Category

相続税対策をお考えのお客さま
Customers considering inheritance tax measures

現金を不動産に変えることにより、同額の資産でも相続税を大幅に節税できることがあります。当社でご提案した実例をもとに、ご紹介します。

不動産を活用した相続税対策

相続税の節税効果が高い不動産投資でも、特に相続税においてさまざまなメリットが期待できるのがワンルームマンション経営です。相続対策では、節税効果を追求することはもちろん、“分けやすさ”や“売りやすさ”なども求められます。

相続対策の三原則を考える

相続対策には「分割」「節税」「納税」という三原則があります。節税効果だけが注目されがちですが、”分けやすさ”や”売りやすさ”など、相続人が困らないように円滑な相続を実現させる対策が大切です。ワンルームマンション経営は、不動産の節税力があるだけでなく、一件の金額も小さく分けやすさや売りやすさも期待できます。

相続対策の三原則

事例

1.法人を設立して父親の節税対策を実現

母親が亡くなられて一人暮らしの父親がいらっしゃるTさん。父親の財産が相当な額になることから、早急な節税対策をご提案しました。

2.夫から相続した財産を不動産と保険に組み換え

夫が病気で急死され、保険で1億円を相続されたTさん。未成年のお子さま二人もいらっしゃる状況を踏まえて、区分マンションの購入と一時払いの生命保険の加入をご提案しました。

3.住まない父親の自宅を売却して資産を組み替え

一昨年前に亡くなられた父親の自宅を相続されたSさん。もう住むことはないということから、売却と同時に区分マンションの購入と生命保険の加入をご提案しました。

※小規模宅地の減額には適用要件があり、その適用要件に合致しているものとして計算しています。

相続税の節税効果が高い「不動産」

不動産の評価額は、現金に対して大幅に減額できることから、現金を不動産に変えることにより、同額の資産でも相続税を大幅に節税できます。また、不動産も賃貸用にすればさらに減額できます。

上記の事例は実例の発生当時の法令に沿った結果を掲載しており、また相続時の状況により異なる結果となることがあります。
また、現在及び将来において同様の節税効果が保証されるものではありません。

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。ブラウザの設定によりクッキーの機能を変更することもできます。
詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する