Q:資産運用型マンションの耐震設計は安心できるのか?

震度7までの地震に対しても倒壊しない造りになっています。

昭和56年6月1日施行の建築基準法の改正により、それ以降に建てられたマンションは震度7までの地震に対しても建築物の倒壊による被害が防がれるようになっています。特にワンルームマンションはオフィスビルなど他の建物に比べ、面積に対する壁の数が多いため、耐震性に優れているとも言われています。最近の例としては、阪神大震災においてもワンルームマンションが全倒壊する事例はありませんでした。もしも不安な場合には、任意の地震保険に加入することで万全を期すことができます。

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求は、お電話、またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。