アメックスカード(グリーン)を比較!ゴールドやセゾン社との違いを解説

各ランクのアメックスカードを紹介するとともに、クレディ・セゾンが発行するクレジットカードと比較します。

券面の美しさから高いステータス性を感じられる「アメックス」のクレジットカード。 検討されている方も多く、あなたもアメックスカードの性能や年会費が気になるのでは?

また、クレディ・セゾンが発行しますクレジットカードの違いも知りたいのではないでしょうか。

当記事では、そんなアメックスカードをランク毎に紹介するとともに、クレディ・セゾンのクレジットカードと比較し、おすすめの点を紹介します。

デザインは全4種類!ランク毎の性能を徹底解説

アメックス社が発行するクレジットカードは、4種類のランクに分かれています。 各グレードで券面のデザイン(色)や性能が異なるので、比較しないと最適な1枚が分かりません。

ここでは、そんな各ランクの性能を紹介するので、あなたに合うクレジットカードはどれか吟味してみてください。

アメックスグリーン

クレジットカード名 アメリカン・エキスプレス・カード
券面 アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード
国際ブランド American Express
年会費 13,200円
利用限度額 審査による
締切日 / 返済日 公式サイトに明記なし
ポイントプログラム名 メンバーシップ・リワード
ポイント還元率 0.5%前後(交換先による)
マイル還元率 最大1.0%(*注1)
海外旅行傷害保険 最高5,000万円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング保険 海外:最高500万円
国内:最高500万円
盗難補償
ETCカード 年会費:無料(*注2)
家族カード 年会費:6,600円

(*注1)メンバーシップ・リワード・プラスの入会が必須
(*注2)1枚あたり935円の発行手数料が掛かる

アメックスカード(以下アメックス・グリーン)は、一般ランクに属するアメックスが発行のクレジットカードです。 一般ランクといえど年会費が高く、他の会社が発行するクレジットカードと比較すると、相場(無料~1,000円前後)の10倍となっています。 ただ、それに見合う性能を持ち合わせているので人気が高く、多くの方が愛用するクレジットカードでもあります。

例えば「ANAマイル」が貯まりやすく、還元率は最大1.0%と高め。 マイルは航空券に交換でき、貯めたマイルで旅行する方も珍しくありません。

また、一般ランクのクレジットカードには似つかしくないトラベルサービスを付帯。 最高5,000万円の旅行傷害保険、それからプライオリティパスの無料発行など、豪華なサービスが豊富に備わっています。

アメックスゴールド

クレジットカード名 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
券面 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
国際ブランド AMERICAN EXPRESS
年会費 31,900円
利用限度額 審査による
締切日 / 返済日 公式サイトに明記なし
ポイントプログラム名 メンバーシップ・リワード
ポイント還元率 0.5%前後(交換先による)
海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング保険 海外:最高500万円
国内:最高500万円
盗難補償
ETCカード 年会費:無料(*注1)
家族カード 年会費:無料(*注2)

(*注1)1枚あたり935円の発行手数料が掛かる
(*注2)2枚目以降は13,200円

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下アメックス・ゴールド)は、名前の通りグレードがゴールドのクレジットカードです。 券面の美しさ、そしてアメックス社が発行のプロパーカードということもあり、日本だけでなく世界中で絶大な人気を誇ります。

そんなアメックス・ゴールドの性能は、高額補償の旅行保険が備わっていたり、実質的に有効期限のないポイントが貯まりやすかったり。 また、一部のレストランで食事料金が無料になる招待日和よりや、プライオリティパスの無料発行など、ゴールドランクに相応しいサービスを備えています。

他のクレジットカードと比較して年会費が高いものの、上述したサービスを享受できるため、利用における満足度は高いことでしょう。

アメックス・ゴールドの詳細はこちら

アメックスプラチナ

クレジットカード名 アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
券面 アメックスプラチナ
国際ブランド American Express
年会費 143,000円
利用限度額 審査による
締切日 / 返済日 公式サイトに明記なし
ポイントプログラム名 メンバーシップ・リワード
ポイント還元率 0.5%前後(交換先による)
海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高1億円
ショッピング保険 海外:最高500万円
国内:最高500万円
盗難補償
ETCカード 年会費:無料(*注1)
家族カード 無料(4枚まで)

メタル製で重厚感のある券面が最高クラスのステータスに相応しいアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(以下アメックス・プラチナ)。 コンシェルジュやプライオリティパスはもちろんのこと、食事料金が安くなる「招待日和」や、対象ホテルの宿泊券が無料で貰えるなど、嬉しいサービスが満載です。

注目したいのは、還元率がアップする「ラグジュアリー・ショッピング」というサービス。 対象加盟店での決済時、利用額100円に対し10ポイントも還元されるという驚くべき内容です。

ネックなのは、これだけ性能が良いので相場より年会費が高いこと。 相場の30,000円より5倍ほど高い143,000円という年会費なので、手を出すのが億劫ではあります。

ただ、あくまでも年会費なので、月割りだと約12,000円、日割りだと約392円という料金です。 これで、コンシェルジュを始めとする数多のサービスが利用できるので、会費以上の恩恵が受けられるのは確かでしょう。

また、審査は以前よりも緩和されたようで、通る人は増えている傾向に。 インビテーションが無くても申請できるようになったので、検討してみるのもおすすめです。

グリーンとゴールドの違いを比較

年会費の観点から、人気が高いのは「グリーン」と「ゴールド」の2種類。 この2つに、どのような違いがあるのか気になるのでは?

ここでは、アメックスのグリーンとゴールドを比較し、違う点を紹介します。

年会費が2.42倍も違う

1つ目は「年会費」が違います。 ランクが異なるので当然ではあるのものの、それが結構な差なので挙げました。

アメックス・グリーン 13,200円
アメックス・ゴールド 31,900円

それぞれの年会費は、比較表の通り。 ゴールドが31,900円なのに対してグリーンは13,200円なので、比較すると18,700円(2.42倍)もの差があります。 それに見合うサービスをゴールドは備えていますが、選考理由で年会費が上がるのであればグリーンがおすすめです。

オプション料やトラベルサービスが違う

2つ目は「性能」が違います。

例えば、還元率が2倍になる「メンバーシップ・リワード・プラス」というサービス。 こちらの利用には別途年会費が掛かるのですが、その料金がグリーンとゴールドで違います。

  • アメックス・グリーン:5,500円
  • アメックス・ゴールド:3,300円

こちらは、当該カードを作るなら入会をおすすめするサービスです。 そう考えると、一般ランク(グリーン)で5,500円の年会費を追加で払うより、最初からアメックス・ゴールドを選ぶ方が賢い選択と思えなくもありません。

実は、こうした少しの違いがグリーンとゴールドを比較すると結構あります。

アメックスのクレジットカードはトラベルサービスに強く、旅行や出張の機会が多いなら持つことをおすすめする1枚です。 そんなトラベルサービスの充実度(プライオリティパスや旅行傷害保険など)が特にランク毎で異なるので、頻繁に出かける方はゴールドの方が良いでしょう。 年会費は高いものの、付帯サービスにより結果的にはお得なので、どちらかで迷ったらゴールドを推奨します。

審査の難易度が違う

3つ目の違いは「審査の難易度」です。

審査で通る・通らないの判断基準で大きいのは、申請者に返済能力があるか。 つまりは「利用額や年会費を返済できるほどの収入が申請者にあるか」と「過去にクレジット関連で返済滞納の履歴がないか」が重要です。

返済を滞納したことがなく、サラリーマンの平均年収程度(450万円前後)を稼げているのであれば、どちらも通る可能性は高いことでしょう。

ただ、あくまでも口コミや他のクレジットカードにおける通過率を鑑みての推測なので、本当のところは分かりません。 とはいえ、アメックス・プラチナの審査が軟化したなども理由もあり、上記の条件を満たすなら検討してみるのもおすすめです。

クレディ・セゾン社との違いを比較

クレジットカードのなかには、国際ブランドにアメックスを選べるものが多く存在します。

そのなかでも、特に有名なのがクレディ・セゾン社(以下セゾン社)が発行するクレジットカード。 こちらは、券面のデザインにセンチュリオンが記されており、アメックスのクレジットカードと思われている方も珍しくありません。

しかし、アメックスは提携しているだけで、発行元はセゾン社です。 そのため、実はデザイン以外にもアメックスとセゾンのクレジットカードには違いがあります。

ここでは、セゾン社が発行するクレジットカードの違いについて解説します。

ランク(種類)が違う

1つ目の違いは「ランク(種類)」です。

上述した通り、アメックス社のクレジットカードはブラックを含め4種類。 一方で、セゾン社が発行するクレジットカードは以下の5種類と、本家より種類が多いです。

プラチナ ローズゴールド ゴールド
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス セゾンアメックス ローズゴールド セゾンゴールドアメックス
ブルー パール
セゾンアメックス ブルー セゾンパール・アメックス

ランク帯は「パール・ブルー」が一般クラス。 あとの3種類は、名前の通りといったグレードになります。

いずれも、本家(アメックス社)と同じくらい人気のクレジットカードなので、利用するのはおすすめです。

年会費が価格帯が違う

2つ目の違いは「年会費」です。

アメックス社のクレジットカードは、プロパーカードゆえ年会費が高め。 一方で、セゾン社のクレジットカードはアメックスとの提携で作られているので、年会費が低い傾向にあります。

本会員 家族カード
パール 1,100円
(年1回のカード利用で無料)
永年無料
ブルー 3,300円
(26歳未満は無料)
1,100円
ゴールド 11,000円 1,100円
プラチナ 22,000円 3,300円

「ローズゴールド」に関しては、クレジットカードでは珍しい「月会費」を採用。 月会費980円なので年間11,760円となっており、プラチナとゴールドの間に位置します。

条件次第では無料になったり、家族カード(会員の家族に渡せるカード)が通常の90%OFFだったりと、とにかく安いのが特徴です。 ただ、性能面は素晴らしく、コスパを考えるとトップクラスで優秀なクレジットカードであります。

本家と比較するとステータス性は劣るものの、サービスと年会費のバランスを鑑みるなら、こちらもおすすめです。

それぞれの切り替え方について

違う点ではないですが、切り替えたいときの方法を紹介します。

アメックス社からセゾン社、セゾン社からアメックス社。 このようなクレジットカードの切り替えは、発行会社が違うので行えません。

仮に切り替えたい場合、切り替えたいクレジットカードの作成後、古いものを解約する流れになります。

例えば、セゾン社からアメックス社のクレジットカードに切り替える場合。 アメックス社のクレジットカードを申請し、手元に届いてからセゾン社のクレジットカードを解約するという順番です。

「切り替え」というより「作り替え」になるので、その点にご注意ください。

セゾンカードの詳細はこちら

アメックスカードの作り方

アメックスのクレジットカードは、全5ステップで作成できます。

  1. 公式サイトにアクセス
  2. 申請フォームの入力
  3. 審査
  4. 本人確認手続き
  5. カードの発送

作成するときは、まず公式サイトにアクセスします。 新規入会のページがあるので、そちらに飛び、必要事項を入力しましょう。

入力された情報をもとに審査が行われ、合否がメール等で送られてきます。 その後、本人確認を行い、問題なければ郵送で送られてくる流れです。

まとめ

アメックスカードのまとめ
  • アメックスのクレジットカードは全4種類
  • 年会費は高額であるものの、それに見合う性能を付帯
  • グリーンとゴールドは、年会費を始め特にトラベルサービスに違いあり
  • 旅行や出張の機会が多いならゴールドランクがおすすめ
  • セゾン社のクレジットカードとは全くの別物

アメックスのクレジットカードは、いずれも同ランク帯のなかでは年会費が飛びぬけて高めです。 ただ、それに見合う(それ以上の)サービスを備え、高い人気を誇るので、検討してみる価値は十分にあります。

クレディ・セゾンが発行するクレジットカードとは異なるので、その点は注意しましょう。 どちらのクレジットカードを選んでもハズレはありません。 検討するときは「ステータス性」ならアメックスを、「コスパ」ならクレディ・セゾンで選ぶのがおすすめです。

アメックスは年会費が高いものの、月換算で考えると意外にも高くありません。 アメックスグリーンだと月換算1,100円とリーズナブルであり、コスパ的にも優秀なので、検討してみるといいでしょう。

アメックス・グリーンの申込はこちら