01 年金対策を始めませんか?

マンション経営による資産所得で、もっと老後にゆとりを

老後の資産所得として
注目を浴びる不動産運用。

急速な少子高齢化が社会問題となっています。国民年金法が摘要された前年にあたる昭和35年の調査では、0~14歳の人口が2,807万人、65歳以上の人口が535万人だったのに対し、平成21年には0~14歳の人口が1,701万人、65歳以上の人口が2,901万人と、大きく実情が変化し、なおもその差は広がりつつあります。年金制度を支える現役世代が減少し年金受給者が増加するなかで、今後の年金給付水準が抑制されることは、大いに考えられます。

比べて分かる
マンション経営の安定性。

金融は一般的に、高いリターンを期待するものはその分リスクが高く、逆にリスクが低ければリターンも薄くなります。現在のように長引く低金利時代では、定期預金に預けていても安全性が高い分、得られる利息もあまり期待できません。ワンルームマンションは、定期預金と比べて収益性が高く、株式投資などの高リスク商品に比べて安全性が高いことが大きな特徴です。

ゆとりある老後のために大切な、
3つの所得。

ゆとりある老後を送るためには、次に掲げる3つの所得を得ることが最も理想的とされています。

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求は、お電話、またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。