楽ラップの口コミ・評判!11月最新の運用実績・おすすめできる人を紹介

このページでは、楽ラップのメリット・デメリットを解説し、口コミ・評判・おすすめの人を紹介する記です。

楽ラップは、資産運用に必要な作業をすべてお任せできるロボアドバイザーの一つ。楽天証券の口座があれば、誰でも簡単に始められると口コミで評判です。

口コミ・評判で判明した楽ラップの魅力は、以下の4つにまとめられます。

  • 最低1万円から投資できる
  • 手数料や運用コースが選べる
  • 株式の下落リスクを軽減できる
  • 為替リスクを抑えられる


特徴を踏まえると、楽ラップをおすすめできる人は以下のとおりです。

  • 気軽に資産運用を始めたい初心者
  • 市場の値動きを見ながらロボアドバイザーを使いたい人
  • ロボアドバイザーの為替リスクを抑えたい人


上記に一つでも当てはまる方は、当記事を参考に楽ラップで資産運用を始めるかご検討ください。

楽ラップのリアルな
口コミ・評判はこちら


目次

楽ラップは楽天証券のロボアドサービス

楽ラップのサービス概要(手数料・運用実績)

楽ラップとは、近年人気が急上昇中しているロボアドバイザーの一つ。楽天証券が提供しており、銘柄選定や資産配分の調整(リバランス)など、資産運用に必要な作業を自動でおこなってくれます。

ロボアドバイザーサービスは数多く存在しますが、楽ラップの特徴を簡単にまとめると下記のとおりです。

楽ラップのおすすめ特徴

  • 全9コースからあなたにおすすめの運用コースを提案
  • 入金するだけで長期・積立・分散投資ができる
  • 下落ショックを抑える機能が使える


楽ラップは16つの簡単な質問に答えるだけで、あなたにおすすめの運用コースを提案。運用コースは全部で5つ用意されており、それぞれ運用目的が異なります。

楽ラップ運用コースの一覧

運用するコースが決まったら、あとは入金するだけ。最低1万円から始められ、あらかじめ設定した金額を毎月自動的に積立してくれます。知識・経験が少ない投資初心者でも、本格的な長期・積立・分散投資が可能です。

また、保守型を除いた各コースには「下落ショック軽減機能(DRC)」が利用可能。コロナショックやウクライナ侵攻など、市場が不安定になった場合の下落リスクを抑えてくれます。

下落ショック軽減機能(DRC)の概要図

このように、楽ラップは投資初心者でも安心して将来の資産を築く機能が揃っています。これから資産運用をしたい方で、楽天証券でロボアドバイザーを始めたい方におすすめです。

サービス名 楽ラップ
運営会社 楽天証券株式会社
最低投資金額 1万円
積立金額 1万円以上1円単位
積立頻度 毎月(10日・25日)
運用商品 投資信託(18銘柄)
運用スタイル 5通り
入金手数料 無料※銀行振込は各金融機関の手数料が発生
出金手数料 無料
運用手数料 固定報酬型:最大0.97%
成果報酬型:最大0.86%+運用益の5.5%

手数料(コスト)は固定型と成果型の2種類

楽ラップは完全お任せの資産運用サービスなので、利用するには一定の手数料が発生します。

楽ラップの手数料体系は、固定報酬型と成果報酬型の2種類。一般的なロボアドバイザーは固定報酬がほとんどですが、楽ラップはご自身の運用スタイルに応じて、手数料コースを選ぶことが可能です。

固定報酬型の手数料は、一律0.715%。成果報酬型の手数料は0.605%に加えて運用益の5.5%が上乗せされます。

楽ラップの手数料体系

運用利回りが2%を超えると、固定報酬型の方がお手頃となります。先ほどご紹介した運用利回りを踏まえると、楽ラップは比較的簡単に2%を超えるので、基本的には固定報酬型を選ぶのがおすすめ。実際、楽ラップ利用者の85%が固定報酬型で運用中です。

固定報酬型と成果報酬型の分岐点のグラフ

また、楽ラップは利用手数料に加えて、運用する投資信託(ファンド)の費用が発生します。費用はファンドによって異なり、最大0.255%です。

したがって、実際の手数料は固定報酬型が最大0.97%、成果報酬型は最大0.86%+成果報酬となります。

例えば、楽ラップで100万円を運用して10万円の利益が出た場合、固定報酬型は最大97010,670円、成果報酬型は14,960円となります。

一般的なロボアドバイザーの手数料は1.1%なので、楽ラップの手数料は比較的安いことがわかります。ロボアドバイザーの費用を抑えたい方にとっては、1%を切っている楽ラップがおすすめです。

楽ラップの口コミ・評判へ移動する

最新運用実績を公開!

楽ラップは資産運用に必要な作業をすべてお任せできるサービスですが、しっかり利益が出ているか気になりますよね。

楽ラップでは、投資家が安心して利用できるために、各コースの運用実績を毎月公開しています。楽ラップ公式サイトによると、2022年10末時点の運用実績は下記のとおりです。

ファンド 1カ月 3カ月 6カ月 1年 3年 設定来
保守型 1.33% -4.32% -4.51% -7.81% 0.21% 11.53%
やや保守型 2.28% -3.65% -3.85% -6.97% 5.48% 24.48%
やや積極型 3.12% -2.86% -3.17% -6.10% 10.18% 38.28%
積極型 4.02% -2.14% -2.53% -5.51% 13.79% 51.73%
かなり積極型 5.19% -1.18% -1.69% -4.79% 17.96% 64.40%
全コース平均 3.19% -2.83% -3.15% -6.24% 9.52% 38.08%

公式サイトの運用実績をまとめると、設定来の実績はどのコースも一定以上の利回りを出しています。とくに、積極型とかなり積極型は50%以上の利回りとなっています。

ただ、直近3〜6カ月の実績はマイナスとなっています。現状、楽ラップの運用実績は、短期的には良い結果を出せていない印象です。

しかし、楽ラップは長期・積立・分散投資を前提として利用します。実際の運用利回りは、始めるタイミングや積立金額で利用者によって異なるので、公式サイトの運用実績はあくまで参考程度で見ておくといいでしょう。

実績重視ならFOLIO ROBO PROがおすすめ!

FOLIO ROBO PROロゴ画像

もしロボアドバイザーの実績を重視したい方は、FOLIO ROBO PROが断然おすすめです。

FOLIO ROBO PROはAIを活用して運用するロボアドバイザーです。AIが相場の動きを分析し、都度ポートフォリオを柔軟に変えることでリターンの最大化を目指します。

サービス開始からわずか2年半(2020年1月15日〜2022年7月末)で、+41%という驚異的な運用実績を叩き出しています。高い運用実績を誇りながらも、手数料はウェルスナビと同じ1.1%です。

FOLIO ROBO PROの詳細は以下の記事でまとめています。FOLIO ROBO PROについて詳しく知りたい方は、ぜひご参考ください。

FOLIO ROBO PROの詳細情報はこちら

口コミ・評判でわかった楽ラップ5つのメリット

口コミ・評判でわかった楽ラップのメリット

楽ラップの口コミ・評判を調査した結果、以下5つのメリットがあることがわかりました。

楽ラップのメリット一覧

  1. 最低1万円から少額で積立投資が可能
  2. 楽天証券の口座で始められる
  3. 手数料が比較的安い
  4. 株式の下落ショックを抑える機能が使える
  5. 投資信託(ファンド)を運用するので為替リスクが低い


上記のメリットを把握しておくと、楽ラップの魅力が理解できるでしょう。では、一つずつ解説していきます。

①最低1万円から少額で積立投資が可能

楽ラップは、最低1万円から利用可能です。WealthNavi(ウェルスナビ)やTHEO(テオ)など、一般的なロボアドバイザーは投資金額が10万円から。楽ラップの方が、気軽に資産運用を始められます。

毎月の積立金額も、1万円から1円単位で設定可能。楽天銀行と連携すれば、銀行口座から自動的に楽ラップへ入金してくれるので、基本的にほったらかしで運用できます。

②楽天証券の口座で始められる

楽ラップは、総合ネット証券として口コミで評判がある楽天証券のサービスです。楽ラップ以外にも、株式や投資信託といった金融商品の取引が一つの証券口座でおこなえます。

楽ラップを利用しながら他の金融商品の同時に取引もできるので、保有資産の一括管理が可能。将来的に、ロボアドバイザー以外の金融商品も取引したい方は、楽ラップが利用できる楽天証券がおすすめです。

③手数料が比較的安い

楽ラップは、一般的なロボアドバイザーと比べて手数料が安いと口コミで評判です。多くのロボアドバイザーの手数料は1%ですが、楽ラップの固定報酬型は最大0.97%となっています。

差額が0.03%なので、一見そこまで安くはないと思うでしょう。しかし、ロボアドバイザーは長期的な運用を想定したサービス。時間をかけて資産を築いてくため、少しでも手数料を抑えることは非常に重要です。

手数料が安いとその分運用資金に回せるので、より大きな利回りが期待できます。ロボアドバイザーを利用しつつ極力手数料を抑えたい方は、楽ラップがおすすめです。

④株式の下落ショックを抑える機能が使える

楽ラップには、株式の下落リスクを抑えてくれる「DRC(下落ショック軽減)機能」が用意されています。楽ラップのDRC機能を利用すると、市場が不安定になった際、下落の幅を抑えることが期待できます。

一方、市場が好調で順調に値上がりしている状態では、その恩恵を十分に受け取れない可能性があります。つまり、DRC機能は市場の値動きの影響を受けにくくする機能ということ。

固定報酬型と成果報酬型の分岐点のグラフ

DRC機能の切り替えは、毎月1回まで変更が可能。損失を抑えつつより大きな利益を狙いたい方は、市場の様子を見ながらDRC機能を利用するのがおすすめです。

⑤投資信託(ファンド)を運用するので為替リスクが低い

楽ラップの投資対象は、国内18銘柄の投資信託です。投資信託は日本円で取引するため、為替リスクを抑えるメリットがあります。

一般的なロボアドバイザーは、海外ETF(上場投資信託)に投資します。海外EFTは外貨で取引するため、為替リスクは避けられません。

運用利が出ているとしても、為替相場の影響で最終的には損失が出る可能性があります。そのため、為替リスクを避けたい方からすると、楽ラップは安心して利用できるおすすめのロボアドバイザーといえます。

\最低1万円から始められる/

楽ラップの始め方へ進む

始める前に知っておきたいデメリット

楽ラップのデメリット

楽ラップには、投資初心者にうれしいメリットが数多くある一方、以下のようなデメリットも存在します。

楽ラップのデメリット

  1. 元本保証ではない
  2. 短期的な利益は期待できない
  3. NISA・iDeCoは利用できない
  4. 費用が高くなる可能性がある
  5. スマホアプリで運用管理ができない


上記のデメリットを理解しておけば、楽ラップを始めて損したと後悔することはありません。自分は楽ラップを始めるべきか判断するためにも、一つずつ見ていきましょう。

①元本保証ではない

楽ラップはすべてお任せで資産運用してくれるサービスですが、元本保証ではありません。損失が発生する可能性があり、場合によっては元本割れが起こる可能性もあります。

元本保証がないことは、あらゆる資産運用でいえるデメリットです。ただ、楽ラップを含めたロボアドバイザーは、長期的に運用することが前提です。一時的に損失が出たとしても、価格が回復する可能性はあります。

実際、コロナショックで一時期大きく下落しましたが、半年も経たずに元の水準まで回復し、その後も順調に増加しています。

楽ラップのコロナショック後の運用実績

損失が出たとしても、焦らずコツコツ運用を続ければ、より大きなリターンが期待できるでしょう。

②短期的な利益は期待できない

先ほど述べたように、楽ラップを含めたロボアドバイザーは、長期的な運用が前提のサービスです。そのため、FXのように短期間で大きな利益を狙うことは期待できません。

逆に時間をかけてコツコツ積立投資をすれば、より大きなリターンを得られる可能性があります。リスクを抑えつつ、将来の資産を築きたい方は、楽ラップを運用するのがおすすめです。

③NISA・iDeCoは利用できない

楽ラップは、NISA・iDeCoの非課税枠に対応していません。楽ラップで利益を得たら、一律20.315%の納税が必要です。

投資で利益を得たら確定申告が必要ですが、楽天証券の特定口座を開設すれば、納税の手続きは楽天証券が行ってくれます。

もし、どうしてもロボアドバイザーでNISAを利用したい方は、WealthNaviの「おまかせNISA」が口コミで評判です。詳細は以下の記事で解説しているので、おまかせNISAが気になる方は、ぜひご参考ください。

おまかせNISAを利用する!
WealthNaviの詳細はこちら


④費用が高くなる可能性がある

楽ラップの手数料は固定報酬型と成果報酬型の2種類用意されており、一度設定してしまうと1年間は変更ができません。

とくに成果報酬型は、運用利益が大きいほど手数料が増加するため、場合によっては他のロボアドバイザーよりも割高になる可能性があります。

具体的な費用は固定報酬型は最大0.97%で、成果報酬型は最大0.86%+運用益の5.5%。運用益が2%を超えると、固定報酬型の方が割安となります。

固定報酬型と成果報酬型の分岐点のグラフ

したがって、楽ラップの手数料は基本的に固定報酬型がおすすめ。実際、楽ラップ公式サイトによると、利用者の85%が固定報酬型を選んでいます。口コミでも、固定報酬型の方が安く抑えられると評判です。

⑤スマホアプリで運用管理ができない

楽ラップには、WealthNaviやTHEOのように専用のスマホアプリが用意されていません。楽ラップの運用実績や資産配分(ポートフォリオ)を確認するには、ブラウザで楽天証券へのアクセスが必要です。スマートフォンで簡単に運用実績を確認できず、少し利便性が低いといえます。

ただ、楽天証券のスマホアプリ「iSPEED」なら、簡単な運用実績が確認可能です。株式や投資信託も同時に確認できるので、楽天証券で他の資産も保有するなら、そこまで不便ではないでしょう。

楽ラップをおすすめできる人を紹介

楽ラップをおすすめできる人

楽ラップのメリット・デメリットを踏まえると、以下のような人に楽ラップはおすすめできます。

楽ラップをおすすめできる人

  1. 楽天証券の商品と一緒に運用したい人
  2. 市場の値動きを見ながらロボアドバイザーを使いたい人
  3. ロボアドバイザーの為替リスクを抑えたい人


上記で一つでも当てはまる方は、ぜひ楽ラップの利用を検討してみてください。

①楽天証券の商品と一緒に運用したい人

楽ラップは、楽天証券の商品を取引しつつ、同時にロボアドバイザーも利用したい人におすすめです。

他のロボアドバイザーと違い、楽天証券の総合証券口座を持っていれば、すぐに利用できます。最低投資金額は1万円と、他のロボアドバイザーよりも比較的安価で始められます。

コツコツ資産を形成できるので、楽ラップで将来の資産を築きつつ、株式やFXで積極的な投資をすることも可能です。

②市場の値動きを見ながらロボアドバイザーを使いたい人

楽ラップには下落ショック軽減(DRC)機能が用意されており、毎月1回まで切り替えが可能です。市場の動きに合わせてDRC機能を活用すれば、損失を抑えつつ、より大きなリターンが期待できます。

ロボアドバイザーは、資産運用に必要な作業をすべてお任せできます。逆に言えば、自ら手を付けることが一切できません。

しかし、楽ラップのDRC機能を使えば、市場の様子を見ながらある程度の調整が可能です。

ロボアドバイザーを利用したいけど全部任せるのでは少し物足りない方は、楽ラップを利用してみてはいかがでしょうか。

③ロボアドバイザーの為替リスクを抑えたい人

楽ラップの投資対象は、18銘柄の国内投資信託です。投資信託は日本円で取引するため、為替リスクによる損失を抑えられます。

一般的なロボアドバイザーは海外ETF(上場投資信託)に投資するため、為替リスクは避けられません。運用で利益が出たとしても、円高の影響で最終的に損する可能性があります。

そのため、為替リスクを抑えつつロボアドバイザーを利用したい方は、投資信託に投資する楽ラップがおすすめです。

楽ラップの申し込み方法へ移動する

では、実際にウェルスナビを利用しているユーザーからはどのような評判・口コミが出ているのでしょうか?次章では評判・口コミを確認しましょう。

リアルな口コミ・評判を徹底解説!

楽ラップの口コミ・評判 ここまで楽ラップのメリット・デメリットを解説し、おすすめの人を紹介しました。ただ、楽ラップの魅力が理解できたとしも、実際の利用者の評判が気になりますよね。

そこで、この章では楽ラップの評判を徹底調査し、気になる口コミを掲載しています。楽ラップのリアルな評判が知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

















以上が、楽ラップのリアルな口コミ・評判です。時期によって利益が出ている口コミもあれば、損失が出た口コミも見受けられました。現状満足している評判もあれば、思うような実績が出ず解約した評判もあります。

口コミ・評判の調査結果としては、楽ラップを始めるタイミングや運用金額によって、実際の評判は大きく変わるといえます。

楽ラップは、将来のリターンは保証できませんが、気軽に資産運用を始められるサービスであることは間違いありません。口コミ・評判を参考に、ぜひ楽ラップを始めるか、ご検討ください。

楽ラップを始める3STEP

楽ラップを始める3STEP 最後にロボアドバイザー楽ラップを始める方法をご紹介します。具体的な流れは、以下の3STEPです。

  1. 楽天証券の公式サイトで口座開設する
  2. 質問に回答して運用コースを決める
  3. 投資金額と手数料コースを選択して発注


順番に、図解を交えながら解説していきますね。

STEP①楽天証券の公式サイトで口座開設する

まずは楽天証券の総合証券口座を開設します。楽天証券の公式サイトへアクセスして、申し込み手続きをしましょう。

口座開設の流れはいたって簡単。最短5分で申し込みが完了します。楽天会員ではない方は、同時に楽天会員の登録もできるのでご安心ください。

楽天証券の口座開設の画面

スマートフォンによる本人確認で申し込みすれば、最短翌営業日から取引可能です。

STEP②質問に回答して運用コースを決める

楽天証券の口座開設が完了したら、会員ページでログインし「楽ラップ」を選択します。

楽ラップのメニュー画面

そのまま「運用コース診断」をタップし、16つの質問に回答します。質問は性別(男性・女性)や投資経験など、どれも簡単な内容です。

楽ラップ質問内容の一例

質問に回答したら、あなたに最も適した運用コースが提案されます。運用コースに問題がなければ、そのまま注文画面へ進みましょう。

楽ラップ運用コースの提案結果

STEP③投資金額と手数料コースを選択して発注

最後に、楽ラップの投資金額と手数料コースを選択します。

投資金額は、初期金額と毎月の積立金額を設定してください。最低1万円から1円単位で決められます。金額が決まったら積立指定日を選択し、手数料コースを選びましょう。基本的には、固定報酬型が問題ありません。

楽ラップの注文画面

楽ラップの注文内容が決まったら、各種契約内容を確認して発注すれば完了です。

どなたでも簡単に始められるので、ぜひ楽ラップで将来の資産形成を始めてみてください。

\最短5分で完了!/

楽天証券口座で楽ラップを始める

口コミ・評判のまとめとよくある質問

楽ラップのまとめ・よくある質問

当記事は、楽ラップの口コミ・評判からわかったメリット・デメリットを踏まえ、おすすめの人を紹介しました。

最後に、楽ラップの特徴を簡単にまとめておきます。

  • 最低1万円から投資できる
  • 初期金額・積立金額ともに1万円から投資できるため、少額で気軽に始められる。楽天銀行と連携すれば、毎月自動で銀行口座から入金可能。
  • 手数料は2コースから選べる
  • 固定報酬型と成果報酬型の2種類から選択可能。固定報酬型の手数料は最大0.97%とロボアドバイザーのなかでは最安レベル。
  • 株式の下落リスクを軽減できる
  • 株式の配分率を自動的に下げて市場の影響を抑える「下落ショック軽減(DRC)機能」が利用可能。切り替え手続きは毎月1回まで設定できる。
  • 為替リスクを抑えられる
  • 一般的なロボアドバイザーは海外ETFに投資するが、楽ラップの投資対象は国内18銘柄の投資信託。日本円で取引するため、為替リスクを抑えられる。


以上の特徴を踏まえると、楽ラップをおすすめできる人は以下のとおりです。

  • 気軽に資産運用を始めたい初心者
  • 市場の値動きを見ながらロボアドバイザーを使いたい人
  • ロボアドバイザーの為替リスクを抑えたい人


ロボアドバイザーは数多く存在しますが、上記に当てはまる人は楽ラップでの資産運用がおすすめ。楽ラップを管理する楽天証券は、最短5分で手続きが完了するので、誰でも簡単に申し込めます。

すべてお任せ運用できる楽ラップで、ぜひ資産運用を始めてみてください。

最短5分で開始!
楽ラップの始め方へ戻る


以降は、楽ラップのよくある質問をまとめています。楽ラップの詳細情報が知りたい方は、合わせてご参考ください。

ウェルスナビとの違いは?どっちが良い?

口コミ・評判で人気No1のロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」は、楽ラップと同じようにお任せで資産運用ができるサービスです。

楽ラップとウェルスナビの違いを、以下の表にまとめてみました。


楽ラップ WealthNavi
運営会社 楽天証券株式会社 ウェルスナビ株式会社
預かり資産 980億円※2021年6月時点 6,000億円※2021年9月時点
口座開設数 700口座※2021年12月時点 30万口座※2021年9月時点
最低投資金額 1万円 10万円
積立金額 1万円以上1円単位 1万円以上
積立頻度 月1回 月1〜5回
運用金融商品 投資信託 海外ETF
運用銘柄数 18銘柄 7銘柄
運用パターン 5通り 5通り
入金手数料 無料
※銀行振込は各金融機関の手数料が発生
無料
※銀行振込は各金融機関の手数料が発生
運用手数料 固定報酬型:最大0.97%
 成果報酬型:最大0.86%+運用益5.5%
0.99〜1.1%
出金手数料 無料 無料
自動リバランス 3ヵ月ごと
6ヵ月ごと
下落リスク対策 ×
NISA対応 ×
税金対策 ×


ウェルスナビは海外ETFに対して、最低10万円から投資可能。税負担軽減機能が搭載されており、おまかせNISAで運用すれば運用益を非課税にできます。

楽ラップは国内の投資信託に対して、1万円から投資できます。任意で下落ショック軽減機能が利用できるため、市場の動きに合わせて運用方法の切り替えも可能です。

ウェルスナビの詳細情報が知りたい方は、以下のリンクをご参考ください。

WealthNaviの詳細はこちら

運用コースは変更できる?

楽ラップの運用コースは、運用開始日の翌々月から手続きできます。変更申請は、月1回までです。

ただし、積立金額・増額・減額いずれかの変更手続きをすると、運用コースの変更はできません。

確定申告は必要?

特定口座(源泉徴収あり)で運用すれば、楽ラップの確定申告は不要です。楽天証券が納税の手続きを行ってくれます。

特定口座(源泉徴収なし)や一般口座で運用すると、ご自身で確定申告をおこなう必要があります。

解約方法が知りたい

楽ラップの解約方法は楽天証券の会員ページから、楽ラップのメニューへアクセスすれば手続き可能です。

解約申し込み後、約10営業日以内に楽天証券の総合口座へ振り込まれます。