品があるかどうか知りたい」という方は、ぜひ当章をご覧ください。

野村證券とLINEが共同出資したネット証券

LINE証券株式会社の会社概要は下記のとおりです。

社名 LINE証券株式会社
設立 2018年6月1日
資本金 200億円
株主(持株比率) LINE Financial株式会社:51%
野村ホールディングス株式会社:49%


野村ホールディングス株式会社は、1925年に野村證券として設立し、2022年現在で創業97年の老舗の証券会社。口座数も153万を超え、多くの投資家に親しまれています。

手数料や取扱商品など、LINE証券のサービス情報

LINE証券の取扱商品を一覧表にまとめました。

商品 取扱有無
単元未満株
外国株
IPO
信用取引
ポイント投資
投資信託
ETF(上場)
つみたてNISA
ロボアドバイザー
FX

LINE証券は外国株・一般NISA・ロボアドバイザーは取り扱っていません。

CFDの「いちがぶチャレンジコース」なら、信用取引で外国株の取引は可能です。いちかぶチャレンジコースとは、信用取引のひとつでレバレッジを効かせて株を購入する方法です。

LINE証券が取り扱っている各商品の手数料は、以下の表にまとめました。

取引額 手数料
5万円 55円
10万円 99円
20万円 115円
50万円 275円
100万円 535円
150万円 640円
3,000万円 1,013円
3,000万円超 1,070円
グループA グループB
取引時間 日中・夜間 日中
9:00~11:20
11:30~12:20
12:30~14:50
17:00~21:00
9:00~11:20
12:30~14:50
取引手数料 無料 無料
スプレッド 9:00~11:20
12:30~14:50
0.35%
11:30~12:20
17:00~21:00
前場終値の1%
企業規模 中堅〜大手企業 上場間もない〜中堅企業


詳細は「ネット証券他社と比較した株式投資の特徴」でお伝えしますが、LINE証券の手数料は業界最安級。 LINEアプリでサクサク取引しながら、手数料を抑えられるのは評価ポイントです。

2021年12月からIPOも取り扱い開始

IPO(Initial Public Offering)は、未上場の企業が新たに株式を上場することをいいます。成長性のある企業の株式を上場前に購入でき、将来的な値上がり益を期待できるため人気の投資商品です。

野村證券が主幹事を務めた銘柄のIPOに応募可能。ライン証券のIPO実績は、2021年で11社となっています。



以上、LINE証券の会社・サービス概要を解説しました。

次の章では、「他のネット証券に比べてLINE証券はおすすめなのか?」という視点で、LINE証券の取扱商品の詳細をご紹介します。

LINE証券の口座開設手順へ戻る

LINE証券の株式(いちかぶ)の特徴

ネット証券他社と比較した株式投資の特徴を伝えます

ここではLINE証券の株式投資について、他のネット証券と比較します。

LINE証券の株式投資の特徴は、以下の4つにまとめられます。

LINE証券の良い評判
  • 1株から購入できる
  • 手数料が業界最安級

LINE証券の注意が必要な評判
  • 手数料は取引ごとに発生する
  • 投資サポート体制がAIチャットのみ

LINE証券の評判について、それぞれ確認していきましょう。

いちかぶ取引で、1株から株を購入でき気軽に投資できると評判

通常日本株式の売買は、100株(単元株)ごとに取引する必要があります。最低でも数万円用意する必要があり、有名企業の銘柄を売買したいなら100万円以上かかる場合も。

しかし、LINE証券の「いちかぶ取引」は、1株単位で購入可能。単元未満株の仕組みは、LINE証券が該当の銘柄を単元ごとに一括で購入し、1株単位で顧客に販売します。

LINE証券以外にも、単元未満株を取り扱っているネット証券は10社以上ありますLINE証券の単元未満株は、銘柄を2グループに分けており、それぞれ取引時間と手数料が異なるのが特徴です。

グループAが中堅企業から大手有名企業、グループBが上場まもない企業から中堅企業という振り分けとなっています。グループAの取引手数料は最安0.35%で売買できます。

株主優待は単元株以上の保有が条件ですが、配当金は1株単位で受け取れるので、株式投資の醍醐味である配当益も十分に狙えます。

LINE証券のいちかぶ取引がおすすめの方

  • 投資初心者で1株から株式投資にチャレンジしたい方
  • 初期投資を抑えたい方

取引手数料は業界最安級で、取引ごとに発生

冒頭でお伝えした通り、LINE証券の手数料は業界最安級です。LINE証券と人気ネット証券との比較表は下記のとおり。

〜5万円 〜10万円 〜20万円 〜50万円 〜100万円 〜150万円 〜300万円 〜500万円 〜1000万円 〜3000万円 3000万円〜
LINE証券 55円 99円 115円 275円 535円 640円 1,013円 1,013円 1,013円 1,013円 1,070円
SBI証券 55円 99円 115円 275円 535円 640円 1,013円 1,013円 1,013円 1,013円 1,070円
楽天証券 55円 99円 115円 275円 535円 640円 1,013円 1,013円 1,013円 1,013円 1,070円
マネックス証券 110円 110円 198円 495円 1,100円 1,650円 3,300円 5,500円 11,000円 33,000円
auカブコム証券 55円 99円 115円 275円 535円 1,584円 3,069円 4,059円
CONNECT 16円 33円 165円 330円 660円
PayPay証券 基準価額に0.5%を乗じた金額

上記のように、LINE証券の現物株はどの金額でも比較的割安で取引できます。LINEアプリで気軽に売買しつつ、手数料を安く抑えられるのは嬉しいですね。

一般的な証券会社の手数料は、約定ごとに発生するプラン1日の合計取引金額で変わるプランの2種類あります。LINE証券の手数料は、前者のプランだけ用意されています。

投資サポートの評判はAIチャットのみとマイナス

「どの株式を購入したらいいか分からない」「もっと銘柄分析をしたい」という方は、証券会社のサポートサービスが便利です。

一般的には電話での問い合わせが可能ですが、LINE証券の相談窓口はAIのチャットのみ。電話やメールでの問い合わせはできません。

他のネット証券のサポート体制は下記のとおりです。

各ネット証券のサポート体制
電話 AIチャット 画面共有サービス セミナー
LINE証券
SBI証券
楽天証券
PayPay証券 漫画で銘柄解説
マネックス証券 メール

他のネット証券は、さまざまなセミナーを開催しており、専属のアナリストから知識を学ぶことが可能。セミナーに参加したい方は、他のネット証券の口座開設も併用することをおすすめです。



以上、LINE証券の株式取引について解説しました。続いては、LINE証券の投資信託とつみたてNISAについて他社と比較した内容を紹介します。

LINE証券の口座開設手順へ戻る

ライン証券の投資信託・つみたてNISAの特徴

他社と比較した投資信託とつみたて投資の特徴を伝えます

ここではLINE証券の投資信託・つみたてNISAについて、他のネット証券と比較します。

投資信託とは、運営会社にお金を預けて代わりに運用してもらう金融商品。気軽に分散投資が可能なため、初心者におすすめと言われています。少額からコツコツ積み立てることも可能で、まとまった資金が用意できない方にも始められます。

LINE証券の投資信託の特徴をまとめると、下記のとおりです。

  • メリット:少額から購入できる
  • デメリット:取扱銘柄が比較的少ない

それぞれ確認していきましょう。

つみたてNISA対象銘柄が毎月1,000円から購入可能

LINE証券の投資信託は、つみたてNISA対象の銘柄を厳選して取り扱っています。つみたてNISAとは、対象の投資信託で得た利益が非課税になる国の制度。得た利益を全額回収できるので、資金を効率良く運用できます。

LINE証券の投資信託は、最低1,000円と少額から購入可能。まとまった資金を用意する必要もないので、気軽に資産形成が始められます。

ただ、SBI証券や楽天証券といった主要ネット証券は100円から購入できます。100円から投資信託が購入できるネット証券は以下のとおりです。

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券
  • auカブコム証券
  • 松井証券
  • CONNECT

100円から気軽に投資信託・つみたてNISAを始めたい方は、上記のネット証券会社を選ぶといいでしょう。以下の記事では、投資信託を購入するおすすめネット証券を比較しているので、合わせてご参考ください。

投信おすすめのネット証券を比較する

投資信託の取扱銘柄数が少ないとの評判もある

LINE証券が取り扱っている投資信託は、2022年5月時点で約30銘柄。つみたてNISAに対応した銘柄を厳選していますが、他のネット証券と比較すると少ないのが現状です。

証券会社 取扱銘柄数
LINE証券 30銘柄
SBI証券 2,650銘柄
楽天証券 2,686銘柄
PayPay証券 1499銘柄
マネックス証券 1,218銘柄

豊富ま銘柄から自分に合った銘柄を選びたいなら、LINE証券は少々不便かもしれません。ただ、銘柄数が多すぎると迷ってしまう方は、LINE証券の投資信託の方が始めやすいでしょう。

LINE証券の口座開設手順へ戻る

よくある質問

LINE証券のメリットとデメリットは?

LINE証券のメリットは4つ、デメリットは2つです。

LINE証券のメリット

  • キャンペーンやセールを利用してお得に株式投資ができる
  • 1,000円~手堅くつみたて投資が可能
  • LINE証券のアプリが使いやすい
  • LINEアプリから配当金などの通知が来る

LINE証券のデメリット

  • 1日の株式の取引回数が多いと手数料が高くつく
  • 取引時に逆指値ができないなど、機能に物足りなさを感じる

LINE証券を開設するときの条件は?本人確認は必要?

20歳以上70歳以下で日本国内に居住(日本国籍を持っている)の方であれば口座開設できます。本人確認にマイナンバーが必要です。

LINE証券はFXと仮想通貨に対応している?

FXも仮想通貨も対応しています。

LINE証券はクレジットカードで支払いできる?

LINE Pay経由でもクレジットカードでの入金はできません。

LINE証券は危険?大損するって本当?

LINE証券は、大手証券会社である野村證券と共同して設立された証券会社です。口座管理は徹底しており、セキュリティ面の危険性は比較的低いと言えるでしょう。

危険という噂は、気軽に取引できるため簡単に売却し、損失を出した方の口コミ・評判が多く見受けられるからだと考えられます。少額から取引を始めれば、大損することは基本的にありません。