法人用おすすめETCカードを紹介!年会費無料や複数枚発行も

「高速道路をよく利用するから、法人用ETCカードを発行したい」
「おすすめの法人用ETCカードを知りたい」

この記事では、法人用のおすすめETCカードを紹介しています。年会費無料や複数枚発行できるものなど、多彩な法人用ETCカードを紹介。

さらに、カードの種類や発行方法などの基礎知識も簡単に解説しています。最後までお読みいただければ、きっと自社に最適な1枚が見つかるでしょう。ビジネスで使用するETC専用カードをお探しの経営者様は、ぜひ最後までご覧ください。

今すぐおすすめの法人用ETCカードを確認する

法人用ETCカードの種類と発行方法

法人用のETCカードの種類は、大きく分けると次の2種類が存在します。

  • 法人クレジットカード付帯のETCカード
  • クレジット機能なしの法人用ETCカード


どちらも法人契約ができ法人名義で発行できる点は共通していますが、細かいルールや作り方は異なっています。それぞれの法人用ETCカードの特徴や違いについて解説していきます。

【おすすめ】法人クレジットカード付帯のETCカード

法人用ETCカードを発行する最もポピュラーな方法は、法人クレジットカードに付帯するETCカードを作るやり方です。例えばJCBであれば「ETCスルーカードN」と呼ばれるETCカードを発行でき、三井住友カードであれば「三井住友ETCカード(法人用)」と呼ばれるものを入手できます。

法人クレジットカード付帯のETCカードを利用するメリットは、縛りが少ないこととコストが安いことの2点です。1枚のETCカードを複数台の車両で使いまわして利用でき、出張先でレンタカーを借りる場合などにも重宝します。

また年会費無料のETCカードを枚数制限なく発行できる法人クレジットカードも存在します。クレジットカード自体も年会費無料のものであれば、一切コストをかけずに法人用ETCカードを利用できるのです。

クレジット機能なしの法人用ETCカード

もう1つの選択肢として、クレジット機能なしの法人用ETCカードを発行する方法もあります。現時点で発行できるクレジット機能なし法人用ETCカードは、次の3枚です。

法人ETCカード(高速情報協同組合)

  • メリット:登録車両1台につき4枚発行できる
  • デメリット:還元サービスが弱い
  • 最適な対象:ETCカードを一度にたくさん作りたい法人


ETCコーポレートカード(東/中/西日本高速道路株式会社)

  • メリット:充実の割引サービス
  • デメリット:1車両につき1枚のカードが必要
  • 最適な対象:とにかく割引を重視したい法人


ETC法人カード(全国異業種協同組合連合会)

  • メリット:車両限定なく利用可能
  • デメリット:還元サービスが弱い
  • 最適な対象:ETC利用がそこまで多くない法人


クレジット機能なしの法人ETCカードのメリットは、通常のクレジットカードでは必要となる与信審査なしで申し込める点です。クレジットカードを発行する際には経営者様の年収や信用情報、会社の経営状況などを確認する与信審査が必要な一方、クレジット機能なしのETCカードならそれが不要です。

ただしクレジット機能なしの法人ETCカードは、利用するのにコストがかかるデメリットがあります。ETCカード1枚ごとに発行手数料がかかる場合や、保守サービス料として年会費が必要なカードもあります。

またクレジット機能なしの法人ETCカードは、「カード1枚につき登録車両1台でしか使用できない」といった縛りがある場合も。こういったデメリットを考慮すると、法人クレジットカードに付帯するETCカードの方が利便性が高くおすすめなのです。

そこで次の項目からは、ETCカードの発行機能に優れたおすすめの法人クレジットカードを紹介していきます。

ETCカード発行に優れたおすすめ法人クレジットカード5選

こちらでは、ETCカードの発行機能に優れているおすすめの法人クレジットカードを紹介します。どれもETCカード以外の面でも優れた特徴があり、ビジネスを加速してくれるおすすめのクレカです。ぜひ経営者様のお気に入りの1枚をお探しください。

最もおすすめ!三井住友カード ビジネスオーナーズ

三井住友カード ビジネスオーナーズ

三井住友カード ビジネスオーナーズは、2021年に発券が開始された最新のおすすめビジネスカードです。そんな三井住友カード ビジネスオーナーズは、以下の特徴があります。

三井住友カード ビジネスオーナーズの特徴

  • 年会費 永年無料
  • ETCカード年会費 無料
  • カード利用枠 最大500万円 ※1
  • ポイント還元率 最大1.5% ※2
※1 所定の審査がございます。
※2 対象の三井住友カードと2枚持ち且つ対象のご利用をすることが条件です。

上記のとおり、年会費無料にもかかわらず、優れたサービス内容となっています。通常の年会費だけでなく、ETCカードの年会費も無料

さらに、ETCカードを有料道路(西日本高速道路/東日本高速道路/中日本高速道路/本州四国連絡高速道路/首都高速道路/阪神高速道路)で利用すると、利用金額200円(税込)につき、3ポイントが還元されます。
※上記は対象の三井住友カードと2枚持ちすることが条件なので注意しましょう。

また、年会費無料でカード利用枠 最大500万円さらに海外旅行傷害保険も2,000万円分付帯しています。ビジネスカードとしての機能が非常に優れたおすすめカードです。

なお、お申し込みには決算書や登記簿謄本は不要となっています。いまなら最大8,000円相当のVポイントがプレゼントされるキャンペーンも実施中なので、ぜひ公式サイトをご覧ください。

三井住友カード ビジネスオーナーズ
お申し込みは公式サイトへ!


JCB法人カード(一般・ゴールド)

JCB一般法人カード

JCB法人カードは、年会費無料のETCカードを複数枚発行できるおすすめビジネスカード。ETCカードの発行枚数には一律の上限がなく、何枚発行しても年会費無料なのでコストはかかりません。

JCB法人カード自体の年会費も1,375円(税込)と格安。ワンランク上のステータスと特典がほしい経営者様であれば、JCB法人カードのゴールドカードやプラチナカードを検討してみるとよいでしょう。カードの詳細は、次のボタンよりご確認いただけます。

JCB法人カード(一般・ゴールド)
お申し込みは公式サイトへ!


ライフカードビジネスライト

ライフカードビジネスライト

ライフカードビジネスライトは、本人確認書類だけで気軽に申し込める法人クレジットカードです。登記簿謄本や決算書の提出が不要のためスピーディーな審査が行われ、最短4営業日で発行できる対応の速さも魅力です。

ライフカードビジネスライトは、クレカの年会費もETCカードの年会費も無料で利用可能。ただしETCカードを発行できるのは1枚のみのため、「会社で1枚あれば十分」という経営者様におすすめ。もちろん複数台の車両で使いまわし可能です。

注意点として、ライフカードビジネスライトにはポイントプログラムが用意されておらず、クレジットカードやETCカードをどんなに使ってもクレカのポイントは貯まりません(※)。法人クレジットカードやETCカードでクレカのポイントを貯めたい経営者様は、別のカードを検討する方がよいでしょう。カードの詳細は、次のリンク先でご覧ください。

※ETCマイレージサービスに登録すれば、そちらのポイントは貯まります。

ライフカードビジネスライト
お申し込みは公式サイトへ!


アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード(以下アメックスビジネスゴールド)は、国際的なハイステータスの象徴であるアメリカン・エキスプレスが提供するプロパーゴールド法人カード。アメックスビジネスゴールドでは本会員1人で20枚までETCカードを発行でき、さらに従業員カード1枚に対しても1枚のETCカードを作れます

アメリカン・エキスプレスの法人用ETCカードは、新規発行手数料は無料ですが550円(税込)/枚の年会費が必要です。ETCカードには多少のコストがかかりますが、枚数を多めに発行できる点や、ステータスの高いアメックスを持てる点を踏まえると、十分に検討価値のある1枚です。アメックスビジネスゴールドの特徴やおすすめポイントは、次のリンク先で解説しています。

アメックスビジネスゴールド
お申し込みは公式サイトへ!


楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカードは、個人向けクレジットカードの「楽天プレミアムカード」の付帯カードとして発行できるビジネス用クレカ。楽天ビジネスカードではETCカードを一律の制限なく複数枚発行できるため、多数のETCカードを作りたい経営者様におすすめ。

楽天ビジネスカードに付帯するETCカードは、1枚目の年会費は無料です。2枚目以降は550円(税込)/枚の年会費が発生するため、多少のコストがかかる点は覚えておきましょう。

楽天ビジネスカードの最大のメリットは、楽天グループの利用時にポイント還元率が大幅にアップする点です。楽天市場で備品を購入する会社や、楽天トラベルで出張時のホテルを予約する経営者様などであれば、とても利用価値のある法人クレジットカードです。カード詳細は、次のページでご覧いただけます。

楽天ビジネスカード
お申し込みは公式サイトへ


クレジットカード一体型のETC/JCB法人カードは発行終了

JCBカードには、「ETC/JCB法人カード」というカードが存在していました。ETC/JCB法人カードは、JCBのクレジットカード機能とETCカード機能が一体型になったカードでした。

しかし残念ながらETC/JCB法人カードはすでに発行が終了し、順次「JCB法人カード」という通常のクレジットカードに切り替えられています。またETCカードは、JCB法人カードに付帯する「ETCスルーカードN」に切り替えられています。

まとめ:気になるビジネスカードは公式サイトをチェック

この記事では、おすすめの法人用ETCカードを紹介しました。法人用ETCカードを発行するなら、法人クレジットカード付帯のETCカードを作るのがおすすめ。年会費無料で多数のETCカードを作れるビジネスカードもあるほか、制約も少ないため利用しやすいです。

記事内では法人ETCカードを発行するのにおすすめのビジネスカードを紹介しました。もし気になるビジネスカードが見つかったら、まずはお気軽に公式サイトをチェックしてみてくださいね。

なお当サイトでは、ここで紹介した以外にも多数の法人クレジットカードを比較しています。次のページでは、特に人気のおすすめ法人クレジットカード14枚を徹底比較。「他の法人クレジットカードも見てみたい」とお考えの経営者は、ぜひご覧ください。

人気のビジネスカード14枚を徹底比較!
詳細はこちらへ