SBI証券のクレジットカード積立がおすすめ!お得にポイントが貯まる

クレジットカードで積立投資をしながら、ポイントが貯まる「クレカ積立」。証券会社各社がサービスを提供していますが、SBI証券のクレカ積立なら、お得に資産運用ができると注目が集まっています。

SBI証券のクレカ積立は、対象の三井住友カードのクレジットカード決済で積立投資をおこなうと金額に応じてVポイントがもらえる仕組みです。

本記事ではSBI証券のクレカ積立の基本情報を紹介した上で、メリット、デメリットについて解説します。さらにクレカ積立の設定方法や、積立に利用するのにおすすめのカードも合わせて紹介します。

記事の最後には、キャンペーンお得な最新についても紹介します。これから積立投資を始めたい方やSBI証券のクレカ積立に興味のある方は必見です!

目次

SBI証券のクレカ積立とは?サービス概要や対象カードを解説

SBI証券のサービス概要や対象クレジットカードなど基本情報を解説します

SBI証券のクレカ積立とはどのようなサービスなんでしょうか?サービス概要や対象のクレジットカードの種類について紹介します。

投信信託をお得に積立!SBI証券のクレカ積立のサービス概要を紹介

SBI証券のクレカ積立について下表にまとめましたので、ご覧ください。

サービスのポイント ①投資信託積立をクレジットカードで決済できる(上限5万円/月まで)
②積立金額に応じて、最大2%のVポイントがもらえる
毎月の積立金額 100円~50,000円
※積立金額は1円単位で設定が可能
積立に利用できる
クレジットカード
三井住友カード
東急カード
タカシマヤカード
投信買付日 毎月1日
カード支払日 毎月10日または26日
対象口座 特定口座
一般口座
NISA口座(つみたてNISA)
※ジュニアNISAを除く
対象銘柄 投資信託


SBI証券のクレカ積立とは、投信積立を毎月5万円を上限にクレジットカードで決済できるサービスです。積立金額に応じてVポイントを最大2%獲得できるため、口座引き落としでの積立よりお得に資産運用ができます。また、毎月の積立金額はなんと最低100円からと少額でも資産運用を始めることが可能です。

スケジュールはクレカ積立を毎月10日までに設定すると、翌月1日から買付が開始されます。カードの引き落としは翌月10日または26日を選択できます。

SBI証券のクレカ積立はNISA口座も利用可能。ただし、ジュニアNISAはクレカ積立の対象外となっています。

なお、クレカ積立の対象銘柄は、積立投資が可能な投資信託全てです。

SBI証券のクレカ積立なら、Vポイントをもらいながらお得に資産運用ができます。少額から投資可能であり、NISA口座も利用できるため、積立投資をこれから始めたい方におすすめのサービスです。

SBI証券のクレカ積立への
お申し込みは公式サイトへ


対象のクレジットカードを紹介

続いて、SBI証券のクレカ積立に利用できるクレジットカードについて紹介します。下表に対象カードを掲載しましたので、確認しましょう。

ポイント付与率 対象カード
2.00% 三井住友カード プラチナ Visa/ Mastercard®
三井住友カード プラチナ PA-TYPE Visa/ Mastercard®︎
三井住友ビジネスプラチナカード for Owners(Visa/ Mastercard®︎)
三井住友カード プラチナプリファード
1.00% 三井住友カード ゴールド(NL)
三井住友カード ゴールド Visa/ Mastercard®︎
三井住友カード ゴールド PA-TYPE Visa/ Mastercard®︎
三井住友カード プライムゴールドVisa/ Mastercard®︎
三井住友カードゴールドVisa(SMBC)
三井住友カードプライムゴールドVisa(SMBC)
三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド Visa
三井住友ビジネスゴールドカード for Owners(Visa/ Mastercard®︎)
三井住友銀行キャッシュカード一体型カード (ゴールド/プライムゴールド)
0.50% 三井住友カード(NL)
上記以外のVポイントが貯まるカード

引用:SBI証券公式ホームページ(https://go.sbisec.co.jp/lp/sbixsmbc_220104.html)2022/3/1

SBI証券のクレカ積立に利用できるクレジットカードは、カード会社最大手の三井住友カード。その中でも、上表に記載されているクレジットカードが対象です。

対象外のカードとしては、家族カードや法人カード、Vポイント以外のポイントが貯まる仕様のクレジットカードなどが挙げられます。SBI証券のクレカ積立を始める際は、対象クレジットカードを持っておきましょう。

次に、SBI証券のクレカ積立の5つのメリットについて、詳しく紹介します。

初心者にもおすすめ!4つのメリットを紹介

クレカ積立のおすすめの理由をお伝えします

SBI証券のクレカ積立には3つのメリットがあります。

SBI証券のクレカ積立メリット一覧

  1. クレカ払いでVポイントが貯まる!
  2. 手間いらず!カード登録で入金作業が不要に
  3. 初心者でも安心!少額から投資が可能
  4. つみたてNISAを利用できる!一部ETFも購入可能
  5. 貯まったVポイントも投資信託が買える



一つずつ、詳しく見ていきましょう。

①Vポイント還元率が最大2%

SBI証券のクレカ積立は、三井住友カード発行のクレジットカード決済で積み立てることでVポイントを貯められます。しかも、日常の買い物などでクレジットカード決済する時より、高い還元率のポイントを獲得可能です。

還元率はカードによって異なり、プラチナレベルのクレジットカードが2%、ゴールドレベルのクレジットカードが1%、 それ以外のカードが0.5%です。

SBI証券のクレカ積立は毎月最大50,000円まで積立可能。プラチナカードの場合、年間最大12,000円(50,000円×2%×12か月)相当のポイント獲得できます。

②やり方が簡単!カード登録で入金が不要

積立投資を証券口座からの引き落としでおこなう場合、資金の入金を忘れてしまうとその月の投信の買い付けができません。

SBI証券のクレカ積立を利用すれば、買い物など日常のクレジットカード決済と同じタイミングで、口座からの引き落としになります。

クレジットカードで積立設定をすれば、毎回証券口座への入金も不要で、ほったらかしで運用が可能です。

③初心者でも安心!少額から投資が可能

SBI証券のクレカ積立は毎月最低100円から投資が可能。積立金額は毎月100円から50,000円まで1円単位で選択できるので、少額から気軽に始められるのが魅力です。

そのため、「まずは少ない金額で積立投資をスタートしたい」という投資初心におすすめ。積立金額は設定後も変更できますので、投資について理解を深めたら金額を増やすのも一手です。

また、SBI証券が取り扱う投資信託は、すべて買付手数料が無料。費用を気にせず、コツコツを積立投資ができます。

④つみたてNISAを利用できる!一部ETFも購入可能

SBI証券のクレカ積立は一般口座や特定口座だけではなく、NISA口座(つみたてNISA)でも利用可能です。
Vポイントがもらえるだけでなく、つみたてNISAを利用すれば節税効果もあります。なお、つみたてNISAの場合、非課税枠は年間で最大40万円ですので月の積立金額を33,333円以下で設定する必要があります。

また、SBI証券のクレカ積立は積立投資が可能な全ての銘柄を購入できますので、一部のETF(上場投資信託)も購入が可能です。

SBI証券のクレカ積立のメリットについての紹介は以上です。Vポイントが獲得できるほか、少額から積立投資ができるなど5つのメリットがあります。

一方、SBI証券のクレカ積立にはいくつか注意すべき点があります。次ではクレカ積立の注意点について解説します。

⑤貯まったVポイントも投資信託が買える(Tポイントも可)

三井住友カードの決済で貯まったVポイントは、なんと投資信託の購入で使えます。もちろんクレカ積立で貯まったVポイントも利用可能です。

1ポイント=1円として、1ポイントから利用できます。SBI証券の投資信託は、最低100円から購入できるので、Vポイントだけで刀子することも可能です。

Vポイントだけでなく、Tポイント・dポイント・Pontaポイントも投資信託の購入で使えます。ただし、投資できるポイントは1種類のみで、同時に複数種類のポイント投資はできません。

注意点あり!デメリットについて確認

SBI証券のクレジットカード積立のデメリットをお伝えします

SBI証券のクレカ積立には3つの注意点があります。

SBI証券のクレカ積立デメリット一覧

  1. 積立額は三井住友カード年会費無料特典の対象条件金額には入らない
  2. 毎月の商品買付のタイミングは指定できない



一つずつ確認していきます。

積立額は三井住友カード年会費無料特典の対象外

SBIクレカ積立2つ目の注意点は、クレカ積立の買付金額が三井住友カードの特典対象外であることです。

三井住友カードはクレジットカード利用金額に応じた特典が設けられています。しかし、SBI証券のクレカ積立の金額は、その特典を受けるための利用金額の対象外です。

例えば三井住友カードゴールド(NL)だと、年間利用額が100万円を超えると、以降の年間費が永年無料になり、10,000ポイント受け取れる特典が付いています。

上記の特典を受ける場合、SBIのクレカ積立額を除いて100万円以上利用する必要があります。特典を受けたいなら、三井住友カードの利用金額に注意しましょう。

毎日・毎週・毎月と買付のタイミングは指定できない

SBIクレカ積立の3つ目の注意点は、毎月の商品買付のタイミングを指定できないことです。

SBI証券で投信を積立する場合、買い付けタイミングは毎日・毎週・毎月の3パターンから選べます。しかし、クレカ積立の場合は商品の買い付けは毎月1日と指定されており、買付日を選ぶことはできません。

また、積立の設定は毎月10日までおこなう必要があり、それ以降だと翌々月からの買付となります。

相場の状況などに合わせて、積立額や買付日を変更したい方には不向きな仕様ですので、ご注意ください。


SBI証券のクレカ積立の注意点の解説は以上です。続いては、SBI証券のクレジットカード積立の設定方法を紹介します

SBI証券のクレジットカード積立を始める方法

クレカ積立の方法を紹介します

ここからは、SBI証券のクレジットカード積立の設定方法について紹介します。

SBI証券のクレカ積立を始めるには、「三井住友カードの登録」「積立設定」の2ステップが必要です。まずは、「三井住友カードの登録」から手順を紹介します。

三井住友カードの登録手順

  1. SBI証券公式サイトより三井住友カードの登録画面にアクセス
  2. SBI証券公式サイトにログインします。
    公式サイト上のメニューから「取引」をクリック後、「投資信託」→「投信(積立買付)」→「クレジットカード」→「登録する」の順番で進んで三井住友カードのクレジットカードを登録画面にアクセスします。

  3. クレジットカード登録手続き
  4. PDFで各種規約を確認後、チェックボックスをクリックします、その後取引パスワードを入力し、クレジットカードを登録します。

  5. Vpassへログイン
  6. 三井住友カードの会員サイト「Vpass」にログインします。未登録の方は、Vpass登録をクリックし登録する必要があります。

  7. 積立設定するクレジットカードを確認
  8. SBI証券のクレカ積立に利用するクレジットカードを確認します。

    その後「次へ進む」をクリックすると、 「サービスへの同意」画面に移ります。画面内容をよく確認した後に「同意する」をクリックしましょう。

  9. クレジットカード番号の入力
  10. クレジットカード番号を入力しましょう。「クレジットカードのご登録が完了しました」と表示されれば、「三井住友カードの登録」は完了です。


続いては、2ステップ目の「積立設定」の流れを紹介します。

積立設定の手順

  1. 投信の選択
  2. 積立設定をしたい投資信託を選択する方法は複数あります。

     公式サイト上のメニューから「投信」を選択し、銘柄検索やランキングなどで積立したい投信選びましょう。銘柄名をクリックすると詳細情報ページへ進みます。

  3. 買付ボタンをクリック
  4. チャートなどが記載されている投信の詳細情報ページにある積立買付をクリック。

    つみたてNISAを利用したい場合は「つみたてNISA買付」を選択してください。

  5. 注文入力
  6. 注文画面に移ったら、決済方法「クレジットカード」を選び、毎月の積立金額を設定します。

    選択や入力が完了したら、目論見書や積立設定の内容を確認し、取引パスワードを入力したらクレカ積立の設定は完了です。買付日が来ると、積立が始まります。

クレカ積立におすすめのカードはある?おすすめの三井住友カードを紹介

SBI証券の積立投資におすすめのクレジットカードを紹介します

SBI証券のクレカ積立には三井住友カードが必要です。せっかくなら、少しでもお得になる三井住友カードで積立投資を始めたいですよね。

これからSBI証券でクレカ積立を始めたいなら、以下の三井住友カードがおすすめです。

おすすめのクレジットカード一覧

  1. 三井住友カードプラチナ
  2. 三井住友カードゴールド(NL)
  3. 三井住友カード(NL)


上記の三井住友カードは、特典や年会費が違うため、おすすめできる人も異なります。一つずつ、チェックしていきましょう。

豊富な特典!三井住友カードプラチナ

三井住友カードプラチナ

クレジットカード名 三井住友カード プラチナ
クレジットカードランク プラチナ
クレカ積立還元率 2.0%
通常還元率 0.5%
※6か月で50万円以上利用した場合は実質1.0%
年会費 55,000円
おすすめポイント ・コンシェルジュサービスやグルメ優待など特典多数
・利用金額に応じて実質ポイント還元率がアップ

まず紹介するのは、三井住友カード プラチナです。クレカ積立で2%ものポイントを獲得できます。コンシェルジュサービスやグルメ優待、旅行保険などの特典や付帯サービスが充実しているクレジットカードです。

また、ボーナスポイント制度など利用金額が多いほどポイント還元率も高くなるので、年間150~200万円以上クレジットカード決済を利用する方や幅広い付帯サービスや特典を受けたい方におすすめです。

三井住友カードプラチナへの
お申し込みは公式サイトへ


年間100万円以上利用される方向け!三井住友カードゴールド(NL)

三井住友カードゴールドNL

クレジットカード名 三井住友カード ゴールド(NL)
クレジットカードランク ゴールド
クレカ積立 ポイント還元率 1.0%
通常利用 還元率 0.5%
年会費 5,500円
おすすめポイント ・年間100万円以上利用で翌年以降年会費永年無料
・年間100万円以上利用で10,000Vポイント獲得

三井住友カード ゴールド(NL)はクレカ積立で1.0%のVポイントを獲得できます。通常利用時のポイント還元率は0.5%ですので、クレカ積立時はそれを上回るポイント還元を受けられます。

年間100万円以上利用すると、翌年以降年会費が永年無料になる上、10,000Vポイントを獲得できる仕組みになっています!このクレジットカードは年間100万円以上利用する方におすすめです。

三井住友カードゴールド(NL)への
お申し込みは公式サイトへ


年会費無料!三井住友カード(NL)

三井住友カードNL

クレジットカード名 三井住友カード(NL)
クレジットカードランク 一般カード
クレカ積立 ポイント還元率 0.5%
通常利用 還元率 0.5%
年会費 無料
おすすめポイント ・無条件で年会費無料
・大手コンビニやマクドナルドで最大10%還元

三井住友カード(NL)はクレカ積立で0.5%のVポイントが獲得できます。また、無条件で年会費が永年無料になり、即時発行も可能です。クレカ積立用にすぐにクレジットカードを作りたい方におすすめです。

また、通常利用時のポイント還元率は0.5%ですが、セブンイレブンなどの大手コンビニエンスストアやマクドナルドでの利用時に最大10%還元されますので、コンビニなどを頻繫に利用される方にもおすすめのクレジットカードです。

三井住友カード(NL)への
お申し込みは公式サイトへ


SBI証券のクレカ積立に使える三井住友カードの紹介は以上です。最後におさらいとして本記事のポイントを確認します。

まとめ

本記事ではSBI証券のクレカ積立について紹介してきました。

SBI証券のクレカ積立は投資信託積立を上限50,000円/月 までクレジットカードで決済できるサービスで、ポイントが獲得しながらお得に資産運用が可能です。

まとめ
SBI証券のクレカ積立のメリット
  • 積立金額に応じて、最大2%のVポイントがもらえる
  • 証券口座への積立金の入金が不要に
  • 少額(最低100円)から投資が可能
  • つみたてNISAも利用可能

SBI証券のクレカ積立の注意点
  • 2022年4月現在ではVポイントを使った投資はできない
  • 積立額は三井住友カード年会費無料特典の対象金額に入らない
  • 毎月の商品買付のタイミングを指定できない

SBI証券のクレカ積立でポイントを貯めながら、お得に資産運用を始めてみましょう!

SBI証券のクレカ積立への
お申し込みは公式サイトへ


SBI証券のクレジットカード積立についてよくある質問

SBI証券のクレジットカード積立はどの種類でもできる?

SBI証券のクレカ積立は、以下のクレジットカードが対象となっています。
  • Vポイントが貯まる三井住友カード
  • 東急カード
  • タカシマヤカード

三井住友カード発行のクレジットカードでは、家族カードやVポイント以外のポイントが貯まるカードが対象外です。クレカ積立を申し込む際には上記の対象のカードを確認しましょう。

キャンペーンは開催されてる?

現在、SBI証券のクレカ積立では、三井住友カードの新規入会&利用で最大15,000円分のVポイントがもらえるキャンペーンを実施中です。 三井住友カードを新規で申し込み、期間中にお買い物金額15%のVポイント(最大15,000ポイントまで)が付与されます。

口座引き落としではなく、クレカ積立にするメリットは?

クレカ積立にすることで最大2%のVポイントが毎月獲得できます。

年間で最大12,000円(50,000円×2%×12)が貯まるのは嬉しいですね。また、クレカ積立にすることによって、証券口座への入金作業が不要になります。入金忘れが防げるメリットもあります。

SBI証券のクレジットカード積立に上限額はある?

SBI証券のクレカ積立には上限額が定められており、毎月50,000円まで購入が可能です。

なお、つみたてNISAを利用する場合は年間の非課税枠が最大40万円と決められているため、毎月33,333円までの設定金額にする必要があります。

つみたてNISAのボーナス買付は使える?

SBI証券のクレカ積立では、つみたてNISAのボーナス買付は利用できません。 もしクレカ積立でつみたてNISAの投資枠を使い切るには、クレカ決済で毎月3.3万円購入する必要があります。

クレカ積立の場合、商品買付のタイミングを変更できない?

クレカ積立の商品買付タイミングは毎月1日です。

日付は固定されており、他の日への変更はできません。

クレカ積立で購入した投資信託は売却できる?

従来の投資信託を購入することと変わらないので、売却可能です。

家族カードで積立投資できる?

SBI証券のクレカ積立は、家族カードは使えません。積立投資は本カードだけ対応しています。

iDeCoはクレカ積立できる?

iDeCoの掛金をクレジットカードでの決済はできません。