【2022年最新】少額投資を始める方法とおすすめネット証券会社を紹介

少額投資は、知識・経験が少ない初心者におすすめの投資手法。最低100円から始められ、大きな損失が出る心配もありません。

一方、短期的に大きな利益が期待できないことや、投資できる商品が限られるデメリットがあります。

おすすめの少額投資は、以下の5つが挙げられます。

  • ミニ株(単元未満株)
  • 投資信託の積立投資(つみたてNISA)
  • 国内株式の割安銘柄
  • ポイント投資
  • ロボアドバイザー


このページでは、上記のおすすめ少額投資について解説し、それぞれの少額投資を始めるおすすめネット証券会社をご紹介します。

気軽に投資を始める方法が知りたい方や、少ない資金でコツコツ資産を作りたい方は、ぜひ当記事を参考にしてみてください。

最後まで読めば、ご自身にぴったりなおすすめ少額投資が分かり、投資家への第一歩が踏み出せるでしょう。

初心者おすすめの少額投資は4つ!

おすすめの少額投資商品を解説

少額投資を始めるなら、以下の5つから選ぶのがおすすめ。

  • ミニ株(単元未満株)
  • 投資信託の積立投資(つみたてNISA)
  • 国内株式の割安銘柄
  • ポイント投資
  • ロボアドバイザー


それぞれの特徴を簡単にまとめると、下記のとおりです。

  • ミニ株(単元未満株)
  • 国内株式が1株単位で購入できるおすすめ少額投資。人気の銘柄が数千円から取引できて、配当金も受け取れる。

  • 投資信託の積立投資(つみたてNISA)
  • 長期資産運用におすすめの少額投資。最低100円から購入可能で、ネット証券会社によってはクレジットカード決済にも対応。

  • 国内株式の割安銘柄
  • 1株1,000円以下で買える株式。数万円で単元株が取引できるので、少ない金額で株主優待が受け取れる。

  • ポイント投資
  • お買い物で貯まったポイントで株式や投資信託等が購入できる。利益は現金で返ってくるので、元手ゼロで投資が始められる。

  • ロボアドバイザー
  • 銘柄選定・積立注文・保有資産の調整などをすべて自動で行ってくれる資産運用サービス。ほったらかしで資産形成がしたい方におすすめ。


それぞれ特徴が異なるので、気になる少額投資を見つけて詳細を確認してみてください。

①ミニ株(単元未満株)

おすすめの少額投資1つ目は、ミニ株(単元未満株)に投資することです。

ミニ株(単元未満株)とは、1株単位で取引できる国内株式のことをいいます。本来、国内株式は100株(単元株)単位でないと取引できません。

単元株で取引する場合、ある程度まとまった資金が必要です。例えば、2022年3月22日現在のNintendoの株式は61,870円。単元株だと約620万円になります。

しかし、単元未満株なら1株単位で取引できるので、少ない資金で人気の銘柄も保有可能。たった1株だけ持っていても、株式投資の魅力である配当金が受け取れます。

株式投資を始めたいけどまとまった資金が用意できない方に、おすすめの少額投資です。

米国株なら1株単位で取引ができる

米国株も、少額で株式投資が始めたい方におすすめです。1株単位で取引できるので、数万円で米国の株式が取引できます。

例えば、米国を代表する企業であるAppleは、2017年の時点では35米ドル(約3,900円)でしたが、2022年3月時点では170米ドル(約20,500円)とおよそ5倍に上がっています。

経済成長率が高い米国の株式を購入すれば、持っているだけで大きなリターンが期待できます。配当も年4回受け取れるので、大きな利益を狙いたい方におすすめです。

②投資信託の積立投資(つみたてNISA)

おすすめの少額投資2つ目は、投資信託の積立投資です。

投資信託は、投資家から集めた資金をファンドマネージャー(運用責任者)が代わりに投資してくれる金融商品。お金を預けるだけで本格的な資産運用ができることから、初心者におすすめと言われています。

投資信託の積立投資は、あらかじめ積立する日時を決めるので、市場動きを見る必要がなく淡々と資産形成できるのがメリット。最低100円から購入できるため、資金が少なくても気軽に始められます。

以下の記事で、投資信託の積立投資を詳しく解説しています。投資信託でコツコツ資産を作っていきたい方は、合わせてご参考ください。

投資信託のおすすめ銘柄・ネット証券を
ランキングで解説


つみたてNISAを利用すれば、利益が非課税になる

投資信託で積立投資を始めるなら、つみたてNISA(ニーサ)を活用するのもおすすめ。

つみたてNISAとは、投資信託で得た利益にかかる税金が控除される国の非課税制度です。本来税金として徴収されるお金を運用に回せるので、利用すれば大きなリターンが期待できます。

以下の記事で、つみたてNISAについて詳細に解説しています。投資信託で資産運用を始めたい方は、合わせてご参考ください。

つみたてNISA(積立NISA)
おすすめ銘柄&口座を紹介


③株価の低い株式に投資(割安銘柄)

おすすめの少額投資3つ目は、株価の低い株式に投資することです。

先ほど解説したように、国内株式は単元株での売買が基本。人気の銘柄だと最低でも数百万円必要なため、投資初心者にとってはハードルが高く感じるでしょう。

しかし、株価の低い株式なら最低でも数万円での取引が可能。そのような株式は、一般的に「割安銘柄」といわれています。

株価が低い銘柄に投資すれば、少ない資金で株主優待や配当金が受け取れます。株主優待や配当金が欲しい方は、割安銘柄に投資するのがおすすめです。

④ポイント投資

おすすめの少額投資4つ目は、ポイント投資を利用することです。

ポイント投資とは、お買い物で貯まるポイントで金融商品が購入できる少額投資サービスです。現金を使わずに投資できるため、元手ゼロで投資が始められるのがメリットです。

2022年現在、ポイント投資が可能なポイントサービスは以下のとおりです。

  • 楽天ポイント:楽天証券
  • dポイント:SMBC日興証券
  • Tポイント:SBI証券・SBIネオモバイル証券
  • Pontaポイント:auカブコム証券
  • 永久不滅ポイント:tsumiki証券
  • LINEポイント:LINE証券
  • マネックスポイント:マネックス証券


例えば、ネット証券大手の楽天証券なら、楽天ポイントで投資信託・国内株式・米国株式・バイナリーオプションが購入できます。

お買い物で得たポイントを使うので、仮に損失が出たとしても精神的なダメージは少なく済みます。投資を始めたいけど、どうしても失敗するのが怖い方におすすめの少額投資です。

ポイント運用タイプもある

ポイント投資のなかには、ポイントが増えるポイント運用タイプもあります。

ポイント運用は、対象の金融商品の値動きに合わせてポイントが増減する、投資の擬似体験ができるサービスです。実際に金融商品を購入する訳ではないので、ポイント投資よりも気軽に始められます。

2022年3月現在、ポイント運用ができるポイントサービスは以下のとおりです。

  • 楽天ポイント
  • dポイント
  • Pontaポイント
  • PayPayボーナス
  • 永久不滅ポイント


例えば楽天ポイント運用は、最低100ポイントから始められます。2つの運用コースが用意されており、いつでもコース変更可能です。

ポイントの使い道が見つかってない方や、投資の感覚を体験したい方は、ぜひポイント運用を活用してみてください。

⑤ロボアドバイザー

おすすめの少額投資5つ目は、ロボアドバイザーを利用することです。

ロボアドバイザーとは、あなたに合った運用スタイルに応じて自動的に資産運用してくれるサービス。入金するだけで世界中に分散投資でき、定期的に保有資産の調整(リバランス)も行ってくれます。

例えば、預かり資産が6,000億円(2021年9月)を超えるロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」なら、最低10万円から投資可能。毎月1万円から積立投資もでき、リバランスや税負担軽減機能も搭載されています。

以下記事で、ロボアドバイザーについて詳しく解説しています。おすすめサービスを紹介しているので、ロボアドバイザーについて気になっている方は、合わせてご参考ください。

ロボアドバイザーを徹底比較し
おすすめサービスを紹介


少額投資におすすめのネット証券会社をランキングで紹介

少額投資におすすめのネット証券会社をランキングで紹介

少額投資におすすめのネット証券会社は、以下の6社です。

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • LINE証券
  • ウェルスナビ
  • PayPay証券
  • SMBC日興証券


おすすめできる理由を簡単にまとめますと、下記の通りとなります。

  • SBI証券
  • 口座開設数No1の総合ネット証券会社。単元未満株・積立投資・Tポイント投資と、あらゆる少額投資に対応している。

  • 楽天証券
  • SBI証券に続く人気の総合ネット証券会社。株式(国内 / 米国)・積立投資・バイナリーオプションで楽天ポイントが使える。

  • LINE証券
  • LINEアプリで国内株式が1株から取引できる。最短当日から取引ができ、LINE Pay残高やLINEポイントで購入可能。

  • ウェルスナビ
  • 預かり資産6,000億円を超える人気No1のロボアドバイザー。最低10万円から始められ、税負担軽減機能やNISAが利用できる。

  • PayPay証券
  • 国内株式・米国株式を最低1,000円から売買できるスマホ証券。米国株は積立投資にも対応。

  • SMBC日興証券
  • 記事を読みながら投資ができる「日興フロッギー」なら、国内株式が1株から購入可能。dポイント投資にも対応している。


それぞれ詳しく解説するので、気になるネット証券会社をご確認ください。

SBI証券|総合力No1!ミニ株・積立投資・Tポイント投資に対応

SBI証券のロゴ画像

少額投資におすすめのネット証券会社1社目は、SBI証券です。ミニ株・積立投資・ポイント投資と、あらゆる少額投資に対応した総合力No1のネット証券会社となります。

SBI証券の「S株」は、mkr_ylw1株単位で国内株式の取引が可能。買取手数料は無料で、24時間いつでも注文できます。単元株なら、1日100万円までの取引手数料が無料。割安銘柄の投資も手数料を気にせず取引できます。

投資信託は最低100円から購入でき、Tポイントでも購入可能です(積立投資には非対応)。三井住友カードの積立投資にも対応しており、買付金額の0.5%のVポイントが付与されます。

株式と投資信託は、それぞれ専用アプリが用意されており、スマートフォンから簡単に売買可能です。

少額投資を始めたいけど、どのネット証券がいいか迷った方は、SBI証券の口座を開設すれば失敗はありません。

対応サービス 手数料
単元未満株 買付:無料
売却:0.55%
投資信託の積立投資 買付手数料:無料
信託報酬・解約手数料:ファンドによる
ロボアドバイザー WealthNavi for SBI証券 1%
株式の割安銘柄 約定ごと:55円〜
1日定額:0円〜
ポイント投資 Tポイント


おすすめの少額投資を全てカバー!
SBI証券の詳細はこちら


Tポイントで株式の少額投資したいならSBIネオモバイル証券がおすすめ

SBIネオモバイルのロゴ画像

もしTポイントで株式投資を始めたい方は、SBIネオモバイル証券がおすすめ。

SBIネオモバイル証券は、国内株式が1株から取引できるネット証券会社。日本で唯一、Tポイントで国内株式の購入が可能です。

SBIネオモバイル証券は、取引手数料が発生せず毎月220円かかる月額制です。その代わり、毎月50万円まで取引し放題。

また、SBIネオモバイル証券で使えるTポイントが毎月200ポイントもらえるので、実質無料で単元未満株の売買ができます。

専用アプリが用意されており、まるでECサイトのように国内株式の取引ができるのも魅力です。

Tポイントで株式の少額投資がしたい方は、SBIネオモバイル証券の口座を開設しましょう。

Tポイントで株式投資し放題!
SBIネオモバイル証券の詳細はこちら


楽天証券|楽天ポイントの積立投資が人気

楽天証券のロゴ画像

少額投資におすすめのネット証券会社2社目は、楽天証券です。SBI証券に続く総合ネット証券で、ポイント投資や積立投資に強みがあります。

楽天証券の国内株式・米国株式・投資信託・バイナリーオプションなら、楽天ポイントが使えます。1ポイント=1円で利用でき、全額ポイント購入もできます。

投資信託は最低100円から購入でき、楽天ポイントでの積立投資も可能。楽天カード決済に対応しており、買付金額0.2%の楽天ポイントが付与されます。

さらに、最低1万円から始められるロボアドバイザー「楽ラップ」を利用すれば、ほったらかしで長期資産運用が始められます。

楽天ポイントの使い道に困っている方や、投資信託で少額投資を始めたい方は、楽天証券の口座を開設するのがおすすめです。

対応サービス 手数料
単元未満株 ×
投資信託の積立投資 買付手数料:無料
信託報酬・解約手数料:ファンドによる
ロボアドバイザー 楽ラップ 0.86%〜
株式の割安銘柄 約定ごと:55円〜
1日定額:0円〜
ポイント投資 楽天ポイント


楽天ポイント投資と積立投資におすすめ!
楽天証券の詳細はこちら


LINE証券|LINEアプリでミニ株が買えてLINEポイントも使える

LINE証券のロゴ画像

少額投資におすすめのネット証券会社3社目は、LINE証券です。

LINE証券は、LINEアプリから取引できるスマホ証券会社。最短当日から取引できることやシンプルな取引画面に定評があり、「とにかく始めやすい」と投資初心者から人気が集まっています。

LINE証券なら、国内株式が1株から取引可能。平日は21時まで取引できるので、日中に取引できないサラリーマンでも気軽に株式投資が始められます。

定期的に株式セールも開催されており、積極的に参加すれば人気の銘柄が通常の株価よりも安く手に入ります。

LINE証券の口座を開設すれば、どなたでも簡単かつ気軽に株式投資が始められるでしょう。

対応サービス 手数料
単元未満株 0.2%〜
投資信託の積立投資 買付手数料:無料
信託報酬・解約手数料:ファンドによる
ロボアドバイザー ×
株式の割安銘柄 約定ごと:55円〜
1日定額:-
ポイント投資 LINEポイント


最短当日で取引開始!
LINE証券の詳細はこちら


WealthNavi|自動で資産運用してくれるロボアドバイザー

ウェルスナビのロゴ画像

少額投資におすすめのネット証券会社4社目は、WealthNavi(ウェルスナビ)です。

ウェルスナビは、預かり資産6,000億円(2021年9月)を超えるロボアドバイザー。2020年12月には東証マザーズに上場しており、人気・知名度ともに急上昇中のサービスです。

ウェルスナビは簡単な質問に答えるだけで、あなたに最も適した運用スタイルを提案。あとはお金を入金するだけで、資産運用に必要な作業を自動的に行ってくれます。

ウェルスナビについては、以下の記事で詳しく解説しています。ロボアドバイザーで少額投資を始めたい方は、ウェルスナビの記事も合わせてご参考ください。

自動で資産運用!
WealthNaviの詳細はこちら


PayPay証券|最低1,000円から好きな金額で国内・米国株が取引できる

PayPay証券のロゴ画像 少額投資におすすめのネット証券会社5社目は、PayPay証券です。

PayPay証券は、最低1,000円から国内株・米国株が取引できるスマホ証券。株価が高い人気銘柄でも、お好きな金額で取引できるのが魅力です。

とくに米国株式は、積立投資にも対応。厳選された米国株を、好きな金額で自動的に積立投資すれば、将来のリターンも大いに期待できるでしょう。

また、いきなり株式投資を始めるのに抵抗がある方のために、PayPayボーナス運用も用意されています。スマホ決済アプリのPayPayでもらえるPayPayボーナスで、投資の擬似体験が可能です。

好きな金額で株式の少額投資がしたい方は、PayPay証券がおすすめです。

対応サービス 手数料
国内株
金額指定で取引
東証の取引時間:0.55%
上記以外:1.0%
投資信託の積立投資 買付手数料:無料
信託報酬・解約手数料:ファンドによる
ロボアドバイザー ×
米国株
金額指定で取引
現地取引時間内:0.5%
上記以外の時間:0.7%〜
ポイント投資 ×


最低1,000円から好きな金額で投資!
PayPay証券の詳細はこちら


SMBC日興証券|投資の勉強しながらミニ株に投資できる

日興フロッギーのロゴ画像

少額投資におすすめのネット証券会社5社目は、SMBC日興証券です。

SMBC日興証券が運営する投資情報メディア「日興フロッギー」なら、国内株式が1株から購入可能。記事を読みながら、気になった銘柄がそのまま注文できるのが魅力です。

日興フロッギーの記事は、どれも質の高いと評判。株式投資をしながら、投資や経済の勉強が可能です。

また日興フロッギーは、dポイント投資にも対応。1ポイント1円から利用でき、全額dポイントで購入もできます。

投資に関する知識を学びながら少額投資を始めたい方は、SMBC日興証券の日興フロッギーをぜひ活用してみてください。

対応サービス 手数料
単元未満株 買付:0円〜
売却:0.5%〜
投資信託の積立投資
SMBC日興証券で取引
買付手数料:無料
信託報酬・解約手数料:ファンドによる
ロボアドバイザー THEO 〜1.1%
株式の割安銘柄 約定ごと:137円〜
1日定額:-
ポイント投資 dポイント


投資しながら勉強できる!
日興フロッギーの詳細はこちら


少額投資のメリット・デメリット

少額投資のメリットとデメリットを解説

この章では、少額投資をおすすめするメリット・デメリットを解説します。

そもそも自分は少額投資を始めた方がいいか分からない方は、ぜひチェックしてみてください。

少額投資をおすすめするメリット

少額投資をおすすめするメリットは、以下の4つ挙げられます。

少額投資をおすすめするメリット

  • 少ない金額でも投資が始められる
  • 資産運用の勉強ができる
  • 分散投資がしやすい


一つずつ、詳しく解説していきます。

①少ない金額でも投資が始められる

少額投資をおすすめするメリット1つ目は、少ない金額で気軽に投資が始められることです。

従来の国内株式投資は、100株単位で取引しないといけません。人気の銘柄に投資するなら、取引金額が数百万円もかかる場合があります。

しかし、一部のネット証券会社は国内株式が1株単位で取引可能。少ない資金でも株式投資が始められます。

また、投資信託なら最低100円から購入可能。毎月投資できる資金が少なくてもコツコツ積立投資すれば、将来のリターンも期待できます。

②分散投資がしやすい

少額投資をおすすめするメリット2つ目は、分散投資がしやすいことです。

投資において重要なのは、価格変動のリスクを抑えることです。複数の金融商品に複数投資することで、一部の商品で損失を出したとしても、他の商品で出した利益でカバーできます。

1つの商品に投資すれば大きなリターンが期待できますが、一方で大きな損失が出るリスクもあります。

少額投資なら、少ない資金でも複数の商品に分散投資ができます。リスクを最小限に抑えながら、利益を狙うことができるのです。

③損失(リスク)を抑えられるから続けやすい

少額投資をおすすめするメリット3つ目は、投資のモチベーションが続きやすいことです。 例えば、ある株式に投資し価格が10%下落したとすると、100万円投資した場合は10万円の損失ですが、1万円なら1,000円の損失で済みます。

少額投資なら損失が出たとしてもダメージが少なくて済むので、投資を続けるモチベーションが維持しやすいです。

投資を続ければ経験・知識も積まれるで、新しい商品やリスクを取った投資手法にチャレンジするハードルも下がります。

少額投資のデメリット

少額投資を始める際に注意したいデメリットは、以下の4つ挙げられます。

少額投資のデメリット

  • 利益が少ない
  • 手数料が割高になる
  • ミニ株は株主優待が受けられない
  • 購入できる商品が少ない


事前に理解しておけば、「少額投資は全然儲からなくて意味ない」と後悔することはないでしょう。では、一つずつ解説していきます。

①利益が少ない

少額投資のデメリット1つ目は、得られる利益が少ないことです。

少額投資は損失を抑えられるのがメリットですが、逆に言えば大きな利益も得にくいということ。

そのため、短期間で大きなリターンは期待できず、少額投資は意味がないと感じるかもしれません。

ただし、時間をかけてコツコツ続ければ運用額が次第に大きくなり、将来の資産を形成できる可能性が上がります。

したがって少額投資は、時間をかけてコツコツ資産を作っていきたい方に、おすすめの投資手法です。

②手数料(コスト)が割高になる

少額投資のデメリット2つ目は、売買手数料が割高になるケースがあることです。

たとえばSBI証券の場合、単元未満株は1約定ごとに55円かかりますが、単元株なら100万円までの取引手数料は無料です。

国内株式の少額投資は頻繁に行うと、単元株の投資よりも手数料がかかる場合があります。

手数料がかかると、その分投資に回せる資金も減るので、将来のリターンも小さくなる可能性があります。

③ミニ株は株主優待が受けられない

少額投資のデメリット3つ目は、ミニ株では株主優待が受けられないことです。株式投資の魅力である株主優待は、ほとんどの銘柄が単元株以上の保有が条件です。

しかし、コツコツミニ株を買い続けて、保有株数が100株以上を超えたら株主優待は受け取れます。投資に使える資金が少なくても、ゆっくり時間をかけたら、株主優待も夢ではありません。

また、配当金は1株単位で受け取り可能です。

④購入できる商品が少ない

少額投資のデメリット4つ目は、購入できる商品が比較的少ないことです。気になる商品が少額投資に対応していないと、投資を始めたくてもハードルが高く感じてしまいます。

例えばミニ株の場合、一部のネット証券会社では取り扱っていない銘柄があります。注文方法も現物株と違い、成行注文しかできないネット証券会社がほとんどです。

少額投資の取り扱いは、各ネット証券会社で異なります。少額投資におすすめのネット証券会社を再度確認したい方は、以下のリンクをご利用ください。

少額投資におすすめのネット証券会社一覧へ戻る

まとめとよくある質問

当記事では、少額投資を始める方法を解説し、おすすめのネット証券会社をご紹介しました。

少額投資には、以下の6つの方法がおすすめです。

  • ミニ株(単元未満株)
  • 国内株式が1株単位で購入できるおすすめ少額投資。人気の銘柄が数千円から取引できて、配当金も受け取れる。

  • 投資信託の積立投資(つみたてNISA)
  • 長期資産運用におすすめの少額投資。最低100円から購入可能で、ネット証券会社によってはクレジットカード決済にも対応。

  • 国内株式の割安銘柄
  • 1株1,000円以下で買える株式。数万円で単元株が取引できるので、少ない金額で株主優待が受け取れる。

  • ポイント投資
  • お買い物で貯まったポイントで株式や投資信託等が購入できる。利益は現金で返ってくるので、元手ゼロで投資が始められる。

  • ロボアドバイザー
  • 銘柄選定・積立注文・保有資産の調整などをすべて自動で行ってくれる資産運用サービス。ほったらかしで資産形成がしたい方におすすめ。


それぞれ特徴が異なるので、ご自信が気になる少額投資から始めるといいでしょう。

その際、以下のネット証券会社で少額投資を始めるのがおすすめ。以下の6社から選べば、少額投資で失敗することはないでしょう。

  • SBI証券
  • 口座開設数No1の総合ネット証券会社。単元未満株・積立投資・Tポイント投資と、あらゆる少額投資に対応している。

  • 楽天証券
  • SBI証券に続く人気の総合ネット証券会社。株式(国内 / 米国)・積立投資・バイナリーオプションで楽天ポイントが使える。

  • LINE証券
  • LINEアプリで国内株式が1株から取引できる。最短当日から取引ができ、LINE Pay残高やLINEポイントで購入可能。

  • ウェルスナビ
  • 預かり資産6,000億円を超える人気No1のロボアドバイザー。最低10万円から始められ、税負担軽減機能やNISAが利用できる。

  • PayPay証券
  • 国内株式・米国株式を最低1,000円から売買できるスマホ証券。米国株は積立投資にも対応。

  • SMBC日興証券
  • 記事を読みながら投資ができる「日興フロッギー」なら、国内株式が1株から購入可能。dポイント投資にも対応している。


少額投資は、知識・経験がない初心者におすすめの投資手法です。少額投資で少しずつ投資に慣れていけば、大きな資金を使ってより積極的な投資にも挑戦できるでしょう。

もう一度、少額投資におすすめのネット証券会社を確認したい方は、以下のリンクをご活用ください。

少額投資におすすめのネット証券会社へ戻る

以降は、少額投資に関してよくある質問を掲載しています。少額投資について詳細に知りたい方は、合わせてご参考ください。

少額投資はいくら始めるのがおすすめ?

少額投資は、商品によって始める金額が異なります。はっきりと決まっている訳ではないですが、各商品の投資金額の目安は以下のとおりです。

  • 投資信託:100円〜
  • 単元未満株:1,000円〜
  • 米国株・ロボアドバイザー:10,000円〜
  • 割安銘柄:100,000円〜


上記の金額を参考に、少額投資を始めてみてください。

少額投資は利益が出ないから意味ない?

少額投資は投資を始めるきっかけとしておすすめですが、短期的には大きなリターンは期待できません。

将来の資産を築きたいなら、ある程度まとまった資金が必要です。以下の2つの方法で、投資する金額を増やすといいでしょう。

  • 投資に慣れてきた段階で大きな投資をする
  • 時間をかけてコツコツ積み立てる


少額投資は知識・経験が少ない初心者におすすめの投資手法です。少額投資で投資の感覚に慣れた上で、より本格的な投資手法に挑戦するのがおすすめです。

アプリで少額投資はできる?

少額投資はスマートフォンアプリでも始められます。以下のアプリで少額投資ができるおすすめのネット証券会社です。

  • LINE証券
  • PayPay証券
  • SBIネオモバイル証券
  • CONNECT(大和証券グループ)
  • STREAM


いずれも、専用アプリで少額投資が可能なので、気軽に投資が始めたい方におすすめです。

FX・仮想通貨(ビットコイン)・不動産の少額投資は可能?

FX・仮想通貨(ビットコイン)・不動産でも少額投資は始められます。

FXと仮想通貨は取引所によって、最低100円から投資可能。不動産の少額投資は、不動投資信託(REIT)や不動産投資型クラウドファンディングがおすすめです。