ご紹介を受けた方へ
-投資パートナーの選び方-

当社よりご連絡を差し上げたお客様へ

当社ホームページへお越し頂きありがとうございます。
私たちは、実績と信頼こそが一番の武器であると考え、主に顧客の方からのご紹介でお付合いを広げております。
しかしながら大切な資産に関することですので、ご紹介者様からだけの情報ではなく、
お客様ご自身からしっかりとパートナーとして選んで頂きたいと思っています。
まずは、当社(私たち)が考える「不動産会社の見方(又は選び方のポイント)」をお伝えいたします。

投資パートナーの選び方

不動産投資をサポートしてくれる会社選びのポイントをご紹介

不動産会社は、不動産投資を行う上で欠かせない「パートナー」です。信頼できる不動産投資会社を見つけることが成功への近道となります。しかし残念ながら、中には選ぶべきではない会社も存在しています。
そのような会社をパートナーにしてしまうと投資の成果も悪くなりがちです。「成功に導いてくれる不動産会社」を正しく見極めるためには、まずは不動産投資の成功とは何か?について知っておく必要があります。これを知らずに不動産投資を始めて、失敗してしまうケースが現実に起こっています。

まずは、メリット、デメリットをしっかり把握することが大事です!

不動産投資に限らず資産運用は、自己責任が原則です。 特に、長期の投資は、現状では予想することの出来ない、不確実要素があります。そのため、不動産投資を始める前に「さまざまな不確実なこと」を想定し、将来ダメージを受けたとしても、きちんと自分自 身が受け止められることが大切です。 「自分で」「選択し」「納得する」ことが重要になります。メリット・デメリットをきちんと理解することを忘れないようにしましょう。

信頼できる不動産会社選びの 6つのポイント

短期的ではなく、長期的な目線から不動産投資をサポートし てくれる「信頼できる不動産会社」の特長をおさえておきましょう。

point1 「顧客の目線」で物件を選んでくれる

信頼できる不動産会社は、「どの物件を買ってくれそうだろうか」という視点で顧客と接することはしません。 その顧客の年齢、年収、貯蓄額などの属性を把握し、「このお客様にはどういう物件が向いているか」という視点で物件を選定します。「物件」ではなく「顧客」を主語に話してくれるのが「信頼できる不動産会社」です。

注意すべきポイント

不動産投資をする際、忘れてはならないのは「自分にあった物件を選ぶ」ことです。仮に、「成功する確率が80%ある」物件があったとします。若いサラリーマンであれば、十分、投資対象になるでしょう。しかし、「65歳の人が、預金をすべてつぎ込む」ような形で行うのは問題です。失敗する確率が20%ある以上、大切な老後資金を全部使ってはいけません。 同じ物件でも、人によって「投資適格物件」にも「投資不適格物件」にもなります。このことを考えない不動産会社は、パートナーにすべきではありません。 「選ぶべきでない不動産会社」は、自社の目先の利益を重視します。「安く仕入れられたので、売れれば儲かる物件」や「長く売れ残っている物件」を売ろうとします。顧客の年齢や収入、貯蓄額を十分把握しないまま、具体的な物件を勧められたら要注意です。

point2 投資物件の「将来像」を語ることができる

「現在、入居者がいる」「利回りが高い」といったことは、投資の成功につながるとは限りません。物件が、将来的にも価値が維持できるかどうかが最も重要なポイントです。投資の成否は長期的な視点で考えるべきことです。
現況だけでなく、地域の将来性や、土地の価格の見通しなどを語れる不動産会社を選びましょう。

point3 リスクや失敗例も紹介してくれる

不動産投資で失敗している人は、現実に多数存在しています。顧客もそれを知っています。 事実を隠して「安全確実」をうたう不動産会社よりも、失敗例をきちんと伝え、その例から学ぶべきことを教えてくれる不動産会社のほうが、信頼することができるでしょう。失敗の原因がわかれば、それを避けることで成功に近づけるのですから、顧客としても安心することができます。

注意すべきポイント

不動産投資には「サラリーマンでもできる」「自己資金が少なくてもできる」「収入がアップする」「所得税の節税になる」「相続税評価額が現金より低い」など、いくつかのメリットがありますが、「不動産投資をすればこれらのメリットがすべて享受できる」わけではありません。自己資金が少ない人は借入を行って不動産投資をすることになるため、その返済負担で資金収支がマイナスに なることも考えられます。したがって、すぐには「収入アップ」にはなりません。
「自己資金が少なくてもできる」「収入がアップする」は、それぞれは間違いではありませんが、両方を同時に言ってしまうとウソになります。また、税金の面でのメリットも、顧客によって異なります。メリットを過剰に伝えるような営業スタイルは、「不正確な情報の提供」「顧客目線の欠如」という意味で問題があります。

point4 物件選びの視点を養ってくれる

近年は、複数の不動産を保有する方も増えました。成功する物件を複数持てれば、成果もそれだけ大きくなります。 パートナーの不動産会社から得た知識が、将来、投資を拡大する際に役立てることができればベストです。

point5 不安をフォローするサービスがある

不動産投資にはまとまったお金が必要になるので、不安も大きいものです。 不安の原因は、「知識」や「情報」です。どういった物件を選んだらいいのか、資金計画をどう立てたらいいのか、法律知識は必要なのか、等々、不安のタネはたくさんあります。無料相談会やセミナーなどを定期的に開催していて、不安を軽減できる機会がある会社が望ましいでしょう。

point6 購入後も、フォローがあり、相談にも乗ってくれる

不動産投資は、「放っておけば家賃収入が得られる」というものではありません。家賃の見直しや物件のメンテナンス、場合によっては売却も検討する必要性が出てきます。購入後も、大家さんとして考えなければならないことはあります。こうしたことに対するフォローや、不安を解消するサービスがあるかどうかは重要なポイントとなります。

注意すべきポイント

「選ぶべきではない不動産会社」は、自社の利益を重視しがちです。不動産を買ってもらいたい、すなわち不動産投資をしてもらいたい心理が働くため、「リスクや手間を顧客に感じさせない」ことに神経を使うようになります。「不労所得」「安全」「確実」といった言葉を使う会社は、その傾向が強いと言えます。不動産投資は「買ってしまえば、あとは何もしなくて儲かる」というものでは決してありません。不動産投資を成功させるには、長期的視野に立った物件選びが必要です。また、物件のメンテナンスや、場合によっては売却のタイミングを図るなど、判断が必要になるときがあります。「楽に儲かる」というイメージを持たせるのは、その会社の「サポート力」が欠けている可能性を示すものです。注意しましょう。

あらためて当社について、ご紹介させて下さい。

グローバル・リンク・マネジメントについて

当社は不動産を通じて、お客様の真の豊かさに貢献します

街並みとの調和を図ったデザイナーズマンション。お住まいになる方々のニーズを反映し、また先取りしながら、その土地のポテンシャルを最も有効に引き出す資産性の高いコンパクトマンションを提供しています。
「ARTESSIMO(アルテシモ)」を掲げ、「都心に住まう人」と「都心に不動産を所有する」をテーマに双方の喜びをご購入者様やご契約様に感じて頂ける特色ある住空間を想像しています。

グローバル・リンク・マネジメントの5つの特徴

お客様の大切な不動産の運用管理を、オーナー様の手を煩わすことなく行い、 ご安心の賃貸経営を提供いたします。

特徴1 家賃収入最大35年間・7年毎見直しの安心のサブリースシステム

不動産運用の大きなリスクである、空室・家賃下落リスクを最大限カバー。

特徴2 投資マンション業界有数のディベロッパー

自社で土地開発から建物管理、販売、賃貸管理まで全てのサービスをワンストップでご提供。 建物管理情報は、毎月しており、運用計画から管理維持まで、安心のサポート体制。

特徴3 成約の約80%※が顧客リピートやご紹介

大切な資産だからこそ、気軽には紹介できない。しかし、当社では顧客満足度を上げることにより、安心してご友人やご同僚をご紹介いただいております。
※2013年実績 2012年の実績は、72%

特徴4 各種専門家と提携したトータルサポート体制

税理士・FPをはじめ、不動産や保険などに関わるあらゆるプロフェッショナルの方と提携し、専門的かつ長期的なサポートが可能な体制を整えています。医師の方々には、医師専門サービス”ドクターズコンシェルジュ”が大変好評です。

特徴5 業界トップクラスの提携金融機関数

創業から取引実績や高い入居率を誇る当社の物件は、金融機関より高い評価を頂いており、業界でも屈指の10社以上の金融機関と提携しています。お客様に適した、金利等の条件で提案しております。

当社は物件の提供だけでなく、
様々な資産運用のご提案を行っています

他にも不動産投資について、気になる事やわからない事などが
ございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

紹介先のご担当がご不明の場合は
お気軽にお問い合わせください。

弊社社員については
こちらでもご紹介しております!

参加費無料 まずは、弊社にて開催している無料相談会、もしくはセミナーにご参加下さい。 無料相談会はこちら セミナー情報・申し込みはこちら

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求は、お電話、またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。