JALカードを徹底比較!マイル還元に優れたおすすめの4枚を紹介

JALが発行するクレジットカード、通称「JALカード」を紹介します。

JALマイルを貯めるため、JALカードを検討する人は珍しくありません。 ただ、JALカードも種類が豊富なので、どのクレジットカードを選べばいいか分からないのでは?

「適当に選んでは効率的にJALマイルを貯められないのではないか」
という不安もありますし、ここはしっかりJALカードを比較したいところ。

そこで、当記事ではJALカードのなかでもおすすめのものを紹介します。

おすすめのJALカードを紹介

さっそくですが、おすすめのJALカードを紹介します。 紹介するのは、以下の4枚。

  • JAL普通カード
  • JAL CLUB-Aカード
  • JALカードSuica
  • JALカード TOKYU POINT ClubQ

JAL普通カード

JAL普通カードは、利用額200円毎に1マイルが貯められるクレジットカード。 ショッピングマイル・プレミアムの加入で100円毎になり、1.0%の高還元率を実現します。

他の付帯サービスを組み合わせれば、さらに獲得マイル数を増やすことも可能。 基本還元率こそ0.5%ですが、最終的には1.0%を優に超える還元率にできます。

高還元率ながらも年会費は安く、2,200円という学生でも安心の料金です(国際ブランドをアメックスにすると6,600円)。 しかも、初年度は無料なので試しに利用してみることもできてしまいます。

そんなJAL普通カードは、JCSI顧客満足度調査にて3部門で優勝したクレジットカード。 満足度が高く、とても便利なクレジットカードであることが伺えるので、ぜひ検討してみてください。

カード名 JAL普通カード
券面 JALカード 一般
発行会社 株式会社JALカード
国際ブランド VISA / Mastercard / JCB / Amex
発行対象 各カードによって異なる
年会費 2,200円(Amexは6,600円)
利用限度額 10万円~100万円
締切日 / 返済日 毎月15日 / 翌月10日
ポイントプログラム名 ショッピングマイル
JALマイル還元率 0.5%~1.0%
海外旅行傷害保険 最高1,000万円
国内旅行傷害保険 最高1,000万円
ショッピング保険 年間100万円まで(*注1)
盗難補償
ETCカード 年会費:無料(*注2)
家族カード 年会費:1,100円(Amexのみ2,750円)

(*注1)JCBとAmexのみ付帯(AMEXは国内外・JCBは国内のみ適用)
(*注2)VISAかMastercardは発行手数料に1,100円が必要

JAL CLUB-Aカード

年1回のフライトでも、しっかりマイルを貯められるのが「JAL CLUB-Aカード」です。

JAL CLUB-Aカードは、JALグループ便の利用時に区間と運賃に応じたフライトマイルが付与。 さらに、JAL普通カードでも貰えた「入会搭乗・毎年初回搭乗・登場毎」のボーナスマイルがいずれもアップし、効率的にマイルを貯められます。

JAL普通カード JAL CLUB-Aカード
入会搭乗 1,000マイル 5,000マイル
毎年初回搭乗 1,000マイル 2,000マイル
搭乗毎 +10% +25%

そのため、年1回の搭乗でも十分にマイルを貯められることが可能。 このボーナスだけで年会費と同等の還元であり、楽にマイルを貯めるなら検討すべきです。

これとは別に、普段の買い物からも利用額に応じたマイル還元が行われるので、年会費以上のマイルを貯めるのは容易でしょう。 トラベルサービスも充実しており、旅行保険や免税店割引もあるので、マイルを貯めるクレジットカードとして最適な1枚です。

カード名 JAL CLUB-Aカード
券面 JAL CLUB-Aカード
国際ブランド VISA / Mastercard / JCB
発行対象 日本に生活基盤があり国内での支払いに対応可能な18歳以上(高校生不可)
年会費 11,000円

JAL CLUB-Aカードの公式サイト

JALカードSuica

交通系ICカードの「Suica」を搭載したJALカードが「JALカードSuica」です。

Suicaが搭載されているため、利便性が高いというメリットがあります。 年会費は元のJALカードと変わりないため、こちらを選ぶのもおすすめです。

主な特徴は、Suicaのチャージなどで「JRE POINT」が貯まること。 1,000円ごとに5ポイントが貯まり、そのポイントは「1,500→1,000マイル」へと移行できます(条件あり)。

Suicaは、改札の乗り降りだけでなくショッピングでも利用可能。 電車に乗らずともチャージの機会はあるため、マイルを貯める機会はたくさんあることでしょう。

カード名 JALカードSuica(普通版)
券面 JALカードSuica
国際ブランド VISA / Mastercard / JCB / Amex
発行対象 日本在住で電話連絡できる18歳以上(高校生不可)
年会費 2,200円(アメックスは6,600円)

JALカードSuicaの公式サイト

JALカード TOKYU POINT ClubQ

「JALカード TOKYU POINT ClubQ」は、東急グループとの提携で発行されているクレジットカードです。

このクレジットカードの特徴は、ポイントの二重取りが行えること。 「TOKYU POINT」の加盟店では、ショッピングマイルとは別に「TOKYU POINT」も貯まるのです。

「TOKYU POINT」は「2,000ポイント→1,000マイル」に移行できるので、効率的にマイルを貯めることが可能。 東急百貨店・東急ストア・東急ハンズなど利用する機会が多いなら「JALカード TOKYU POINT ClubQ」はおすすめです。

カード名 JALカード TOKYU POINT ClubQ
券面 JALカード TOKYU POINT ClubQ
国際ブランド VISA / Mastercard / JCB / Amex
発行対象 日本に生活基盤があり国内での支払いに対応可能な18歳以上(高校生不可)
年会費 2,200円(アメックスは6,600円)

JALカード TOKYU POINT ClubQの公式サイト

マイル還元率は「ショッピングマイル・プレミアム」で2倍にアップ!

通常、JAL普通カードで買い物をすると、利用額200円ごとに1マイルを貯められます。 他のクレジットカードとは違い買い物でも貯められることから、JALマイルを貯めている方に大好評のクレジットカードです。

しかも、ただでさえマイルが貯まりやすいJAL普通カードですが、あるサービスに加入することによってさらに集まりやすくなります! それが、「ショッピングマイル・プレミアム」というサービスです。

ショッピングマイル・プレミアムとは、年会費として3,300円が別途必要のサービス。 しかし、このサービスに加入すれば、利用額200円ごとだったのが100円ごとにマイルが貯まるようになります!

結果、通常よりも2倍のスピードでマイルを貯めることが可能! 驚異的にJALマイルを貯められることから、このサービスへの入会はおすすめします。

ちなみに、3,300円の年会費は1,000マイルも貯めれば回収できるレベル。 交換する航空券によるものの、マイルの価値は3円あたりが一般的だからです。

年間1,000マイル以上を貯められそうであれば、ショッピングマイル・プレミアムは痛手にならないことでしょう。

Point

年間1,000マイルを貯めるには、JAL普通カードを10万円利用すればOK。 月間に直せば、約8,000円程で達成できるので、ほとんどの方が年間1,000マイルは貯められると思います。

審査資格|社会人と学生でおすすめの1枚が異なる!

JAL普通カードは、実は「一般ランク」だけでも9つの種類があります。 どれを申し込むで「審査資格」が異なるので、事前に確認しなくてはいけません。

VISA 18歳以上(高校生不可)
Mastercard
JCB
OPクレジット
Suica 18歳以上の日本国内在住者(高校生不可)
Amex 本人または配偶者に安定収入がある18歳以上(学生不可)

これだけ種類があると、どれに申し込めばいいか迷うことでしょう。 そこで、当サイトがおすすめのJAL普通カードを厳選したので、ご覧ください!

ちなみに、学生かどうかでおすすめのJAL普通カードは異なります。 両方紹介しますので、申し込むときは間違えないよう注意しましょう。

基本的には「JAL普通カード TOKYU POINT ClubQ」がおすすめ!

あなた学生ではないなら「JAL普通カード TOKYU POINT ClubQ」がおすすめ。 なぜなら、このクレジットカードはマイルを貯めやすい仕様だからです。

「JAL普通カード TOKYU POINT ClubQ」が他のJAL普通カードと違うのは以下の2点。

  • 「JMB WAON」を活用すれば200円毎に1マイル加算される
  • 「PASMO」を活用すると200円毎に1TOKYU POINTが貯まる

上記の通り、JMB WAON・PASMO活用時にマイルとポイントの追加還元サービスを受けられます。

例えば、このクレジットカードでJMB WAONに1,000円チャージしたとしましょう。 そうすると、チャージ分として5マイル、チャージした1,000円でショッピングをすれば5マイルが付与されます。 そのため、200円の利用で合計2マイルを貯められる訳です。

さらに、PASMOを活用することで、追加のポイントも獲得できます。

JAL普通カード TOKYU POINT ClubQには、PASMOのオートチャージサービスが付帯。 このクレジットカードにPASMOを紐づければ、電車(オートチャージサービス)利用時にTOKYU POINTが貰えます。

200円ごとに1TOKYU POINTが獲得でき、2,000ポイントで1,000マイルに移行できます。 そのため、PASMOのオートチャージサービスを利用することで、200円ごとに0.5マイルを獲得可能です。

JAL普通カード TOKYU POINT ClubQには、他のJAL普通カードには無いマイル獲得方法が存在。 上手く活用すれば、他のJAL普通カードよりも多くのマイルを貯められることから、ぜひ検討してみてください!

学生の方には「JALカード navi」がおすすめ!

学生さんには、JAL普通カードではなく「JALカードnavi」をおすすめします。 というのも、JALカードnaviには「JAL普通カードの性能+α」のサービスが備わっているからです!

海外 国内
傷害死亡 1,000万円 1,000万円
後遺障害 30万円~1,000万円 30万円~1,000万円
傷害治療 50万円
疾病治療 50万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 年間100万円まで
救援者費用 100万円

※いずれも最高補償額



例えば、上記の旅行傷害保険サービスがJALカードnaviには付帯。 しかも自動付帯なので、JALカードnaviを持っていれば保険が適用されるという便利な仕様です!

また在学特典も多く、JALカードnaviには以下のようなオプションも付帯されます。

  • マイルの有効期限が3年⇒無期限!
  • 在学期間中は年会費が無料!
  • 在学中のマイル還元率が1.0%にアップ
  • マイル減額キャンペーンを実施中!

色々とありますが、最も嬉しいのは「マイル減額キャンペーン」でしょう。 こちらは、航空券との交換に必要なマイル数が減るというキャンペーンです。

例えば、東京⇔沖縄区間の航空券だと本来は15,000マイルが必要になるものの、キャンペーン中は6,000マイルになる(2020年7月時点)のです。

条件次第で半分以下のマイルで航空券に交換できるので、マイルを使った旅行を計画したいなら、持っておきたい1枚といえます。

20代限定サービス「JAL CLUB EST」を活用しよう

あなたが20代なら「JAL CLUB EST」の加入をおすすめします。 5,500円の年会費が掛かる(ショッピングマイル・プレミアムのに加入者は2,200円)ものの、それ以上の価値があるとして多くの方が加入しています。

肝心のサービスは、以下の通り。

  • ショッピングマイル・プレミアムが自動付帯
  • 毎年2,500マイルを貰える
  • 搭乗ボーナスマイルの優遇あり
  • 毎年2,000ポイント分の「FLY ON ポイント」が貰える
  • ビジネスクラスのチェックインカウンターが使える
  • 「サクララウンジ」に年間5回も入室可能(同伴1名まで)
  • マイルの有効期限が36ヵ月⇒60ヶ月に延長

上記のなかで、特におすすめのサービスを3つ紹介します。

サクララウンジに年5回も入室できる

サクララウンジとは、全国17か所の空港に設置されているラウンジのこと。

<1-- この空港ラウンジでは、以下のようなサービスを提供しています。 ※画像の引用 https://rasa-jp.co.jp/creditcardhikaku/jalfutsucard.html 参照サイト:JAL CLUB EST --> フリードリンクの提供・シャワールームの利用・新聞や雑誌の購読。 そういったサービスをサクララウンジでは受けられるので、時間潰しには最適です。

会員だけでなく同伴者は1名まで無料なので、飛行機に乗る際は寄るといいいでしょう。

マイルの有効期限が3年⇒5年に延びる

JAL CLUB ESTに加入することで、マイルの有効期限が60ヶ月に延びます!

通常、JALマイルの有効期限は36ヶ月(3年)となっています。 長いようにも思えますが、マイルを航空券に交換するには数万マイルが必要になるため、貯めている最中に有効期限が過ぎてしまう方も少なくありません。

なので、有効期限が3年から5年に延びるのは、大変嬉しいサービスなのです!

毎年2,500マイルをプレゼント!

JAL CLUB ESTには、毎年2,500ものマイルをプレゼントするサービスがあります。

2,500ものマイルと言えば、本来JAL普通カードを50万円利用しなければ手に入らない量。 それだけのマイルが会員になっているだけで毎年貰えるため、非常にお得です!

例えば、JAL CLUB ESTに20歳から25歳の5年間入会していたとします。 この5年間で入手できるマイルは、なんと12,500マイル! JAL CLUB ESTの会員になれば、何もせずとも5年間で「東京⇔大阪」間の往復航空券に交換できるほどのマイルを獲得できます!

そのため、JALマイルを効率的に貯めたいなら、JAL CLUB ESTへ入会してみてはいかがでしょうか?

『JAL普通カード』のまとめ

JALマイルを貯められる低年会費のクレジットカードは、なかなかありません。 そんなJAL普通カードにもデメリットを挙げるなら「旅行傷害保険」でしょう。

国内外で利用できる保険が付帯するも、補償額が高くありません。 そのため、万一の際に十分とはいえないので、別の手立てで補う必要があります。

クレジットカードで補うとすれば、

  • 海外旅行保険なら「エポスカード」
  • 国内旅行保険なら「セディナカードJiyu!da!」

あたりがおすすめでしょう。

旅行保険を除けば、JAL普通カードの性能はとても高いです。 ショッピングマイル・プレミアムの加入で還元率が1.0%になるうえ、使い方次第でそれ以上の還元も実現可能。 2018年には「JCSI顧客満足度調査」のクレジットカード部門にて6部門中3部門で優勝するなど輝かしい成果も出しています。

そんなJAL普通カードは、初年度の年会費が「無料」です。 「試しに使ってみよう」ということができるので、気になる方はぜひ検討してみるといいでしょう。

JALカードの公式サイト