VOICE

お客様の声

CASE 21

マスコミ関係

K.E

30代前半のK.Eさんは、子供が産まれたことをきっかけに不動産投資を検討し、グローバル・リンク・マネジメント(以下GLM)で初めて投資用マンションを購入した。
今回は担当の加藤を交えて、オンラインでお話を伺った。

  • INTERVIEWERアセットマネジメント事業本部 営業第一部 フィールドセールス課 課長加藤 恵理奈

    入社年:2011

金融資産以外の資産の必要性を感じていた

―不動産投資に興味を持ったきっかけは何ですか?

K.E

数年前に子供が産まれたことをきっかけに改めて将来のことを考えるようになり、今までの保険や貯金を見直しました。
たまたま大学の先輩とご飯を食べていた時、その先輩も最近不動産投資を始めたことを聞き、初めて興味を持ちました。

加藤

K.E様は他の投資のご経験はないとのことでしたが、投資に対する目線が鋭く、奥様からも同様に鋭いご質問をいただきました。

―どのように情報収集をされましたか?

K.E

金融業での職業経験のある妻にも相談し、上場している会社であればすぐに潰れたりするリスクも少ないと思い、
先輩に紹介してもらった会社以外にも上場している不動産投資会社数社に問い合わせをしました。

加藤

K.E様から最初に問い合わせを頂いた時は、不動産投資というものが良い商品なのかどうかを判断するための
抑えるべきポイントを知りたいという印象を持ちました。

K.E

東京には数か月しか住んだことがないので、最初は関西方面で考えていました。
ただ、人口動態に関する本を読んだり加藤さんのお話を聞いたりしていく中で、
やはり需要が見込める東京のワンルームマンションにしたいという想いが強くなりました。

リスクはゼロには出来ないが、軽減する方法を探そうと言ってもらえた

―購入にあたってどのあたりが不安でしたか?

K.E

南海トラフなどの大震災のリスクを心配していました。
他社でも質問をしたのですが、地震は大丈夫ですという漠然とした回答だったので正直不安は払拭できませんでした。

加藤

特に奥様が地震のリスクを心配されていた印象があります。地震はいつか起こり得るリスクですので、決して大丈夫とは言い切れません。
地震の影響が少ないエリアの中から物件をご提案し、それから投資するかどうかをご判断いただくのが良いのではないかとお伝えしました。

―最終的に購入した決め手はなんですか?

K.E

子供もいますし、入居者がつかなくて想定より家賃が下がったらどうしようという不安はありました。
しかし、ご提案頂いた物件の立地やマンションの構造が良く、
さらにGLMのサブリースシステム(※1)では下がり幅が見えているので、そのリスクは軽減できるなと思いました。

※1:GLMのサブリース契約では家賃の見直しは7年ごとに行いますが、
更新時期にかかわらず借地借家法第32条の規定に基づき賃料の減額がされる可能性があります。

加藤

K.E様ご夫妻は、地震をはじめ色々なリスクについて真剣に考えていらっしゃいました。
地震同様にリスクは必ずあり、ゼロには出来ないけど軽減する方法を探しましょうとお伝えした気がします。

K.E

その言葉はとても印象に残っています。
また、加藤さんをはじめGLMの皆さんの人柄が良く、自分達夫婦の性格に合っていたのも決め手です。
時間をかけて丁寧に説明していただいたので、とても信頼できました。

加藤

ありがとうございます。5年後も同じ言葉を言っていただけるように、しっかりと運用のサポートを継続したいと思います。

子供も同い年。ご家族にとってメリットになる運用をご提案

―購入にあたり、新型コロナウイルスの影響はありましたか?

K.E

コロナをきっかけに働き方が変わり、地方に移住する人もいれば都会に住まなければいけない人もいて、
拠点が2つある人も増えてくると思っています。
そうなると東京のコンパクトマンションは今後も需要があるのではないかと考えました。

―最後にお互いへのメッセージをお願いします

K.E

最初に見たのがメールのアイコンだったので、写真を見た限りでは派手で強そうな方なのかと思っていました。
しかし、その後の電話がとても丁寧で論理的だったので、良い意味で第一印象とのギャップを感じました。

加藤

よく言われます(笑)K.E様とは年齢も近く、子供の年齢も同じなのでK.E様ご夫婦の心境をリアルタイムに感じていました。
ご家族にとってメリットになるご提案をしたいと思いました。

K.E

いつも足並みを揃えてくださってありがとうございます。
長いお付き合いになると思いますし、引き続き同じ熱量でサポートしていただければと思いますので、
今後ともよろしくお願いします。

加藤

ありがとうございます。冷めないタイプですので、熱すぎて鬱陶しくなったら言ってくださいね。
引き続き会社全体でもサポート出来るよう、会社の仕組み作りにも邁進していきます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

CONTACTお問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求は、お電話、または
お問い合わせフォームよりご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-194-968