年会費無料のクレジットカードを比較!最新のおすすめを紹介【2022年】

年会費無料のクレジットカードには「永年無料・条件つき無料・初年度無料」の3パターンがあります。 それゆえ、年会費無料のクレジットカードは種類が多く、2022年10月に当サイトが調べた限り、年会費0円のクレジットカードは軽く200枚以上もあることが判明。

これほどの種類があると、どのクレジットカードがおすすめか比較できないのではないでしょうか? 当記事では、数多ある年会費無料のクレジットカードを比較し、特に性能が良かったおすすめを紹介します。

  • JCBカードW
  • 1.0%~5.5%の還元率!多数の店舗で還元率がアップするコスパカード!

  • エポスカード
  • 海外旅行に最適!最高500万円の旅行傷害保険が自動付帯!

  • 楽天カード
  • 楽天経済圏との相性抜群!天市場では還元率が常時3.0%(最大14%)



コストパフォーマンスに長けたおすすめのクレジットカードを、ぜひご覧ください。

目次

年会費が永年無料のおすすめクレジットカード比較TOP3

年会費が永年無料のおすすめクレジットカードを比較

さっそく、年会費無料のクレジットカードを紹介します!

還元率は高いか、特定の店舗で還元率は上がるか。 旅行傷害保険など付帯サービスは賑やかか、利便性は高いか。

それぞれを比較し、特に性能がいいと判断したおすすめのクレジットカードをご覧ください。

JCBカードW|最大5.5%の還元率!多数の店舗で還元率がアップするコスパカード!

JCBカードW
年会費 還元率 国際ブランド
永年無料 1.0%~5.5% JCB
海外旅行傷害保険(付帯条件)
最高2,000万円(利用付帯)
即日発行 対象年齢
18歳~39歳
※出典:JCBカードW 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

JCBカードWの特徴は、年会費無料なのに性能が飛び抜けているところです。

例えば、特定の店舗で還元率がアップする「JCBオリジナルシリーズパートナー」というサービス。 「Amazon・セブン-イレブン・スターバックス(*1)」など人気店にて、JCBカードWの還元率が最大5.5%になります!
(*1)スターバックスカードに「オンライン」または「オートチャージ」で1,000円以上の入金が条件

さらに、海外旅行傷害保険も備えているのがJCBカードWの凄いところ。 JCBカードWの海外旅行傷害保険は、最高2,000万円の死亡傷害・後遺障害の補償を始め、疾病や怪我の治療費、賠償責任なども対象です。

これだけのサービスながらも、年会費は永年無料のJCBカードW。 学生や新社会人も作れるクレジットカードなので、JCBカードWを検討してみてください!

JCBカードW
の申込はこちら

より詳しく知りたい情報は「JCBカードWの詳細」をご覧ください。



エポスカード|海外旅行に最適!最高500万円の旅行傷害保険が自動付帯

エポスカード
年会費 還元率 国際ブランド
永年無料 0.5% Visa
海外旅行傷害保険(付帯条件)
最高500万円(自動付帯)
即日発行 対象年齢
18歳以上
※出典:エポスカード 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

海外旅行が好きなら、エポスカードがおすすめです!

その理由は2つあり、1つは海外旅行傷害保険が「自動付帯」であるため。 条件なしで旅行傷害保険を利用できるクレジットカードを指し、年会費無料のものは5枚もありません。 その1枚がエポスカードであり、海外旅行するなら最適なのです。

2つ目の理由は、海外でキャッシングできること。 旅先のATMで現地通貨を引き出せるので、お金に困っても心配いりません。

即日発行でき、エポスカウンターにて最短30分で作れます。

年会費無料はエポスゴールドカードになっても継続されるので、将来的にゴールドカードを持ちたい方にもおすすめです!

エポスカード
の申込はこちら

より詳しく知りたい情報は「エポスカードの詳細」をご覧ください。



楽天カード|楽天経済圏との相性抜群!天市場では還元率が常時3.0%(最大14%)

楽天カード
年会費 還元率 国際ブランド
永年無料 1.0% Visa / Mastercard
JCB / Amex
海外旅行傷害保険(付帯条件)
最高2,000万円(利用付帯)
即日発行 対象年齢
× 18歳以上
※出典:楽天カード 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

楽天市場などの楽天サービスを利用するとき、決済が楽天カードだと還元率がアップするのでおすすめです。

例えば、通販サイトの楽天市場だと、無条件で還元率は3倍にアップ。 「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」も組み合わさると、10倍以上も狙えます。

Point

SPUとは、楽天のグループサービスを利用すると獲得ポイントが増えるサービス。 対象サービスは時期により異なるので、還元率アップを図るなら事前に確認しましょう。


デメリットは、ETCカードに550円の年会費が掛かること。 年会費無料にできますが、別のクレジットカードで利用を考えるのが得策です。

ちなみに、楽天カードは顧客満足度調査にて13連続1位を獲得する人気のクレジットカード(引用:楽天カード「2021年度日本版顧客満足度指数調査のクレジットカード業種にて13年連続で第1位を獲得」(https://www.rakuten-card.co.jp/corporate/press_release/20211222_1/))。 楽天経済圏を利用しているなら、楽天カードをご検討ください。

楽天カード
の申込はこちら

より詳しく知りたい情報は「楽天カードの詳細」をご覧ください。



ポイント還元率1.0%以上のコスパに長けた年会費無料のクレジットカードを比較

高還元率の年会費無料クレジットカードを比較

クレジットカードの利点に、ポイント還元率を思い浮かべる人もいることでしょう。 ポイント還元率の平均は0.5%で、1.0%以上だと高還元率とされています。

年会費無料のクレジットカードは低還元率のイメージがありますよね。 しかし、実は年会費無料でも1.0%以上の還元率というクレジットカードも存在します!

ここでは、年会費無料ながら還元率が1.0%以上のコスパ系クレジットカードを紹介します。

リクルートカード|常時1.2%の還元率は年会費無料のカードでは驚異的!

リクルートカード
年会費 還元率 国際ブランド
永年無料 1.2% Visa / Mastercard / JCB
海外旅行傷害保険(付帯条件)
最高2,000万円(利用付帯)
即日発行 対象年齢
× 18歳以上
※出典:リクルートカード 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

リクルートカードの還元率は1.2%で、今回の紹介カードで断トツ! 「じゃらん・ホットペッパービューティー・ポンパレモール」では最大4.2%になるので、利用される方にリクルートカードはおすすめです。

リクルートカードは、還元率だけでなく旅行傷害保険も注目すべき。 というのも、リクルートカードは海外だけでなく国内の旅行傷害保険も備えているからです。 補償は最高1,000万円と高く、地方を回ることが多い人にリクルートカードは最適と言えます。

リクルートカードの注意点は「Visa・Mastercard」と「JCB」で、発行会社が違うこと。 付帯する電子マネーが変わるので、リクルートカードの国際ブランドは比較しておきましょう。

「Visa・Mastercard」と「JCB」はどちらがおすすめ?

旅行傷害保険の内容は「Visa・Mastercard」と「JCB」で変わりません。 JCBは、海外での利用に未対応なことがあります。 海外でリクルートカードを使うなら、JCBは止めた方がいいかも知れません。


リクルートカード
の申込はこちら

より詳しく知りたい情報は「リクルートカードの詳細」をご覧ください。



Orico Card THE POINT|入会から半年は還元率が2.0%!

オリコカード THE POINT
年会費 還元率 国際ブランド
永年無料 1.0% Mastercard / JCB
海外旅行傷害保険(付帯条件)
即日発行 対象年齢
× 18歳以上
※出典:Orico Card THE POINT 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

Orico Card The Pointは、基本還元率が1.0%もあるうえ、入会から半年間は2.0%になるクレジットカードです。

「オリコモール」というモールサイトを経由して通販サイトを利用すると、還元率は最大15%にアップ。 年会費無料のクレジットカードでは、トップクラスの還元率になります!

Orico Card The Pointは、ETCカードの年会費と発行手数料も無料。 クレジットカードとETCカードの両方とも年会費無料がいい方におすすめです!

Orico Card THE POINT
の詳細はこちら


dカード|特約店で還元率アップ!29歳以下なら旅行傷害保険も利用可

dカード
年会費 還元率 国際ブランド
永年無料 1.0% Visa / Mastercard
海外旅行傷害保険(付帯条件)
最高2,000万円(利用付帯)
即日発行 対象年齢
18歳以上
※出典:dカード 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

dカードには、最大10,000円というスマホの補償サービスが付帯しています。 購入から1年以内の偶発的な事故による紛失や盗難に対応という、嬉しいサービスです。

基本還元率は1.0%と高いうえ、特約店では加算や割引を受けられます。 「ローソン・マツモトキヨシ・マクドナルド」などが加盟しており、どなたも恩恵を受けやすいでしょう。

旅行傷害保険は国内外と対応しており、年会費無料ながら手厚い補償です。 ただ、利用できるのは29歳以下の会員なので、30歳以上の方はご注意ください。

旅行傷害保険を考えると、学生や新社会人におすすめの年会費無料クレジットカードです!

dカード
の詳細はこちら


Visa LINE Pay クレジットカード|事前チャージなしでLINE Pay決済が可能に!

Visa LINE Payクレジットカード
年会費 還元率 国際ブランド
永年無料 1.0% Visa
海外旅行傷害保険(付帯条件)
最高2,000万円(利用付帯)
即日発行 対象年齢
18歳以上
※出典:Visa LINE Payクレジットカード 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

「Visa LINE Pay クレジットカード」を作るときは、2つのタイプから選ばないといけません。

1つがスタンダードタイプで、プラスチックカードを発行して使用する一般的なタイプ。 もう1つがカードレスタイプで、プラスチックカードを発行せず、カード情報等だけが照会されるタイプです。

カードレスタイプは「LINE Pay」などのスマホ決済アプリを通さないことには、実店舗で利用できません。 また、両タイプを同時に持つことはできないので、その点もご注意ください。

どちらを選んでも性能に変化はないので、あなたに合うスタイルから選ぶのがおすすめです!

Visa LINE Pay クレジットカード
の申込はこちら


PayPayカード|PayPay残高にチャージできる唯一のクレジットカード!

PayPayカード
年会費 還元率 国際ブランド
永年無料 1.0% Visa
海外旅行傷害保険(付帯条件)
即日発行 対象年齢
× 18歳以上
※出典:PayPayカード 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

PayPayカードは「Yahoo!ショッピング」の利用者におすすめのクレジットカードです。

通常時の還元率は1.0%ですが、Yahoo!ショッピングでは3%が付与。 さらに「5のつく日」は4.0%が加算され、合計7.0%という驚異的な還元率になります!

Point

10月11日に「Yahoo!ショッピング」と「LOHACO」の+1.0%が終了。 10月12日より、終了日未定で上記2点にて「毎日最大+3.5%【指定支払方法での決済額対象】」が開始されます。


PayPayカードは「PayPay」の残高にチャージできる唯一のクレジットカード。 日常的にPayPayを利用されるならば、PayPayカードは持つと便利です!

PayPayカード
の詳細はこちら


特徴別のおすすめクレジットカードを比較

特定の条件下で真価を発揮するクレジットカードがあります。 例えば、還元率が2倍3倍とアップしたり、割引を受けられたり、即日発行できたり。

ここでは、そんな特徴を持つおすすめの年会費無料クレジットカードを紹介します。

三井住友カード(NL)|マックとコンビニで最大5.0%還元!

三井住友カード(NL)
年会費 還元率 国際ブランド
永年無料 0.5% Visa / Mastercard
海外旅行傷害保険(付帯条件)
最高2,000万円(利用付帯)
即日発行 対象年齢
18歳以上
※出典:三井住友カード(NL) 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

三井住友カード(NL)は、即日発行できるクレジットカードです。 プラスチックカードは1週間ほど掛かりますが、カード情報だけは審査通過後に確認可能。 ネットショッピングはもちろん、スマホ決済アプリを通せば実店舗でも買い物できます!

決済では、マクドナルドとコンビニ(ローソンやセブン-イレブンなど)を利用される方におすすめ。 なぜなら、対象店舗では還元率が+2.0%、タッチ決済で+2.5%になるからです(合計5.0%)。

あなたは、コンビニやマクドナルドを利用することが多いですか? 頻繁に寄るならば、三井住友カード(NL)はおすすめのクレジットカードです!

三井住友カード(NL)
の申込はこちら

より詳しく知りたい情報は「三井住友カード(NL)の詳細」をご覧ください。



ライフカード|年間利用額に応じて還元率が最大2倍に!

ライフカード
年会費 還元率 国際ブランド
永年無料 0.5% Visa / Mastercard / JCB
海外旅行傷害保険(付帯条件)
即日発行 対象年齢
× 18歳以上
※出典:ライフカード 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

ライフカードは、還元率上昇のサービスが多いクレジットカードです。

例えば、前年度の利用額に応じて最大2倍も還元率が上がるサービス。 以下の通り「1.5倍・1.8倍・2倍」と還元率が変動します(初年度は無条件で1.5倍)。

年間利用額 倍率
50万円未満 1.0倍
50万円以上 1.5倍
100万円以上 1.8倍
200万円以上 2.0倍


また、誕生月には還元率が無条件で3倍に。 誕生日が7月7日なら7月中はずっと3倍になるので、嬉しいサービスです!

さらには「L-Mall」というモールサイトを利用すると、最高25倍になります。 基本還元率こそ低いですが高還元率になれるので、お得なクレジットカードです!

ライフカード
の申込はこちら


ACマスターカード|キャッシングに長けた即日発行のカード!

ACマスターカード
年会費 還元率 国際ブランド
永年無料 0.25% Mastercard
海外旅行傷害保険(付帯条件)
即日発行 対象年齢
18歳以上
※出典:ACマスターカード 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

ACマスターカードは、自動契約機「むじんくん」で発行するクレジットカード。 全国1,000ヶ所以上にある機械で手続きするので、年中無休8:00~22:00で作れます。

ACマスターカードは、キャッシングを利用したい方におすすめです。 最大融資額が大きい(公式参照)ので、多額の資金を借り入れたいなら検討すべき。 ただし、借入は年収1/3までという法律があるため、それ以上は借りられません。

還元率は0.25%と低いですが、利用額から自動キャッシュバックなので便利です。 ポイントの移行が不要なので、手続きが面倒な方は相性がいいでしょう!

ACマスターカード
の詳細はこちら


セゾンカードインターナショナル|失効しない永久不滅ポイントが貯められる

セゾンカードインターナショナル
年会費 還元率 国際ブランド
永年無料 0.5% Visa / Mastercard / JCB
海外旅行傷害保険(付帯条件)
即日発行 対象年齢
18歳以上
※出典:セゾンカードインターナショナル 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

セゾンカードインターナショナルは、デジタルカードタイプも選べるクレジットカードです。 スマホで管理するクレジットカードで、公式アプリ「セゾンPortal」を介して確認できます。

最短5分で発行でき、またカードが無いのでセキュリティの観点から安全というのがデジタルカードのメリット。 もちろん、プラスチックカードも選べるので、あなたの希望に合った方を選べます。

セゾンカードインターナショナルの特徴は、ポイントの有効期限がないこと。 失効を気にせず貯められるので、カード利用が少なくゆっくり貯めたい方におすすめです!

専用モールサイトもあり、経由して通販サイトを利用すればポイントは最大30倍! ハイリターンが見込めるおすすめのクレジットカードです。

セゾンカードインターナショナル
の詳細はこちら


セブンカード・プラス|セブン&アイグループ店で還元率が2倍!

セブンカードプラス
年会費 還元率 国際ブランド
永年無料 0.5% VISA / JCB
海外旅行傷害保険(付帯条件)
即日発行 対象年齢
× 18歳以上
※出典:セブンカード・プラス 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

セブン&アイグループ、特にイトーヨーカドーを利用されるならセブンカード・プラスはおすすめです!

セブンカード・プラスは、セブン&アイグループの決済時に200円で2ポイントが付与。 他店では1ポイントなので、2倍のポイント還元を受けられます。

毎月8がつく日は、イトーヨーカドーにて5%の割引を受けることも可能。 月に3回もあるので、この日にセブンカード・プラスでまとめ買いされるのがお得です!

セブンカード・プラスは、nanacoの「一体型」と「紐付型」から選べます。 紐付型だとセブンカード・プラスとnanacoの2枚を持ち歩きになりますが、一体型は1枚に集約されるので持ち歩くカード枚数が減りおすすめです。

セブンカード・プラス
の申込はこちら


VIASOカード|ポイントが自動で請求額にキャッシュバックされる!

VIASOカード
年会費 還元率 国際ブランド
永年無料 0.5% Mastercard
海外旅行傷害保険(付帯条件)
最高2,000万円(利用付帯)
即日発行 対象年齢
× 18歳以上
※出典:VIASOカード 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

VIASOカードの特徴は、自動キャッシュバックを採用しているところ。 1,000円の利用額毎に5ポイントが付与され、1,000ポイントが貯まると1,000円相当として還元されます。

欠点は、ポイントの有効期限が1年間と短いこと。 自動キャッシュバックの条件である1,000ポイントには、少なくとも20万円の利用が必要です。 そのため、年間利用額が20万円未満だろう方にはおすすめできません。

ただ、ETCやスマホ料金(au・ドコモ・ソフトバンク・Y!モバイル)の決済は、ポイントの付与が2倍に。 また「POINT名人.com」では最大24倍なので、こちらを活用できる方にはおすすめです!

VIASOカード
の申込はこちら


ローソンPontaプラス|還元率は常時1.0%!ローソンでは最大6.0%!

ローソンPontaプラス
年会費 還元率 国際ブランド
永年無料 1.0% Mastercard
海外旅行傷害保険(付帯条件)
即日発行 対象年齢
× 18歳以上
※出典:ローソンPontaプラス 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

ローソンPontaプラスは、ローソンでの決済に最適なクレジットカード。 というのも、以下の通り最大6%の還元を受けられるからです。

利用額200円毎の付与数
0:00~15:59 16:00~23:59
常時 2ポイント 4ポイント
10日・20日
(ローソンアプリでエントリー)
6ポイント 12ポイント


最大6倍は10日と20日だけですが、2倍なら16時以降は常時なのが嬉しいですね。 ちなみに「ウチカフェスイーツ」はいつでも10%還元なので、こちらも見逃せません(上限1,000ポイント/月)。

ローソン以外のお店では低還元率かと思いきや1.0%であり、高いのも魅力的です!

入会時には、特典として無条件で1,000ポイントが付与。 また入会から3ヶ月後の末日までに累計50,000円の利用があれば、さらに1,000ポイントが貰えます!

かなりお得なクレジットカードで、特にローソンを利用されるならおすすめの1枚です。

ローソンPontaプラス
の申込はこちら


イオンカードセレクト|イオンで還元率2倍!毎月20日と30日は5%OFF!

イオンカードセレクト
年会費 還元率 国際ブランド
永年無料 0.5% Visa / Mastercard / JCB
海外旅行傷害保険(付帯条件)
即日発行 対象年齢
× 18歳以上
※出典:イオンカードセレクト 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

イオングループの対象店舗にて、お得な割引等を受けられる数々のイオンカード。 そのなかでも、特におすすめのイオンカードが「イオンカードセレクト」。 理由は、イオンカードセレクトが他と比較して多機能であるからです。

イオンカード
セレクト
イオンカード
(WAON一体型)
その他
イオンカード
クレジットカード
機能
電子マネー
WAON機能
キャッシュカード
機能

引用:暮らしのマネーサイト「イオンカードセレクトとその他イオンカードの違いは?機能・特典・デザインの違いを解説!」(https://www.aeon.co.jp/column/20210513/)

機能性に違いはあれど、年会費無料は変わりません。 であれば、多機能のイオンカードセレクトが最良の選択肢です!

肝心の還元は、例えば、イオングループにてポイントを常時2倍付与。 毎月10日は5倍付与であり、たくさんのポイントを簡単に集められます。

割引は、毎月20日と30日に会計額が5%OFF。 この日にまとめ買いされる方も多く、家計の節約にイオンカードセレクトは欠かせません!

デメリットは、あくまでもイオングループで輝くクレジットカードであること。 他店では別のクレジットカードを利用する方が、還元率的にはお得です。

とにもかくにも、イオングループで買い物されるなら持っていないのは大損! 普段からイオングループを利用されるなら、検討をおすすめします。

イオンカードセレクトの申込はこちら

コスモ・ザ・カード・オーパス|コスモ石油にて給油料金が会員価格に!

コスモ・ザ・カード・オーパス
年会費 還元率 国際ブランド
永年無料 0.5% Visa / Mastercard / JCB
海外旅行傷害保険(付帯条件)
即日発行 対象年齢
× 18歳以上
※出典:コスモ・ザ・カード・オーパス 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

コスモ・ザ・カード・オーパスは、イオンカードの性能に「コスモ石油での割引」が追加されたクレジットカードです。

ガソリンと灯油が会員価格になるため、コスモ石油で給油されるなら持つべき。 ETCカードも年会費が無料なので、日頃から運転される方と相性がいいクレジットカードです。

Point

会員価格の割引は、2円~5円ほど。 店舗によって異なるので、給油前に確認されるのがおすすめです。


入会特典として、入会から3ヶ月間は1リットルにつき10円のキャッシュバック(最大50リットル分)。 イオンに運転して行かれる方は、このクレジットカードに給油も済ませてしまうといいでしょう。

コスモ・ザ・カード・オーパス
の申込はこちら


ビックカメラSuicaカード|実質1.5%の還元率カードとして扱える!

ビックカメラSuicaカード
年会費 還元率 国際ブランド
524円 0.5% Visa / JCB
海外旅行傷害保険(付帯条件)
最高500万円(自動付帯)
即日発行 対象年齢
× 18歳以上
※出典:ビックカメラSuicaカード 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

ビックカメラSuicaカードの年会費は524円ですが、初年度は無料になります。 次年度も「前年度に1回でもカード利用があれば無料」なので、年会費は有って無いようなものです。

ビックカメラSuicaカードの還元率は0.5%と、クレジットカードでは平均的な数値。 しかし「モバイルSuicaのチャージ」と「オートチャージ」では1.5%にアップ。 そのため、チャージしたSuicaで決済すれば、実質還元率1.5%のクレジットカードとして重宝します!

Suicaは改札以外でも利用できるので、高還元率のクレジットカードをお探しならおすすめです。

ビックカメラSuicaカード
の申込はこちら


セゾンパール・アメックス|最短5分の即日発行!簡単な条件で次年度も無料に

セゾンパール・アメックス
年会費 還元率 国際ブランド
1,100円 0.5% Amex
海外旅行傷害保険(付帯条件)
即日発行 対象年齢
18歳以上
※出典:セゾンパール・アメックス 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

セゾンパール・アメックスは、年会費が無料ではありません。 初年度は無条件で無料ですが、次年度からは条件を満たさないと1,100円の年会費が掛かります。

とはいえ、その条件は「カードを1回でも使用すること」なので達成は簡単! 条件は5円チョコの購入でも満たせるので、実質無料といえます。

セゾンパール・アメックスのメリットは、QUICPay加盟店での決済が以下だと永久不滅ポイントが4倍も貯まること(10月末日の利用分まで)。

  • Apple Pay
  • Google Pay
  • セゾンQUICPay


永久不滅ポイントが4倍とは、還元率に直すと2.0%相当。 QUICPayの加盟店は全国186万ヶ所もあり、大抵のお店で恩恵を受けられます!

セゾンパール・アメックスの申請は、以下から選びます。

  • セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード digital
  • セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード


2枚の主な違いは「デジタルカード」と「ナンバーレス」と「家族カード」の3点。

「digital」はデジタルカードの発行なので、申請から最短5分の即日発行が可能です。 プラスチックカードは後日に郵送で届くため、デジタルとの2枚持ちになります。

届くプラスチックカードにはカード番号の記載がなく、その点も異なります。 また家族カードが発行できないので、作りたいなら「digital」ではない方を選びましょう。

セゾンパール・アメックス
の申込はこちら


セゾンブルー・アメックス|26歳未満は年会費無料!高額補償の保険が付帯で学生におすすめ

セゾンブルー・アメックス
年会費 還元率 国際ブランド
3,300円 0.5% Amex
海外旅行傷害保険(付帯条件)
最高3,000万円
即日発行 対象年齢
× 18歳以上
※出典:セゾンブルー・アメックス 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

セゾンブルー・アメックスは、26歳未満だと年会費無料のクレジットカード。 3,300円の年会費が0円になるので、得した気分になれます!

では、実際にお得かというと、海外旅行が好きな方にはお得。 なぜなら、最高3,000万円の旅行傷害保険という、年会費無料のクレジットカードではトップクラスの補償を受けられるからです。

ちなみに、海外での決済時は還元率が2倍になるのも嬉しいポイント。 また、国内旅行傷害保険も最大3,000万円なので、国内旅行が好きな方にも実は最適です。

クレジットカードの有効期限は基本的に5年間なので、20歳以下だと年会費無料のギリギリまで使えます。 年会費無料の期間中に解約できますし継続も選べるので、作ってみるのもおすすめです!

セゾンブルー・アメックス
の申込はこちら


P-oneカード<Standard>|請求額から自動で1.0%の割引!

P-oneカード<Standard>
年会費 還元率 国際ブランド
永年無料 1.0% Visa / Mastercard / JCB
海外旅行傷害保険(付帯条件)
即日発行 対象年齢
× 18歳以上
※出典:P-oneカード<Standard> 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

クレジットカードのポイントを使うには、所定の手続きを行う必要があります。 それを忘れ、有効期限が過ぎて失効してしまうケースは珍しいことではありません。

そんなトラブルが起こり得ないクレジットカードが「P-oneカード〈Standard〉」。 なぜなら、還元システムが「月間利用額から自動で1.0%を割り引く」というものであるからです。

割引の対象外は、以下の通り。

・サンリブ・マルショク店内ご利用分・ポケットカードトラベルセンター・電子マネー・WEBマネーチャージ(Edy/nanaco/auWALLET等)・切手・各種ギフト券等の金券類・生損保等の各種保険料・ETCカードのご利用分・キャッシングご利用分・年会費
引用:クレジットカードのポケットカード株式会社(https://www.pocketcard.co.jp/ad/pone_s/hy02/)


1.0%は高還元率の部類に入るため、他のクレジットカードに負けていません。 そのうえで、移行手続きが不要であると考えると、秀でているといえるでしょう!

P-oneカード〈Standard〉
の申込はこちら


年会費無料で持てるおすすめのゴールドカードを比較!

年会費無料のおすすめゴールドカードを比較

年会費無料のクレジットカードは、一般カードに多いです。 では、年会費無料の「ゴールドカード」は存在するのでしょうか?

結論を言えば、条件つきで年会費無料になるゴールドカードはあります! なかには、条件達成以降は年会費が「永年無料」になるゴールドカードも。

ここでは、年会費が無料になるおすすめのゴールドカードを紹介します。

エポスゴールドカード|3通りの方法から年会費を永年無料にできる!

エポスゴールドカード
年会費 還元率 国際ブランド
5,000円 0.5% Visa
海外旅行傷害保険(付帯条件)
最高2,000万円(自動付帯)
即日発行 対象年齢
18歳以上
※出典:エポスゴールドカード 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

エポスカードは、年会費を無料にする方法が3通りもあるゴールドカード。 条件は以下の3つで、いずれか1つでも達成すれば年会費が永年無料になります。

  • 年間利用額50万円以上
  • 発行会社からの招待(一般ランクからのグレードアップ)
  • ゴールドまたはプラチナの会員である家族からの紹介


エポスカードからのランクアップだと、初年度から年会費が永年無料です。 一方で、エポスゴールドカードからだと、最短で次年度から年会費が永年無料に。 年間50万円=ひと月あたり約42,000円と少額なので、食費等をカード払いすれば達成は簡単でしょう。

エポスゴールドカードで注目すべきは、自動付帯の海外旅行傷害保険。 最高補償は2,000万円、傷害と疾病の治療費は最高300万円であり、年会費無料とは思えない海外旅行傷害保険です。

簡単な条件で年会費が永年無料になってしまうエポスゴールドカード。 年会費0円のゴールドカードをお探しなら、検討する価値があるおすすめの1枚です!

エポスゴールドカード
の詳細はこちら


三井住友カードゴールド(NL)|年間100万円の利用後は永年無料に!

三井住友カードゴールド(NL)
年会費 還元率 国際ブランド
5,500円 0.5% Visa / Mastercard
海外旅行傷害保険(付帯条件)
最高2,000万円(利用付帯)
即日発行 対象年齢
20歳以上
※出典:三井住友カードゴールド(NL) 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

三井住友カードゴールド(NL)は、年間利用額が100万円を上回ると年会費無料になるゴールドカードです。 ひと月あたり約84,000円なので「食費・公共料金・税金・固定費」の決済に充てれば、割と簡単に達成できます。

上記の条件を1回でも達成すれば、以降は年会費が永年無料に。 そのため、無理してでも初年度に100万円の年間利用を達成するのがおすすめです。

三井住友カードゴールド(NL)の特徴は、マクドナルドと大手コンビニ(ローソンやセブン-イレブンなど)での還元率アップ。 元々の還元率に加え、決済に使用で+2.0%、タッチ決済だと+2.5%となり、最大5.0%という驚異的な還元率になります。

即日発行でき、カード情報だけですが申請した当日に受け取ることが可能。 スマホアプリに登録すれば実店舗でも決済できます。

三井住友が発行会社というだけあって、信頼性は抜群。 永年無料のゴールドカードが欲しければ、こちらのクレジットカードもおすすめです!

三井住友カードゴールド(NL)
の詳細はこちら


ミライノカードGOLD|年間100万円の利用で無料!還元率は1.0%と高くておすすめ

ミライノカードGOLD
年会費 還元率 国際ブランド
3,300円 1.0% JCB
海外旅行傷害保険(付帯条件)
即日発行 対象年齢
20歳以上
※出典:ミライノカードGOLD 公式サイト
※上記は2022年11月の情報です。

ミライノカードGOLDは、年間利用額が100万円以上だと次年度の年会費が無料になるクレジットカード。 三井住友カードゴールド(NL)の永年無料と違い、達成した翌年だけが無料になります。

「それなら、三井住友カードゴールド(NL)の方がお得では?」
と思うかも知れませんが、そんなことはありません。

ミライノカードGOLDは先の2枚と違い、ポイント還元率が1.0%もあります。 比較すると2倍も高還元率なので、カードの利用額が多いならミライノカードGOLDの方がおすすめです!

ミライノカードGOLD
の詳細はこちら


年会費無料であることのメリットとは?

年会費無料のクレジットカードを持つメリット

年会費無料のクレジットカードには、年会費無料の他に0円を活かしたメリットが眠っています。

ここでは、年会費無料のクレジットカードにおけるメリットを紹介するので、ぜひご覧ください!

維持費が掛からないのでサブカードとして持つにもおすすめ

多く人は、何かあったときのために2枚以上のクレジットカードを所持しています。 一般社団法人日本クレジット協会の調査によると、1人あたりのクレジットカード発行枚数は2.7枚であるとのこと。

平成30年3月末のクレジットカード発行枚数(調査回答社数257社)は、2億7,827万枚で、前年比2.3%の増加となった。成人人口※比では、1 人当たり 2.7 枚保有していることとなる。
引用:クレジットカード発行枚数調査結果の公表について(https://www.j-credit.or.jp/information/statistics/download/toukei_03_a_181130.pdf)


複数枚のクレジットカードを持つと、年会費がかさみます。 しかし、年会費無料のクレジットカードは年会費が0円なので、2枚3枚と持っても負担がありません。

維持費を抑えられるので、サブには年会費無料のクレジットカードがおすすめです。

クレジットカードの優待や割引などのサービスや特典を活用しやすい

クレジットカードには、特定のお店で優待や割引を受けられるものがあります。 年会費無料のクレジットカードにも、お得なサービスを備えたものが存在します!

例えば、イオンカードはイオングループの対象店舗にて、毎月20日と30日は会計が5%OFF。 三井住友カード(NL)なら、マクドナルドと大手コンビニにて最大5.0%のポイント還元を受けられます。

年会費無料のクレジットカードにも、利用者に恩恵を与えてくれるものは豊富にあります。 現金決済よりお得になるので、利用しないのは大きな機会損失と言えるでしょう!

旅行傷害保険を受けるのに費用が掛からない

旅行時に心配なのが、旅先での怪我や病気。 特に海外は治療費が高額の国もあるので、保険の加入は必須といえます。

とはいえ、加入するにも費用が高いうえ、長期の旅行だと負担額が大きいので困りますよね。 そこで便利なのが、年会費無料のクレジットカードです!

多くのクレジットカードは旅行傷害保険を備えており、年会費無料のものも例外ではありません。 年会費無料で旅行傷害保険を利用できるので、出張や旅行で飛び回る方の多くが重宝しています。

注意点は、年会費無料のクレジットカードは多くが「利用付帯」であること。 「渡航費等をカードで支払う場合に適用」という条件があるため、事前に確認しましょう。

一方で、条件なしの「自動付帯」というクレジットカードもあり、旅行傷害保険を重視されるなら自動付帯のものがおすすめです!

旅行傷害保険が自動付帯の年会費無料クレジットカード


知らないと強制解約もありえるデメリットとは?

年会費無料のクレジットカードを持つデメリット

クレジットカードの年会費が無料なのは、一見するとメリットだけに思うことでしょう。

実は、年会費無料のクレジットカードにもデメリットはあります。 デメリットと言われることのなかには、強制解約に繋がるものも。

ここでは、年会費無料のクレジットカードにおけるデメリットを紹介します。

支払いに使わないでいると解約されることがある

年会費無料だからと、たくさんのクレジットカードを作る人が居ます。 それ自体は構いませんが、しっかり利用しないと強制解約されることがあるので注意。

発行会社がクレジットカードを年会費無料で提供するのは、利用されることで利益が出るため。 それが叶わないならば、契約を打ち切るのも当然です。

強制解約となると、有効期限が切れる際に届くはずの新しいクレジットカードが送られてきません。 解約されたくなければ、少なくとも年に1回~2回の利用はおすすめします。

オペレーターに繋がりにくいことがある

クレジットカードにトラブルが起きたとき、オペレーターに連絡することでしょう。 年会費無料のクレジットカードを使っている場合、連絡が繋がりにくいことがあります。

理由は、オペレーターの数が少ないこと、またゴールドカード等の利用者が優先的に対応される傾向にあるからです。





時間帯や発行会社によって異なるので、全てのクレジットカードが繋がりにくい訳ではありません。 長くなりそうなので、連絡は余裕があるときに行いましょう。

旅行傷害保険の補償額が低い傾向にある

年会費無料のクレジットカードに備わる旅行傷害保険は、補償額が低い傾向にあります。

ただ、これはゴールドカードやプラチナカードといった「年会費が高額のクレジットカード」と比較したときの話。 一般ランク帯で年会費が無料と有料のクレジットカードを比較すると、補償額は大差ありません。 むしろ、年会費が無料な分、お得と言えます。

あくまでも高ランク帯と比較したときの話なので、そこまでデメリットではないでしょう。

何を比較する?年会費無料クレジットカードの選び方

年会費無料のクレジットカードの選び方や比較方法

紹介したクレジットカードを見ると分かる通り、年会費無料のものは数が豊富。 それゆえ、どのクレジットカードを選ぶべきか分からなくなることでしょう。

ここでは、年会費無料のクレジットカードは何を比較すべきか、選び方を解説します!

年会費が「永年無料」か「条件つき」か比較する

年会費が無料のクレジットカードには、2パターンがあります。

  • 永年無料
  • 条件次第で無料


条件次第で年会費無料になるクレジットカードは、無料の対象が大抵は「1年分の年会費」のみ。 毎年の更新が必要になるので、どのような条件か確認されることをおすすめします。

とはいえ、多くのクレジットカードは「年1回のカード利用があること」が条件です。 1年に1回でもクレジットカードを利用すればいいので、日常的に利用されるなら条件は有って無いようなものでしょう!

Point

「初年度のみ無料」というクレジットカードもあります。 次年度から年会費が掛かるので、継続して無料のクレジットカードを使いたければ選ばないようにしましょう。


自身の利用シーンに合うクレジットカードを比較する

クレジットカードには、それぞれの特徴があります。 その特徴と利用用途が合っているかを比較して選ぶのがおすすめです。

例えば、ガソリン割引に特化したクレジットカードは、車やバイクを運転する人は重宝することでしょう。 一方で、運転は全くしない人とは相性が悪いと言えます。

他にも、旅行傷害保険に優れていたり、特定のお店にて割引サービスを受けられたり。 サービスを満足に活用できるクレジットカードか検討しましょう。

ポイントやマイルなど還元率を比較する

決済することが多いなら、ポイントやマイルの還元率が高いクレジットカードがおすすめです。

年会費無料のクレジットカードは低還元率のイメージを持たれやすいですが、そんなことはありません。 高還元率とされる1.0%以上のクレジットカードもあり、プラチナカードに引けを取らないものも多いです!

年会費による負担がないため、高還元率であればあるほどお得。 コスパで検討されるなら、下記からクレジットカードを選ぶといいでしょう。

1.0%以上の年会費無料カード

旅行傷害保険の補償額と補償内容を比較する

海外旅行が好きならば、海外旅行傷害保険を備えるクレジットカードがおすすめです。

クレジットカードにもよりますが、年会費無料のクレジットカードも以下の補償を受けられるので、各項目を比較しましょう。

  • 死亡傷害 / 後遺障害
  • 傷害治療 / 疾病治療
  • 賠償責任
  • 携行品損害
  • 救援者費用


また、クレジットカードが「自動付帯」か「利用付帯」かも比較すべきです。

自動付帯 条件なく自動で旅行傷害保険が適用されるクレジットカード
利用付帯 「渡航費をカードで支払う」など保険の適用に条件があるクレジットカード


年会費無料のクレジットカードは、大抵が利用付帯です。 利用付帯だと、旅費が高額で決済できず保険を利用できないことが起こり得ます。

そのため、海外旅行傷害保険を重視されるなら、自動付帯のクレジットカードがおすすめです。

ETCカードや家族カードといった追加カードの年会費も比較する

「ETCカード」や「家族カード」など追加カードを作る場合、それらの年会費も比較しましょう。 なぜなら、追加カードは有料という年会費無料のクレジットカードもあるからです。

例えば、楽天カードや三井住友カード(NL)は、ETCカードに550円の年会費が掛かります。 年1回のETCカード利用で無料になるとはいえ、年会費が発生するかも知れないので比較すべきです。

クレジットカードが年会費無料でも追加カードで出費が発生しては意味がないので、利用するなら必ず確認しましょう。

まとめ|コストパフォーマンスに長けたクレジットカードがおすすめ

コスパに長けたクレジットカードがおすすめ

  • JCBカードW
  • 1.0%~5.5%の還元率!多数の店舗で還元率がアップするコスパカード!

  • エポスカード
  • 海外旅行に最適!最高500万円の旅行傷害保険が自動付帯!

  • 楽天カード
  • 楽天経済圏との相性抜群!天市場では還元率が常時3.0%(最大14%)



年会費無料のクレジットカードは数が多く、各社で性能が大きく異なります。 そのため、性能に結構な差が生まれているので、お得な1枚を選びたいなら比較は必須です。

ただ、とにかく種類が豊富なので、年会費無料のクレジットカードは当記事を参考に検討してみてください!

年会費無料のクレジットカードに関するよくある質問

年会費無料のクレジットカードについての質問と回答

年会費無料のクレジットカードに関する質問をまとめました!

申請する前に知っておいた方がいい情報もあるので、ぜひご確認ください。

年会費無料でクレジットカードを利用できるのはなぜ?

年会費以外のところで利益を出せているからです。

例えば、加盟店からの手数料。 クレジットカードで決済すると、利用代金の数%が発行会社に渡る仕組みとなっているため、年会費無料でも採算が取れます。

他には、分割やリボ、それからキャッシングによる手数料。 発行会社がリボ払いを推奨しているのは、手数料による利益を上げたいからです。

上記から分かる通り「分割・リボ・キャッシング」を利用しなければ、我々が損することはありません。 年会費無料のクレジットカードは安全なので、気兼ねなくご検討ください。

年会費は無料でも「発行手数料」は有料なのでは?

年会費無料のクレジットカードを作るうえで、発行手数料は基本的に掛かりません。

ただし、壊したり無くしたりが原因で再発行する場合、クレジットカードによりますが1,000円前後の発行手数料が掛かります。

年会費が無料だとセキュリティ性は大丈夫なの?

カードランクによって、クレジットカードのセキュリティ性が変わることはありません。

対処の方法は変わらないので、年会費無料のクレジットカードでもプラチナカードと同等の不正利用対策を受けられます。