社会
Society

コンパクトシティ推進による公共サービスの効率化

人口減少により社会インフラや公共サービスの維持が社会問題化

2008年をピークに総人口が減少に転じている日本の人口は、2050年に1億人を下回り、その約4分の1を75歳以上の高齢者が占めると予測されています。生産人口が著しく減少し、医療・福祉を中心とした社会インフラの整備や、公共サービスの維持が社会問題化しつつあります。そうしたなか、限られた資源を集中的・効率的に利用する「コンパクトシティ化」*により、持続可能な都市・社会の形成を図る動きが加速しています。

人口減少により社会インフラや公共サービスの維持が社会問題化

※国土交通省「コンパクトシティの形成に向けて」

物件数の増加と高い入居率の維持によってコンパクトシティ化の推進に貢献

コンパクトシティの実現にあたっては、「住宅・宅地の資産価値の維持」や「コミュニティ力の維持」といった要素が重要とされています。
グローバル・リンク・マネジメントは、2005年の創業以来、長期にわたり資産価値が続く不動産の条件である”3チカ”をコンセプトに、一貫して東京都心で土地の仕入れ、物件の企画・開発をしてまいりました。2020年には総物件数は管理戸数は2,263戸を超え、また99%以上という高い入居率を7年以上維持し続けております。資産価値の高い物件開発・住宅の整備により、都心部の人口増加と地域コミュニティの活力向上に寄与しています。

2020年には総管理戸数は2,000戸を超え、また98%以上の高い入居率を7年以上維持し続けております。

2022年12月現在

グローバル・リンク・マネジメントは、今後も、事業を通じてコンパクトシティを推進することで、社会インフラや公共サービスの維持に貢献していきます。

等価交換スキームの活用

等価交換スキームを活用し、土地を所有するドクターと不動産を共同開発した実績があります。具体的には、オーナーが土地を提供し、当社がマンションを建設します。建てたマンションのうち、オーナーは提供土地と同額分の土地・建物を区分所有します。オーナーは自分のクリニックを持てるほか、マンション貸出により賃料収入が発生します。マンション居住者および近隣住民にとっては、徒歩圏内に診療所ができるため、医療アクセスが劇的に向上します。

等価交換スキームの活用

土地を所有するドクターのメリット

  • 自己資金なしで建物を建築できる
  • 交換住戸に関しては譲渡所得税負担なし
  • マンション貸出により賃貸収入が発生
  • クリニックを持てる

事業を通じた社会への貢献~レジ×ロジ

環境によく住みやすい物件で単身世帯増加問題に対応

日本では、人口減少が続く一方で単身世帯の増加傾向が続いています。グローバル・リンク・マネジメントは、強みである単身者向けコンパクトマンションの供給を継続し、単身世帯増加という社会課題に対応していきます。
2021年末より、物件開発において「環境配慮+バイオフィリックデザイン+リモートワーク」の要素を重視し、自然を感じながら住みやすさ・働きやすさを実現できるマンションを供給しています。

事業を通じた社会への貢献~レジ×ロジ

大都市のラストワンマイルを支える物流

非レジデンス分野は、これまでのホテル・商業施設に加えて、需要が急増する物流領域に拡大します。
ECの定着・拡大と単身世帯増加の影響で、今後は大都市部を中心に、さらに物流の重要性が増すと考えられます。
社会基盤としての不動産の役割に着目し、社会・経済活動を支えてまいります。

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。ブラウザの設定によりクッキーの機能を変更することもできます。
詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する